2017年10月21日

LIVE IN JAPAN 「ライヴ・イン・ジャパン」 / THE RUNAWAYS (1977)

CDの帯:ライヴ・イン・ジャパン / ザ・ランナウェイズAlbum Cover (front and back): Live in Japan / The RunawaysAlbum Cover (front): Live in Japan / The Runaways   Album Cover (back): Live in Japan / The Runaways

活動期間は短かったものの、デビュー時の日本ではキッスやクイーンといった当時の人気バンドと肩を並べるほどの旋風を引き起こしたザ・ランナウェイズの初来日公演を収録したアルバムが、ザ・ランナウェイズ唯一の公式ライヴ・アルバムでもあるこの「Live in Japan / ライヴ・イン・ジャパン」。

収録は東京厚生年金会館と渋谷公会堂で行われており、日本ではアルバムセールスが10万枚を超え、ゴールドにも認定されています。

ただし、この"Live in Japan"、当時は、本国のアメリカやイギリスといった主要なマーケットではリリースされておらず、日本の他、カナダやオーストラリア、そして一部のヨーロッパの国でリリースされただけでした。

このザ・ランナウェイズは、以外にも、日本ではファンの多くがティーンの女の子で、そのことは、このライヴ・アルバムに収録されている歓声を聴いても分かります。

当時の自分はと言えば、このザ・ランナウェイズには特に興味があったわけでもなく、ラジオでも頻繁にかかっていた"Cherry Bomb"だけ知ってるといった程度でしたが、当時、ビッグ3と言われていたキッス、クイーン、エアロスミスを筆頭に、レッド・ツェッペリンやレインボーといったひとつ上の世代のバンドも依然として人気があったことから、それらのバンドのファンや男性のロックファンから見ると、このザ・ランナウェイズは10代の女性だけのバンドということで、何となくチャラい印象があったのかもしれませんね。

で、この"Live in Japan"を聴いてみると、結構パワフルで骨太なサウンドだし、思ったよりもエネルギッシュかつヘヴィーで、これが中々良いんですよね。アルバムを通して勢いといったものも感じられますし。まぁ、ギターの二人が、後にソロでも活躍するジョーン・ジェットとリタ・フォードなんで、今から振り返ると納得できるところではありますが、ヴォーカルのシェリー・カーリーもギターの二人に負けず中々のもの。いやほんと会場の熱気と人気ぶりが伝わってくる良いライヴ・アルバムだと思います。

ステージ・アクションや衣装も自分たちで考えたものだとシェリー・カーリーが語っていたように、意外と自由奔放に自分たちのスタイルを構築していたのではないかと思えるのですが、仮に、もし、大手のプロダクションに所属していたとしたら、良し悪しは別にして、もっと違うものいなっていた可能性もあるのではないかと。

残念ながら、メンバーの脱退も重なり、活動期間は短かったものの、日本に於ける'70年代の洋楽を語る上では、間違いなくひとつの時代を築いたバンドとして名を刻む存在だと思いますね。

ちなみに、ベースのジャッキー・フォックスは、その後、弁護士になられています。又、ドラムスのサンディ・ウェストは惜しくも11年前の今日、2006年10月21日に肺がんにより亡くなられています(享年47歳)。

Album Cover (inside): Live in Japan / The Runaways   CD Case (back cover): Live in Japan / The Runaways

MEMBERS
• Cherie Currie (シェリー・カーリー) - Lead Vocals
• Joan Jett (ジョーン・ジェット) - Rhythm Guitar, Vocals
• Lita Ford (リタ・フォード) - Lead Guitar, Vocals
• Jackie Fox (ジャッキー・フォックス) - Bass, Vocals
• Sandy West (サンディ・ウェスト) - Drums, Vocals

CDの帯(裏面側):ライヴ・イン・ジャパン / ザ・ランナウェイズTRACK LIST
1. Queens Of Noise / 2. California Paradise / 3. All Right You Guys / 4. Wild Thing / 5. Gettin' Hot / 6. Rock-N-Roll / 7. You Drive Me Wild / 8. Neon Angels On The Road To Ruin / 9. I Wanna Be Where The Boys Are / 10. Cherry Bomb / 11. American Nights / 12. C'mon

1. クイーン・オブ・ノイズ / 2. カリフォルニア・パラダイス / 3. オールナイトでぶっ飛ばせ / 4. ワイルド・シング / 5. ゲッティン・ホット / 6. ロック・アンド・ロール / 7. ユー・ドライヴ・ミー・ワイルド / 8. ネオン・エンジェル / 9. ホエア・ザ・ボーイズ / 10. チェリー・ボンブ / 11. アメリカン・ナイツ / 12. カモン

Lead Vocals:  1. Cherie Currie, Joan Jett, Jackie Fox /  2. Cherie Currie /  3. Cherie Currie (Joan Jett Harmony Vocals) /  4. Sandy West /  5. Cherie Currie /  6. Cherie Currie /  7. Joan Jett /  8. Cherie Currie /  9. Joan Jett /  10. Cherie Currie /  11. Cherie Currie /  12. Cherie Currie

NOTES
• Recorded at the Tokyo Koseinenkin Kaikan and the Shibuya Kokaido 5th, 6th, & 12th June 1977

• CD発売日:2015/3/18(再発盤)
• 2006年24bitリマスター
• ジャケットはLPレコードと同様に縦開きになっています
• 解説・歌詞・対訳付(歌詞・対訳は曲間のMCを含む)

 

▼ The Runaways - Queens Of Noise (Japan TV Show 1977)

https://www.youtube.com/watch?v=ElqU3ZGXoXo

▼ The Runaways - Cherry Bomb (Japan TV Show 1977)

https://www.youtube.com/watch?v=pMDn6V7ZLhE

▼ The Runaways - Wild Thing (Live in Japan 1977)

https://www.youtube.com/watch?v=AyUFXFRAoFk

| | コメント (0)

2017年10月15日

GLORIA 「グロリア」 / LAURA BRANIGAN (1982)

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (front): Gloria / Laura Branigan  Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Gloria / Laura Branigan  Japanese Vinyl Single Record: Gloria / Laura Branigan

アメリカでは100万枚を超えるミリオンセラー・シングルとなったこの「Gloria / グロリア」は、アメリカ以外の多くの国でもトップ10ヒットを記録したローラ・ブラニガンの大ヒット曲。

ちなみに、この"Gloria"は、イタリア人シンガーソングライター"Umberto Tozzi"(ウンベルト・トッツィ)が1979年にリリースした曲のカヴァーで(この"Gloria"にもソングライターのひとりとしとして"Umberto Tozzi"の名がクレジットされています)、こちらのオリジナル・ヴァージョンもまた世界各国でトップ10ヒットを記録しています。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (front): Gloria / Laura Branigan

私自身はといえば、映画「フラッシュダンス」の中でこの"Gloria"使われていたことが、この曲を知るきっかけであり、そして、自分がこのシングル盤を買った理由というのも、当時買ったその「フラッシュダンス」のサウンドトラックには映画の中で印象的だったこの"Gloria"が収録されていなかったからでした。

ということで、当時はその「フラッシュダンス」のサウンドトラックに、別途購入したアイリーン・キャラの「Flashdance... What a Feeling / フラッシュダンス…ホワット・ア・フィーリング」の12インチシングルと、マイケル・センベロの「Maniac / マニアック」の12インチシングル、そして、この"Gloria"を加えて録音したカセット・テープを「これこそ正に完璧なサウンドトラックだ」とひとり悦に入って良く聴いていたんですよね(笑)。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Gloria / Laura Branigan

Japanese Vinyl Single Record (Label): Gloria / Laura Branigan

TRACK LIST
Side 1: Gloria (グロリア) / Side 2: Living A Lie (リヴィング・ア・ライ)

NOTES
• Format: 7-inch Vinyl Single Record
• 解説・歌詞付
• Released in Japan
• US 2位 - Platinum (1995-RIAA) / UK 6位

 

▼ Laura Branigan - Gloria (Live)

https://www.youtube.com/watch?v=7Hm6dL_AwjQ

▼ Flashdance Scene - Gloria (映画「フラッシュダンス」でのシーン)

https://www.youtube.com/watch?v=6DB-O_Gr7ZM

▼ Umberto Tozzi - Gloria (Live) (ウンベルト・トッツィのライヴ・ヴァージョン)

https://www.youtube.com/watch?v=zHBbJ_pKi5c

残念ながら、ローラ・ブラニガンは2004に脳動脈瘤により47歳の若さで亡くなられています。

▼ Laura Branigan - Forever Young (Live in Chile 1996)

https://www.youtube.com/watch?v=axjxa5gNKLQ

| | コメント (0)

2017年10月10日

WHERE TO GO MY LOVE? / KOKIA (2013)

CDの帯:Where to go my love? / KOKIAAlbum Cover (front): Where to go my love? / KOKIA  CD Case (front): Where to go my love? / KOKIA  CD: Where to go my love? / KOKIA

この「Where to go my love?」は、KOKIAさんのデビュー15周年記念ともなったアルバムで、そのことは「~ 15th aniversary Original Album ~」と、CDの帯にも記されています。

自分が買ったのはスペシャル・トラックの「One by one, Day by day (The 5th season concert ver.)」が収録された初回限定盤で、それに加えてポストカードが販売店のオリジナル特典として付いていました。

ここ最近のアルバムに見られるサウンドの方向性は、自分の趣味や好みとはちょっと違うものの、音楽性が多少変わろうとも、KOKIAさんは変わらず好きなミュージシャンのひとりなんですよね。未だに"trip trip"で展開された音の世界と想いを引きずってはいるんですけどね。

このアルバム「Where to go my love?」の中では「liar liar ~ ロマンティックワルツ」と「夢の途中」の2曲が好きで、特に「夢の途中」は、ここ最近の曲でも突出して魅力的な曲だと個人的には思っています。

▼ アルバム + ポストカード

販売店特典のポストカード:Where to go my love? / KOKIA  Where to go my love? / KOKIA

ジャケットは二つ折りになっており、広げるとジャケット写真を大きくしたポスターになる9面折りのブックレットが中に挟むかたちで封入されています。

Where to go my love? / KOKIA

TRACK LIST (初回限定盤)
1. Dance with the wind / 2. 愛はこだまする / 3. you are not alone / 4. liar liar ~ ロマンティックワルツ / 5. something blue & something red / 6. ヒトの中にあるもの / 7. 微笑みを忘れないように / 8. 夢の途中 / 9. 映画のような恋でした / 10. Where to go my love (Piano ver.)
[初回盤限定 Special Track]
11. One by one, Day by day (The 5th season concert ver.)

 

▼ KOKIA - 夢の途中(LIVE)

https://www.youtube.com/watch?v=V7_dhjzq7Ks

 

 

関連記事

trip trip (2002) / KOKIA

outwork collection - pieces (2011) / KOKIA

心ばかり - COCORO BAKARI (2012) / KOKIA

KOKIAさんの自筆サインが到着 - (2011年9月22日)

KOKIAさんのサイン色紙5枚 - (2011年10月10日)

| | コメント (0)

2017年10月 5日

LOVE GUN 「ラヴ・ガン」 / KISS (1977)

CDの帯:ラヴ・ガン / KISSAlbum Cover (front): Love Gun / KISSキッス通算7作目(ライヴ・アルバムの「KISS Alive! / 地獄の狂獣」を含む)のアルバムであるこの「Love Gun / ラヴ・ガン」は、予約だけで100万枚のオーダーを超え、リリース前から既にプラチナムが確定していたという正に絶頂期と言える時期のアルバム。

アルバムの内容に関しては、前作の「Rock and Roll Over / 地獄のロック・ファイアー」からわずか7か月後にリリースされたことからも分かるように、勢いそのままに余裕で作り上げたアルバムといった雰囲気があり、ビルボード・チャートでは過去最高位となる4位を記録するなど、前作を上回る成果を収めてはいるものの、収録曲のクオリティーには幾分バラつきが感じられ、収録曲の充実度という点では前作よりもやや劣るといった印象が無きにしも非ずといったところ。

ただし、以前に「Monster / モンスター ~ 地獄の獣神」の記事でも書いたことですが、このアルバム"Love Gun"は、レコードで言うA面とB面の1曲目にそれぞれ"I Stole Your Love"、"Love Gun"という強力な2曲が収録されているが故に、特別な存在感があるんですよね。

自分がこのアルバムをレコードで買った当時は、サウンド以前にアルバムのジャケットで新たなコスチュームが披露されたことが大きな興味の対象でもあったわけですが、新たに"I Stole Your Love"と"Love Gun"という名曲が誕生したことに興奮すると同時に、こんなカッコいい曲を次々と作り出すポールはやっぱり凄いなと感心していましたね。

と、その"Love Gun"と並んで、このアルバムの代表曲と言えるオープニングの"I Stole Your Love"について言えば、ギターソロのパートは、前半をポールが弾き、後半をエースが弾くという、前作"Rock and Roll Over"のオープニング曲「I Want You / いかすぜあの娘」でも見られた構成が展開されています。

ジーンの曲では、何処と無く不気味な雰囲気が漂う"Almost Human"が当時から好きでしたね。ライヴでも演奏されないし、あまり目立たない曲ではありますが、ジーンのキャラクター・イメージに合った曲で、中盤と後半にある継ぎ接ぎ風の荒々しいギターソロのパートなんかはヘッドフォンで聴くと頭の中でギターの音がグルグル回って面白いです。

その他にも、エースが初めてリード・ヴォーカルをとる曲となった"Shock Me"や、キッスにとってはファーストアルバムの"Kissin' Time"以来となるカヴァー曲"Then She Kissed Me"が取り上げられているなど、ファンの興味を引くようなサプライズ的要素も含まれています。

なお、そのカヴァー曲である"Then She Kissed Me"は、'60年代のガールズ・グループであるクリスタルズのヒット曲で、原題は"Then He Kissed Me"。キッスは男性のグループということもあり、キッスのヴァージョンでは"He"が"She"に変えられているようです。

ちなみに、アメリカのサーフ・ロック・グループであるビーチ・ボーイズもこの曲をカヴァーしていますが、ビーチ・ボーイズのヴァージョンではタイトルが"Then I Kissed Her"になっています。

それと、ファーストアルバムの"KISS"に収録されている「Love Theme from Kiss / キッスのテーマ」でも感じたことなんですが、このアルバム"Love Gun"の最後に収録されているカヴァー曲"Then She Kissed Me"も又、レコード盤のラベルにカサブランカ・レコードのロゴと共に描かれている砂漠の中の宮殿やラクダ、ヤシの木といった絵柄と妙にマッチした印象が当時からありましたね。なお、この"Then She Kissed Me"、オーストラリアではシングルカットされて78位を記録しています。

Album Cover (front): Love Gun / KISS

このアルバムでエースが初めてリード・ヴォーカルをとったことにより、全員が曲を書き、全員がヴォーカルをとるというバンドのスタイルが確立されたわけですが、バンド内ではエースとピーターがアルコールやドラッグに溺れ、バンドとしては最悪の状態後だったようです。後にジーンは、4輪駆動のバンドだったのが、いつしか2輪駆動になってしまったといったようなことを語っていました。

又、同様に、後にジーンが明かした"Christine Sixteen"と"Got Love For Sale"はデモ・セッションの段階ではエドワード、アレックスのヴァン・ヘイレン兄弟が演奏してたという事実も興味深いところで、そのジーン曰く、"Christine Sixteen"のソロ・パートはエドワード・ヴァン・ヘイレンが弾いていたフレーズをそのままエースが弾いているとのこと。

担当する楽器を見てみると、アルコールやドラッグに溺れていたエースがギターで、ピーターがドラムス。片や、ヴァン・ヘイレン兄弟の方は、エドワード・ヴァン・ヘイレンがギターで、アレックス・ヴァン・ヘイレンがドラムスといったように、もしも歯車が噛み合う事態に状況が流れていたならば、両バンドというか、アメリカン・ロックの歴史も変わっていたかもしれませんね。

その後、キッスが1982年に「Creatures of the Night / 暗黒の神話」をリリースした頃に、ジーンがエドワード・ヴァン・ヘイレンと会って食事をした際、バンド内のいざこざに飽き飽きしていたエドワード・ヴァン・ヘイレンの口から「キッスに加入したい。もうロスとは争いたくない。ウンザリだって言われた」と、ローリング・ストーン誌のインタビューでジーンが答えていることから、実際、エドワード・ヴァン・ヘイレンはキッスへの加入を望んでいたようですが、「エディ、お前は自分が音楽的に主導権をとれるバンドに居た方がいい」というジーンの助言により、エドワード・ヴァン・ヘイレンがキッスへ加入という状況にはならなかったようです。

まぁ、結果的には、その後にリリースされた"Diver Down"以降のヴァン・ヘイレンの活躍を見ても分かるように、エドワード・ヴァン・ヘイレンにとってはこれで良かったのではないかと思いますね。勿論、キッスにとっても。

Album Cover (back): Love Gun / KISSで、キッスはと言えば、バンドは崩壊寸前の状態だったとはいえ、第二期と言われる「Destroyer / 地獄の軍団」、「Rock and Roll Over / 地獄のロック・ファイアー」、そして、この「Love Gun / ラヴ・ガン」の3作が最も勢いのあった時期ではないかと。

しかも、この"Love Gun"の後には、これら3作から抜粋された楽曲だけで構成されたライヴアルバム"KISS Alive II"がリリースされるといったように、ファンにとっては正にワクワク・ドキドキの連続でしたね。

最後に、この"Love Gunのジャケットについて記しておくと、前作の"Rock and Roll Over"及び、次作のスタジオ・アルバム"Dynasty"同様に、アルバムのバックカヴァーに記載されている曲目は実際の曲順とは一致していません。このことについては、以前に「Dynasty / 地獄からの脱出」の記事でも書いたことですが、自分自身は、アメリカ盤ではこの曲順で収録されているのだろうか? なんてことを当時は思ったりもしてましたね。

KISS - BAND MEMBERS
• Paul Stanley (ポール・スタンレー) - Guitar, Vocals
• Gene Simmons (ジーン・シモンズ) - Bass, Vocals
• Ace Frehley (エース・フレーリー) - Guitar, Vocals
• Peter Criss (ピーター・クリス) - Drums, Vocals

Album Cover (back): Love Gun / KISSTRACK LIST
1. I Stole Your Love / 2. Christine Sixteen / 3. Got Love For Sale / 4. Shock Me / 5. Tomorrow And Tonight / 6. Love Gun / 7. Hooligan / 8. Almost Human / 9. Plaster Caster / 10. Then She Kissed Me 

1. 愛の謀略 / 2. クリスティーン・シックスティーン / 3. ゴット・ラヴ・フォー・セール / 4. ショック・ミー / 5. トゥモロー・アンド・トゥナイト / 6. ラヴ・ガン / 7. フーリガン / 8. オールモスト・ヒューマン / 9. プラスター・キャスター / 10. ゼン・シー・キスト・ミー

• Lead Vocals:  Paul Stanley (1, 5, 6, 10) / Gene Simmons (2, 3, 8, 9) / Ace Frehley (4) / Peter Criss (7)

NOTES
• CD発売日:1993/5/26(20周年記念再発盤)
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 4位 (Platinum / 1977-RIAA)
• Singles: "Christine Sixteen" US 25位 / "Love Gun" US 61位

 

▼ KISS - I Stole Your Love (Live 1977)

https://www.youtube.com/watch?v=0NK7X2DjxXs

▼ KISS - Love Gun (KROQ Weenie Roast 6/15/96)

https://www.youtube.com/watch?v=IxAzCHpYzy0

| | コメント (0)

2017年10月 1日

2017年1月~9月のプレイカウント・トップ 40

   Top 40 - My iTunes Play Count (2017年1月~9月)
  1. Hold On / Santana
  2. Thinking Of You / Naoko Terai
  3. Pure Moment / Naoko Terai
  4. Love is a Gift / Olivia Newton-John
  5. Back To Chicago / Styx
  6. Appassionata / Naoko Terai
  7. All For You / Naoko Terai
  8. Everything Love Is [with Jimmy Barnes] / Olivia Newton-John
  9. Love At First Sight / Styx
  10. Strange Weather [Live] / Glenn Frey
  11. Shooting Star / Kaori Kobayashi
  12. Flying In The Wind / Naoko Terai
  13. HIt And Away / Naoko Terai
  14. Sad Songs / Olivia Newton-John
  15. The Promise (The Dolphin Song) / Olivia Newton-John
  16. Right Here with You [with Delta Goodrem] / Olivia Newton-John
  17. Find a Little Faith [with Cliff Richard] / Olivia Newton-John
  18. Show Me The Way / Styx
  19. Carrie Ann / Styx
  20. Magic Touch / Aerosmith
  1. Rock And Roll Dreams Come Through / Jim Steinman
  2. Crescent Moon / Naoko Terai
  3. Estrellita / Naoko Terai
  4. Courageous [with Melinda Schneider] / Olivia Newton-John
  5. Isn't it Amazing [with Sun] / Olivia Newton-John
  6. Never Enough / Olivia Newton-John
  7. Can't Let You Go / Rainbow
  8. Street Of Dreams / Rainbow
  9. In My Dreams / REO Speedwagon
  10. Can't Fight This Feeling / REO Speedwagon
  11. Bella / Santana
  12. Gothica - Fleurs Du Mal / Sarah Brightman
  13. Symphony / Sarah Brightman
  14. Canto Della Terra [Duet with Andrea Bocelli] / Sarah Brightman
  15. Sarai Qui [Duet with Alessandro Safina] / Sarah Brightman
  16. Pasión [Duet with Fernando Lima] / Sarah Brightman
  17. Rapture / Blondie
  18. Sunday Girl / Blondie
  19. Atomic / Blondie
  20. Maria / Blondie

| | コメント (0)

«KISS 「地獄からの使者 ~ KISS ファースト」 / KISS (1974)