2017年12月16日

JAPANESE SINGLES COLLECTION / THE RUNAWAYS (2008)

Album Cover (front): Japanese Singles Collection / The Runaways   Album Cover (back): Japanese Singles Collection / The Runaways   CD: Japanese Singles Collection / The Runaways

この"Japanese Singles Collection"は、アルバムのタイトルからも分かるように、ランナウェイズの日本盤シングルをまとめたベスト盤で、取り分け日本での人気が高かったことから企画されたアルバムだと思われますが、リリース元はイギリスのレーベルです。

日本でリリースされたシングルは全6枚("Cherry Bomb"のみ「チェリー・ボンブ」と「悩殺爆弾」の2種類の邦題でリリースされています)で、そのA面とB面の12曲に、ランナウェイズの最後のシングルとなった日本未発売の英シングル"Right Now / Black Leather"の2曲をボーナストラックとして収録した全14曲でアルバムは構成されています。

この手の企画盤にしてはブックレットも丁寧に作られており、輸入盤には掲載されることが少ない収録曲の歌詞や解説(英文)の他、全シングルのジャケット写真、並びに、アルバムを含めたディスコグラフィー、はたまた、各シングルの日本でのレコード番号といったものまでも記載されているので、どうせ安易なコンピレーション・アルバムだろうと思っていると、ちょっぴり驚かされます(笑)。

又、ブックレット裏表紙は、歌詞の他、解説とメンバーのプロフィールが記載された日本盤シングル「ネオン・エンジェル」のジャケット裏面側がそのままプリントされているので、当時の雰囲気を垣間見ることができます。

なお、曲順はリリース順にA面とB面の曲が収録されています。ちなみに、日本で最後のシングルとなった「Mama Weer All Crazee Now (A面) / Eight Days A Week (B面)」はどちらもカヴァー曲で、"Mama Weer All Crazee Now"がスレイドのカヴァーで、"Eight Days A Week"はビートルズのカヴァーでした。

Japanese Singles Collection / The Runaways

活動期間中に残したアルバムは、4枚のスタジオ・アルバムと、日本でのライヴを収録したライヴ・アルバム「Live in Japan / ライヴ・イン・ジャパン」の計5枚。

アメリカ本国では大きな成功を収めることができなかったものの、日本ではファースト・アルバムからののシングル"Cherry Bomb"がオリコンの総合チャートで10位に入るヒットを記録、又、"Live in Japan"はゴールドに認定されるなど、大人気を博したバンドであり、ガールズ・バンドの草分け的存在でもありました。

 

▼ The Runaways - Neon Angels On The Road To Ruin / Queens Of Noise / Interview / Cherry Bomb (Japan TV Show 1977)

https://www.youtube.com/watch?v=-p-mC_B0KAc

▼ The Runaways - Rock 'n Roll Sports Classic (part 1) ('78年にアメリカのABCで放送されたオールスター大運動会)

https://www.youtube.com/watch?v=vJzOFiy4_LM

 

CD Case (front): Japanese Singles Collection / The Runaways   CD Case (back): Japanese Singles Collection / The Runaways   Booklet: Japanese Singles Collection / The Runaways

THE RUNAWAYS - BAND MEMBERS
• Cherie Currie (シェリー・カーリー) - Lead and Backing Vocals (1975-1977)
• Joan Jett (ジョーン・ジェット) - Rhythm and Lead Guitar, Vocals (1975-1979)
• Lita Ford (リタ・フォード) - Lead and Rhythm Guitar, Vocals (1975-1979)
• Jackie Fox (ジャッキー・フォックス) - Bass Guitar, Vocals (1975-1977)
• Sandy West (サンディ・ウェスト) - Drums, Percussion, Vocals (1975-1979)
• Vicki Blue (ヴィッキー・ブルー) - Bass Guitar, Vocals (1977-1978)
• Laurie McAllister (ローリー・マカリスター) - Bass Guitar (1978-1979)

バンド解散後のソロ活動

▼ Joan Jett & The Blackhearts - I Love Rock 'n Roll
https://www.youtube.com/watch?v=xL5spALs-eA

▼ Joan Jett - Dirty Deeds Done Dirt Cheap (Dirty Deeds)
https://www.youtube.com/watch?v=2sky1tt8vLA

▼ Lita Ford (duet with Ozzy Osbourne) - Close My Eyes Forever
https://www.youtube.com/watch?v=foGkU6x3eSE

▼ Cherie & Marie Currie - Since You've Been Gone (RockPop 1980)
https://www.youtube.com/watch?v=uBf5rx3qBw8

▼ Cherie Currie (with Sandy West and Jackie Fox) - Queens Of Noise
https://www.youtube.com/watch?v=8GoN-pupXFA

▼ Cherie Currie - Cherry Bomb (Chicago IL 2013)
https://www.youtube.com/watch?v=ozBCSXeffMY

▼ Lita Ford & Cherie Currie - Queens Of Noise (M3 Rock Festival 2014)
https://www.youtube.com/watch?v=AypB-EkSzxo

TRACK LIST
1 Cherry Bomb /  2 Blackmail /  3 Secrets /  4 Rock 'N' Roll /  5 Neon Angels On The Road To Ruin /  6 Queens Of Noise /  7 All Right You Guys (Live) /  8 Blackmail (Live) /  9 Little Sister /  10 School Days /  11 Mama Weer All Crazee Now /  12 Eight Days A Week 
[Bonus Tracks]
13 Right Now /  14 Black Leather

NOTES
• Label: Cherry Red Records (UK)
• Made in the EU (Import)
• 解説(英文)・歌詞付
• The CD features Japanese picture cover single sleeves, lyrics, discography and sleeve notes.
• The CD features 2 bonus tracks, the UK single "Right Now" and it's B-side "Black Leather". This was to be the band's last single release.

 

 

関連記事

Live In Japan 「ライヴ・イン・ジャパン」 (1977) / The Runaways

| | コメント (0)

2017年12月10日

ENDLESS LOVE 「エンドレス・ラブ」 / DIANA ROSS & LIONEL RICHIE (1981)

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (front): Endless Love / Diana Ross & Lionel Richie   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Endless Love / Diana Ross & Lionel Richie   Japanese Vinyl Single Record: Endless Love / Diana Ross & Lionel Richie

ダイアナ・ロスとコモドアーズのライオネル・リッチーによるデュエット曲であるこの「Endless Love / エンドレス・ラブ」は、イタリア出身のフランコ・ゼフィレッリ監督によるブルック・シールズ主演の同名映画「エンドレス・ラブ」の主題歌であり、米ビルボードチャートに於いては9週間連続1位となる大ヒットを記録しています。

実を言うと、当時、このシングル盤を買った理由は、B面に収録されている"Endless Love (Instrumental)"が目的で、珠玉のバラード曲を集めた自作のカセットテープの最後にこの"Endless Love"のインストを入れたかったからなんですよね。A面の"Endless Love"だとちょっとベタ過ぎな感じがあるのですが、インストだとちょっといい感じかなと。

ちなみに、ビルボードの年間チャートでも2位を記録するヒットとなったこの曲の作詞と作曲はライオネル・リッチーが手掛けており、そのライオネル・リッチーは、ソロ転向後の1985年には「USAフォー・アフリカ」のチャリティー・ソングである「ウィ・アー・ザ・ワールド」をマイケル・ジャクソンと共に作曲しています。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record - Picture Sleeve (back): Endless Love / Diana Ross & Lionel Richie

Japanese Vinyl Single Record (Label): Endless Love / Diana Ross & Lionel Richie

TRACK LIST
Side A: Endless Love / エンドレス・ラブ
Side B: Endless Love (Instrumental) / エンドレス・ラブ(インストルメンタル)

NOTES
• Format: 7-inch Vinyl Single Record
• 解説・歌詞・対訳付
• Released in Japan
• US 1位(9週間連続) / UK 7位

 

▼ Diana Ross & Lionel Richie - Endless Love [45 RPM]

https://www.youtube.com/watch?v=9Mq9seNNsM0

▼ Diana Ross & Lionel Richie - Endless Love (Live at the Academy Awards)

https://www.youtube.com/watch?v=NDNlYho3A2Y

| | コメント (0)

2017年12月 4日

I FOUND YOU / KOKIA (2015)

Album Cover (front): I Found You / KOKIA   CD Case (back cover): I Found You / KOKIA   CD: I Found You / KOKIA

前年の2014年にリリースされた初のライヴ・アルバム"Color of Life"からは約1年振り、又、スタジオアルバムとしては、2013年にリリースされた"Where to go my love?"から約2年振りとなる"KOKIA"さんのアルバムがこの"I Found You"。

Promo Sticker: I Found You / KOKIA購入したのは、ボーナストラックに加え、デコレーション・ステッカーが封入された初回限定盤で、デコレーション・ステッカーは、ジャケットに描かれた木にそのステッカーを貼って自分なりのジャケットを作ることができるというもの。

ジャケットの木はブックレットの表だけでなく、裏と中央、それにCDケースのバックカヴァーにも描かれているので、自分の好きな場所にステッカーを貼って、自分なりの木をデザインできます。

そして、ボーナストラックとしては、スマホ RPG「アルカディアの蒼き巫女」の主題歌として"KOKIA"さんが提供した曲「Spirits」が収録されています。

又、自分自身はゲームをやらないので関係ないですが、初回限定盤には、そのゲームの限定武器アイテム入手コードが封入されています。

Decoration Stickers: I Found You / KOKIA   Decoration Stickers: I Found You / KOKIA

ここ最近はどちらかというと歌詞に重点を置いた歌メロ中心のシンプルな構成の曲が多かった印象があるのですが、この"I Found You"は、ラヴ・ソングや応援歌といったものとは違う視点で書かれた曲が増した印象があり、特にアルバムの前半部分では、自分が最も好きなアルバムである"trip trip"でも見られたエキゾチックで摩訶不思議な要素が帰ってきた感じがあって嬉しかったですね。

自分の場合は、このコーラスやハーモニーの付け方がいいなとか、ここのピアノのメロディーがいいなとか、そういう色んな音の要素が交じり合ったサウンドが好きなので、そういった意味に於いては、「Family Tree」とか 「おいしい音 yum yum music」でのコーラス・ワークでは、久しぶりに、他の誰かではなく"KOKIA"の音楽を聴く理由を再確認できたようなところもありました。

ラヴ・ソングといったものは、歳をとってくるとコッ恥ずかしくて敬遠してしまうようなところもあるので、アルバムの後半部分は前半部分に比べると聴く機会が少ないのですが、それでも、自分自身は、自分の音楽というものを探求し続けていくKOKIAさんの姿勢に惹かれているようなところもあるので、これはこれで許容範囲かなと。でも、できることならラヴ・ソングのようなものはイメージだけで聴けるコキア語で歌ってくれたらという思いもあるのですが(笑)。

CD Case (inside): I Found You / KOKIATRACK LIST (初回限定盤)
1. Family Tree / 2. おいしい音 yum yum music /  3.Recover / 4. Solace ~ 記憶の森に積もる絵画 / 5. オギャーと産まれて / 6. I Found the Love / 7. Make Sense / 8. Dear Armstrong / 9. I Found You / 10. 旅列車 life train / 11. 無力と知った日 / 12. Sprits (初回限定盤ボーナストラック)

NOTES
• 初回限定盤 3大特典
(1) 初回限定ジャケット デコレーション・ステッカー封入
(2) ボーナストラック「Spirits」収録(スマホ RPG「アルカディアの蒼き巫女」主題歌)
(3) 「アルカディアの蒼き巫女」限定武器アイテム入手・特典コード封入

 

▼ KOKIA / New Album 『 I Found You 』 トレーラー映像

https://www.youtube.com/watch?v=yyabqD8u64c

▼ 「I Found You 」の関連記事

KOKIA otonami Blog - おいしい音 そろいました! (2015年02月17日)
http://www.kokia.com/blog/2015/post-1119.html

KOKIA otonami Blog - アルバム「I Found You」発売日! (2015年03月18日)
http://www.kokia.com/blog/2015/i-found-you.html

KOKIA「I Found You」インタビュー
http://natalie.mu/music/pp/kokia02

KOKIA、アルバム「I Found You」は自身の経験をリアルに表現
https://www.musicman-net.com/artist/40669

 

 

関連記事

trip trip (2002) / KOKIA

outwork collection - pieces (2011) / KOKIA

心ばかり - COCORO BAKARI (2012) / KOKIA

Where to go my love? (2013) / KOKIA

KOKIAさんの自筆サインが到着 - (2011年9月22日)

KOKIAさんのサイン色紙5枚 - (2011年10月10日)

| | コメント (0)

2017年12月 1日

2017年1月~11月のプレイカウント・トップ 40

   Top 40 - My iTunes Play Count (2017年1月~11月)
  1. Love is a Gift / Olivia Newton-John
  2. Sad Songs / Olivia Newton-John
  3. Everything Love Is [with Jimmy Barnes] / Olivia Newton-John
  4. Hold On / Santana
  5. Back To Chicago / Styx
  6. Thinking Of You / Naoko Terai
  7. Pure Moment / Naoko Terai
  8. Gothica - Fleurs Du Mal / Sarah Brightman
  9. Symphony / Sarah Brightman
  10. Love At First Sight / Styx
  11. Turn to Stone / E.L.O.
  12. Shooting Star / Kaori Kobayashi
  13. Appassionata / Naoko Terai
  14. All For You / Naoko Terai
  15. If Love is Real / Olivia Newton-John
  16. Dancin' Round and Round / Olivia Newton-John
  17. Find a Little Faith [with Cliff Richard] / Olivia Newton-John
  18. Show Me The Way / Styx
  19. Carrie Ann / Styx
  20. Atomic / Blondie
  1. Maria / Blondie
  2. It's Over / E.L.O.
  3. Sweet Talkin' Woman / E.L.O.
  4. Steppin' Out / E.L.O.
  5. Standin' in the Rain / E.L.O.
  6. Big Wheels / E.L.O.
  7. Summer and Lightning / E.L.O.
  8. Mr. Blue Sky / E.L.O.
  9. Strange Weather [Live] / Glenn Frey
  10. Flying In The Wind / Naoko Terai
  11. HIt And Away / Naoko Terai
  12. The Promise (The Dolphin Song) / Olivia Newton-John
  13. Right Here with You [with Delta Goodrem] / Olivia Newton-John
  14. Isn't it Amazing [with Sun] / Olivia Newton-John
  15. Canto Della Terra [Duet with Andrea Bocelli] / Sarah Brightman
  16. Sarai Qui [Duet with Alessandro Safina] / Sarah Brightman
  17. Pasión [Duet with Fernando Lima] / Sarah Brightman
  18. Magic Touch / Aerosmith
  19. Rapture / Blondie
  20. Sunday Girl / Blondie

| | コメント (0)

2017年11月26日

面白動画 - 子供達に Queen の曲を聴かせたら

出演者は6歳から13歳の子供達。今の子供達が"Queen"の曲に対し、果たしてどういう反応を示すかは以下の動画をご覧ください。

※ 「KIDS REACT TO QUEEN」の動画については日本語の字幕も用意されているので、動画に日本語の字幕が表示されないときは以下の操作を行ってください。

1. まずは動画を再生させて、画面上にカーソルを持っていくと、動画の右下にアイコンが表示されるので、左から2番目の「設定」をクリックした後、表示されるメニューの中から「字幕」を選択して「日本語」をクリック。

2. 次に4つのアイコンの一番左にある「字幕」のアイコンをクリックすれば動画の画面に日本語の字幕が表示されます。

▼ KIDS REACT TO QUEEN

https://www.youtube.com/watch?v=Qx5ONcVtnCw

一方、こちらは Queen の曲を年配者に聴かせたときの反応

▼ ELDERS REACT TO QUEEN

https://www.youtube.com/watch?v=w8c8el0ccyM

 

 

関連記事

フレディ・マーキュリー (Queen) に関する面白動画

面白動画 - Journey (ミュージックビデオのモノマネ動画)

世界の面白動画いろいろ

いろいろな目の錯覚と面白い視覚効果

面白動画 - Bangles (カメラディレクターはマイケル・スティールがお好き)

面白動画 - KISS (ビデオクリップのパロディとライヴでのアクシデント)

面白動画 - Jake E. Lee (オジー・オズボーンの元ギタリスト)

| | コメント (0)

«INVISIBLE 「とどかぬ愛」 / ALISON MOYET (1984)