« NEW ENGLAND 「失われし魂」 / NEW ENGLAND (1979) | トップページ | DON'T LOOK BACK 「ドント・ルック・バック(新惑星着陸)」 / BOSTON (1978) »

2010年8月30日

EXPLORER SUITE 「果てしなき冒険」 / NEW ENGLAND (1980)

CDの帯(世界初CD化盤):果てしなき冒険 / ニュー・イングランドAlbum Cover (front): Explorer Suite / New England彼らのファーストアルバム1枚で完全に心奪われた当時の私は、このセカンドアルバムを何よりも心待ちにしていました。しかしながら、ファーストアルバムをリリースした後は、所属レコード会社の倒産というアクシデントに見舞われた所為か、その後は音楽雑誌等でも彼らに関するニュースは全く入ってきませんでした。

ただ、そういった出来事も後に知ったことで、当時はそんなことがあったなどとは知らず、暇さえあればレコード店で「ナ行」の棚をチェックしていました。そして、そんなことを繰り返していた甲斐もあってか、ついに、このアルバム「Explorer Suite / 果てしなき冒険」を見つける日が訪れたんですよね。あまりの驚きに、初めは、もしかしたら"Explorer Suite"という名のバンドの"New England"というタイトルのアルバムなんじゃないだろうかと疑心暗鬼でいたのですが、裏ジャケットにプリントされた彼ら4人の写真と名前を確認して、ようやく安心して喜べたことを覚えています。

ファーストアルバムはビルボードチャートでも50位を記録し、新人としてはまずまずのセールスを記録した所為か、新たなレコード会社との契約にもそれほど時間を要することもなかったようで、結果的にはファーストアルバムがリリースされた翌年には、このセカンドアルバムとなる「Explorer Suite / 果てしなき冒険」がリリースされたんですよね。

曲によっては多少ポップ過ぎる感があり、その点ではファーストアルバムのように嫌いな曲が無いとまでは言えなかったものの、よりプログレッシヴ色が強まった幻想的で魅力のある曲が含まれていたこともあって、当時の私はますます彼らに夢中になっていました。ただ、アルバムを通して聴くとなれば、やはり、2曲目の"Livin' In The Eighties"でガクンとなるのは否めないですね。別にポップだから悪いとかいう意味ではなく、あくまでも個人的な好みの問題なのですが、ポップ感覚にも受け入れられるものと、受け入れにくいものとがあるということです。まぁ、その点ではファーストアルバムに於けるポップ感覚は自分の好みに合っていたということですね。

と、曲による好みのバラつきはあるものの、充実した意欲作であることに変わりは無く、"Honey Money"、"Explorer Suite"、"Seal It With A Kiss"、"No Place To Go"、"Searchin'"、"Hope"と、これまたファーストアルバム同様に夢中にさせられた楽曲も多く含まれています。

Album Cover (back): Explorer Suite / New Englandしかし、更なる進化を見せた意欲作であったものの、このアルバムではファーストアルバムからのようなヒット曲が生まれることもなく、セールス的にはパッとしなかったようで、その事がレコード会社との確執を生む結果にもなったようです。その後、いつしか彼らのアルバムは廃盤となり、流通量がそれほど多くなかった事もあってか、熱心なロックファンの間で中古レコードが幻の名盤として高価なプレミア価格で取り引きされるようになりました。ファーストアルバムがそこそこヒットしたにも関わらず、何故にこのアルバムがチャートインすら果たせなかったのか、今でも不思議でなりません。何が足りなかったのかを敢えて探すとすれば、それは「運」としか言いようがないのでないかと思います。彼らにもうちょっとその運があったなら・・・。

 

TRACKLIST
1. Honey Money / 2. Livin' In The Eighties / 3. Conversation / 4. It's Never Too Late / 5. Explorer Suite / 6. Seal It With A Kiss / 7. Hey You're On The Run / 8. No Place To Go / 9. Searchin' / 10. Hope / 11. You'll Be Born Again

1. ハニー・マネー / 2. リヴィン・イン・ジ・エイティーズ / 3. カンヴァセーション / 4. イッツ・ネヴァー・トゥー・レイト / 5. エクスプローラー・スイート / 6. シール・イット・ウィズ・ア・キッス / 7. ヘイ・ユーアー・オン・ザ・ラン / 8. ノー・プレイス・トゥ・ゴー / 9. サーチン / 10. ホープ / 11. ユール・ビー・ボーン・アゲイン

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(世界初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

 

NEW ENGLAND - BAND MEMBERS
• John Fannon (ジョン・ファノン) - Vocals, Guitar
• Hirsh Gardner (ハーシュ・ガードナー) - Drums, Vocals
• Gary Shea (ゲイリー・シェア) - Bass
• Jimmy Waldo (ジミー・ウォルドー) - Keyboards, Vocals

 

▼ New England - Honey Money
https://www.youtube.com/watch?v=YyNkBm05usk

▼ New England - Explorer Suite
https://www.youtube.com/watch?v=YfXQqrnWEn4

▼ New England - It's Never Too Late
https://www.youtube.com/watch?v=q6tismzETUc

▼ New England - No Place To Go
https://www.youtube.com/watch?v=fRMAiaz2Ywc

▼ New England - Searchin'
https://www.youtube.com/watch?v=1jqUIqm-J0s

▼ New England - Hope
https://www.youtube.com/watch?v=KKhd6hOjnwU

 

 

関連記事

New England 「失われし魂」 (1979) / New England

Walking Wild (1981) / New England

New England の LPレコード盤3枚(失われし魂 / 果てしなき冒険 / Walking Wild)

1978 (1998) / New England

Greatest Hits Live (2003) / New England

« NEW ENGLAND 「失われし魂」 / NEW ENGLAND (1979) | トップページ | DON'T LOOK BACK 「ドント・ルック・バック(新惑星着陸)」 / BOSTON (1978) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (NEW ENGLAND)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NEW ENGLAND 「失われし魂」 / NEW ENGLAND (1979) | トップページ | DON'T LOOK BACK 「ドント・ルック・バック(新惑星着陸)」 / BOSTON (1978) »

TRANSLATE THIS SITE

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

AD

ブログ内を画像で検索

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く