« A DAY AT THE RACES 「華麗なるレース」 / QUEEN (1976) | トップページ | OUT OF THE BLUE / E.L.O. (1977) »

2010年8月27日

FACE THE MUSIC / E.L.O. (1975)

CDの帯(初CD化盤):フェイス・ザ・ミュージック / E.L.O.Album Cover (front): Face the Music / E.L.O.未だ見ぬ強豪はいないかとレコード店で物色するのが楽しみだった十代の頃に、"Electric Light Orchestra"というグループ名と、アルバムタイトル(※下記の補足を参照)、それに電気椅子をあしらった何やら怪しげなジャケットの雰囲気に惹かれ、どんなバンドかは勿論のこと、どんなサウンドかも知らないまま、インスピレーションに賭けて買ったのがこのアルバム「Face The Music / フェイス・ザ・ミュージック」で、自分にとってはこのアルバムが"E.L.O."との最初の出会いでした。

レコードに針を落とすまでは、どんなサウンドが飛び出してくるのかと期待する一方、お小遣いが無駄になってしまうかもしれないという不安も抱えていましたが、1曲目の"Fire on High"と、2曲目の"Waterfall"を聴いた時点で、この賭けが当たりだと確信したことを何となく覚えています。でも、実際は、お小遣いをはたいて買ったものが無駄にならなくて良かったと胸を撫で下ろすようなところも多分にあったのかもしれません。それでも、結果的に、またひとつ独自の音の世界を構築するミュージシャンに出会えた事に当時は喜んだものです。その後のきらびやかなサウンドに比べると多少地味な印象を受けますが、骨格となる楽曲のクオリティーは高く、今でも良く聴くアルバムのひとつです。全体を通して何となく穏やかな雰囲気があるところが好きなんですよね。

アルバムはビルボードチャートで8位を記録し、シングルカットされた2曲も、"Evil Woman"が10位、"Strange Magic"が14位と、それぞれに上位に入るヒットを記録していますが、個人的には"Fire On High"、"Waterfall"、"Nightrider"、"One Summer Dream"といった曲もシングルカット曲に負けず劣らず好きですね。と言うか、当時はこれらの曲の方を良く聴いていた記憶があります。

※ 補足 (Face The Music)
「報いを受ける」とか「自分の不始末にけじめをつける」といった意味。当時は"Face"と"Music"の単語の意味だけを繋ぎ合わせて、そんな感じの意味だと勝手に捉えてましたけど、随分と後に本当の意味を知って、ようやくジャケット写真(表と裏)との関連性に気付いたのでした。

 

Album Cover (back): Face The Music / E.L.O.世の中の主流がレコードからCDへと変わった後も、権利関係の問題からか、中々CD化されずにいた"E.L.O."のアルバムがCDとして全て出揃ったのは'90年代に入ってからでした。そのようなことから、しばらくの間は'87年にポツンとCD化された、この"Face The Music"が、"E.L.O."のアルバムとしては唯一CD化されたアルバムという状況でした(最初からCDとしてリリースされた'86年の「Balance of Power / バランス・オブ・パワー」を除いて)。

ということで、'80年代後半と言えば、CDも出たばかりで、まだまだ値段も高く、旧作と言えども殆んどが3,000円以上していたことから、この時に買ったCDの帯には「特別価格 \2,800」と、そういった時代を感じさせられるような記載がされています。

ただし、このCD、LP時代にはあった"Fire On High"、"Waterfall"、"Evil Woman"、"Strange Magic"といった曲の序曲的なイントロ部分は全てカットされていたんですよね。当時はその点で多少違和感があったものの、今では、他のアルバムの曲と混ぜて聴くような場合だと、このCDにあるヴァージョンもいいんじゃないかと思っています。それと、いつもスキップしていたので当初は気付かなかったのですが、実は"Down Home Town"もイントロ部分がカットされたヴァージョンになっているんですよね。

ちなみに、私が持っているこの"Face The Music"以降のアルバムも、その後、全てのアルバムがCD化された際に購入した初版になるので、ボーナストラックなどは勿論のこと、リマスターなどもされていませんが、そのサウンドは心の中にある様々な思い出へとリンクされている感じです。

 

TRACK LIST
1. Fire On High / 2. Waterfall / 3. Evil Woman / 4. Nightrider / 5. Poker / 6. Strange Magic / 7. Down Home Town / 8. One Summer Dream

1. ファイアー・オン・ハイ / 2. 滝 / 3. イヴィル・ウーマン / 4. ナイトライダー / 5. ポーカー / 6. ストレンジ・マジック(不思議な魔術) / 7. ダウン・ホーム・タウン / 8. 夏の日

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付
• 以下の5曲はイントロ部分をカットしたヴァージョンが収録されています
"Fire On High" (4:02) / "Waterfall" (3:54) / "Evil Woman" (4:14) / "Strange Magic" (4:08) / "Down Home Town" (3:44)

 

ELECTRIC LIGHT ORCHESTRA - BAND MEMBERS
• Jeff Lynne (ジェフ・リン) - Guitar, Vocals, Backing Vocals
• Bev Bevan (ベヴ・ベヴァン) - Drums, Percussion, Backing Vocals
• Richard Tandy (リチャード・タンディ) - Piano, Moog, Guitar, Clavinet
• Kelly Groucutt (ケリー・グロウカット) - Bass, Vocals, Backing Vocals
• Mik Kaminski (ミック・カミンスキー) - Violin
• Melvyn Gale (メルヴィン・ゲイル) - Cello
• Hugh McDowell (ヒュー・マクドウェル) - Cello

 

▼ Electric Light Orchestra - Fire On High (radio edit)
https://www.youtube.com/watch?v=kOCQU_X5KV0

▼ Electric Light Orchestra - Waterfall
https://www.youtube.com/watch?v=b-TFYPXPQjM

▼ Electric Light Orchestra - Nightrider
https://www.youtube.com/watch?v=EtT3pC01pc4

▼ Electric Light Orchestra - One Summer Dream
https://www.youtube.com/watch?v=NnBJSTGL_uQ

このCDではカットされていますが、実はオリジナルヴァージョンの"Fire On High"のイントロ部分を逆回転するとこうなります。

▼ ELO "Fire On High" Backwards Message Reversed
https://www.youtube.com/watch?v=nSq_OfENFMo

 

 

関連記事

A New World Record 「オーロラの救世主」 (1976) / E.L.O.

Out Of The Blue (1977) / E.L.O.

Discovery (1979) / E.L.O.

Xanadu (Soundtrack) (1980) / E.L.O. & Olivia Newton-John

Xanadu (映画パンフレット) (1981)

Time 「タイム~時へのパスポート」 (1981) / E.L.O.

Secret Messages (1983) / E.L.O.

Kelly (1983) / Kelly Groucutt

Balance Of Power (1986) / E.L.O.

Afterglow [3CD Box Set] (1990) / E.L.O.

Armchair Theatre (1990) / Jeff Lynne

E.L.O. Part Two 「銀河の探索者」 (1991) / E.L.O. Part 2

Moment Of Truth (1994) / E.L.O. Part 2

Zoom (2001) / E.L.O.

E.L.O. - ZOOM / 雑誌広告 (2001)

レコード・コレクターズ 7 / E.L.O. 特集号 (2001)

Out Of The Blue Tour - Live at Wembley [DVD] (2002) / E.L.O.

Access All Areas - Live in Australia [DVD] (2003) / E.L.O. Part 2

One Night in Australia (2007) / E.L.O. Part 2

The Classic Albums Collection [11CD Box Set] (2011) / E.L.O.

Mr. Blue Sky - The Very Best Of Electric Light Orchestr (2012) / E.L.O.

Alone In The Universe (2015) / Jeff Lynne's ELO

ELO - 祝・新作発売!! ELOとジェフ・リンの全軌跡を徹底研究 (2015)

Alone In The Universe Tour - Live At Wembley Stadium, 24 June 2017 / Jeff Lynne's ELO

Alone In The Universe Tour - Live at KCOM Stadium Hull, 01 July 2017 / Jeff Lynne's ELO

Alone in the Universe Tour 2017 / Jeff Lynne's ELO

Wembley Or Bust [2CD+DVD Limited Edition] (2017) / Jeff Lynne's ELO

ネットでプレイできる ELO のジグソーパズル

その他の E.L.O. 関連記事

(ジェフ・リンが提供した楽曲"One Way Love"を収録)
Eyes Of A Woman (1985) / Agnetha Fältskog [ex-ABBA]

« A DAY AT THE RACES 「華麗なるレース」 / QUEEN (1976) | トップページ | OUT OF THE BLUE / E.L.O. (1977) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (E.L.O.)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« A DAY AT THE RACES 「華麗なるレース」 / QUEEN (1976) | トップページ | OUT OF THE BLUE / E.L.O. (1977) »

TRANSLATE THIS SITE

商品検索

  • Amazon

ブログ内を画像で検索

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ

AD