« OUT OF THE BLUE / E.L.O. (1977) | トップページ | EXPLORER SUITE 「果てしなき冒険」 / NEW ENGLAND (1980) »

2010年8月29日

NEW ENGLAND 「失われし魂」 / NEW ENGLAND (1979)

CDの帯(世界初CD化盤):失われし魂 / ニュー・イングランドAlbum Cover (front): New England (1st Album) / New England 当時は、キッスのポール・スタンレーと、クイーンのレコーディングエンジニアをしていたマイク・ストーンの共同プロデュースという、米英を代表する2大バンドとの関わりに釣られて購入したようなところもあったのですが、実際にはそんな触込みなど全く必要無い程の圧倒的な素晴らしさに驚かされると同時に、又ひとつ大好きなバンドができたことをとても喜んでいました。

キーボードとコーラス・ハーモニーを前面に打ち出したダイナミックでスケール感溢れるサウンドは、これが新人バンドなのかと思わせられる程の完成度を誇っており、"John Fannon"の卓越したソングライティング力によって生み出される楽曲の数々は、1曲1曲がそれぞれに独自の輝きを放っているかのようでもあります。とにかく当時は、大好きな曲が目白押しであると同時に、嫌いな曲が1曲も見当たらなかったこともあって、アルバムを通して聴きまくっていましたね。特に1曲目から6曲目までブリリアントな楽曲が続く様は圧巻で、ここまで粒揃いなアルバムにはそうそうお目にかかれるものではありません。ちなみにこのアルバムからは、"Don't Ever Wanna Lose Ya"(米40位)、"Hello, Hello, Hello"(米69位)と、2曲のヒット曲も生まれています。

Album Cover (back): New England (1st Album) / New England サウンドの方向性としては「Kiss+Queen」と言うよりも、むしろ「Boston+Journey」といった感じですね。個人的には、マイク・ストーンが後にプロデューしたジャーニーの"Escape"や、エイジアの"Alpha"に匹敵するクオリティーを持つアルバムだと思っています。そういえば、当時はことあるごとに「凄いバンドが現れた」と、友人などに話していましたね。

セカンドアルバムの"Explorer Suite"が高く評価されている為に見落とされぎみなこのファーストアルバムですが、個人的には"New England"と言えば、やはりこのアルバムになります。セカンドでは比較的タイトな処理がなされているドラムスやキーボードの音も悪くは無いのですが、それでも、より透明感と広がりのあるこちらのサウンドがどちらかと言えば好みですね。このアルバムと出会ってなければ、セカンドアルバムに手を出していたかどうか・・・。

 

NEW ENGLAND - BAND MEMBERS
• John Fannon (ジョン・ファノン) - Vocals, Guitar
• Hirsh Gardner (ハーシュ・ガードナー) - Drums, Vocals
• Gary Shea (ゲイリー・シェア) - Bass
• Jimmy Waldo (ジミー・ウォルドー) - Keyboards, Vocals

 

TRACKLIST
1. Hello, Hello, Hello / 2. Don't Ever Wanna Lose Ya / 3. P.U.N.K. (Puny Undernouriished Kid) / 4. Shall I Run Away / 5. Alone Tonight / 6. Nothing To Fear / 7. Shoot / 8. Turn Out the Light / 9. The Last Show / 10. Encore

1. ハロー・ハロー・ハロー / 2. 失われし魂 / 3. P.U.N.K. / 4. シャル・アイ・ラン・アウェイ / 5. アローン・トゥナイト / 6. ナッシング・トゥ・フィアー / 7. シュート / 8. 灯を消せ / 9. ザ・ラスト・ショウ / 10. アンコール

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(世界初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞付 / 対訳無し

 

▼ New England - Hello, Hello, Hello
https://www.youtube.com/watch?v=9ibnNp8YyyY

▼ New England - Don't Ever Wanna Lose Ya
https://www.youtube.com/watch?v=oCwzRV0UMhA

▼ New England - P.U.N.K.
https://www.youtube.com/watch?v=RF0I5DRFobE

▼ New England - Alone Tonight
https://www.youtube.com/watch?v=y7wCHahZadg

▼ New England - Nothing To Fear
https://www.youtube.com/watch?v=opayVeb89Fk

 

 

関連記事

Explorer Suite 「果てしなき冒険」 (1980) / New England

Walking Wild (1981) / New England

New England の LPレコード盤3枚(失われし魂 / 果てしなき冒険 / Walking Wild)

1978 (1998) / New England

Greatest Hits Live (2003) / New England

« OUT OF THE BLUE / E.L.O. (1977) | トップページ | EXPLORER SUITE 「果てしなき冒険」 / NEW ENGLAND (1980) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (NEW ENGLAND)」カテゴリの記事

コメント

Jihiroさま、はじめまして。たまたまブログを拝見しましたので、コメントさせて頂きました。ニュー・イングランド、いいですよね。私も大好きなんですが、実はビッグ・ニュースがあります。今年6月22日・23日と彼らの地元、アメリカ・ボストンでオリジナル・メンバーによる再結成ライヴが決定しました。私は現在、ニュージャージーに住んでおり、幸運なことにライヴに行くことになりました。大きな会場では無いので、メンバーと接する機会もあろうかと思われ(Facebookで3人と友達になりました)、ライヴを楽しむと共に熱烈なファンが世界中で一番多いであろう日本でコンサートをやってもらえるよう、働きかけてみたいと思います。どうか応援してください。

ふじたさん、これはこれはアメリカから素晴らしいビッグ・ニュースをありがとうございます。
再結成は半ば諦めていただけに、喜びも一入です。

ライヴに行かれるそうですが、どうぞ、存分に楽しんできてくださいね。
当日はライヴレコーディングとかはされないんでしょうかね。
是非ともライヴアルバムとしてもリリースして欲しいところです。

再結成自体も諦めていただけに、日本でのコンサートなんて夢にも思ってなかったですが、
実現するといいですね、応援しています。

ニュージャージーから素敵なニュースをありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OUT OF THE BLUE / E.L.O. (1977) | トップページ | EXPLORER SUITE 「果てしなき冒険」 / NEW ENGLAND (1980) »

TRANSLATE THIS SITE

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

AD

ブログ内を画像で検索

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く