« BRIGADE 「ブリゲイド」 / HEART (1990) | トップページ | E.L.O. PART TWO 「銀河の探索者」 / E.L.O. PART TWO (1991) »

2010年9月21日

INFINITY 「無限との遭遇(インフィニティ)」 / JOURNEY (1978)

LPレコードの帯:Infinity 「無限との遭遇」 / JourneyAlbum Cover (front): Infinity / Journey (12-inch Vinyl LP)ヴォーカリストにスティーヴ・ペリーを迎えて発表された通算4枚目となるこのアルバム"Infinity"(LPレコード時代の邦題は「無限との遭遇」)が、ジャーニーにとって大きな転換期だったと言っても差し支えないでしょうね。"Boston"や"Queen"を意識したかのような、やや大袈裟とも言えるコーラス・ハーモニーと深めのエコーが加えられた多少オーヴァープロデュースぎみとも取れるサウンドですが、逆にそれがこのアルバムの雰囲気を醸し出す魅力にもなっている感じです。

実は私がジャーニーを知るきっかけとなったのが、このアルバム"Infinity"になるのですが、当時はどのようなバンドなのかも知らないまま、レコードの帯に書かれていた「ボストンへのジャーニーからの解答」というフレーズに惹かれて買ったことは今も覚えています。ジャケットのアートワークも何となくそれっぽかったですしね。

ただ、この時は既に次作の「Evolution / エヴォリューション(銀嶺の翼)」がニューアルバムとしてリリースされており、どっちにしようかと随分迷ったんですよね。アートワークも互角の戦いだし(笑)。で、レコード店で暫く悩んだ末に下した決断が旧作であるこの"Infinity"の方だったんですよね。まぁ、未だにジャーニーのアルバムが置かれた店内の棚の位置まで覚えているんで、相当悩んでいたんだと思います。

Album Cover (back): Infinity / Journey (12-inch Vinyl LP)それでも、正直、この時はアルバムの帯に書かれたフレーズのようにボストンと肩を並べるビッグバンドになるとは思っていませんでしたが、それでもブリティッシュ・ロック的な色合いのあるこのアルバムは、その後にリリースされた"Evolution"、"Departur"と共に3部作と言われるアルバムの中でも取り分け好きで良く聴いていました。

アルバムからは"Lights"と"Wheel In The Sky"の2曲がその後もずっとライヴの定番曲として演奏され続けましたが、このアルバムが素晴らしいのは、この2曲だけではないというところ。まぁ、仮にジャーニーのベストを作るとしたら、自分は代表作の"Escape"よりもこの"Infinity"から選ぶ曲の方が多くなるんじゃないかと思うくらいですから。

ビルボードチャートでは過去最高の21位を記録し、今までチャートインすることもなかったシングルカット曲も、"Wheel in the Sky"(米57位)、"Feeling That Way/Anytime"(米83位)、"Lights"(米68位)とそれぞれチャートインを果たしています。

 

レコード盤のラベル:Infinity / Journey   レコード盤のラベル:Infinity / Journey

 

TRACK LIST
1. Lights / 2. Feeling That Way / 3. Anytime / 4. La Do Da / 5. Patiently / 6. Wheel In The Sky / 7. Somethin' To Hide / 8. Winds Of March / 9. Can Do / 10. Opened The Door

1. ライツ / 2. フィーリング・ザット・ウェイ / 3. エニィタイム / 4. ラ・ドゥ・ダ / 5. ペイシェントリー / 6. ホイール・イン・ザ・スカイ / 7. サムシン・トゥ・ハイド / 8. ウィンズ・オブ・マーチ / 9. キャン・ドゥ / 10. オープンド・ザ・ドアー

NOTES
• Tracks 1, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10 (Lead Vocals - Steve Perry)
• Tracks 2 (Lead Vocals - Gregg Rolie, Steve Perry)
• Tracks 3 (Lead Vocals - Gregg Rolie)

 

JOURNEY - BAND MEMBERS
• Gregg Rolie - Keyboards, Vocals
• Neal Schon - Guitar, Vocals
• Ross Valory - Bass, Vocals
• Aynsley Dunbar - Drums and Percussion
• Steve Perry - Lead Vocals

 


 

■ 追記
こちらは、2013年に発売された初版LPを復刻した紙ジャケット仕様のCD

Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (front): Infinity / Journey   Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (back): Infinity / Journey   CD: Infinity / Journey

 

INFINITY / 無限との遭遇(インフィニティ) (1978)

● 初版LP復刻帯(当時の邦題「無限との遭遇」の帯)
● US盤LP復刻ラベル
● 最新US盤CDのオールカラー16Pブックレット封入
● US盤LP復刻内袋付
● USジャケットの表に貼付されていた復刻プロモステッカー(ミニタイプ)封入
● 解説・歌詞・対訳付
● 2006年最新デジタルリマスター ● Blu-spec CD2 仕様

 

▼ Journey - Lights

https://www.youtube.com/watch?v=tNG62fULYgI

 

▼ Journey - Wheel in the Sky

https://www.youtube.com/watch?v=MxGEVIvSFeY

 

▼ Journey - Feeling That Way / Anytime (Live)

https://www.youtube.com/watch?v=H0RFpXrPv2g

 

 

関連記事

ジャーニーの初版LP復刻・紙ジャケット・シリーズ (2013) / Journey

その他の JOURNEY 関連記事

Departure 「ディパーチャー」 (1980) / Journey

Dream, After Dream 「夢・夢のあと」 (Soundtrack) (1980) / Journey

Captured 「ライブ・エナジー」 (1981) / Journey

Escape 「エスケイプ」 (1981) / Journey

Frontiers 「フロンティアーズ」 (1983) / Journey

Raised On Radio 「レイズド・オン・レイディオ~時を駆けて」 (1986) / Journey

Journey The Ballade 「ジャーニー・ザ・バラード」 (1991) / Journey

Trial By Fire 「トライアル・バイ・ファイアー」 (1996) / Journey

Live In Houston 1981 - Escape Tour [DVD + CD] (2005) / Journey

面白動画 - Journey (ミュージックビデオのモノマネ動画)

« BRIGADE 「ブリゲイド」 / HEART (1990) | トップページ | E.L.O. PART TWO 「銀河の探索者」 / E.L.O. PART TWO (1991) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (JOURNEY)」カテゴリの記事

音楽 (アナログ・レコード:LP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BRIGADE 「ブリゲイド」 / HEART (1990) | トップページ | E.L.O. PART TWO 「銀河の探索者」 / E.L.O. PART TWO (1991) »

TRANSLATE THIS SITE

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

AD

プライバシーポリシー

ブログ内を画像で検索

商品検索

  • amazon
無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く