« APPLE VENUS VOLUME 1 / XTC (1999) | トップページ | ZOOM / E.L.O. (2001) »

2010年9月 8日

QUIET LIFE 「クワイエット・ライフ」 / JAPAN (1979)

CDの帯:クワイエット・ライフ / JapanAlbum Cover (Front): Quiet Life / Japanヴィジュアルイメージが先行してしまい、音楽性について正当に評価される事が少なかったジャパンの3作目がこの「Quiet Life / クワイエット・ライフ」です。当時はそんな感じでしたので、音楽好きの友人達に批判されながらも、ひとり聴き込んでました。とにかく、前作までのグラム・ファンク的サウンドから、一気にヨーロピアン・モダンとも呼べるサウンドに変貌した事に当時は驚かされましたね。普通はこんなに変わってしまうと戸惑うものですが、一発で気に入った事を覚えています。

しかし、大胆なまでに進化を遂げたそのサウンドも、パンクロック全盛という時代の中にあっては、異質な存在に映ってしまったのか、本国イギリスでは相変わらず批判の矢面に立たされ、今度はロキシー・ミュージックの二番煎じなどと酷評されてたようです。

結果的にはクオリティーの高い充実したアルバムでありながらもヒットする事はありませんでしたが、最高53位ながらも初のチャートインを果たしています。その後、音楽性の面で対立していたアリオラ・ハンザからヴァージン・レコードに移籍して制作された次作の"Gentlemen Take Polaroids"から徐々に評価も高まってくると、アリオラハンザはそんな状況を目ざとく察知したかのように、このアルバムから、'81年に"Quiet Life"(英19位)と、'83年に"All Tomorrow's Parties"(英38位)を後追いでシングルカットしたことにより、これらの曲もそれぞれ時を経てチャートに登場することになったのでした。

 

CD: Quiet Life / Japanちなみに"All Tomorrow's Parties"は、かのアンディ・ウォーホルが関わった伝説的バンド、ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのカヴァーで、原曲の持つ雰囲気に加え、"Japan"らしさをも併せ持つ仕上がりとなったそのサウンドは、アルバム中においても、オリジナル曲と同一線上に違和感無く収まっており、こういった曲を取り上げ、更にはそれを自分たちのものにしているあたりにも彼らのセンスが感じられます。

当時はこのアルバムに収められた1曲1曲がそれぞれに好きだったわけですが、あらためて聴いてみると、アルバム全体がコンセプトを持ったひとつのストーリーとして作られているようにも思え、それはあたかも前衛芸術的シネマを見ているかのような感じでもあります。一見シュールに見えながらも抽象的ともとれるその歌詞に於いては人それぞれに解釈も違ってくるのかも知れませんが、これだけ充実した作品が正当に評価されなかった当時が残念ですね。個人的には独創性に富んだ傑作だと思っていますし、実は"Japan"のアルバムの中で最ものめり込んで聴いたのは、間違いなく、この"Quiet Life"です。

 

Album Cover (Back): Quiet Life / Japan   Album Cover (inside): Quiet Life / Japan

 

▼ Japan - Quiet Life (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=xhm-EqcPta0

▼ Japan - Fall In Love With Me
https://www.youtube.com/watch?v=to-e3eFcHgg

▼ Japan - In Vogue
https://www.youtube.com/watch?v=t_yaK90jRNE

▼ Japan - Halloween
https://www.youtube.com/watch?v=IiZyy11oS9M

▼ Japan - All Tomorrow's Parties
https://www.youtube.com/watch?v=vhNU0xAqr9U

 

JAPAN - BAND MEMBERS (Listed on Inside Cover)
• David Sylvian (デヴィッド・シルヴィアン) - Vocals, Occasional Guitar
• Mick Karn (ミック・カーン) - Bass, Saxophone
• Steve Jansen (スティーヴ・ジャンセン) - Drums, Percussion
• Richard Barbieri (リチャード・バルビエリ) - Synthesizers, Keyboards
• Rob Dean (ロブ・ディーン) - Guitars

 

TRACK LIST
1. Quiet Life / 2. Fall In Love With Me / 3. Despair / 4. In Vogue / 5. Halloween / 6. All Tomorrow's Parties / 7. Alien / 8. The Other Side Of Life

1. クワイエット・ライフ / 2. フォール・イン・ラヴ・ウィズ・ミー / 3. 絶望 / 4. イン・ヴォーグ / 5. ハローウィーン / 6. オール・トゥモロウズ・パーティズ / 7. 異国人 / 8. ジ・アザー・サイド・オブ・ライフ

NOTES
• CD発売日:1995年03月24日
• 解説・歌詞・対訳付

 

 

関連記事

Adolescent Sex 「果てしなき反抗」 (1978) / Japan

JAPAN - 果てしなき反抗 & 苦悩の旋律 / 雑誌広告 (1979)

ミュージック・ライフ 5月号臨時増刊 JAPANイン日本 (1979)

Gentlemen Take Polaroids 「孤独な影」 (1980) / Japan

The Singles 「ザ・シングルズ」 [限定レコード盤] (1981) / Japan

Tin Drum 「錻力の太鼓」 (1981) / Japan

Assemblage 「アセンブラージュ」 [2CD] (1995) / Japan

The Singles 「シングルズ」 [2CD] (1996) / Japan

Zero Landmine (2001) / N.M.L. (No More Landmine) - featuring David Sylvian & Steve Jansen

WORLD CITIZEN - i won't be disappointed (2003) / Ryuichi Sakamoto + David Silvian

The Very Best Of [DVD] (2006) / Japan

さよなら、ミック・カーン (2011)

Japan & Self Existence - ミック・カーン自伝 [日本語版] / Mick Karn (2011)

JAPAN 1974-1984 ~ 光と影のバンド全史 (2017)

« APPLE VENUS VOLUME 1 / XTC (1999) | トップページ | ZOOM / E.L.O. (2001) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (JAPAN)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« APPLE VENUS VOLUME 1 / XTC (1999) | トップページ | ZOOM / E.L.O. (2001) »

TRANSLATE THIS SITE

ブログ内を画像で検索

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ