« MADE IN HEAVEN 「メイド・イン・ヘヴン」 / QUEEN (1995) | トップページ | HOTEL CALIFORNIA 「ホテル・カリフォルニア」 / EAGLES (1976) »

2010年9月14日

WALKING WILD / NEW ENGLAND (1981)

CDの帯(世界初CD化盤):ウォーキング・ワイルド / ニュー・イングランドAlbum Cover (front): Walking Wild / New Englandニュー・イングランドの事実上のラスト・アルバムとなったのが、この「Walking Wild / ウォーキング・ワイルド」です。前作"Explorer Suite"が売れなかったことが、このアルバムの方向性に少なからず影響を及ぼしたと思われます。

結局、このアルバム"Walking Wild"は日本では発売すらされませんでしたが、私はといえば、当時は幸運にも輸入盤(レコード)で手に入れることができたんですよね。ただ、"Love's Up in the Air"、"Get it Up"、"L5"、"You're There"といった"New England"ならではのメロディックな楽曲は好きで良く聴いていたものの、全体的にストレートでコンパクトにまとめられた印象があり、更には軽いドラムの音とピコピコ・キラキラなシンセ音にも少なからず違和感がありましたね。買った当時は期待が大きかった事もあってか、多少がっかりしたことを覚えています(ジャケットデザインもブートレッグじゃないかと思う位のチャチさで、いかにも予算をつけませんでしたといった感じ)。

恐らくは、いくら自分たちが納得したアルバムを制作しようとも、それがセールスに繋がらなければ、レコード会社のサポートも受けられず、バンドの存続さえ危うい状況になってしまうということをメンバー自身も身にしみて感じていたのではないかと推測するのですが、この"Walking Wild"は、そんなメンバーの葛藤が渦巻く中で、ある種の決断を伴って生まれたものではなかったのかと私自身は考えています。まぁ、肉を切らせて骨を断つじゃないですが、アルバムがリリースされないことには自分たちらしさもへったくれも無いですからね。

しかしながら、そんな路線変更を決断したメンバーの思いとは裏腹に、前作が売れなかったこともあってか、大したプロモーションもされずにリリースされたアルバムだったようで、結果的には売れなかった前作以上に売れなかったようです。

Album Cover (back): Walking Wild / New England収録曲については、楽曲単体で見ればそれほど悪くもないと思うのですが、前作のような大作が無いというのが、やはり痛いですね。要所を締める尺長の曲が無い所為で、アルバムとしてはやや小じんまりとした印象になってしまいます。それにどうも好きになれなかった前作での"Livin' In The Eighties"に見られるポップ感覚が、残念ながらこのアルバムに於いても継承されている印象で、その点が個人的にアルバムの評価を落としている要因のひとつでもあります。ちなみに、そのどうも好きになれないポップ感覚が継承されている曲というのは"DDT"と"Elevator"の2曲なのですが、この2曲は買った当時から毎回飛ばして聴いてた程に苦手でしたね。

ただ、色々と不満は述べても、こうしてCDも買っており、このアルバムに含まれる数曲は今でも時折聴いているので、このアルバムが嫌いという訳ではありません。というか、多少不満はあっても、今となってはこのアルバムがリリースされて良かったと思います。当初は気付かなかった"New England"の息吹を今だからこそ感じられたりもしますしね。

そして、"New England"はといえば、この"Walking Wild"をリリース後は、新たにアルバムを発表することもなく、'83年にバンドは解散。キーボードのジミー・ウォルドーとベースのゲイリー・シェアは、グラハム・ボネット率いるアルカトラスにイングヴェイ・マルムスティーンらと共に加入しました。そういえば、そのアルカトラスのファーストシングルで、ファーストアルバム1曲目に収録されている"Island in the Sun"が、とっても"New England"ぽくて、当時はそのことが何となく嬉しかったですね。

 

Album Cover (back): Walking Wild / New England

 

TRACKLIST
1. Walking Wild / 2. Holdin' Out On Me / 3. Don't Ever Let Me Go / 4. Love's Up In The Air / 5. DDT / 6. Get It Up / 7. L-5 / 8. She's Gonna Tear You Apart / 9. Elevator / 10. You're There

1. ウォーキング・ワイルド / 2. ホールディン・アウト・オン・ミー / 3. ドント・エヴァー・レット・ミー・ゴー / 4. ラヴズ・アップ・イン・ジ・エアー / 5. DDT / 6. ゲット・イット・アップ / 7. L-5 / 8. シーズ・ゴナ・ティアー・ユー・アパート / 9. エレヴェイター / 10. ユアー・ゼアー

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(世界初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

 

NEW ENGLAND - BAND MEMBERS
• John Fannon (ジョン・ファノン) - Vocals, Guitar
• Hirsh Gardner (ハーシュ・ガードナー) - Drums, Vocals
• Gary Shea (ゲイリー・シェア) - Bass
• Jimmy Waldo (ジミー・ウォルドー) - Keyboards, Vocals

 

▼ New England - Love's Up In The Air
https://www.youtube.com/watch?v=WZzU61qbUdE

▼ New England - L-5
https://www.youtube.com/watch?v=aLcSrYZtioM

▼ New England - You're There
https://www.youtube.com/watch?v=o8tccEY8QmQ

 

 

関連記事

New England 「失われし魂」 (1979) / New England

Explorer Suite 「果てしなき冒険」 (1980) / New England

New England の LPレコード盤3枚(失われし魂 / 果てしなき冒険 / Walking Wild)

1978 (1998) / New England

Greatest Hits Live (2003) / New England

« MADE IN HEAVEN 「メイド・イン・ヘヴン」 / QUEEN (1995) | トップページ | HOTEL CALIFORNIA 「ホテル・カリフォルニア」 / EAGLES (1976) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (NEW ENGLAND)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« MADE IN HEAVEN 「メイド・イン・ヘヴン」 / QUEEN (1995) | トップページ | HOTEL CALIFORNIA 「ホテル・カリフォルニア」 / EAGLES (1976) »

TRANSLATE THIS SITE

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

AD

ブログ内を画像で検索

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く