« TOTO 「宇宙の騎士」 / TOTO (1978) | トップページ | QUEEN ROCK MONTREAL 「伝説の証/クイーン 1981 - クイーン・ロック・モントリオール」 / QUEEN (2007) »

2010年10月19日

ABBA GOLD - GREATEST HITS (1992) & MORE ABBA GOLD - MORE ABBA HITS (1993) / ABBA

CDの帯(初回プレス盤):アバ・ゴールド(グレイテスト・ヒッツ) / ABBAAlbum Cover (front): ABBA GOLD - GREATEST HITS / ABBAABBA GOLD - GREATEST HITS - GREATEST HITS (1992) :日本盤初回プレスCD

現在は存在しないグループ(解散からほぼ10年後のリリース)のアルバムとしては異例の大ヒットを記録したこの「ABBA GOLD - GREATEST HITS / アバ・ゴールド(グレイテスト・ヒッツ)」は、世界20ヶ国でプラチナディスクを獲得し、12ヶ国以上でチャートのNo.1に輝きました。中でもアメリカでのセールスは凄まじく、2007年現在で600万枚という数字が公式に記録されています。

実はアバを好きになったのは、グループ解散後にこの"ABBA GOLD"を買ってからで、正直言うと、アバが活躍していた当時は全く興味がありませんでした。と言うか、ディスコミュージックが流行っていた時期とも重なって、このアバも、"Voulez Vous"、"Gimme! Gimme! Gimme! (A Man After Midnight)"、"Summer Night City"といったディスコミュージック寄りの曲をチャートの上位に送り込んでいましたから、どちらかと言えばディスコミュージックを敵視していたようなところもあるロック小僧の私は、アバもその一味のように感じて疎ましく思っていたようなところもありましたね。それに、ほぼ全ての曲を自分達で作り上げていることなど知らずに、どうせプロダクションやレコード会社が用意した売れ線狙いの曲を歌っているだけだろうなどと勝手に思い込んでいましたし、ほんと失礼ながら、女性二人はそれほど美人でもないとか、ビジュアル的にも猿の惑星の映画に出てくるような風貌の男二人はいらんでしょ、なんてことを思っていました(笑)。でも、今となってはそんな誤った認識を変えてくれたこのアルバムに出会えてほんと良かったと思っています。

なお、アルバムには何も表記されていませんが、13曲目の"Voulez Vous"と17曲目の"The Name of the Game"は共に"Edited Version"が収録されており、"Voulez Vous"は曲の長さが「5:11」のアルバム・ヴァージョンに対し、こちらの"Edited Version"は「4:22」。又、"The Name Of The Game"は「4:54」のアルバム・ヴァージョンに対し、こちらの"Edited Version"は「4:00」となっています。 

しかも、上手くまとめられているこの2曲の"Edited Version"が結構良いんですよね。特に自分のように、この"ABBA GOLD"を入り口にしたような人間にとっては、こちらのヴァージョンの方が馴染みもある所為か、愛着があります。

※再発されたものは、2曲共"Edited Version"からアルバム・ヴァージョンに差し替えられているようです。

 

Album Cover (back): ABBA GOLD - GREATEST HITS / ABBA   Booklet: ABBA GOLD - GREATEST HITS / ABBA   CD Case (back cover): ABBA GOLD - GREATEST HITS / ABBA

 

TRACK LIST

ABBA GOLD - GREATEST HITS:
1. Dancing Queen / 2. Knowing Me, Knowing You / 3. Take A Chance On Me / 4. Mamma Mia / 5. Lay All Your Love On Me / 6. Super Trouper / 7. I Have A Dream / 8. The Winner Takes It All / 9. Money, Money, Money / 10. S.O.S. / 11. Chiquitita / 12. Fernando / 13. Voulez Vous / 14. Gimme! Gimme! Gimme! (A Man After Midnight) / 15. Does Your Mother Know / 16. One Of Us  / 17. The Name Of The Game / 18. Thank You For The Music / 19. Waterloo

1. ダンシング・クイーン / 2. ノウイング・ミー、ノウイング・ユー / 3. テイク・ア・チャンス / 4. ママ・ミア / 5. レイ・オール・ユア・ラヴ・オン・ミー / 6. スーパー・トゥルーパー / 7. アイ・ハヴ・ア・ドリーム / 8. ザ・ウィナー / 9. マネー、マネー、マネー / 10. エス・オー・エス / 11. チキチータ / 12. 悲しきフェルナンド / 13. ヴーレ・ヴー / 14. ギミー!ギミー!ギミー! / 15. ダズ・ユア・マザー・ノウ / 16. ワン・オブ・アス  / 17. きらめきの序曲 / 18. サンキュー・フォー・ザ・ミュージック / 19. 恋のウォータールー

• 解説・歌詞付 / 対訳無し

※ 4曲目に収録されている"Mamma Mia"の日本語表記は、オリジナルでは「ママ・ミア」でしたが、最近のアルバムでは「マンマ・ミーア」と変更されています。

• ABBA GOLD - GREATEST HITS: スウェーデン 1位、イギリス 1位 (14x Platinum)、アメリカ 36位 (6x Platinum / 2002-RIAA)

 


 

CDの帯(初回プレス盤):アバ・ゴールド Vol. 2(グレイテスト・ヒッツ Vol. 2) / ABBAAlbum Cover (front): MORE ABBA GOLD - MORE ABBA HITS / ABBAMORE ABBA GOLD - MORE ABBA HITS (1993) :日本盤初回プレスCD

そして、"ABBA GOLD"の爆発的ヒットにより、翌年に続編としてリリースされたのが、白いジャケットの「MORE ABBA GOLD - MORE ABBA HITS / アバ・ゴールド Vol. 2(グレイテスト・ヒッツ Vol. 2)」。残念ながら"ABBA GOLD"からは漏れてしまったシングルカット曲の12曲を中心に、未発表曲とアルバム未収録のシングルB面曲で構成されたこのアルバムは"ABBA GOLD"に比べるとややマニア向けといった感じではあるものの、それでも"ABBA GOLD"に収録されていてもおかしくないクオリティーを持った楽曲も数多く収められています。それに、前作"ABBA GOLD"と収録曲のダブリがないというのもファンにとっては嬉しいところですね。

ちなみに、その"MORE ABBA GOLD"には、"Summer Night City"(スウェーデン1位、英5位)、"The Day Before You Came"(スウェーデン3位、英32位 )、"Angeleyes"(英3位、米64位)、"I Do, I Do, I Do, I Do, I Do,"(英38位、米15位)、"So Long"(スウェーデン7位)、"Honey, Honey"(米27位)、"The Visitors"(米63位)、"On & On & On"(米90位)、"Ring Ring"(スウェーデン1位、英32位)、"Head Over Heels"(英25位)、"Under Attack"(英26位)、"When All is Said and Done"(米27位)、といったシングルカット曲以外にも、"Eagle"、"Our Last Summer"、"I Wonder (Departure)"、"Cassandra"と、シングルカット曲に引けを取らないアバらしい美しいメロディーラインを持った曲が収められています。それと、確か日本では"Eagle"もシングルカットされヒットしたんじゃなかったですかね。よくラジオでかかっていた記憶があります。

なお、その"Eagle"は曲の長さが「4:25」の"Single Edit"(シングル・ヴァージョン)の方が収録されています。アルバム・ヴァージョンの方は「5:51」なので、1分以上短くなっていますが、個人的には"ABBA GOLD"に収録されている"Edited Version"の曲と同様に、聴き慣れているということもあってか、こちらの"Single Edit"の方が好きですね。

又、その他にも、"The Visitors"は「5:47」のアルバム・ヴァージョンに対し、こちらは「4:29」の"Edited Version"が収録されていますし、"Lovelight"も「3:49」のアルバム・ヴァージョンよりも多少短めの"Edited Version"「3:20」が収録されてるといった特徴もあります。

※"ABBA GOLD"と同様に、こちらも再発盤は2曲共に"Edited Version"からアルバム・ヴァージョンに差し替えられているようですね。

 

Album Cover (back): MORE ABBA GOLD - MORE ABBA HITS / ABBA   Booklet: MORE ABBA GOLD - MORE ABBA HITS / ABBA   CD Case (back cover): MORE ABBA GOLD - MORE ABBA HITS / ABBA

 

TRACK LIST

MORE ABBA GOLD - MORE ABBA HITS:
1. Summer Night City / 2. Angeleyes / 3. The Day Before You Came / 4. Eagle / 5. I Do, I Do, I Do, I Do, I Do / 6. So Long / 7. Honey Honey / 8. The Visitors / 9. Our Last Summer / 10. On & On & On / 11. Ring Ring / 12. I Wonder (Departure) / 13. Lovelight / 14. Head Over Heels / 15. When I Kissed The Teacher / 16. I Am The City / 17. Cassandra / 18. Under Attack / 19. When All Is Said And Done / 20. The Way Old Friends Do

1. サマー・ナイト・シティ / 2. エンジェルアイズ / 3. ザ・デイ・ビフォー・ユー・ケイム / 4. イーグル / 5. アイ・ドゥ・アイ・ドゥ / 6. ソー・ロング / 7. ハニー、ハニー / 8. ザ・ヴィジターズ / 9. アワ・ラスト・サマー / 10. オン・アンド・オン・アンド・オン / 11. リング・リング / 12. アイ・ワンダー(デパーチャー) / 13. ラヴライト / 14. ヘッド・オーバー・ヒールズ / 15. ホエン・アイ・キッスト・ザ・ティーチャー / 16. アイ・アム・ザ・シティ / 17. カサンドラ / 18. アンダー・アタック / 19. ホエン・オール・イズ・セッド・アンド・ダン / 20. ザ・ウェイ・オールド・フレンズ・ドゥ

• 解説・歌詞付 / 対訳無し

• MORE ABBA GOLD - MORE ABBA HITS: スウェーデン 3位、イギリス 13位 (Platinum)

 


 

と、この2枚でアバの代表曲は概ね押さえられそうですが、でも、まだまだアバには通常のベスト盤では中々選曲されないであろう隠れた名曲が数多くあるんですよね。例えば、上記2枚には未収録ながらも、"That's Me"、"My Love, My Life"、"Slipping Through My Fingers"、"Hasta Manana"、"Happy New Year"、"Why Did it Have to Be Me"といった曲は、この2枚に収録されている楽曲に引けをとらないくらいに好きですしね。

特に、個人的に最も好きな楽曲のひとつである"That's Me"は、アップテンポながらもメロディーラインがとても美しい曲で、編曲とアレンジも素晴らしく、ポップでキャッチーなメロディーラインは、これこそシングル向きといった感じの曲なんですが、英米では"Dancing Queen"のB面だったんですよね。ただし、日本では独自にシングルカットされ、当時は好きではなかった自分が覚えてるくらいに、これもよくラジオでかかっていました。

更に付け加えるなら、本国でのデビューシングルとなった"People Need Love"(スウェーデン17位)も、アバの歴史を語る上では重要な1曲ではないかと思います。

といった感じで、一通り揃えるだけでもベスト盤が何枚も必要な程、優れた楽曲を数多く輩出してきたアバですが、活躍していた当時は、どちらかと言えば本国スウェーデンを始め、ヨーロッパ諸国、とりわけイギリスでの人気が高かったようで、UKチャートでは、"Waterloo"(1位)、"S.O.S."(6位)、"Mamma Mia"(1位)、"Fernando"(1位)、"Dancing Queen"(1位)、"Money, Money, Money"(3位)、"Knowing Me, Knowing You"(1位)、"The Name of the Game"(1位)、"Take a Chance on Me"(1位)、Summer Night City"(5位)、"Chiquitita"(2位)、Does Your Mother Know"(4位)、Angeleyes/Voulez-Vous"(3位)、"Gimme! Gimme! Gimme!"(3位)、"I Have a Dream"(2位)、"The Winner Takes it All"(1位)、Super Trouper"(1位)、"Lay All Your Love on Me"(7位)、"One of Us"(3位)、と、実に20曲もがトップ10ヒットを記録しています。とは言っても、イギリス程ではないにしろ、アメリカでも数多くのヒット曲を飛ばし、"Dancing Queen"はアメリカでも見事1位を記録していますし、解散後にリリースされた"ABBA GOLD"は冒頭でも述べた通りアメリカでも大ヒットを記録しています。

ヒット曲を連発していた当時は、母国語ではない英語で歌っていた所為か、丁寧な言葉使いや発音が英語圏の人達にはキュートなイメージとして捉えられていた一方、逆にそのことが「お子様向け」といった批判的言葉で語られることもあったアバですが、現在では、そういったイメージを抜きに、純粋に音楽を高く評価されているのは嬉しいですね。中でも現在活躍するミュージシャンにアバが生み出した楽曲のクオリティーを評価する声が多いことには驚かされます。それに、ハードロックやヘヴィーメタルというジャンルに属するミュージシャンから「アバが好き」という言葉が意外と多く聞かれるんですよね。当時の自分もそうでしたが、何事も表面的なイメージや周りの評価で判断してては本質を見誤ってしまいますね。

ちなみに"ABBA"というグループ名は、4人の名前のイニシャルを取って考え出されたものです。又、当時のスウェーデンに於いては外貨獲得額で自動車メーカーのボルボに次ぐ2位にアバが位置していたというのは有名な話で、もはやスウェーデンの主要な輸出産業の一部にもなっていたと言ってもいい程、凄まじい人気を博してしたんですね。

 

 

関連記事

テレビ番組での貴重な映像
オリビア・ニュートン・ジョンとアバの夢の共演! (1978)

ABBA 解散後にリリースされたアグネタ・フォルツコグ2枚目のソロアルバム
Eyes Of A Woman (1985) / Agnetha Fältskog

アバ・ゴールドの3枚組み40周年記念エディション
Abba Gold: Greatest Hits - 40th Anniversary Edition [3CD] (2014) / ABBA

ファン投票で選ばれた40曲が収録された日本独自の40周年記念盤
Abba 40/40 - The Best Selection (2014) / ABBA

ABBA が新曲2曲をレコーディング - アバターによるツアーの計画も (2018)

イギリスのアルバムセールス歴代ランキング

CD誕生から30年、イギリスで最も売れたCDのトップ10

« TOTO 「宇宙の騎士」 / TOTO (1978) | トップページ | QUEEN ROCK MONTREAL 「伝説の証/クイーン 1981 - クイーン・ロック・モントリオール」 / QUEEN (2007) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (ABBA)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TOTO 「宇宙の騎士」 / TOTO (1978) | トップページ | QUEEN ROCK MONTREAL 「伝説の証/クイーン 1981 - クイーン・ロック・モントリオール」 / QUEEN (2007) »

TRANSLATE THIS SITE

ブログ内を画像で検索

2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

AD

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ