« THE WORKS 「ザ・ワークス」 / QUEEN (1984) | トップページ | BAT OUT OF HELL III - THE MONSTER IS LOOSE / MEAT LOAF (2006) »

2010年10月14日

TURN BACK 「ターン・バック」 / TOTO (1981)

CDの帯:ターン・バック / TOTOAlbum Cover (front): Turn Back / TOTO   Album Cover (back): Turn Back / TOTO   CD: Turn Back / TOTO

この「Turn Back / ターン・バック」は、"TOTO"史上最もハードロック色の濃いサウンドアプローチでありながらも、静と動の対比が魅力的な"TOTO"のサードアルバムです。個人的にはファーストアルバムの「TOTO / 宇宙の騎士」や、前作の「Hydra / ハイドラ」、そして次作の「TOTO IV / 聖なる剣」と並んで好きなアルバムなんですが、セールス的にはビルボードチャートで最高位41位、シングルカットされた"Goodbye Elenore"にいたっては100位にも入らずと、いまひとつだったようです。印象的なアルバムのアートワークと相まって、他のアルバムに無い独特の雰囲気も持ったトータルバランスに優れた力作だったと思うんですが、ベストアルバム等でも殆んど無視される存在となっているのは如何に?

 

CD Case (front): Turn Back / TOTOしかしながら、そういった世間的な評価は別にして、このアルバム"Turn Back"に収められた楽曲は今でも比較的良く聴いている方で、今、あらためて思うのは、"TOTO"史上最もカッコいいアルバムだということ。売れたアルバムが必ずしも優れたアルバムとは限らず、クオリティーの高い充実したアルバムでありながらも残念ながらセールスには結びつかなかったアルバムは数多く存在するのも事実です。

冒頭でも述べたとおり、アルバムとしてはハードロック色の濃いサウンドなのですが、以外にも収録曲はミディアム・スローな楽曲が多く含まれています。ただし、ここに収録されているミディアム・スローな曲はどれもがパワフルでカッコイイんですよね。

当時はシングルカットされたハードロックチューンの"Goodbye Elenore"と、エキゾティックで何処と無くオリエンタルな雰囲気のある"Turn Back"が特に好きで、カセットテープには、アルバム中、唯一の苦手な曲であるオープニングの"Gift With A Golden Gun"を最後に持っていき、1曲目には大好きな"Goodbye Elenore"を入れて聴いていました。"Gift With A Golden Gun"も悪い曲ではないんですけどね。

それにしても、今見ても存在感のあるアートワークですね。個人的に最も好きなアルバムジャケットのひとつで、大きな影響を受けたアートワークです。

 

▼ こちらはLPレコードに付属の二つ折りフォトカード(左)と、レコード用の内袋(右)。

  LPレコードに付属のフォトカード:Turn Back / TOTO   LPレコード用の内袋:Turn Back / TOTO

 

手持ちのCDでは、LPレコードに付属のフォトカードがそのままのスタイルでミニチュア化されて封入されています。又、ジャケット内側に記載されている歌詞の部分は、歌詞が記載されたLPレコードの内袋を踏襲したデザインとなっており、CDラベルはLPレコードのラベルのデザインが再現されています。そして、CDの帯は、LPレコードと全く同じではないものの、裏側に回りこんだ部分も含めてLPレコードの帯を踏襲したデザインにはなっており、LPレコードで聴いていた頃の思い出が何となく甦ってくるかのようでもあります。

アルバム(LPレコード)の思い出って、音だけじゃなく、ジャケットのアートワークを含めて、こうした付随するものを含めて脳裏に刻まれているので、こういうのって、けっこう嬉しいですよね。いい仕事がなされたパッケージのひとつだと思いますね。

 

▼ こちらがCDに付属の二つ折りフォトカード(左)と、ジャケットの内側(右)。

CDに付属のフォトカードとジャケットの内側部分

 

TOTO - BAND MEMBERS (Listed on Inside Cover)
• David Hungate (デヴィッド・ハンゲイト) - Bass, Acoustic Guitar on "I Think I Could Stand You Forever"
• Bobby Kimball (ボビー・キンボール) - Vocals
• Steve Lukather (スティーヴ・ルカサー) - All Guitars, Vocals
• David Paich (デヴィッド・ペイチ ) - Keyboards, Synthesizer, Vocals
• Jeffrey Porcaro (ジェフ・ポーカロ) - Drums, Percussion
• Steve Porcaro (スティーヴ・ポーカロ) - Keyboards, Electronics

 

LPレコードのラベル:Turn Back / TOTO TRACK LIST
1. Gift With A Golden Gun / 2. English Eyes / 3. Live For Today / 4. A Million Miles Away / 5. Goodbye Elenore / 6. I Think I Could Stand You Forever / 7. Turn Back / 8. If It's The Last Night

1. ギフト・ウィズ・ア・ゴールデン・ガン / 2. イングリッシュ・アイズ / 3. リヴ・フォー・トゥデイ / 4. ミリオン・マイルズ・アウェイ / 5. グッドバイ・エリノア / 6. スタンド・ユー・フォーエヴァー / 7. ターン・バック / 8. ラスト・ナイト

• Lead Vocals:  Bobby Kimball (1, 2, 4, 5, 7) / Steve Lukather (3, 6, 8)

 

NOTES
• 2004 DSD Mastering
• 解説・歌詞・対訳付

 

▼ TOTO - Goodbye Elenore

https://www.youtube.com/watch?v=J6-2jpl0qZs

 

▼ TOTO - Live For Today

https://www.youtube.com/watch?v=wjqtLPQgmgw

 

▼ TOTO - Goodbye Elenore (メイキングムービー)

https://www.youtube.com/watch?v=wt9suOuKMgQ

 

 

関連記事

TOTO 「宇宙の騎士」 (1978) / TOTO

Hydra 「ハイドラ」 (1979) / TOTO

TOTO-IV 「聖なる剣」 (1982) / TOTO

Past To Present 1977-1990 (1990) / TOTO

Tambu 「タンブ」 (1995) / TOTO

All In 1978-2018 [13CD Box Set] (2019) / TOTO

« THE WORKS 「ザ・ワークス」 / QUEEN (1984) | トップページ | BAT OUT OF HELL III - THE MONSTER IS LOOSE / MEAT LOAF (2006) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (TOTO)」カテゴリの記事

音楽 (アナログ・レコード:LP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« THE WORKS 「ザ・ワークス」 / QUEEN (1984) | トップページ | BAT OUT OF HELL III - THE MONSTER IS LOOSE / MEAT LOAF (2006) »

TRANSLATE THIS SITE

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

プライバシーポリシー

ブログ内を画像で検索

商品検索

  • amazon
無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く