« TRIP TRIP / KOKIA (2002) | トップページ | BIONIC 「バイオニック」 / CHRISTINA AGUILERA (2010) »

2010年12月11日

DOLL REVOLUTION / THE BANGLES (2003)

Album Cover (front): Dolll Revolution / The Bangles'80年代には数々のヒット曲と共に人気を博し、ビルボードチャートでナンバーワン・ソングを生み出した史上初の自ら演奏もする女性だけのグループとしてもその名を歴史に残すバングルス。しかしながら活動期間は短く、メジャーデビューしてから解散までに残したアルバムは僅かに3枚。それでも、一気に時代を駆け抜けた割には忘れ得ぬ存在となっているのは、人気絶頂の中でバンド活動に終止符を打ったが故、良いイメージがそのまま残っているからかもしれません。

しかし、バングルスは帰ってきたのです。あの当時のキュートな女の子達もこのアルバムのリリース時は皆40代。正直、あまりにも変わった姿を見せられる位なら、良いイメージのまま想い出の中に閉まっておきたいという思いもあって、暫くはこのアルバムを買うのをためらっていました。ただ、ジャケットのアートワークが凄く良いのでずっと気になってはいましたが・・・。

それから数年、過去の楽曲を聴いて思い出に浸る日々を過ごしていましたが、ある日、彼女達のインタビュー記事を目にしたことで、一気に聴いてみたい衝動に駆られて購入したのが、リリースから7年経った今年でした。実際にアルバムを買って聴いてみる気になったそのインタビュー記事には、メジャーレーベルからのオファーもあったが、レコーディング費用は自分達で用立ててアルバムを制作したことなどが語られていました。

又、そういった決断の背景には、メジャーレーベルと契約したが為に失うような状況は避けたかったということや、自分達でコントロールするという部分を大切にしたかったという思いがあったらしく、それらの言葉は、何よりも自分達がやりたい音楽を納得する形で作りたかったということが伝わってくるものでもありました。実は'80年代に人気絶頂の中でバンド活動に終止符を打った理由がこの言葉の中にも隠されているのではないかという気もしますが、それはさて置き、こんな話を聞かされたら、そのサウンドを受け止めてみようと思うと同時に、少しでも売り上げに協力したくなるじゃありませんか。ということで再結成後のライヴDVDもこのアルバム"Dolll Revolution"と一緒に購入。

 

Dolll Revolution / The Bangles   Dolll Revolution / The Bangles

 

Booklet (back): Dolll Revolution / The Banglesさて、この"Dolll Revolution"、何はともあれ、パッケージを開けてブックレットにある4人の写真を最初に見て、ちょっと安心(笑)。実際にアルバムを聴いた感想としては、キュートで愛くるしいスザンナ・ホフスの声が全く変わってなかったことには正直驚くと共に、嬉しかったですね。

ただ、残念なのは、そのスザンナ・ホフスが単独でリードヴォーカルをとる曲が全15曲中、4曲、ヴィッキーと二人でヴォーカルをとる"Riide the Ride"の1曲を足しても5曲と、いかんせん少なすぎるという点。ビートルズやキッスなどと同様、バングルスはメンバー全員がリードヴォーカルをとるバンドというのは分かるけど、もっとスザンナを全面に出しても良かったのではないかという気もします。この辺りはレコーディング費用を自分達で出してアルバムを制作したことからも分かるように、自分達で多くを決めたことで、必然的に平等という意識が強く出てしまった結果ではないかと推測するのですが、どうなんでしょうね。

最後に、冒頭でもちょっと触れたジャケットについて話すと、アルバムタイトルともシンクロしたアートワークがバングルスの音楽性を見事に象徴しているようで、とても良いです。バングルスサウンドの魅力と言えば、水と油とも言えるようなカラフルポップとガレージロックが渾然と同居するところにもあるのですが、その辺りの雰囲気がピンクとモノクロームを使ったカラーで上手く表現されている感じで、久しぶりに良いジャケットに出会えた気がしますね。又、CDラベル等を含め、パッケージ全体も統一したイメージできちんとデザインされており、ファンとしては嬉しいですね。

 

CD: Dolll Revolution / The Bangles   DVD: Dolll Revolution / The Bangles   CD Case (back cover): Dolll Revolution / The Bangles

 

THE BANGLES - BAND MEMBERS
• Susanna Hoffs - Acoustic & Electric Guitar, Vocals
• Debbi Peterson - Drums, Acoustic Guitar, Percussion, Vocals
• Vicki Peterson - Lead Guitar, Acoustic & Electric Guitar, Mandolin, Vocals
• Michael Steele - Bass, Acoustic & Electric Guitar, Vocals

 

TRACK LIST
1. Tear Off Your Own Head (it's a doll revolution) / 2. Stealing Rosemary / 3. Something That You Said / 4. Ask Me No Questions / 5. The Rain Song / 6. Nickel Romeo / 7. Ride the Ride / 8. I Will Take Care Of You / 9. Here Right Now / 10. Single By Choice / 11. Lost At Sea / 12. Song for A Good Son / 13. Mixed Messages / 14. Between The Two / 15. Grateful

Bonus DVD featuring:
• A Day In The Life Of The Bangles
• Music Video - Something That You Said
• Audio Tracks - Getting Out Of Hand / Call On Me / Something That You Said (Brad Wood Mix)
• Photo Gallery
• Album Lyrics

 

▼ The Bangles-  Something That You Said (tv France)

http://www.youtube.com/watch?v=rgEKLYDsGNE

 

▼ The Bangles - Tear Off Your Own Head (It's a Doll Revolution)

https://www.youtube.com/watch?v=yhnrvkptDtM

 

▼ The Bangles - Ask Me No Questions
https://www.youtube.com/watch?v=ey2FMOZzX1k

▼ The Bangles - Lost At Sea
https://www.youtube.com/watch?v=p3r5N-Rmcwk

▼ The Bangles - I Will Take Care Of You
https://www.youtube.com/watch?v=G9RVnFrnuHg

 

 

関連記事

Tear Off Your Own Head (It's A Doll Revolution) [Mini Album] (2003) / The Bangles

その他の BANGLES 関連記事

Return To Bangleonia [DVD] (2007) / The Bangles

Manic Monday - The Best Of The Bangles (2007) & Definitive Collection (2003) / Bangles

Eternal Flame - Perfect Best (2009) & Star Box (1993) / Bangles

Under The Covers Vol. 2 (2009) / Matthew Sweet and Susanna Hoffs

Sweetheart Of The Sun (2011) / The Bangles

Someday (2012) / Susanna Hoffs

Some Summer Days (2012) / Susanna Hoffs

面白動画 - Bangles (カメラディレクターはマイケル・スティールがお好き)

« TRIP TRIP / KOKIA (2002) | トップページ | BIONIC 「バイオニック」 / CHRISTINA AGUILERA (2010) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (BANGLES)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TRIP TRIP / KOKIA (2002) | トップページ | BIONIC 「バイオニック」 / CHRISTINA AGUILERA (2010) »

TRANSLATE THIS SITE

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

AD

プライバシーポリシー

ブログ内を画像で検索

商品検索

  • amazon
無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く