« 中々 OS X Lion への踏ん切りがつきません | トップページ | AMMONIA AVENUE 「アンモニア・アヴェニュー」 / THE ALAN PARSONS PROJECT (1984) »

2011年8月23日

最近こういった曲が少ないですね

ここ最近は「Reality (愛のファンタジー) / Richard Sanderson」や、「Your Eyes (恋する瞳) / Cook da Books」、「Words (ワーズ) / F.R. David」といった何処か切ないイメージのある曲を良く聴いています。

Reality(愛のファンタジー)/Richard Sandersonちなみに、「Reality (愛のファンタジー)」はソフィー・マルソー主演の映画「ラ・ブーム」の主題歌で、「Your Eyes (恋する瞳) 」はその続編として制作された映画「ラ・ブーム 2」の主題歌です。

映画自体はテレビで放送されたものを何となく見たという記憶がある程度で、映画に対する思い入れとかもこれといって無いのですが、この2曲は10代の頃からずっと好きで、「愛のファンタジー」の方は当時買ったシングル盤レコードを今も持っています。

本当は「愛のファンタジー」と一緒に「恋する瞳」のレコードも買いたかったのですが、「恋する瞳」の方は何軒かのレコード店を回って探してみたものの、残念ながらどこにも置いてなくて、結局はそのまま諦めてしまい、とうとう買えず仕舞いだったんですよね。

そして、シンセサウンドが印象的な"F.R. David"の"Words"は、'80年代初めにヨーロッパ全土で大ヒットしたのみならず日本でもかなりのヒットを記録したようで、当時はラジオでも頻繁にこの曲が流れていました。ちなみに、次のシングル"I Need You"と、更にはこれまた次のシングル"Girl"は日本のCMでも使われており、そのことからも当時の日本では"F.R. David"の曲が人気を博していたことが分かります。特にこの季節、"F.R. David"の清涼感溢れるシンセサウンドはとても心地よい感じ。

 

Words/F.R. David   I Need You/F.R. David

 

それにしても'80年代頃までは"Michel Polnareff"に代表されるように、何処か甘く切ないメローディラインを持ったフレンチ・ポップがラジオでも良く聴かれましたけど、最近は耳にする機会も少なくなったようで、ちょっと寂しい気がしますね。

と、思っていたら、そんな古き良きフレンチ・ポップのイメージを踏襲したような曲を最近見つけました。それが"Marcos French"の"Cuando pienso en ti"です。

名前からしてフランス人の歌手かと思っていたら、どうやらアルゼンチンの歌手のようですね。ただ、この人についての情報はあまり無いので、人物や楽曲についての詳細は良く分からないのですが、どうやらこの"Cuando pienso en ti"は今年リリースされた曲みたいです。

▼ Cuando pienso en ti - Marcos French
https://www.youtube.com/watch?v=hmfyzs5GcW4

良い曲ながらも、あまり知られていないマイナーな曲なのかなと思っていたら"youtube"では意外と再生回数も多いので、もしかしたらアルゼンチンなどではヒットした曲なのかも? それにしても、このような何処となく切ないメロディーラインを持った曲に出会ったのは久しぶりにのような気がします。

 

 

関連記事

Words 「ワーズ」 (1982) / F.R. David

I Need You 「アイ・ニード・ユー」 (1983) / F.R. David

Girl (You Are My Song) 「ガール」 (1986) / F.R. David

La Boum / La Boum 2 (Soundtrack) (2001)

La Boum & La Boum 2 ~ 日本盤シングル3枚「愛のファンタジー / 永遠のファンタジー / 恋する瞳」 (1980 / 1982)

Ginza Red Oui Oui 「ギンザ・レッド・ウィ・ウィ」 (1976) / Dave

« 中々 OS X Lion への踏ん切りがつきません | トップページ | AMMONIA AVENUE 「アンモニア・アヴェニュー」 / THE ALAN PARSONS PROJECT (1984) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (その他)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中々 OS X Lion への踏ん切りがつきません | トップページ | AMMONIA AVENUE 「アンモニア・アヴェニュー」 / THE ALAN PARSONS PROJECT (1984) »

TRANSLATE THIS SITE

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

AD

ブログ内を画像で検索

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く