« 2011年1月~8月のプレイカウント・トップ40 | トップページ | 市販のCDアルバムと同サイズのプラケースを買う »

2011年9月 2日

GREATEST HITS LIVE / NEW ENGLAND (2003)

CDの帯:グレイテスト・ヒッツ・ライヴ / ニュー・イングランドAlbum Cover: Greatest Hits Live / New England解散から20年を経てリリースされた"New England"初のライヴアルバムがこの「Greatest Hits Live / グレイテスト・ヒッツ・ライヴ」です。ただ、"New
England"唯一のライヴアルバムということで、貴重であることは確かなのですが、正直言うとやや期待ハズレといった感じでしたね。とは言っても、これはあくまでもリリースする側の問題なのですが。

とり上げておいて、のっけから愚痴を言うのも何なのですが、これまで"New England"のライヴ音源は聴いたことがなかったので、結構期待していたものの、いかんせん音質がよろしくないんですよね。

ほとんど編集がされていない生のサウンドと言えば聞こえはいいのですが、裏を返せば、編集にお金と手間をかけていないということで、例えば"Shall I Run Away"のようなバラードだと静かな部分ではノイズがけっこう目立ちますし、他の曲でも所々で定位が乱れたり、音が波打つところがあったりします。特に5曲目の"Encore"以降は音のうねりが酷く、オフィシャルでリリースするにはクオリティーに難有りといった印象。マスターテープ自体の状態があまり良くないにしても、手間をかけてマスタリングすれば、ある程度は改善できるはずだと思うのですが、結局はどちらかといえばマニア向け商品である所為か、コストカットで手っ取り早くリリースされてしまったというのが実情のように感じます。

ということで、音質という点では有名どころのバンドがリリースするライヴアルバムに比べるとクオリティーの差は否めない感じですね。ファンとしては、やはり商品としてリリースするからにはできる限り最良の状態でリリースして欲しいところです。

ただ、そうは言っても、演奏自体は決して悪くはなく、一応はラインで録音されているし、マスターテープの劣化という部分を除けばそこそこの音質なので、ブートレッグと思って聴けば、それなりに楽しめなくもないです。

結局はオフィシャルでリリースされるということで、相応のクオリティーを期待したが為に、落胆する部分があったのですが、考えようによっては、これ以上の音質のブートレッグも滅多に無いだろうし、"New England"のライヴサウンドを体感できたというだけでも買って良かったのかなとも思います。ただ、このライヴ音源に限って言えば、スタジオ盤の曲の方が楽しめるというのが正直な感想ですね。

 

下の動画はリユニオン時のライヴ(このアルバムとは別の音源)。このクオリティーでのライヴアルバムだったら印象も大分違ったかも。

▼ New England - Alone Tonight (Live)

https://www.youtube.com/watch?v=X9it3OMtkG0

 

なお、アルバムでは10曲目からラストの13曲目までは音の雰囲気がガラリと変わるので、恐らくは本編とは別の会場で録音されたものではないかと思います。

 

CD Case (back): Greatest Hits Live / New EnglandTRACKLIST
1. Alone Tonight / 2. Shoot / 3. Hello Hello Hello / 4. The Last Show / 5. Encore / 6. Hey You're On the Run / 7. Shall I Run Away / 8. Nothing To Fear / 9. Don't Ever Wanna Lose Ya / 10. Explorer Suite / 11. P.U.N.K. / 12. You'll Be Born Again

1. アローン・トゥナイト / 2. シュート / 3. ハロー・ハロー・ハロー / 4. ザ・ラスト・ショウ / 5. アンコール / 6. ヘイ・ユアー・オン・ザ・ラン / 7. シャル・アイ・ラン・アウェイ / 8. ナッシング・トゥ・フィアー / 9. ドント・エヴァー・ウォナ・ルーズ・ヤ / 10. エクスプローラー・スイート / 11. P.U.N.K. / 12. ユール・ビー・ボーン・アゲイン

 

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

 

NEW ENGLAND - BAND MEMBERS
• John Fannon (ジョン・ファノン) - Vocals, Guitar
• Hirsh Gardner (ハーシュ・ガードナー) - Drums, Vocals
• Gary Shea (ゲイリー・シェア) - Bass
• Jimmy Waldo (ジミー・ウォルドー) - Keyboards, Vocals

 

 

関連記事

New England 「失われし魂」 (1979) / New England

Explorer Suite 「果てしなき冒険」 (1980) / New England

Walking Wild (1981) / New England

New England の LPレコード盤3枚(失われし魂 / 果てしなき冒険 / Walking Wild)

1978 (1998) / New England

« 2011年1月~8月のプレイカウント・トップ40 | トップページ | 市販のCDアルバムと同サイズのプラケースを買う »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (NEW ENGLAND)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2011年1月~8月のプレイカウント・トップ40 | トップページ | 市販のCDアルバムと同サイズのプラケースを買う »

TRANSLATE THIS SITE

2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

AD

ブログ内を画像で検索

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く