« GENTLEMEN TAKE POLAROIDS 「孤独な影」 / JAPAN (1980) | トップページ | BOHEMIAN SYMPHONY (1992) / ORCHESTRA ON THE ROCK QUEEN (1993) »

2012年2月10日

QUEEN DANCE TRAXX I / VARIOUS ARTISTS (1996)

CDの帯:クイーン・ダンス・トラックス I / Various ArtistsAlbum Cover: Queen Dance Traxx I / Various Artists「Queen Dance Traxx I / クイーン・ダンス・トラックス I」のタイトルからも分かるように、このアルバムに収録されているものは全てダンスチューンにアレンジされたクイーンのカヴァー曲で、参加しているミュージシャンはヨーロッパを中心に活動するダンス系ミュージックのユニットやプロデューサー、DJ等といったところです。

ただ、この手の音楽には疎く、唯一スキャットマン・ジョン('99年他界)だけは名前を知っているといった程度で、その他は参加ミュージシャンのクレジットを見てもどういった人達なのかはよく分からないのですが、このジャンルの音楽に精通している人にとっては、もしかしたらお馴染みの存在なのかもしれません。

腐っても鯛というわけではありませんが、オリジナルは全て大好きなクイーンの楽曲なので、それなりに楽しめればいいかなと、さほど期待もせずに買ったものですが、実は意外な驚きがありました。

それは、いくつかの楽曲ではクイーンのオリジナル音源が大胆に使われているということで、もしかしたらアルバム製作にあたってはクイーン・サイドの協力があったのかも知れません。

CD: QueenDance Traxx I / Various Artistsということで、クイーンの音源が使用されている楽曲をピックアップしてみると(もしかしたらこれ以外にもあるのかもしれませんが、自分が気付いた部分ということで)。

まずはけっこう気に入っている"Bicycle Race"から。この曲は"Bicycle Bicycle Bicycle"と繰り返す印象的なコーラスを含め、バッキングヴォーカルは全てクイーンのオリジナル音源が使われており、女性ヴォーカリストとの掛け合いがオリジナルの持つ奇天烈感をより強調した雰囲気で面白いですね。ファンとしては、コーラスとバッキングヴォーカルでお馴染みの声が聞こえてくるおかげで、違和感無く楽しめます。

続いては"Flash's Theme"。この曲はオリジナルに比べてヴォーカル部分は少なくなっているのですが、使われているヴォーカルとコーラス・ハーモニーの部分は全てクイーンのオリジナル音源です。

そして、"Radio Ga Ga"。この曲はオリジナル・ヴァージョンのイントロと間奏の部分に短いラップを加えただけと言ってもいいくらいなのですが、この曲ではまるまるフレディのヴォーカルが使われています。なお、加えられたラップの部分の歌詞は、この曲とクイーンについて書かれたものです。

さらに続いては"We Will Rock You"。これも"We will We will rock you"のバッキングヴォーカル部分はクイーンのオリジナル音源なのですが、更にはドン・ドン・チャッの演奏部分もオリジナルの音源が使われているようです。

その他にも、"I Want To Break Free"では"God knows"の歌詞部分でフレディの声が聴けますし、間奏部分も恐らくはオリジナルの音源が使われていると思います。又、ほぼインストゥメンタルと言ってもいい"Bohemian Rhapsody"は、"Is this the real life"の部分だけが唯一のヴォーカルパートになっているのですが、この部分もフレディの声がサンプリングで使われています。この"Bohemian Rhapsody"については、こんな曲を選んで大丈夫なのかと危惧するところもあったのですが、"Bohemian Rhapsody"と分かるのは曲の前半部分とフレディの声が聴ける"Is this the real life"のところだけで、大半のパートは全く別の曲といった印象。ちなみにオリジナルのような組曲にはなっていません。

と、所々でオリジナル音源が使われていることもあり、思ったよりも楽しめるアルバムでした。個人的には、やはり"Bicycle Race"が一番面白いと感じましたが、クイーンのオリジナル音源が使われていない"Another One Bites the Dust"や"I Want it All"もけっこう気に入っています。ただ、ラストのオールキャストで歌われる"We Are The Champions"はちょっとベタすぎて面白みがないですね。単なるカヴァーといった感じ。

シンセサイザーを使用するようになってからのクイーンは、ダンサブルな要素を含む楽曲も割と多く制作していたこともあってか、収録曲は後期のアルバムからの選曲が多くなっています。ただ、どの曲もオリジナル以上にダンスビートに仕上げられてはいるものの、比較的オリジナルのメロディーラインは崩さないアレンジがされている印象です。

そして、この「Queen Dance Traxx I」は見てのとおり、タイトルの最後にはローマ数字で「I」と付けられています。恐らくは続編も企画されていたと思われるのですが、残念ながら続編がリリースされることは無かったようですね。

 

TRACK LIST
1. Another One Bites The Dust (Captain Jack) / 2. The Invisible Man (Scatman John) / 3. A Kind Of Magic (Mr. President) / 4. I Want It All (Ex-It) / 5. Under Pressure (Culture Beat) / 6. I Was Born To Love You (Worlds Apart) / 7. I Want To Break Free (Masterboy) / 8. Bicycle Race (Blossom) / 9. Bohemian Rhapsody (Magic Affair) / 10. Who Wants To Live Forever (E-Rotic) / 11. Flash's Theme (U96) / 12. Radio Ga Ga (DJ Bobo) / 13. Scandal (Voice) / 14. We Will Rock You (Interactive) / 15. Friends Will Be Friends (Music Instructor) / 16. We Are The Champions (Acts United)

1. 地獄へ道づれ(キャプテン・ジャック) / 2. インヴィジブル・マン(スキャットマン・ジョン) / 3. カインド・オブ・マジック(ミスター・プレジデント) / 4. アイ・ウォント・イット・オール(EX-IT) / 5. アンダー・プレッシャー(カルチャー・ビート) / 6. アイ・ワズ・ボーン・トゥ・ラヴ・ユー(ワールズ・アパート) / 7. ブレイク・フリー(マスターボーイ) / 8. バイシクル・レース(ブロッサム) / 9. ボヘミアン・ラプソディ(マジック・アフェアー) / 10. リヴ・フォーエヴァー(E-ROTIC) / 11. フラッシュのテーマ(U96) / 12. Radio Ga Ga(DJ BOBO) / 13. スキャンダル(ヴォイス) / 14. ウィ・ウィル・ロック・ユー(インタラクティヴ) / 15. フレンズ・ウィル・ビー・フレンズ(ミュージック・インストラクター) / 16. 伝説のチャンピオン(アクツ・ユナイテッド)

• 解説・歌詞・対訳付

 

▼ Blossom - Bicycle race

https://www.youtube.com/watch?v=1wpWl2vy8mY

 

▼ Ex-It - I Want It All

https://www.youtube.com/watch?v=01-LoSvRXB8

 

 

関連記事

音楽 (QUEEN) のカテゴリー

« GENTLEMEN TAKE POLAROIDS 「孤独な影」 / JAPAN (1980) | トップページ | BOHEMIAN SYMPHONY (1992) / ORCHESTRA ON THE ROCK QUEEN (1993) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (QUEEN)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« GENTLEMEN TAKE POLAROIDS 「孤独な影」 / JAPAN (1980) | トップページ | BOHEMIAN SYMPHONY (1992) / ORCHESTRA ON THE ROCK QUEEN (1993) »

TRANSLATE THIS SITE

ブログ内を画像で検索

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

AD

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ