« THE VERY BEST LIVE / ALAN PARSONS (1995) | トップページ | GREATEST HITS 「グレイテスト・ヒッツ」 / QUEEN (1981) »

2012年4月 9日

JAPAN & SELF EXISTENCE - ミック・カーン自伝 [日本語版] / MICK KARN (2011)

Japan & Self Existence - ミック・カーン自伝 / Mick Karn先日購入したのがこのミック・カーン本人の手による自伝。これがなんと500ページを超えるヴォリュームで、今はまだ100ページほどしか読んでいないのですが、出だしからけっこう赤裸々に語られており、この先が楽しみな反面、衝撃的なことが書かれているのではないかとちょっぴり不安でもあります。ということで、一気に読んでしまうことを多少ためらいながら、今はチビチビと恐る恐る読んでいます。

実はこの本を買って読み始めるまで誤解していたことがありました。それは、ミック・カーンが亡くなったのが2011年1月4日で、この自伝の日本語版が出版されたのが同年の7月ということから、てっきり彼の死が日本語版が出版された最大の理由なんだろうと勘繰っていたことです。でも、実際はこの本の翻訳者であり、中学生でジャパンの洗礼を受けたと語る中山美樹さんがミックの病気を知り、治療費を援助するために何かをしたいと始められたのが、2009年に英語版で出版されたこの自伝の日本語版を出版することだったとのこと。ということで、この日本語版は彼が亡くなる前から企画され進められていたものだったのです。ただ、原著で、387ページもあるこの自伝の翻訳は1年がかりの作業であったらしく、残念ながらその間にミックは亡くなってしまったというのが本当のところだったんですね。

それにしても、思い立って直ぐに、出版社へ企画を持ち込み、こうして実際に出版まで漕ぎ着けられたのだから、この方のその行動力には頭が下がりますし、そのおかげでこの本が読めることになったのですから、ほんと感謝したいですね。

 

Japan & Self Existence - ミック・カーン自伝 / Mick Karn又、この本には翻訳者のあとがきの他にも、特別に編集担当者のあとがきも加えられており、そこにはこの本が出版されることになった内情と経緯が紹介されています。これがけっこう興味深い内容で、例えば翻訳者の中山さんが最初にこの企画を持ち込まれたときは、同社の他部署で一度断られていたそうで、実際、この手の本はそれほど売れるものではないとのこと。

ただ、無事に出版されたこの本の編集担当者の方はジャパンとミックのファンだと文章内で自ら語られていることから、そういった経緯で再度この方のところへ中山さんから話が来たのかとも思ったのですが、経緯については語られていないので実際のところは分かりません。それでも、昨今は何事も数字優先の感情のないロボットのような企業ばかりといった印象ですから、こういったところから物事が始まったのであれば、まだまだ日本の企業も捨てたもんじゃないなと思えるのですが、実はこの話にはまだ続きがあります。

編集担当者の文を引用すると、「彼のためにもファンのためにもこの企画はぜひ実現したいと思いましたが、やはり制作費や利益を考えると、通常の方法では会社が許可しないのは目に見えています」。ということで、この方が出向いた先は、いきなり社長のところだったそうで、結果はその場で応援を約束してくれたそうです。実は、この編集担当者はそれまで知らなかったらしいですが、なんと社長も青春時代ジャパンに染まった一人だったとのこと。そして次の根回しに向かった先が取締役のところだったそうで、この取締役は社内の年末ライヴでメイクしてジャパンの曲を編集担当者と一緒に演奏した間柄とのことで、もちろん企画には賛成してくれたそうです。しかもミック役がこの取締役だったとなれば尚更でしょうね。ということで、採算性を考えると通常ではありえないこの企画が会議を通って出版。おまけに予算の中から可能な限りの金額が版権使用料として支払われたこと(多分遺族の方へ)も異例のことだったそうです。

といった日本語版が出版されるまでの経緯を踏まえつつも、冒頭でも述べたように、本文はまだ5分の1程度しか読んでいないのですが、翻訳者の「この本の中にミックはしっかりと生きています」という言葉が何となく実感できるような気がします。"Japan"のメンバーの中では一番陽気に見えたミック・カーンですが、実はとても繊細な心の持ち主だったのですね。

 

Japan & Self Existence - ミック・カーン自伝 / Mick Karn

 

Japan & Self Existence - ミック・カーン自伝 / Mick KarnCONTENTS
● はじめに ● 幼年期 ● 邂逅 ● 始動 ● 契約 ● クリスチャンの隣人たち ● トゥースマザーツアー ● 銀行の支店長 ● 『トゥース・マザー』 ● 謎のパイ ● 二〇〇五年九月の日記 ● セッション ● 幸運 ● ベース ● 一九七八年 ● 一九七九年 ● ライフ・イン・トウキョウ ● 厄介なオランダ人 ● ニューヨークの休日 ● アートについて 1 ● 不思議な一致 ● ブレインストーム ● 一九八〇年 ● 『孤独な影』 ● ミセスT ● 『ベスチャル・クラスター』 ● ロッシーナ ● ゲームプレイ ● デヴィッド・トーン ● 二〇〇五年十二月の日記 ● カシミール ● CMP対ミディアム ● ベスチャルクラスターツアー ● ガラパフォーマンス ● さらばイギリス ● 音楽仲間 ● サンフランシスコ ● 『心のスケッチ』 ● アートについて 2 ● 『ウェイキング・アワー』&『ドリームス・オブ・リーズン』 ● 五番目の男 ● フィナーレ ● 『イーチ・アイ・ア・パス』 ● 『レイン・トゥリー・クロウ』 ● 僕たちは今どこにいる?

 

NOTES
• 単行本(544ページ)
• 出版社:リットーミュージック
• 発売日:2011年7月25日(日本語版)
• 寸法:18 x 18 x 2.8cm (B5変形判)
• 価格:¥2,800+税(税込み¥3,024)

 

 

関連記事

ミュージック・ライフ 5月号臨時増刊 JAPANイン日本 (1979)

さよなら、ミック・カーン (2011)

JAPAN 1974-1984 ~ 光と影のバンド全史 (2017)

その他の JAPAN 関連記事

Adolescent Sex 「果てしなき反抗」 (1978) / Japan

JAPAN - 果てしなき反抗 & 苦悩の旋律 / 雑誌広告 (1979)

Quiet Life 「クワイエット・ライフ」 (1979) / Japan

Gentlemen Take Polaroids 「孤独な影」 (1980) / Japan

The Singles 「ザ・シングルズ」 [限定レコード盤] (1981) / Japan

Tin Drum 「錻力の太鼓」 (1981) / Japan

Assemblage 「アセンブラージュ」 [2CD] (1995) / Japan

The Singles 「シングルズ」 [2CD] (1996) / Japan

Zero Landmine (2001) / N.M.L. (No More Landmine) - featuring David Sylvian & Steve Jansen

WORLD CITIZEN - i won't be disappointed (2003) / Ryuichi Sakamoto + David Silvian

The Very Best Of [DVD] (2006) / Japan

« THE VERY BEST LIVE / ALAN PARSONS (1995) | トップページ | GREATEST HITS 「グレイテスト・ヒッツ」 / QUEEN (1981) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (JAPAN)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« THE VERY BEST LIVE / ALAN PARSONS (1995) | トップページ | GREATEST HITS 「グレイテスト・ヒッツ」 / QUEEN (1981) »

TRANSLATE THIS SITE

ブログ内を画像で検索

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ