« CHRISTMAS TIME 「クリスマス・タイム」 / BRYAN ADAMS (1985) | トップページ | ACCESS ALL AREAS - LIVE IN AUSTRALIA / E.L.O. PART 2 (2003) »

2012年12月14日

CAPTURED 「ライブ・エナジー」 / JOURNEY (1981)

レコードの帯:ライブ・エナジー / ジャーニーAlbum Cover (front): Captured / Journey  Album Cover (back): Captured / Journey  Japanese 12-inch Double Vinyl LP + Obi: Captured / Journey

1980年の"Departure Tour"が収録された、この"Journey"初のライヴアルバム「Captured / ライブ・エナジー」は、その中の3会場4公演から抜粋された音源で構成されています。内訳は、1曲目の"Majestic"から4曲目の"Line Of Fire"までが"Forum in Montreal, Quebec, Canada on August 8, 1980"、5曲目の"Lights"と6曲目の"Stay Awhile"が"Koseinenkin Hall, Shinjyuku, Tokyo, Japan on October 13, 1980"、そして7曲目の"Too Late"からラストの"Any Way You Want It"までが、"Cobo Hall in Detroit, Michigan on August 4 & 5th 1980"となっています。

そして、アルバムには未発表曲の"Dixie Highway"(ライヴ・ヴァージョン)と、スタジオ録音の新曲、"The Party's Over (Hopelessly In Love)"(邦題はブルースカイ・パーティ)が収録されています。そういえばアルバムを買った当時は、初披露となるこの2曲を聴けることも楽しみのひとつでしたね。なお、"The Party's Over (Hopelessly In Love)"は、アメリカ同様に、日本でもシングルカットされ、ラジオでも良く流れていた記憶があります。シングルは米34位を記録。

 

見開きジャケット内側:Captured / Journey  レコードの内袋:Captured / Journey  レコードの内袋:Captured / Journey

 

1981年に2枚組レコード盤としてリリースされたこのアルバム、スタジオ盤ではお馴染みの楽曲の数々が、ライヴヴァージョンで聴けるということで、当時はワクワクしてこのアルバムを買った記憶があります。曲間、曲中を問わず、歓声が比較的大きな音で収録されているので、ライヴの雰囲気が存分に楽しめて、個人的にはとても好きなライヴアルバムです。演奏も然ることながら、スタジオアルバムと比べても全く遜色が無いスティーヴ・ペリーのヴォーカルが圧巻。なお、アルバムは米9位を記録。又、1994年に"RIAA"よりダブルプラチナムの認定も受けています。

 

レコードの内袋:Captured / Journey  レコードの内袋:Captured / Journey  レコード盤のピクチャーラベル:Captured / Journey

 

Captured (Gregg Rolie) / Journey残念ながら、長期のツアー生活に疲れたキーボードのグレッグ・ローリーが、今後はゆっくりと過ごしたいという理由から、このアルバムを最後にバンドを去ってしまいました。実は、メンバーの中ではグレッグ・ローリーのファンだった私は、後に知らされたこのニュースに一旦は落胆してしまったのですが、後任のジョナサン・ケインはグレッグ・ローリーが推薦した人物だということで、多少はショックも和らぎ、それならば応援するぜと、少年だった当時の私の気分も多少前向きになっていたことを覚えています。グレッグ・ローリーって、当時の自分が想像するミュージシャンのイメージと風貌がぴったりだったんですね。グレッグが弾くオルガンもどことなくプログレッシブで、いぶし銀的なイメージがあって好きでしたし、スティーヴ・ペリー加入後のアルバムでも1~2曲は収録されていたグレッグのリードヴォーカルが聴ける曲はどれも好きな曲でした。ちなみに、このアルバムでも、"Just The Same Way"、"Feeling That Way"、"Anytime"の3曲でグレッグのヴォーカルが聴けます。

 

Album & Poster: Captured / Journey  Poster: Captured / Journey

 

JOURNEY - BAND MEMBERS
• Steve Perry - Lead Vocals 
• Neal Schon - Guitar, Vocals 
• Gregg Rolie - Keyboards, Vocals
• Ross Valory - Bass, Vocals 
• Steve Smith - Drums, Percussion

 

TRACK LIST (2枚組LPレコード)
[Disc 1]
Side A: 1. Majestic / 2. Where Were You / 3. Just The Same Way / 4. Line Of Fire / 5. Lights / 6. Stay Awhile
Side B: 7. Too Late / 8. Dixie Highway / 9. Feeling That Way / 10. Anytime

[Disc 2]
Side A: 1. Do You Recall / 2. Walks Like A Lady / 3. La Do Da
Side B: 4. Lovin', Touchin', Squeezin' / 5. Wheel In The Sky / 6. Any Way You Want It / 7. The Party's Over (Hopelessly In Love) [Studio Recording]

 

▼ Journey - The Party Is Over (Hopelessly In Love) [Live in Tokyo 1981]

https://www.youtube.com/watch?v=QoP1AKcnfr8

 


 

■ 追記
こちらは、2013年に発売された初版LPを復刻した紙ジャケット仕様のCD

Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (front): Captured / Journey  Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (back): Captured / Journey  Japanese Cardboard Sleeve Mini LP Replica CD (inside): Captured / Journey

CAPTURED / ライヴ・エナジー (1981)

● 2枚組みLPを復刻した見開きジャケット
● 日本初版帯復刻
● US盤LP復刻ラベル
● 最新US盤CDのオールカラー16Pブックレット封入
● US盤LP復刻内袋付(2枚)
● LPに封入されていた6つ折りのカラーポスター復刻
● 解説・歌詞・対訳付 ● 2006年最新デジタルリマスター ● Blu-spec CD2 仕様

 

▼ ブックレットの表と裏

Booklet (front): Captured / Journey  Booklet (back): Captured / Journey

▼ 6つ折りのポスターとCD

Poster: Captured / Journey  CD: Captured / Journey

▼ CDはまとめて1枚に収録されていますが、LPは2枚組みだったこともあり、CDを入れる内袋も2つ付いています

Inner Sleeve: Captured / Journey

 

CDの帯(下部):ライヴ・エナジー / ジャーニーLPで聴いていた時は全く気付かずにいましたが、生演奏と区別する意図があったのか、オープニングで流れる"Majestic"だけはモノラルになっていたんですね。ということで、右の写真にあるように、帯の下側には「STEREO/MONO」との表記がされています。

 

TRACK LIST
1. Majestic / 2. Where Were You / 3. Just The Same Way / 4. Line Of Fire / 5. Lights / 6. Stay Awhile / 7. Too Late / 8. Dixie Highway / 9. Feeling That Way / 10. Anytime / 11. Do You Recall / 12. Walks Like A Lady / 13. La Do Da / 14. Lovin', Touchin', Squeezin' / 15. Wheel In the Sky / 16. Any Way You Want It / 17. The Party's Over (Hopelessly In Love)

1. マジェスティック(オープニング) / 2. 消えたあの娘 / 3. ジャスト・ザ・セイム・ウェイ / 4. バイバイ、スージー / 5. ライツ / 6. 僕のそばに… / 7. トゥー・レイト / 8. ディキシー・ハイウェイ / 9. フィーリング・ザット・ウェイ / 10. エニタイム / 11. ドゥ・ユー・リコール / 12. ウォーク・ライク・ア・レディ / 13. ラ・ドゥ・ダ / 14. ラヴィン、タッチン、スクウィージン / 15. ホイール・イン・ザ・スカイ / 16. お気に召すまま / 17. ブルー・スカイ・パーティ

NOTES
• Track 8 の"Dixie Highway"は未発表曲
• Track 17 の"The Party's Over (Hopelessly In Love)"はスタジオ録音の新曲

• Album: US 9位 (2x Platinum / 1994-RIAA)
• Single: "The Party's Over (Hopelessly in Love)" US 34位

 

 

関連記事

ジャーニーの初版LP復刻・紙ジャケット・シリーズ (2013) / Journey

その他の JOURNEY 関連記事

Infinity 「無限との遭遇(インフィニティ)」 (1978) / Journey

Departure 「ディパーチャー」 (1980) / Journey

Dream, After Dream 「夢・夢のあと」 (Soundtrack) (1980) / Journey

Escape 「エスケイプ」 (1981) / Journey

Frontiers 「フロンティアーズ」 (1983) / Journey

Raised On Radio 「レイズド・オン・レイディオ~時を駆けて」 (1986) / Journey

Journey The Ballade 「ジャーニー・ザ・バラード」 (1991) / Journey

Trial By Fire 「トライアル・バイ・ファイアー」 (1996) / Journey

Live In Houston 1981 - Escape Tour [DVD + CD] (2005) / Journey

面白動画 - Journey (ミュージックビデオのモノマネ動画)

« CHRISTMAS TIME 「クリスマス・タイム」 / BRYAN ADAMS (1985) | トップページ | ACCESS ALL AREAS - LIVE IN AUSTRALIA / E.L.O. PART 2 (2003) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (JOURNEY)」カテゴリの記事

音楽 (アナログ・レコード:LP)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« CHRISTMAS TIME 「クリスマス・タイム」 / BRYAN ADAMS (1985) | トップページ | ACCESS ALL AREAS - LIVE IN AUSTRALIA / E.L.O. PART 2 (2003) »

TRANSLATE THIS SITE

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

AD

プライバシーポリシー

ブログ内を画像で検索

商品検索

  • amazon
無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く