« EAGLES/THEIR GREATEST HITS 1971-1975 (1976) & EAGLES GREATEST HITS VOLUME 2 (1982) / EAGLES | トップページ | CD誕生から30年、イギリスで最も売れたCDのトップ10 »

2013年2月21日

THE GAME 「ザ・ゲーム」 / QUEEN (1980)

CDの帯(初CD化盤):ザ・ゲーム / クイーンAlbum Cover (front): The Game / Queen   Album Cover (back): The Game / Queen

全米チャートで1位を記録した"Crazy Little Thing Called Love"(愛という名の欲望)と、"Another One Bites The Dust"(地獄へ道づれ)の2曲を含むこの「The Game / ザ・ゲーム」は、英米のアルバムチャートでも共に1位を記録する大ヒットアルバムとなりました。

アルバムではシンセサイザーが大胆に取り入れていることや、これまでのクイーン・サウンドとはスタイルの違う上記の2曲が含まれているなど、前作の"Live Killers"をひとつの区切りとしたかのように、このアルバムではこれまでとは多少違ったサウンドが展開されています。

しかしながら、そのことについては物議を醸したことも事実で、一般的には受け入れられても、従来からのファンの中には否定的な意見を持つ人も少なからずいたようです。ただ、その後のアルバムを聴けば分かるように、このアルバムがひとつの転機となり、以降のサウンドに道筋をつけたことはあきらかで、そういった意味では重要な役割を果たしたアルバムだとも言えます。

当時はアルバムに先駆けて、"Crazy Little Thing Called Love"と、"Save Me"の2曲がシングルでリリースされたのですが、当時の私は"Crazy Little Thing Called Love"の後の"Save Me"を聴いて一安心したことを覚えているので、そういった意味では"Crazy Little Thing Called Love"でショックを与え、"Save Me"でファンを安堵させるという多少戦略じめた印象も無きにしも非ずで、もしかしたらまんまとやられたのかもしれません。ただ、当時もクイーンは「何でも有り」なバンドだという認識があったので、個人的には"Crazy Little Thing Called Love"にもさほど違和感は持ってなかったように思います。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record: Crazy Little Thing Called Love 「愛という名の欲望」 / Queen   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record: Save Me 「セイヴ・ミー」 / Queen   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record: Play The Game 「プレイ・ザ・ゲーム」 / Queen

そして、本国のイギリスではアルバムリリースの約1ヶ月前である5月30日に予告シングルのようなかたちで"Play The Game"がリリースされたわけですが、そのような当時の状況から、私自身は"Crazy Little Thing Called Love"、"Save Me"、"Play The Game"の3曲はシングル盤のレコードも購入していました。

ただ、"Crazy Little Thing Called Love"と、"Save Me"は、その後にリリースされるこの"The Game"に収録されるかどうかは分かりませんでしたし、一刻も早く聴きたい気持ちで買ったのですが、"Play The Game"は、このアルバムがリリースされた暫く後に、B面には何が収録されているのか気になってレコード店で見てみたら知らない曲(アルバム未収録曲の"A Human Body")だったこともあり、それから何日か後に気になって購入したということを何となく覚えているので、もしかしたら日本ではアルバムと同時にシングルの"Play The Game"がリリースされていたのかも知れません。ちなみにアルバムのリリース日は、イギリスが1980年6月30日だったのに対し、日本では約1ヶ月後の1980年7月21日でした。

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record (Label): Crazy Little Thing Called Love 「愛という名の欲望」 / Queen   Japanese 7 Inch Vinyl Single Record (Label): Save Me 「セイヴ・ミー」 / Queen

Japanese 7 Inch Vinyl Single Record (Label): Play The Game (A-Side) 「プレイ・ザ・ゲーム」 / Queen   Japanese 7-inch Record Label: Play The Game (B-Side) - A Human Body「ヒューマン・ボディ」 / Queen

ということで、純粋には、このアルバムからのシングルカット曲と言えば、シングルとしては4曲目となる"Another One Bites The Dust"ということになります。そして、冒頭でも述べたように、この"Another One Bites The Dust"も見事全米1位になるわけですが、この曲がシングルカットされた経緯については、フレディとも親交のあったマイケル・ジャクソンが、この曲こそがシングルに相応しいとの助言をくれたと語るメンバーへのインタビュー映像がDVDにも残されています。

その後も、アメリカや日本では"Need Your Loving Tonight"(夜の天使)が都合5曲目のシングルとしてリリースされ、アメリカでのアルバムセールスは現在までに400万枚を越えています。

各シングルのチャートポジションは以下のとおり。
· Crazy Little Thing Called Love (UK 2位/Gold, US 1位/Gold)
· Save Me (UK 11位)
· Play The Game (UK 14位, US 42位)
· Another One Bites The Dust (UK 7位, US 1位/Platinum)
· Need Your Loving Tonight (US 44位)

なお、2008年に「Billboard Hot 100」の50周年を記念して発表されたビルボード歴代ランキングでは"Another One Bites The Dus"が「All-Time Hot 100 top songs」の34位にランクしており、「All-Time top rock songs」では"Another One Bites The Dus"が8位、"Crazy Little Thing Called Love"が24位にそれぞれランクしています。

個人的にはそれらのヒット曲の陰に隠れがちな"Dragon Attack"や"Sail Away Sweet Sister"といったブライアンの曲が好みでもあるのですが、収録曲のソングライターを見ると、フレディとブライアンが3曲ずつ、ジョンとロジャーが2曲ずつと、「News Of The World (世界に捧ぐ)/1977年」、「Jazz (ジャズ)/1978年」と続いた、アルバムに於けるソングライターのバランスが継承されている格好です。

アルバム全体の印象としては、ロカビリースタイルの"Crazy Little Thing Called Love"や、ビルボードのR&Bチャートでも2位を記録したファンク的アプローチの"Another One Bites The Dust"、テクノとニューウェーヴ風サウンドが合体したような"Coming Soon"と、これまでのスタイルを打ち破るような楽曲が含まれるものの、アルバムは1曲目が"Play The Game"、そしてラストが"Save Me"と、これまでのクイーンらしいスタイルの楽曲で挟まれているので、思ったほど突飛で散漫なイメージはありません。特に"Dragon Attack"が終わり、間髪入れずに"Another One Bites The Dust"が始まる辺りは、まるでこの2曲が対であるかのような印象もありますし、それなりにアルバムとしての流れも感じられます。

ただ、やはりオープニングのシンセ音だけはちょっと苦手。このイントロがブライアンのギターオーケストレーションで作られていたら随分と印象も変わったと思うのですが、それでも、それだと、これまでと何ら変わらないサウンドになってしまうし、どうせやるなら大胆にやるといったところにフレディらしさを感じたりもするわけで、個人的には苦手であっても、そこは一概に否定できない部分でもあるのかなとは思います。まぁ、考えようによっては、オープニングのシンセ音がメンバーの決意とも取れるわけで、それが無ければこのアルバムの意義も失せてしまうのかもしれません。

なおアルバムには以下のクレジットがなされています。
This album includes the first appearance of a Synthesizer

 

TRACK LIST
01. Play The Game 「プレイ・ザ・ゲーム」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
02. Dragon Attack 「ドラゴン・アタック」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury
03. Another One Bites The Dust 「地獄へ道づれ」 • Writer: J. Deacon / Lead Vocal: F. Mercury
04. Need Your Loving Tonight 「夜の天使」 • Writer: J. Deacon / Lead Vocal: F. Mercury
05. Crazy Little Thing Called Love 「愛という名の欲望」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
06. Rock It (Prime Jive) 「ロック・イット」 • Writer: R. Taylor / Lead Vocal: R. Taylor (Intro: F. Mercury)
07. Don't Try Suicide 「自殺志願」 • Writer: F. Mercury / Lead Vocal: F. Mercury
08. Sail Away Sweet Sister 「セイル・アウェイ・スウィート・シスター」 • Writer: B. May / Lead Vocal: B. May (Bridge: F. Mercury)
09. Coming Soon 「カミング・スーン」 • Writer: R. Taylor / Lead Vocal: F. Mercury (Lead Chorus Vocals: R. Taylor)
10. Save Me 「セイヴ・ミー」 • Writer: B. May / Lead Vocal: F. Mercury

NOTES
• Produced by Queen
• Recorded 1979 - 5, 8, 9, 10 / Recorded 1980 - 1, 2, 3, 4, 6, 7

• UK Albums Chart (The Official Charts Company) - 1位
• US Albums Chart (Billboard) - 1位 (4x Multi Platinum / RIAA-2002)

• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞付(対訳無し)

 


 

■ 追記
こちらは、40周年を記念して2011年にリリースされた2枚組みの"40th Anniversary Limited Edition" (2011 Digital Remaster)。

The Game (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen   The Game (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen   The Game (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen

TRACK LIST
Disc 1: The Game

Disc 2: The Game - Bonus EP
1. Save Me [Live In Montreal, November 1981]
2. A Human Body [B-Side]
3. Sail Away Sweet Sister [Take 1 With Guide Vocal]
4. It's a Beautiful Day [Original Spontaneous Idea, April 1980]
5. Dragon Attack [Live At Milton Keynes Bowl, June 1982]

The Game (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen   The Game (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen   The Game (Queen 40th Anniversary Limited Edition) / Queen

 

▼ Queen - Save Me (Official Video)

https://www.youtube.com/watch?v=Iw3izcZd9zU

 

▼ Queen - Making of Crazy Little Thing Called Love

https://www.youtube.com/watch?v=bwoNQ7qYAew

 

 

関連記事

音楽 (QUEEN) のカテゴリー

« EAGLES/THEIR GREATEST HITS 1971-1975 (1976) & EAGLES GREATEST HITS VOLUME 2 (1982) / EAGLES | トップページ | CD誕生から30年、イギリスで最も売れたCDのトップ10 »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (QUEEN)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« EAGLES/THEIR GREATEST HITS 1971-1975 (1976) & EAGLES GREATEST HITS VOLUME 2 (1982) / EAGLES | トップページ | CD誕生から30年、イギリスで最も売れたCDのトップ10 »

TRANSLATE THIS SITE

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

AD

プライバシーポリシー

ブログ内を画像で検索

商品検索

  • amazon
無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く