« クイーン 1977~1982年ライヴ音源全網羅 / BEATLEG MAGAZINE VOL. 135 (2011年10月号) | トップページ | 入院のお見舞いにラジオを »

2013年8月24日

FADE INTO LIGHT / BOZ SCAGGS (1996)

CDの帯(初回プレス盤):フェイド・イントゥ・ライト~ラヴ・バラード・アルバム / ボズ・スキャッグスAlbum Cover: Fade Into Light / Boz Scaggs   CD: Fade Into Light / Boz Scaggs   CD Case (back cover)

こちらは1996年に日本だけでリリースされたボズ・スキャッグスのアルバム「Fade Into Light / フェイド・イントゥ・ライト~ラヴ・バラード・アルバム」です。当時は、こんな素晴らしいアルバムが日本だけのリリースだなんてもったいないなと思ったりもしていたのですが、9年後の2005年にようやくアメリカを始め海外でもリリースされました("Teddy Pendergrass"のカヴァー曲"Love T.K.O."が追加収録されています)。ただし、2005年にリリースされたものは再発の日本盤を含めて多くが"CCCD"仕様のようなので中古等で購入される場合はご確認を。

コンピレーションアルバムとはいえ、3曲の新曲に、新たにレコーディングされたスタジオ・アンプラグド・ヴァージョンが4曲、それに再録音曲が1曲と、このアルバムで初めて聴ける曲が多く含まれていただけでなく、それらが素晴らしい出来であったこともあり、日本だけでリリースされていた当時、海外ではプレミア価格で取引されていたようです。

またひとつ名曲が生まれたと感じさせられる新曲の"Fade Into Light"は過去の名曲に匹敵する素晴らしい出来。又、ボズ・スキャッグスを代表する名曲"Harbor Lights"と"We're All Alone"のアンプラグド・ヴァージョンはオリジナルのイメージを保ちつつもジャジーで落ち着いた雰囲気のある曲に生まれ変わっており、個人的にはどちらもオリジナル・ヴァージョン以上に気に入っています。

ポップスというよりも「AOR」や「アダルト・コンテンポラリー」というジャンルで語られることが多いボズ・スキャッグスですが、アルバム全体の印象としては更に渋味が加わった大人のアルバムといった印象で、夜がとっても似合うサウンドというか、夜に聴いてこそ雰囲気が味わえるように思います。 別の言い方をすれば、小汚いバーでもこれらの曲が流れていれば、一転、雰囲気のあるバーに変わってしまうといった印象。

個人的には新曲の"Fade Into Light"は勿論のこと、"Just Go"もそれに負けず劣らず好きな曲です。又、"I'll Be The One (Remix)"もモダンなアレンジながらも無理がなく、ボズ・スキャッグスらしい雰囲気があって気に入っています。

1996年に日本だけでリリースされた当時のジャケットはモノクロの写真をくすんだ淡い緑色で囲んだ配色でしたが、2005年にワールドワイドでリリースされたものは同じデザインながらも、薄い模様が入った茶系統のカラーに変更されています。私自身はこの当時の日本盤のジャケットの色の方が青磁のような品のあるディスクの色と相まって好きなんですけどね。

ちなみに、新曲を除く収録曲のオリジナル・ヴァージョンはどのアルバムに収録されていたかといえば、アンプラグド・ヴァージョンとして収録されている"Lowdown"、"Harbor Lights"、"We're All Alone"の3曲が、'76年の大ヒットアルバム「Silk Degrees」で、同じくアンプラグド・ヴァージョンとして収録されている"Simone"が、'80年の「Middle Man」。そして再録音の"Lost It (Valley Version)"と"I'll Be The One (Remix)"のオリジナル・ヴァージョンは、'94年リリースの前作「Some Change」に収録。又、オリジナル・ヴァージョンがそのまま収録されている"Time"と"Sierra"も、共に「Some Change」からとなっています。なお、新曲の"Fade Into Light"は劇場公開された日本映画「大統領のクリスマスツリー」の主題歌として提供された曲でもあります。

 

Booklet: Fade Into Light / Boz ScaggsTRACK LIST
1. Lowdown (Unplugged) / 2. Some Things Happen / 3. Just Go / 4. Fade Into Light / 5. Harbor Lights (Unplugged) / 6. Lost It (Valley Version) / 7. Time / 8. Sierra / 9. We're All Alone (Unplugged) / 10. Simone (Unplugged) / 11. I'll Be The One (Remix)

1. ロウダウン(アンプラグド) / 2. サム・シングス・ハプン / 3. ジヤスト・ゴー / 4. フェイド・イントゥ・ライト / 5. ハーバー・ライツ(アンプラグド) / 6. 黄昏のメモリー(ヴァレー・ヴァージョン) / 7. タイム / 8. 天使のおりる谷 / 9. ウィ・アー・オール・アローン(アンプラグド) / 10. シモン(僕の心をもてあそぶ)(アンプラグド) / 11. アイル・ビー・ザ・ワン(リミックス)

NOTES
• Tracks 2, 3, 4 (新曲)
• Track 6 (再録音)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

 

 

関連記事

Boz The Ballade (1992) / Boz Scaggs

Come On Home 「カム・オン・ホーム」 (1997) / Boz Scaggs

« クイーン 1977~1982年ライヴ音源全網羅 / BEATLEG MAGAZINE VOL. 135 (2011年10月号) | トップページ | 入院のお見舞いにラジオを »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (A) (B) (C) (D) (E)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クイーン 1977~1982年ライヴ音源全網羅 / BEATLEG MAGAZINE VOL. 135 (2011年10月号) | トップページ | 入院のお見舞いにラジオを »

TRANSLATE THIS SITE

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

プライバシーポリシー

ブログ内を画像で検索

商品検索

  • amazon
無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く