« 2013年1月~8月のプレイカウント・トップ40 | トップページ | GREATEST HITS 「カーズ・グレイテスト・ヒッツ」 / THE CARS (1985) »

2013年9月 6日

ZERO LANDMINE / N.M.L. [NO MORE LANDMINE] (2001)

Album Cover (front & back): Zero Landmine / N.M.L. [No More Landmine]これは坂本龍一の呼びかけで結成されたユニット、「N.M.L. (No More Landmine)」のマキシシングル「Zero Landmine」。 ただ、マキシシングルとは言っても、トータルの収録時間は44分少々と、通常のアルバムと言っても差し支えない程のヴォリュームで、付属のブックレットも充実した内容。ちなみにパッケージはデジパック仕様です。

元々は民放テレビ局の開局50周年に合わせて企画された「地雷 ZERO キャンペーン」の一環として、趣旨に賛同した坂本龍一がこの曲を手掛けたわけですが、その坂本氏の呼びかけにより、趣旨に共感した国内外のミュージシャンが集結し、結成したユニットがこの「N.M.L. (No More Landmine)」というわけです。

残念ながら現在は廃盤扱いされているようですが、CDの売上金は全て地雷撤去などの資金として使われたとのこと。

歌詞を手掛けたのは坂本龍一の長年の友人である元ジャパンのデヴィッド・シルヴィアンで、実を言うと私が興味を持ったのもデヴィッド・シルヴィアンの参加があったからでした。なお、このプロジェクトには、デヴィッドの弟である元ジャパンのスティーヴ・ジャンセンもドラムスで参加しています。

勿論、歌詞は全編英語ですが、デヴィッド・シルヴィアンに歌詞の制作を依頼した際は、「子供でも歌える、シンプルで優しい詞を書いてくれと頼んだ」と、坂本龍一自身が付属のブックレットの中で語っています。又、出来上がった歌詞を見て、「普段の難解なデヴィッドの仕事からは想像もできないシンプルで優しい詞だった。彼の暖かい心にも感動した」とも。そして、その歌詞を作家の村上龍に送り、日本語に訳してもらったとのこと。そう、この歌詞は村上龍によって翻訳された「地雷のない世界」というタイトルの日本語詞も作られているのです。

メインの「Zero Landmine」は、地雷が埋設されている地域の民族音楽を織り交ぜながら展開される18分を超える大作ですが、CDには、そのショート・ヴァージョンやインストゥルメンタル・ヴァージョンなど全6曲が収録されています。メインの「Zero Landmine」でも、一部でデヴィッド・シルヴィアンがヴォーカルを担当していましたが、ジャパンのファンである私にとっては、坂本龍一のピアノに乗せて全編をデヴィッド・シルヴィアンがヴォーカルをとる2曲目の「piano + vocal version」も感動的なメインの楽曲に負けず劣らず気に入っています。

ちなみに、タイトルにある「Landmine」とは地雷のことで、ジャケットの表と裏に使われているのも地雷の写真です。残酷なのは、写真を見ても分かるように、子供たちが興味を示すような形や色をしていること。考えただけでもゾッとしますが、仮に自分が子供だとしたら、こんなものが地面にあったら、間違いなく手を触れてしまうでしょう・・・。なお、ブックレットには今も地雷を生産している国と地雷の問題がある国を表した世界地図が記載されています。

 

Album Cover (with Sticker): Zero Landmine / N.M.L. [No More Landmine]   Booklet: Zero Landmine / N.M.L. [No More Landmine]   CD: Zero Landmine / N.M.L. [No More Landmine]

 

主な参加ミュージシャン
■ 日本
UA / 大貫妙子 / TERU、TAKURO (Glay) / 坂本龍一 / 桜井和寿 (Mr.Children) / 佐野元春 / SUGIZO (元 Luna Sea) / 高橋幸宏 / CHARA / DJ KRUSH / 吉田美和、中村正人、西川隆宏 (Dreams Come True) / 細野晴臣 / 山塚アイ (Boredoms) / 湯川潮音 (当時 東京少年少女合唱隊) / 藤原真理

■ 海外
アート・リンゼイ / クラフトワーク (「Zero Landmine」のサウンドロゴ) / デヴィッド・シルヴィアン、スティーヴ・ジャンセン (元 Japan) / シンディ・ローパー / ブライアン・イーノ / ヤドランカ / キム・ドクス

 

▼ ブックレットにも記載されている坂本龍一のコメント。

Zero Landmine
http://www.sitesakamoto.com/update/zerolandmine-j.html

▼ こちらは、ショート・ヴァージョンのビデオクリップ(約5分) 。

No More Landmine  (Ryuichi Sakamoto) - Zero Landmine [Short Version]
http://www.youtube.com/watch?v=g0QK-IV_v3I

▼ そしてこちらが、民放テレビの「地雷 ZERO キャンペーン」の特番の最後に演奏された「Zero Landmine」のフル・ライヴ・ヴァージョン(約20分)。勿論、フル・ヴァージョンがライヴで演奏されたのは後にも先にもこの一回限り。

No More Landmine  (Ryuichi Sakamoto) - Zero Landmine [Full Length Version]
https://www.youtube.com/watch?v=iCgSll8mEO8

 

Sticker: Zero Landmine / N.M.L. [No More Landmine]TRACK LIST
1. Zero Landmine
2. Zero Landmine (piano + vocal version) / Ryuichi Sakamoto & David Sylvian
3. Zero Landmine (piano + cello version) / Ryuichi Sakamoto & Mari Fujiwara
4. Zero Landmine (short version)
5. Zero Landmine (piano version) / Ryuichi Sakamoto
6. Zero Landmine (the track)

NOTES
• Maxi Single
• デジパック仕様
• 解説・歌詞・対訳付

• オリコン・シングルチャート (1位)
• さだまさしの「親父の一番長い日」(12分30秒)を抜いて、1位を記録した曲の中ではこれまでで最も演奏時間が長い曲となった。

 

 

関連記事

チャリティーCDも廃盤とは

N.M.L. の Zero Landmine を購入

その他の関連記事

Murdered By The Music 「音楽殺人」 (1980) / Yukihiro Takahashi 「高橋ユキヒロ」


Snakeman Show 「スネークマン・ショー」 (1981)

Sealed 「シールド」 (1984) / Y.M.O.

WORLD CITIZEN - i won't be disappointed (2003) / Ryuichi Sakamoto + David Silvian

音楽 (JAPAN) のカテゴリー

« 2013年1月~8月のプレイカウント・トップ40 | トップページ | GREATEST HITS 「カーズ・グレイテスト・ヒッツ」 / THE CARS (1985) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (K) (L) (M) (N) (O)」カテゴリの記事

音楽 (JAPAN)」カテゴリの記事

音楽 (その他)」カテゴリの記事

音楽 (邦楽 / Japanese Musicians)」カテゴリの記事

音楽 (Y.M.O.)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2013年1月~8月のプレイカウント・トップ40 | トップページ | GREATEST HITS 「カーズ・グレイテスト・ヒッツ」 / THE CARS (1985) »

TRANSLATE THIS SITE

ブログ内を画像で検索

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ