« BALLADS - THE GREATEST HITS / HEART (1996) | トップページ | LIMELIGHT - THE BEST OF VOL. 2 / THE ALAN PARSONS PROJECT (1987) »

2013年11月21日

AEROSMITH'S GREATEST HITS / AEROSMITH (1980)

CDの帯:グレイテスト・ヒッツ / エアロスミスAlbum Cover (front): Aerosmith's Greatest Hits / Aerosmith   Album Cover (back): Aerosmith's Greatest Hits / Aerosmith

エアロスミスにとって初のベストアルバムとなったのが、1980年にリリースされたこちらの"Aerosmith's Greatest Hits"でした。

リリースされた当時はレコード盤だったこともあり、収録曲は全10曲で、当初のCDもレコード盤と同じ仕様でしたが、現在は収録曲を7曲追加して2004年にリリースされた"Aerosmith's Greatest Hits 1973-1988"という改訂版に取って代わられています。 ただ、追加された曲についていえば、グレイテスト・ヒッツの収録曲としては、いささか微妙な選曲になっています。

ちなみに、オリジナル盤の収録曲は1973年のファーストアルバムから1979年の"Night in the Ruts"までの楽曲で構成されており、ここで紹介している手持ちのCDも全10曲のオリジナル盤です。1986年に発売されたCDなので、恐らくは初めてCD化された際のものではないかと思うのですが、どこにもそういった記載が無いので確証はありません。収録曲に関しては各アルバムから1曲から2曲とほぼ均等に選曲されており、曲順は年代順になっています。

CD Case (back cover): Aerosmith's Greatest Hits / Aerosmithアルバムの特徴としては2点あるかと思います。まず1点目は、オリジナルアルバムには未収録で、1978年のサウンドトラック盤"Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band"に収録されていたビートルズのカヴァー曲"Come Together"が収録されていること。なお、この"Come Together"はシングルとしてもリリースされ、ビルボードチャートでは23位を記録しています。

そして2点目が、曲目には表記されていないものの、"Same Old Song and Dance"、"Sweet Emotion"、、"Kings and Queens"の3曲はシングルヴァージョンが収録されているということ。

これらのシングルヴァージョンは、基本的には3曲共にラジオでのオンエアーを考慮してか、オリジナルよりも短く編集されたヴァージョンになっているのですが、個人的なことを言えば、イントロ部分が丸ごとカットされている"Sweet Emotion"は今一つ馴染めないものの、Same Old Song and Dance"はオリジナルよりも先にこちらのヴァージョンを聴いたこともあってか、結構好きなヴァージョンです。なお、"Kings and Queens"は、イントロと間奏、それにエンディングの部分が短く編集されており、音の定位も全体的に中央寄りになっています。

アルバムはビルボードチャートで53位止まりだったものの、売り上げでは1,000万枚のセールスを示す"Diamond"に認定されるほどのビッグセラーアルバムとなっており、2007年には「11x Platinum」も認定されているんですよね。 

ビルボードチャートに関しては、1980年に53位を記録した後も、1987年に154位、2012年に193位をそれぞれ記録。そして今年2013年になんと43位を記録し、最高位を更新するなど、チャート上でもロングセラーを続けているアルバムであることを垣間見れる結果となっています。

 

TRACK LIST (Original Version)
1. Dream On / 2. Same Old Song And Dance / 3. Sweet Emotion / 4. Walk This Way / 5. Last Child / 6. Back In The Saddle / 7. Draw The Line / 8. Kings And Queens / 9. Come Together / 10. Remember (Walking In The Sand)

1. ドリーム・オン / 2. セイム・オールド・ソング・アンド・ダンス / 3. スウィート・エモーション / 4. ウォーク・ディス・ウェイ / 5. ラスト・チャイルド / 6. バック・イン・ザ・サドル / 7. ドロー・ザ・ライン / 8. キングズ・アンド・クィーンズ / 9. カム・トゥゲザー / 10. リメンバー

NOTES
• 収録アルバム
Tracks 1: Aerosmith 「野獣生誕」 (1973) / Tracks 2: Get Your Wings 「飛べ!エアロスミス」 (1974) / Tracks 3, 4: Toys in the Attic 「闇夜のヘヴィ・ロック」 (1975) / Tracks 5, 6: Rocks 「ロックス」 (1976) / Tracks 7, 8: Draw the Line 「ドロー・ザ・ライン」 (1977) / Tracks 9: Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Soundtrack) 「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド (サウンドトラック)」 (1978) / Tracks 10: Night in the Ruts 「ナイト・イン・ザ・ラッツ」 (1979)

• The album reached #53 on the Billboard 200 (1980)
• The album reached #43 on the Billboard 200 (2013)
• 11x Platinum (Diamond) / 2007-RIAA

• CD発売日:1986年10月22日
• 解説・歌詞・対訳付

 

 

関連記事

Pandora's Box [3CD Box Set] 「パンドラの箱」 (1991) / Aerosmith

その他の AEROSMITH 関連記事

別冊ヤングフォーク 「スーパーアイドルを探せ - ビッグ5 夢の競演!」 (1977)

Draw The Line 「ドロー・ザ・ライン」 (1977) / Aerosmith

ヤングロック 「ビッグ3大特集 - QUEEN, KISS, AEROSMITH」 (1978)

Live Bootleg 「ライヴ・ブートレッグ」 (1978) / Aerosmith

Rock In A Hard Place 「美獣乱舞」 (1982) / Aerosmith

Done With Mirrors (1985) / Aerosmith

Classics Live! 「ライヴ・クラシックス」 (1986) / Aerosmith

Classics Live! II 「ライヴ・クラシックス II」 (1987) / Aerosmith

Permanent Vacation 「パーマネント・ヴァケイション」 (1987) / Aerosmith

Vacation Club 「ヴァケーション・クラブ - ミニアルバム -」 (1988) / Aerosmith

Pump 「パンプ」 (1989) / Aerosmith

Pandora's Box 「パンドラの箱」 [3CD Box Set] (1991) / Aerosmith

Get A Grip 「ゲット・ア・グリップ」 (1993) / Aerosmith

Big Ones - You Can Look At 「ビッグ・ワンズ - ユー・キャン・ルック・アット」 [LD] (1994) / Aerosmith

« BALLADS - THE GREATEST HITS / HEART (1996) | トップページ | LIMELIGHT - THE BEST OF VOL. 2 / THE ALAN PARSONS PROJECT (1987) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (AEROSMITH)」カテゴリの記事

コメント

Jihiroさん、こんにちは。エアロの「赤ベスト」ですね!(発売された当時はこういう言い方はしてませんでしたが、今ではいろんなのが出てますね)
バージョン違いや音の定位の違いまで・・・!そうだったんですね~。
僕もやっぱりCome TogetherとRememberを「所有するため」に買おうかどうか悩みました。でも、当時のエアロのベストを自分で作るなら・・・「S.O.S(Too Bad)」と「Toys In The Attick」は欠かせないと思ってましたが、これが入っていない!
結局、レンタルレコードで借りて、上記2曲を追加して、マイベストを編集して作った記憶あります!(カセットで)
そうそう、Rocksの順番は、必ず「Back In The Saddle」のあとに「Last Child」でなければいけませんので、ここも曲順入れ替えて!

めったさん、こんにちは。
いつも楽しいコメントをありがとうございます。

時間はかかるものの、カセットでマイベストを作るのって楽しかったですね。
A面1曲目とラスト、そして、B面1曲目とラストと、要所を締める曲を考えて、時間を計算したりと・・・。

エアロの場合は少なかったものの、曲間が短いアルバムなどはボタンを押してから録音が始まるまでの僅かなタイムラグを計算してタイミングを計りながらボタンを押さないといけませんでしたけど、そんなことも今にして思えば楽しかったように思います。そういえば奮発して高いテープを買ったりもしてましたね。

"S.O.S (Too Bad)"と"Toys In The Attick"は外せませんよね~。個人的にはカヴァーながらもドラマティックな"Remember"は結構好きでした。勿論今もですけど。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« BALLADS - THE GREATEST HITS / HEART (1996) | トップページ | LIMELIGHT - THE BEST OF VOL. 2 / THE ALAN PARSONS PROJECT (1987) »

TRANSLATE THIS SITE

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

AD

プライバシーポリシー

ブログ内を画像で検索

商品検索

  • amazon
無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く