« HI INFIDELITY 「禁じられた夜」 / REO SPEEDWAGON (1980) | トップページ | 2014年1月~2月のプレイカウント・トップ40 »

2014年2月20日

WHEELS ARE TURNIN' / REO SPEEDWAGON (1984)

LPレコードの帯:ホイールズ・アー・ターニン / REO スピードワゴンAlbum Cover (front): Wheels are Turnin' / REO Speedwagon   Album Cover (back): Wheels are Turnin' / REO Speedwagon   Album Cover (front) with Obi Strip: Wheels are Turnin' / REO Speedwagon

こちらは"REO Speedwagon"の13枚目のアルバム「Wheels are Turnin' / ホイールズ・アー・ターニン」。LPレコードは殆どを処分しているので、手元に残っているのは思い出深いものや珍しいものなど極一部なのですが、何故にこのアルバムを残していたのか自分でもちょっと不思議に思っていたところ、久しぶりにジャケットの中を覗いてみてその理由が判明。

多分、それは、この厚紙製の「ストロボ・スコープ・ホイール」なるものがおまけとして付いていたから(笑)。

 

▼ こちらがその付属のストロボ・スコープ・ホイール(ジャケット・サイズ)

帯(REOが動く!?):Wheels are Turnin' / REO Speedwagon  Cut Out Stroboscopic Wheel: Wheels are Turnin' / REO Speedwagon  Cut Out Stroboscopic Wheel: Wheels are Turnin' / REO Speedwagon

▼ 作り方を記した説明書き

Cut Out Stroboscopic Wheel: Wheels are Turnin' / REO Speedwagon

 

と、冒頭から音楽とは関係のない話から入ってしまいましたが、アルバムからは4曲のトップ40ヒットが生まれ、セカンドシングルの「Can't Fight This Feeling (涙のフィーリング)」はビルボードチャートで1位を記録。そして、アルバム自体もビルボードチャートで7位とヒットしたわけですが、私自身はといえば、"Can't Fight This Feeling"と"One Lonely Night"の2曲ばかりを聴いていた記憶があります。個人的な好みの問題なんでしょうけど、前々作の「Hi Infidelity(禁じられた夜)」でもそうでしたが、"REO Speedwagon"のロックンロールタイプの曲は多少苦手な印象がありましたね。

とは言っても、時が経っても"Can't Fight This Feeling"が名曲であることに変わりがないことを再確認。実はこのアルバムを取り上げる際に、今回初めて"Can't Fight This Feeling"のミュージックビデオを観たのですが、けっこう良いビデオですね。なんか益々この曲が好きになりました。

 

▼ REO Speedwagon - Can't Fight This Feeling (ミュージックビデオ)

https://www.youtube.com/watch?v=zpOULjyy-n8

 

▼ Can't FightThis Feeling - REO Speedwagon (スタジオでのメイキング映像)
https://www.youtube.com/watch?v=d3G3oImGXR0

▼ REO Speedwagon - Can't Fight This Feeling (Live Aid 1985) (ライヴ・エイド)
https://www.youtube.com/watch?v=mnSgEAQ-x-M

 

LPレコード盤のラベル:Wheels are Turnin' / REO Speedwagon  LPレコード盤のラベル:Wheels are Turnin' / REO Speedwagon

 

なお、アルバムの裏面にクレジットされている曲目には、1~5が「Side A」、6~9が「Side Z」と記されています。"A to Z"ということなんでしょうかね。

 

TRACK LIST
Side A: 1. I Do' Wanna Know (愛は気ままに) / 2. One Lonely Night (ワン・ロンリー・ナイト) / 3. Thru The Window (スルー・ザ・ウィンドウ) / 4. Rock 'N Roll Star (ロックンロール・スター) / 5. Live Every Moment (リブ・エブリー・モーメント)

Side Z: 1. Can't Fight This Feeling (涙のフィーリング) / 2. Gotta Feel More (ガッタ・フィール・モア) / 3. Break His Spell (ブレイク・ヒズ・スペル) / 4. Wheels Are Turnin' (ホイールズ・アー・ターニン)

 

NOTES
• Album: US 7位 (2x Platinum / 1990-RIAA)
• Singles: "I Do' Wanna Know" US 29位 / "Can't Fight This Feeling" US 1位、UK16位 / "One Lonely Night" US 19位 / "Live Every Moment" US 34位

• The LP version contained a cut out stroboscopic wheel

 

 

関連記事

Hi Infidelity 「禁じられた夜」 (1980) / REO Speedwagon

The Hits (1988) / REO Speedwagon

Hi Infidelity (30th Anniversary Edition) 「禁じられた夜 - 30周年記念エディション」 (1980 / 2011) / REO Speedwagon

« HI INFIDELITY 「禁じられた夜」 / REO SPEEDWAGON (1980) | トップページ | 2014年1月~2月のプレイカウント・トップ40 »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (REO SPEEDWAGON)」カテゴリの記事

音楽 (アナログ・レコード:LP)」カテゴリの記事

コメント

Jihiroさん、こんにちは。またまた面白い付録ですね!よくぞ取っておいてくれました!LPレコード時代はあのサイズで楽しい付録がついてると音楽だけじゃなくアーチストに親しみがわいたりしたものですね。でもこのスコープは知りませんでした。sideZもシャレてますね!
Can't Fight This Feelingは曲も大好きですが、タイトルの英語表現ーこの気持ちに勝てない〜という表現に英語のオシャレ感があって気に入ってました!

めったさん、こんばんは。
私もこんなモノが付いていたことをすっかり忘れていました。
こういったおまけが付くのもやっぱりあのサイズならではですよね。

CDにもたまにおまけが付いていたりしますが、
大抵はステッカーで面白みに欠けます。
今の時代はメーカーにも余裕がないんでしょうかね。

"Can't Fight This Feeling"は当時よりも今の方が好きかもというくらいに最近良く聴いていて、今になってケビンの声の魅力に気付いたといった感じです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HI INFIDELITY 「禁じられた夜」 / REO SPEEDWAGON (1980) | トップページ | 2014年1月~2月のプレイカウント・トップ40 »

TRANSLATE THIS SITE

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

AD

プライバシーポリシー

ブログ内を画像で検索

商品検索

  • amazon
無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く