« 2015年1月~3月のプレイカウント・トップ 40 | トップページ | 日米両国で行われた戦後70年の日米関係に関する世論調査結果(2015年調査) »

2015年4月 4日

GRAVITAS 「グラヴィタス~荘厳なる刻(とき)」 / ASIA (2014)

CDの帯:グラヴィタス~荘厳なる刻(とき) / エイジアAlbum Cover (front): Gravitas / Asia2012年の結成30周年を記念するジャパン・ツアーの後にギタリストのスティーヴ・ハウがバンドを脱退したため、新メンバーとして若手ギタリストのサム・コールソンを迎えてのアルバムとなったのが、この「Gravitas / グラヴィタス~荘厳なる刻(とき)」。

新加入のサム・コールソンについては、1987年生まれということで、エイジアのファースト・アルバム「Asia / 詠時感~時へのロマン」がリリースされた1982年には生まれてすらいなかったわけですが、アルバムを聴いた限りでは結構馴染んでいる印象。

実を言うと、私自身は、2008年にリリースされたオリジナル・メンバーでの復活アルバム「Phoenix / フェニックス」と、それに続く2010年リリースのアルバム「Omega / オメガ」は購入したものの、2012年にリリースされた前作「XXX / XXX~ロマンへの回帰」はリリースされたことを大分後に知ったこともあり、何となくスルーしてたんですよね。

では、何故、前作はスルーしたのに、このアルバムは購入したのかといえば、それは、この「荘厳なる刻」なる邦題に惹かれたから(笑)。しかも、1曲目のタイトルは「Valkyrie / ワルキューレ」ですし、何かしら感じるものがあったんですよね。私自身は、"Phoenix"も"Omega"も、それぞれに好きな曲はありますし、悪くはないと思うのですが、自分の好みとしては、もっと壮大な方がいいなと思っていた部分もあったので、この邦題を最初に見たときから結構期待していました。なんたって「荘厳」ですから(笑)。

ということで、前作については、購入していないばかりか、"Youtube"等でも一切観たり聴いたりしてないので、このアルバムを前作と比較することはできないのですが、"Phoenix"や"Omega"と比較すると、ミディアム・スローの楽曲が比較的多いこともあってか、印象としては確かに荘厳な雰囲気はあります。

全9曲で47分の作品+ボーナストラック1曲というLPレコード時代のようなアルバム構成ですが、個人的には別に物足りなさは感じないですね。というか、アレコレと詰め込みすぎるよりも、これくらいが散漫にならず、まとまりがあっていいんじゃないかと。更に言うなら、ボーナストラックとして収録されている"Russian Dolls"のアコースティック・ヴァージョンも、オリジナル・ヴァージョン自体がアコースティックな雰囲気があるので、別に無いなら無いでもいいかなといった感じ。

収録曲についていえば、やはり1曲目の"Valkyrie"が一番好きですね。この曲はチェロとピアノの音色に近いキーボードがいい雰囲気を醸し出しているように感じます。それ以外では、タイトル・トラックでもある2部構成の"Gravitas (i). Lento (ii). Gravitas"と、 3部構成の"Heaven Help Me Now (i). Wings of Angels (ii). Prelude (iii). Heaven Help Me Now"も結構好きな曲。

 

▼ Asia - Valkyrie (Official Video / New Studio Album / 2014)

https://www.youtube.com/watch?v=CIpmYEYC2rU

 

ちょっと意外だったのは、8曲目の"Joe DiMaggio's Glove"。ジョー・ディマジオといえば米メジャーリーグの歴史にその名を残す野球選手ですが、イギリス人のジョン・ウェットンが、イギリスではどちらかといえばマイナーなスポーツである野球の選手を題材にするとは不思議なな感じもしたのですが、この辺りは、もしかしたらアメリカのファンへのサービスという部分があるのかも? 過去には"Voice Of America"という曲もありましたしね。曲自体は何処かノスタルジックな雰囲気があって良い曲だと思います。

その他にも、スローな曲がらもスケール感に満ちた"The Closer I Get You"は好きな曲ですし、結構好きな曲が多いアルバムですね。

 

Album Cover (inside): Gravitas / Asia  CD: Gravitas / Asia

 

なお、日本盤の初回リリース分については、ブックレットのタイトル表記に不備があったらしく、ウェブサイトの方で交換の告知がされています。

▼ エイジア『グラヴィタス~荘厳なる刻』日本語ブックレットに関してのお知らせ http://wardrecords.com/hpgen/HPB/entries/26.html

 

TRACK LIST
01. Valkyrie / 02. Gravitas (i). Lento (ii). Gravitas / 03. The Closer I Get You / 04. Nictophobia / 05. Russian Dolls / 06. Heaven Help Me Now (i). Wings of Angels (ii). Prelude (iii). Heaven Help Me Now / 07. I Would Die For You / 08. Joe DiMaggio's Glove / 09. Till We Meet Again / 10. Russian Dolls (Acoustic) [Japanese CD issue bonus track]

1. ワルキューレ / 2. グラヴィタス / 3. ザ・クローサー・アイ・ゲット・トゥ・ユー / 4. ニクトフォビア / 5. ロシアン・ドールズ / 6. へヴン・ヘルプ・ミー・ナウ / 7. アイ・ウッド・ダイ・フォー・ユー / 8. ジョー・ディマジオズ・グローブ / 9. ティル・ウィ・ミート・アゲイン / 10. ロシアン・ドールズ(アコースティック・ヴァージョン) [日本盤限定ボーナス・トラック]

 

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 日本先行発売 / 日本盤限定ボーナストラック収録 / 日本語解説封入 / 歌詞・対訳付

 

ASIA - BAND MEMBERS (Listed on Back Cover)
• John Wetton (ジョン・ウェットン) - Lead Vocal, Bass and Acoustic Guitars
• Carl Palmer (カール・パーマー) - Drums
• Geoff Downes (ジェフ・ダウンズ) - Keyboards
• Sam Coulson (サム・コールソン) - Guitars

 

 

関連記事

Asia 「詠時感~時へのロマン」 (1982) / Asia

Alpha 「アルファ」 (1983) / Asia

Astra 「アストラ」 (1985) / Asia

Anthologia (2002) / Asia

Phoenix 「フェニックス」 (2008) / Asia

Omega 「オメガ」 (2010) / Asia

R.I.P. John Wetton / ASIA Official Website (2017)

エイジア結成以前にジョン・ウェットンが在籍していたバンド
Night After Night 「ナイト・アフター・ナイト(ライヴ・イン・ジャパン)」 (1979) / UK

ジョン・ウェットンとジェフ・ダウンズが提供した楽曲"We Move as One"を収録
Eyes Of A Woman (1985) / Agnetha Fältskog [ex-Abba]

« 2015年1月~3月のプレイカウント・トップ 40 | トップページ | 日米両国で行われた戦後70年の日米関係に関する世論調査結果(2015年調査) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (ASIA)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2015年1月~3月のプレイカウント・トップ 40 | トップページ | 日米両国で行われた戦後70年の日米関係に関する世論調査結果(2015年調査) »

TRANSLATE THIS SITE

商品検索

  • Amazon

ブログ内を画像で検索

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ

AD