« 片方の肩が肩関節周囲炎になったら、もう片方の肩にも注意が必要 | トップページ | Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 3) »

2015年11月13日

THE CLASSIC ALBUMS COLLECTION (11CD BOX SET) / E.L.O. (2011)

Box Cover (front): The Classic Albums Collection / E.L.O.   Box Cover (back): The Classic Albums Collection / E.L.O.   The Classic Albums Collection / E.L.O.

こちらの"The Classic Albums Collection"は、"E.L.O. (Electric Light Orchestra)"のアルバム11枚が入ったボックスセット。

▼ このボックスセットに収められているアルバムは以下の11枚です。

Disc 01: No Answer (1971)
Disc 02: ELO II (1973)
Disc 03: On the Third Day 1973)
Disc 04: Eldorado (1974)
Disc 05: Face the Music (1975)
Disc 06: A New World Record (1976)
Disc 07: Out of the Blue (1977)
Disc 08: Discovery (1979)
Disc 09: Time (1981)
Disc 10: Secret Messages (1983)
Disc 11: Balance of Power (1986)

ということで、ファーストアルバムの"No Answer"から、事実上のラストアルバムとも言える"Balance of Power"まで、この時代にリリースされた全てのスタジオアルバムが収録されています(オリビア・ニュートン・ジョンとのコラボレーションで話題になった1980年リリースのサウンドトラック盤"Xanadu"を除く)。

※ 補足
ジェフ・リンのソロ・プロジェクト的要素が強いものの、2001年には"Balance of Power"以来、15年ぶりとなる"E.L.O."名義での復活アルバム"Zoom"がリリースされています。

なお、ファーストアルバムの"No Answer"はアメリカでのアルバムタイトルであり、本国イギリスでのタイトルは"The Electric Light Orchestra"となっています。ちなみに、日本盤の邦題は「踊るヴァイオリン群とエレクトリック・ロック、そしてボーカルは如何に」といういかにもプログレッシヴといった雰囲気のタイトルでした。

アメリカでのタイトルが"No Answer"になった経緯については、アメリカでの販売権を持つレコード会社の担当者であるAさんからアルバムのタイトルを聞いておいてくれと頼まれたBさんがイギリスのレコード会社に電話をしてタイトルを尋ねようとしたものの、あいにく担当者が不在だったことから、「No Answer」(回答が得られなかった)とメモに書き残していたところ、その「No Answer」をタイトルと勘違いをしたAさんは、それをそのままアルバムのタイトルとして処理してしまったという逸話があります。

そして、続くセカンドアルバムも、これまた本国のイギリスとアメリカではタイトルに若干の違いがあり、イギリスでは"ELO 2"、アメリカでは"Electric Light Orchestra II"、もしくは"ELO II"となっています。

※ このボックスセットでは、ファーストアルバムとセカンドアルバム共にアメリカでのタイトル表記になっているので、文中の表記も全てアメリカでのタイトルで表記しています。

 

The Classic Albums Collection / E.L.O.   The Classic Albums Collection / E.L.O.   The Classic Albums Collection / E.L.O.

 

実を言うと、"E.L.O."は大好きなグループのひとつであるにもかかわらず、長いこと初期3枚のアルバムには手を出していませんでした。と言うのも、ベストアルバム等に収録されている初期3枚のアルバムから選ばれた曲は、どことなく前衛的でサイケデリックな雰囲気があり、その後の"E.L.O."とは音楽的にもかなりの違いがあるので、どうも好きになれそうもない感じがあったんですよね。

実際、ベストアルバム等にも良く収録されている"Showdown"や"Ma-Ma-Ma Belle"などはあまり好きではなく、何故にこれらの曲が頻繁にベストアルバムに収録されているのか理解できず、他にもっと良い曲が沢山あるのにといつも思っていました。

まぁ、そんなこともあって、初期3枚のアルバムをまとめて聴く良い機会かなという思いもあって、このボックスセットを購入したんですよね。それに、このボックスセットなら初期3枚のアルバムが気に入らなかったとしても、さほどダメージが無いかなと(笑)。

でも、初期3枚のアルバムを通して聴いてみると、好きではなかったはずの"Showdown"と"Ma-Ma-Ma Belle"も魅力的に聴こえるから不思議。ぶつ切りで聴くのと、アルバムを通して聴くのとではこうも違うものなのかと驚くと同時に、初期3枚のアルバムに収録されている曲はその後のアルバムに収録されている曲と混ぜて聴かない方が良いということを感じました。

ということで、初期3枚のアルバムだけから選曲したプレイリストを作ってみたとことろ、これが実に良いんですよね。

ファーストアルバムでは"Manhattan Rumble (49th Street Massacre)"、セカンドアルバムでは"From the Sun to the World (Boogie No.1)"、サードアルバムでは"Daybreaker"といった辺りのインストゥルメンタルの比重が高い楽曲が結構好きで、プレイリストにはこれらの3曲をそれぞれのアルバムのトップに持ってきた構成にして聴いています。というか、ファーストアルバムの"Manhattan Rumble (49th Street Massacre)"と、サードアルバムの"Daybreaker"は完全にインストゥルメンタル曲なんですけどね。

ボーナストラックでは、セカンドアルバムに収録されているヴォーカルパートがカットされた"In Old England Town [instrumental]"と、サードアルバムに収録されているロッカバラッド的な"Everyone's Born to Die"が結構好きですね。

▼ ちなみに、プレイリストはこんな感じ

1st: No Answer (1971)
1. Manhattan Rumble (49th Street Massacre) /  2. Nellie Takes Her Bow /  3. 10538 Overture /  4. Mr. Radio /  5. Queen of the Hours /  6. Whisper in the Night

2nd: ELO II (1973)
1. From the Sun to the World (Boogie No.1) /  2. Mama... /  3. Roll over Beethoven /  4. In Old England Town [instrumental] - Bonus Track

3rd: On the Third Day (1973)
1. Daybreaker /  2. Bluebird Is Dead /  3. Showdown /  4. Dreaming of 4000 /  5. Ma-Ma-Ma Belle /  6. Everyone's Born to Die - Bonus Track

 

Booklet (front): The Classic Albums Collection / E.L.O.   Booklet (back): The Classic Albums Collection / E.L.O.   CD: The Classic Albums Collection / E.L.O.

 

ボックスセット自体に記載は無いものの、各アルバムに含まれるボーナストラックが全て一致することから、恐らくはこのボックスセットに含まれる11枚のアルバムは2001年~2007年に再発されたジェフ・リン監修のデジタルリマスター盤と同じだと思います。

廉価版のボックスセットだと、紙ジャケットにCDが入っているだけといったものが殆どですが、このボックスセットには27ページのブックレットが付いており、ボーナストラックを含めた全アルバムの曲目がアルバムごとに記載されています。又、それに加えて、アルバムごとのメンバークレジットや、プロデューサーは誰で、エンジニアは誰といった通常のアルバムにある細かなクレジットも記載されており、更には全アルバムにジェフ・リンのコメントも掲載されています。輸入盤なので当然のことながら全て英語表記ですが、簡単な単語で表記されたクレジットを流し読みするだけでも、色々と思い起こすこともあって楽しめます。

又、この手のボックスセットによくある紙ジャケットとは違い、ジャケットに背中の部分があるので、LPレコードのようにその部分にも各アルバムのタイトルが記されています。まぁ、作り自体はジャケットの折り代に比較的大きな隙間があったりして結構チャチなもので、"Out of the Blue"と"Secret Messages"なんかはアートワークの色見も安っぽさが目立つ感じなんですが、いくつかのアルバムは見開きのジャケットになっており、LPレコードでは内側に宇宙船の内部が描かれていた"Out of the Blue"のようなアルバムだと、LPレコードと同様に内側も見ることができるので、それなりに雰囲気は楽しめます。内側は中央部分で分割されてはいるんですけどね。ちなみに見開きタイプのジャケットになっているのは"No Answer"、"ELO II"、"On the Third Day"、"Out of the Blue"、"Discovery"の5枚です。ボックス自体は通常のCDラックに収納できる大きさになっているのが良いところ。

ただし、紙ジャケットは全てのアルバムに漏れなくインクの擦れみたいな汚れと接着剤の後のようなものが付着しており、汚いとは言わないまでも、綺麗とは言えません(笑)。まぁ、個体差はあるんでしょうけど。

 

The Classic Albums Collection / E.L.O.   The Classic Albums Collection / E.L.O.

 

TRACK LIST

Album Cover (front & inside): The Classic Albums Collection (Disc 1 - No Answer) / E.L.O. DISC 1: NO ANSWER (1971)

1. 10538 Overture / 2. Look At Me Now / 3. Nellie Takes Her Bow / 4. The Battle Of Marston Moor (July 2nd 1644) / 5. 1st Movement (Jumping Biz) / 6. Mr. Radio / 7. Manhattan Rumble (49th Street Massacre) / 8. Queen Of the Hours / 9. Whisper In The Night
Bonus Tracks:
10. Battle Of The Marston Moor [take1/alternate mix] / 11. Nellie Takes Her Bow [alternate mix] / 12. Mr. Radio [take 9] / 13. 10538 Overture [take 1/alternate mix]

• 1曲目に収録されている"10538 Overture"の「10538」は、このファーストアルバムに付けられていたレコード番号から取られた数字です。

• Album: (UK 32位・US 196位)
• Single: 10538 Overture (UK 9位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - vocals, piano, electric guitar, percussion, bass
• Roy Wood - vocals, cello, oboe, acoustic guitar, bass, string bass, bassoon, clarinet, recorders, slide guitar, percussion
• Bev Bevan - drums, percussion
• Bill Hunt - french horn, hunting horn
• Steve Woolam - violin

 

Album Cover (front & inside): The Classic Albums Collection (Disc 2 - ELO II) / E.L.O. DISC 2: ELO II (1973)

1. In Old England Town (Boogie No.2) / 2. Mama... / 3. Roll Over Beethoven / 4. From The Sun To The World (Boogie No.1) / 5. Kuiama
Bonus Tracks:
6. In Old England Town [instrumental] / 7. Baby I Apologize [session outtake] / 8. In Old England Town [take 1/alternate mix] / 9. Roll Over Beethoven [take 1/alternate mix] (written by C. Berry)

• Album: (UK 35位・US 62位)
• Single: Roll Over Beethoven (UK 6位・US 42位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - guitar, vocals, Moog, harmonium
• Bev Bevan - drums, percussion
• Michael de Albuquerque - bass, vocal harmonies
• Mike Edwards - cello
• Wilfred Gibson - violin
• Richard Tandy - piano, harmonium, Moog, guitar, harmonium
• Colin Walker - cello
• Roy Wood - bass, cello (tracks 1 and 4)

 

Album Cover (front & inside): The Classic Albums Collection (Disc 3 - On the Third Day) / E.L.O. DISC 3: ON THE THIRD DAY (1973)

1. Ocean Breakup/King Of The Universe / 2. Bluebird Is Dead / 3. Oh No Not Susan / 4. New World Rising/Ocean Breakup Reprise / 5. Showdown / 6. Daybreaker / 7. Ma-Ma-Ma Belle / 8. Dreaming Of 4000 / 9. In The Hall Of The Mountain King (E. Grieg, arranged by ELO)
Bonus Tracks:
10. Auntie ["Ma-Ma-Ma Belle" take 1] / 11. Auntie ["Ma-Ma-Ma Belle" take 2] / 12. Mambo ["Dreaming of 4000" alternate mix] / 13. Everyone's Born To Die / 14. Interludes [previously unreleased]

• Album: (UK did not chart - Silver・US 52位)
• Singles: Showdown (UK 12位・US 53位) / Ma-Ma-Ma Belle (UK 22位) / Daybreaker (US 87位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - guitar, vocals
• Bev Bevan - drums
• Michael de Albuquerque - bass
• Mike Edwards - cello
• Wilf Gibson - violin (tracks 5-14)
• Mik Kaminski - violin (tracks 1-4)
• Richard Tandy - piano, Moog

Additional personnel:
• Marc Bolan - guitar (tracks 7, 8 and 10-13)

 

Album Cover (front): The Classic Albums Collection (Disc 4 - Eldorado) / E.L.O. DISC 4: ELDORADO (1974)

1. Eldorado Overture / 2. Can't Get It Out Of My Head / 3. Boy Blue / 4. Laredo Tornado / 5. Poor Boy (The Greenwood) / 6. Mister Kingdom / 7. Nobody's Child / 8. Illusions In G Major / 9. Eldorado / 10. Eldorado Finale
Bonus Tracks:
11. Eldorado Instrumental Medley [previously unreleased] / 12. Dark City [previously unreleased (Demo)]

• Album: (UK did not chart・US 16位 - Gold)
• Singles: Can't Get It Out Of My Head (US 9位) / Boy Blue

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - guitar, vocals, Moog, backing vocals, arrangements
• Bev Bevan - drums, percussion
• Michael de Albuquerque - bass
• Mike Edwards - cello
• Mik Kaminski - violin
• Hugh McDowell - cello
• Richard Tandy - piano, Moog, guitar, clavinet, electric piano, backing vocals, arrangements

Additional personnel:
• Luis Clark - arrangements, orchestra conductor
• Prologue spoken by Peter Forbes-Robertson

 

Album Cover (front): The Classic Albums Collection (Disc 5 - Face the Music) / E.L.O. DISC 5: FACE THE MUSIC (1975)

1. Fire On High / 2. Waterfall / 3. Evil Woman / 4. Nightrider / 5. Poker / 6. Strange Magic / 7. Down Home Town / 8. One Summer Dream
Bonus Tracks:
9. Fire On High Intro [early alternate mix] / 10. Evil Woman [stripped down mix] / 11. Strange Magic [U.S. single edit] / 12. Waterfall [instrumental mix]

• Album: (UK did not chart・US 8位 - Gold)
• Singles: Evil Woman (UK 10位・US 10位) / Nightrider / Strange Magic (UK 38位・US 14位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - guitar, vocals, backing vocals, string arranger
• Bev Bevan - drums, percussion, backing vocals
• Melvyn Gale - cello
• Kelly Groucutt - bass, vocals, backing vocals
• Mik Kaminski - violin
• Hugh McDowell - cello
• Richard Tandy - piano, moog, guitar, clavinet, string arranger

Additional personnel:
• Luis Clark - string arranger

 

Album Cover (front): The Classic Albums Collection (Disc 6 - A New World Record) / E.L.O. DISC 6: A NEW WORLD RECORD (1976)

1. Tightrope / 2. Telephone Line / 3. Rockaria! / 4. Mission (A World Record) / 5. So Fine / 6. Livin' Thing / 7. Above The Clouds / 8. Do Ya / 9. Shangri-La
Bonus Tracks:
10. Telephone Line [different vocal] / 11. Surrender / 12. Tightrope [instrumental early rough mix] / 13. Above the Clouds [instrumental rough mix] / 14. So Fine [instrumental early rough mix] / 15. Telephone Line [instrumental]

• Album: (UK 6位・US 5位 - Gold)
• Singles: Livin' Thing (UK 4位・US 13位) / Rockaria! (UK 9位) / Do Ya (US 24位) / Telephone Line (UK 8位・US 7位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - lead and backing vocals, lead guitar, rhythm guitar, slide guitar, percussion, electric piano, orchestral and choral arrangements
• Bev Bevan - drums, Minimoog drum, percussion, backing vocals
• Melvyn Gale - cello
• Kelly Groucutt - bass, percussion, vocals and backing vocals
• Mik Kaminski - violin
• Hugh McDowell - cello
• Richard Tandy - electric piano, Minimoog, Micromoog, electric guitars, clavinet, Mellotron, percussion, backing vocals, orchestral and choral arrangements

Additional personnel:
• Luis Clark - orchestral and choral arrangements, orchestra conductor

 

Album Cover (front & inside): The Classic Albums Collection (Disc 7 - Out of the Blue) / E.L.O. DISC 7: OUT OF THE BLUE (1977)

1. Turn To Stone / 2. It's Over / 3. Sweet Talkin' Woman / 4. Across The Border / 5. Night In The City / 6. Starlight / 7. Jungle / 8. Believe Me Now / 9. Steppin' Out /  Concerto For A Rainny Day (Tracks 10-13): 10. Standin' In The Rain / 11. Big Wheels / 12. Summer And Lightning / 13. Mr. Blue Sky / 14. Sweet Is The Night / 15. The Whale / 16. Birmingham Blues / 17. Wild West Hero
Bonus Tracks:
18. Wild West Hero [previously unreleased alternate bridge/home demo] / 19. The Quick And The Daft [previously unreleased] / 20. Latitude 88 North [previously unreleased]

• Album: (UK 4位 - Platinum・US 4位 - Platinum)
• Singles: Turn To Stone (UK 18位・US 13位) / Mr. Blue Sky (UK 6位・US 35位) /  Wild West Hero (UK 6位) / Sweet Talkin' Woman (UK 6位・US 17位) / It's Over (US 95位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - lead and backing vocals, lead guitar, rhythm guitar, slide guitar, electric piano, Minimoog, orchestral and choral arrangements
• Bev Bevan - drums, various percussion, backing vocals
• Melvyn Gale - cello, piano
• Kelly Groucutt - bass, percussion, vocals and backing vocals
• Mik Kaminski - violin
• Hugh McDowell - cello
• Richard Tandy - Polymoog, Minimoog, electric piano, piano, Moog, guitar, clavinet, orchestral and choral arrangements

Additional personnel:
• Luis Clark - orchestral and choral arrangements, orchestra conductor

 

Album Cover (front & inside): The Classic Albums Collection (Disc 8 - Discovery) / E.L.O. DISC 8: DISCOVERY (1979)

1. Shine A Little Love / 2. Confusion / 3. Need Her Love / 4. The Diary Of Horace Wimp / 5. Last Train To London / 6. Midnight Blue / 7. On The Run / 8. Wishing / 9. Don't Bring Me Down
Bonus Tracks:
10. On The Run [previously unissued home demo 1979] / 11. Second Time Around [previously unissued home demo 1979] / 12. Little Town Flirt [previously unissued] (written by M. McKenzie-D. Shannon) デル・シャノンのカヴァー

• ボーナストラックの最後に収録されている"Little Town Flirt"はデル・シャノンのカヴァーです。

• Album: (UK 1位 - Platinum・US 5位 - 2x Platinum)
• Singles: Shine A Little Love (UK 6位・US 8位) / The Diary Of Horace Wimp (UK 8位) / Don't Bring Me Down (UK 3位・US 4位) / Confusion/Last Train To London (UK 8位) / Confusion (US 37位) / Last Train To London (US 39位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - lead and backing vocals, lead and rhythm guitar, piano, synthesizer, string and choral arrangements
• Bev Bevan - drums, percussion
• Kelly Groucutt - bass, vocals and backing vocals
• Richard Tandy - grand piano, synthesizer, electric piano, clavinet, string and choral arrangements

Additional personnel:
• Luis Clark - string and choral arrangements, orchestra conductor

 

Album Cover (front): The Classic Albums Collection (Disc 9 - Time) / E.L.O. DISC 9: TIME (1981)

1. Prologue / 2. Twilight / 3. Yours Truly, 2095 / 4. Ticket To The Moon / 5. The Way Life's Meant To Be / 6. Another Heart Breaks / 7. Rain Is Falling / 8. From The End Of The World / 9. The Lights Go Down / 10. Here Is The News / 11. 21st Century Man / 12. Hold On Tight / 13. Epilogue
Bonus Tracks:
14. The Bouncer [B-side Of UK "Four Little Diamonds" 12" single] / 15. When Time Stood Still [B-side Of UK "Hold On Tight" 12" single] / 16. Julie Don't Live Here [B-side Of UK "Twilight" 12" single]

• Album: (UK 1位 - Platinum・US 16位 - Gold)
• Singles: Hold On Tight (UK 4位・US 10位) / Twilight (UK 30位・US 38位) / Rain Is Falling (US 101位) / Ticket To The Moon/Here Is The News (UK 24位) / The Way Life's Meant To Be (UK 85位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - lead and background vocals, electric and acoustic guitar, piano, synthesizers, string arrangements
• Bev Bevan - drums, percussion
• Kelly Groucutt - bass, backing vocals
• Richard Tandy - piano, electric piano, synthesizers, guitar, string arrangements

Additional personnel:
• Ghislaine - French verse (track 12)
• Rauner Pietsch - conductor, string arrangements
• Sandi - girl's voice (track 3)

 

Album Cover (front): The Classic Albums Collection (Disc 10 - Secret Messages) / E.L.O. DISC 10: SECRET MESSAGES (1983)

1. Secret Messages / 2. Loser Gone Wild / 3. Bluebird / 4. Take Me On And On / 5. Time After Time / 6. Four Little Diamonds / 7. Stranger / 8. Danger Ahead / 9. Letter From Spain / 10. Train Of Gold / 11. Rock 'n' Roll Is King
Bonus Tracks:
12. No Way Out [unused track from the original double album version of Secret Messages] / 13. Endless Lies [previously unreleased/unused track from the original double album version of Secret Messages] / 14. After All [B-side of "Rock 'n' Roll Is King" single]

• Album: (UK 4位 - Gold・US 36位)
• Singles: Rock 'n' Roll Is King (UK 13位・US 19位) / Secret Messages (UK 48位) / Four Little Diamonds (UK 84位・US 86位) / Stranger (US 105位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - vocals and background vocals, guitar, synthesisers, bass, piano, percussion, Oberheim DMX
• Bev Bevan - drums, percussion
• Kelly Groucutt - bass, background vocals
• Richard Tandy - synthesizers, grand piano

Additional personnel:
• Luis Clark - string conductor (tracks 7, 8 and 10)
• Dennis - bark
• Mik Kaminski - violin solo  (track 11)
• Dave Morgan - background vocals

 

Album Cover (front): The Classic Albums Collection (Disc 11 - Balance of Power) / E.L.O. DISC 11: BALANCE OF POWER (1986)

1. Heaven Only Knows / 2. So Serious / 3. Getting To The Point / 4. Secret Lives / 5. Is It Alright / 6. Sorrow About To Fall / 7. Without Someone / 8. Calling America / 9. Endless Lies / 10. Send It
Bonus Tracks:
11. Opening / 12. Heaven Only Knows [alternate version] / 13. In For The Kill / 14. Secret Lives [alternate take] / 15. Sorrow About To Fall [alternate mix] / 16. Caught In A Trap [B-side of UK single] / 17. Destination Unknown [B-side of UK single]

"B-side of UK single"としか表記されていませんが"Caught in a Trap"は"Calling America"のB面曲です。 そして"Destination Unknown"も同じく"Calling America"のB面曲ですが、こちらはUK盤の12インチシングルにのみ収録されていた曲です。

• Album: (UK 9位 - Silver・US 49位)
• Singles: Calling America (UK 28位・US 18位) / So Serious (UK 77位) / Getting To The Point (UK 97位)

Electric Light Orchestra is:
• Jeff Lynne - lead and background vocals, guitar, bass, keyboards, piano
• Bev Bevan - drums, percussion
• Richard Tandy - keyboards, piano, sequence programming

Additional personnel:
• Christian Schneider - saxophone

 

NOTES

• 11枚組みボックスセット
• Label: Epic/Legacy
• 27ページ・ブックレット(ジェフ・リンによる全アルバムの解説付)
• 全アルバムにボーナストラック収録
• LPレコードのレプリカ紙ジャケット仕様
• Disc 1 (No Answer)、Disc 2 (ELO II)、Disc 3 (On The Third Day)、Disc 7 (Out Of The Blue)、Disc 8 (Discovery) の5枚は見開きジャケット仕様

• The box set compiles all "Electric Light Orchestra" studio albums from "No Answer" to "Balance of Power" (excluding "Xanadu") in their entirety, including bonus tracks.

 

 

関連記事

Afterglow [3CD Box Set] (1990) / E.L.O.

Mr. Blue Sky - The Very Best Of Electric Light Orchestr (2012) / E.L.O.

その他の E.L.O. 関連記事

Face The Music (1975) / E.L.O.

A New World Record 「オーロラの救世主」 (1976) / E.L.O.

Out Of The Blue (1977) / E.L.O.

Discovery (1979) / E.L.O.

Xanadu (Soundtrack) (1980) / E.L.O. & Olivia Newton-John

Xanadu (映画パンフレット) (1981)

Time 「タイム~時へのパスポート」 (1981) / E.L.O.

Secret Messages (1983) / E.L.O.

Kelly (1983) / Kelly Groucutt

Balance Of Power (1986) / E.L.O.

Armchair Theatre (1990) / Jeff Lynne

E.L.O. Part Two 「銀河の探索者」 (1991) / E.L.O. Part 2

Moment Of Truth (1994) / E.L.O. Part 2

Zoom (2001) / E.L.O.

E.L.O. - ZOOM / 雑誌広告 (2001)

レコード・コレクターズ 7 / E.L.O. 特集号 (2001)

Out Of The Blue Tour - Live at Wembley [DVD] (2002) / E.L.O.

Access All Areas - Live in Australia [DVD] (2003) / E.L.O. Part 2

One Night in Australia (2007) / E.L.O. Part 2

Alone In The Universe (2015) / Jeff Lynne's ELO

ELO - 祝・新作発売!! ELOとジェフ・リンの全軌跡を徹底研究 (2015)

Alone In The Universe Tour - Live At Wembley Stadium, 24 June 2017 / Jeff Lynne's ELO

Alone In The Universe Tour - Live at KCOM Stadium Hull, 01 July 2017 / Jeff Lynne's ELO

Alone in the Universe Tour 2017 / Jeff Lynne's ELO

Wembley Or Bust [2CD+DVD Limited Edition] (2017) / Jeff Lynne's ELO

ネットでプレイできる ELO のジグソーパズル

(ジェフ・リンが提供した楽曲"One Way Love"を収録)
Eyes Of A Woman (1985) / Agnetha Fältskog [ex-ABBA]

« 片方の肩が肩関節周囲炎になったら、もう片方の肩にも注意が必要 | トップページ | Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 3) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (E.L.O.)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 片方の肩が肩関節周囲炎になったら、もう片方の肩にも注意が必要 | トップページ | Queen のピアノ・カヴァー曲 (Part 3) »

TRANSLATE THIS SITE

商品検索

  • Amazon

ブログ内を画像で検索

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ

AD