« 2016年1月~2月のプレイカウント・トップ 40 | トップページ | RAY KENNEDY (EXPANDED EDITION) 「ロンリー・ガイ+4」 / RAY KENNEDY (1980) »

2016年3月 4日

TAMBU 「タンブ」 / TOTO (1995)

CDの帯(初回プレス盤):タンブ / TOTOAlbum Cover (front): Tambu / TOTO  Album Cover (back): Tambu / TOTO  CD Case (back): Tambu / TOTO

この「Tambu / タンブ」は、オリジナルメンバーのジェフ・ポーカロが亡くなり、一時はバンドとしての存続が危惧されていた"TOTO"が、後任のドラマーにサイモン・フィリップスを迎えてリリースした9作目のスタジオアルバム。

私自身は、1990年にリリースされた"TOTO"初のベストアルバム「Past to Present 1977-1990 / グレイテスト・ヒッツ ~Past to Present 1977-1990~」以降、アルバムを購入することもなく、暫くは"TOTO"から離れていた状態だったのですが、ニューアルバムとしてリリースされたばかりのこのアルバム"Tambu"をCDショップでたまたま見つけたときはジャケットの雰囲気に惹かれて買ったんですよね。

アルバムにはバラードタイプの曲が多く収録されていることもあってか、比較的親しみ易い感じはあるのですが、メインのヴォーカリストがスティーヴ・ルカサーということもあり、スティーヴ・ルカサーのソロのような雰囲気も無きにしも非ずといった印象。

別にスティーヴ・ルカサーのヴォーカルがダメということではなく、実際、初期のアルバムにあるスティーヴ・ルカサーがヴォーカルをとる曲は好きな曲が多いくらいなんですが、やっぱりアルバムに2、3曲あるくらいがスティーヴ・ルカサーのヴォーカルも引き立つように思うんです。

アルバムとしては、正直言って、それほどのめり込んで聴くことはなかったのですが、それでも時折思い出したように聴くアルバムではありますね。

実際、個々の楽曲は悪くはないし、2. "I Will Remember"、4. "If You Belong To Me"、6. "The Other End Of Time"、10. "Just Can't Get You"、12. "The Road Goes On"と、5曲もが収録されているバラード曲もそれぞれに良くできていると思います。ただ、全体的に落ち着いた雰囲気がある所為か、初期のアルバムで感じたようなきらめきは感じなかったですね。まぁ、この辺りは初期のアルバムに対する思い入れとか、自分自身の年齢といったものが影響しているのかもしれませんし、"TOTO"のメンバー自身もそれぞれに年齢を重ねるにつれて音楽的志向も多少変わってくることは致し方ない部分なのかもしれません。

それでも、例えば1曲目の"Gift Of Faith"が仮にボビー・キンボールのヴォーカルで3作目の「Turn Back / ターン・バック」に収録されていたらと考えると全然違和感は無いようにも思いますし、5曲のバラードもどれか1曲が初期のアルバムに収録されていたらと想像してみると、不思議とこれまたさほど違和感も無いようにも思います。

なんてことを考えると、やっぱりメインヴォーカリストがいて、スティーヴ・ルカサーやデヴィッド・ペイチがヴォーカルをとる曲が数曲あり、アルバムによっては他のメンバーがヴォーカルをとる曲も含まれるという初期のアルバムにあったスタイルがアルバムに幅を持たせると同時に魅力をも増幅させていたのかもしれません。

ということで、この記事を書くに当たって、改めてこのアルバムを繰り返し聴いてみたのですが、サウンド自体はチャラチャラしてなく、ブルージーでグルーヴィーな雰囲気があって案外心地良いのですが、何となくアルバムの構成にメリハリが無いというか、印象が薄い感じはあります。ただし、ペーパーバック風にデザインされたブックレットを含めたパッケージ全体のトータルアートワークが素晴らしいので、このアルバムならではの雰囲気はありますね。

一応、楽曲単体で見ると、さほど悪くはないし、嫌いというわけでもないのに、いまいちのめり込むことができないのは何故なのかと自分なりに考えてみたのですが、結論としては、バラードタイプの曲が多いということもあり、アルバムの中盤までは1曲毎にバラードが登場するというコンピレーションアルバムのような単調な構成が、いまひとつ盛り上がりに欠ける要因ではないかと思いました。どうも流れが悪いんですよね。

とまぁ、そんなこともあって、曲順を変えて変化をつけてみたところ、以前よりも多少印象は良くなったように思います。

ちなみ曲順は、1. "Gift Of Faith"、2. "Slipped Away"、3. "I Will Remember"、4. "Baby He's Your Man"、5. "Dave's Gone Skiing"、6. "If You Belong To Me"・・・といったように、1曲毎にバラードが配置されている中盤までの単調な流れを若干変えただけで、大きく変えてはいませんが、今のところはこの流れがけっこう気に入っています。

 

CD Case (front): Tambu / TOTO   CD Case (inside): Tambu / TOTO

 

残念ながら、アメリカとイギリスではチャートインせずという結果に終ってますが、フィンランドで6位、ノルウェーで5位、スウェーデンで6位といったように北欧の国ではトップ10に入るヒットを記録しています。

 

TOTO - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Keyboards & Vocals - David Paich (デヴィッド・ペイチ)
• Guitars & Vocals - Steve Lukather (スティーヴ・ルカサー)
• Bass - Mike Porcaro (マイク・ポーカロ)
• Drums - Simon Phillips (サイモン・フィリップス)

 

▼ TOTO - I Will Remember

https://www.youtube.com/watch?v=_Y2qfmjCmCw

 

▼ TOTO - Gift Of Faith
https://www.youtube.com/watch?v=QAS_u0ET9s8

▼ TOTO - If You Belong To Me
https://www.youtube.com/watch?v=bhcnqq95PBc

▼ TOTO - The Other End Of Time
https://www.youtube.com/watch?v=K7NV2p31yaI

▼ TOTO - Just Can't Get To You
https://www.youtube.com/watch?v=QpfOO8ov7lg

▼ TOTO - The Road Goes On
https://www.youtube.com/watch?v=wTwZ4rbBQis

 

TRACK LIST
1. Gift Of Faith / 2. I Will Remember / 3. Slipped Away / 4. If You Belong To Me / 5. Baby He's Your Man / 6. The Other End Of Time / 7. The Turning Point / 8. Time Is The Enemy / 9. Drag Him To The Roof / 10. Just Can't Get You / 11. Dave's Gone Skiing / 12. The Road Goes On / 13. Blackeye -Bonus Track for Japanese fans-

1. ギフト・オブ・フェイス / 2. アイ・ウィル・リメンバー / 3. スリップト・アウェイ / 4. イフ・ユー・ビロング・トゥ・ミー / 5. ベイビー・ヒーズ・ユア・マン / 6. ジ・アザー・エンド・オブ・タイム / 7. ターニング・ポイント / 8. タイム・イズ・ジ・エネミィ / 9. ドラッグ・ヒム・トゥ・ザ・ルーフ / 10. ジャスト・キャント・ゲット・トゥ・ユー / 11. デイヴズ・ゴーン・スキイング / 12. ロード・ゴーズ・オン / 13. ブラックアイ -Bonus Track for Japanese fans-

 

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• Lead Vocals:
Tracks 1, 2, 3, 4, 6, 8, 9, 12 - Steve Lukather
Track 5 - Steve Lukather and Jenny Douglas-McRae
Track 7 - Steve Lukather, Jenny Douglas-McRae and David Paich
Track 10 - David Paich, Steve Lukather, John James and Jenny Douglas-McRae
Track 11 - Instrumental
Track 13 - Jenny Douglas-McRae

• Booklet-info: "Dedicated in loving memory to Jeff Porcaro."

• Single: "I Will Remember" 64位 (UK)

 

 

関連記事

TOTO 「宇宙の騎士」 (1978) / TOTO

Hydra 「ハイドラ」 (1979) / TOTO

Turn Back 「ターン・バック」 (1981) / TOTO

TOTO-IV 「聖なる剣」 (1982) / TOTO

Past To Present 1977-1990 (1990) / TOTO

All In 1978-2018 [13CD Box Set] (2019) / TOTO

« 2016年1月~2月のプレイカウント・トップ 40 | トップページ | RAY KENNEDY (EXPANDED EDITION) 「ロンリー・ガイ+4」 / RAY KENNEDY (1980) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (TOTO)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016年1月~2月のプレイカウント・トップ 40 | トップページ | RAY KENNEDY (EXPANDED EDITION) 「ロンリー・ガイ+4」 / RAY KENNEDY (1980) »

TRANSLATE THIS SITE

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

プライバシーポリシー

ブログ内を画像で検索

商品検索

  • amazon
無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く