« 2016年1月~6月のプレイカウント・トップ 40 | トップページ | THE ELEKTRA YEARS 1978-1987 (6CD BOX SET) / THE CARS (2016) »

2016年7月 4日

欧州5ヵ国における対日世論調査 (2015年調査)

2015年の10月27日から11月2日にかけて行われた欧州5ヵ国(イギリス、フランス、ドイツ、スペイン、ポーランド)における対日世論調査の結果が外務省のウェブサイトで公表されています。

調査は外務省がドイツの infratest dimap 社に委託して行われたもので、調査方式は以下の通り。

• 調査委託機関:infratest dimap 社(ドイツ)
• 調査対象:各国の18歳以上の有権者2,500名
• 調査方法:電話(インタビュー形式での調査)

 

調査結果概要(外務省のウェブサイトから抜粋編集)

1. 日本との関係については、5ヵ国全体のおよそ80%が「友好関係にある」又は「どちらかというと友好関係にある」と回答し、また、同様に77%が日本を「信頼できる」又は「どちらかというと信頼できる」と回答しました。加えて、G20諸国の中で「最も信頼できる国」としては、アメリカ(22%)、カナダ(16%)、フランス(12%)、ドイツ(11%)、日本(9%)という順に選ばれており、日本はアジア諸国の中では最も信頼できる国との評価を得ています。

2. G20諸国がそれぞれ自分の国にとって重要なパートナーとして位置づけられるか否かという質問については、アメリカ(84%)、フランス(81%)、ドイツ(79%)、イギリス(79%)、日本(72%)の順で「重要なパートナーである」と評価されています。また、将来重要なパートナーとなり得るか否かという質問については、アメリカ(83%)、イギリス及びフランス(81%)、日本(80%)の順で肯定的回答が得られています。

3. 日本のイメージについては、1位「豊かな伝統と文化を有する国」(93%)、2位「強い経済と高度な技術を持つ国」(90%)という結果となり、伝統文化と経済に関心が高いことがわかりました。続いて「戦後、平和国家の道を歩んできた国」及び「自然が美しい国」(75%)が同率で3位となりました。日本についてもっと知りたい分野としては、「伝統、POPカルチャー、日本食を含む文化」(73%)の他、「歴史」(70%)、「観光」(66%)、「科学技術」(65%)、「政治・外交・安全保障」(64%)が上位を占めました。

4. 第二次世界大戦後70年間の平和国家としての日本の歩みについては、「高く評価する」又は「ある程度評価する」との回答が83%となりました。

5. また、「東シナ海及び南シナ海における安全保障問題についてEUは更なる関与を行うべきか」という質問について、全体の50%が「更なる関与を行うべき」、32%が「現状の関与を維持するべき」、6%が「関与を減らすべき」と回答しました。

6. 「外国語の習得に関心があるか否か」という質問について、5ヵ国全体の57%が「関心がある」と回答しています。また、興味のある言語(英語を除く主要8言語について複数回答可)としては、関心の高い言語の順に、スペイン語(64%)、フランス語(53%)、ドイツ語(47%)、日本語(46%)、中国語(36%)、ロシア語(32%)、アラビア語(26%)、韓国語(14%)となり、日本語が非欧州言語の中で最も関心が高いことがわかりました。日本語に関心がある理由は、「日本の文化及び生活様式を理解するため」(91%)、「日本を訪れるため」(90%)、「日本のコンテンツを楽しむため」(72%)、「将来役に立ちそうなため」(72%)という回答が上位を占めました。

 

設問と回答結果

外務省のウェブサイトには数多くの設問と回答結果が記載されていますが、ここではその中からいくつかを抜粋してみました。

 

[Agenda 1]
Q:あなたが日本に対して抱いているイメージはどれか。

• 豊かな伝統と文化を有する国 (93%)
• 強い経済と高度な技術を持つ国 (90%)
• 戦後、平和国家の道を歩んできた国 (75%)
• 自然が美しい国 (75%)
• 新たな文化を世界に発信する国 (69%)

 


 

[Agenda 2]
Q:あなたは外国語の学習に興味があるかとの質問に「はい」と回答した人は次に挙げるどの言語の学習に関心があるか。

• スペイン語 (64%)
• フランス語 (53%)
• ドイツ語 (47%)
• 日本語 (46%)
• 中国語 (36%)
• ロシア語 (32%)
• アラビア語 (26%)
• 韓国語 (14%)

 

Q:その中であなたが最も学習したい外国語はどれか。

• スペイン語 (25%)
• 日本語 (18%)
• フランス語 (14%)
• ドイツ語 (9%)
• 中国語 (8%)
• アラビア語 (8%)
• ロシア語 (7%)
• 韓国語 (1%)

 


 

[Agenda 3]
Q:あなたの国と日本の今日の関係の現状についてどう思うか。

Total
• 非常に友好的な関係にある (17%)
• どちらかというと友好的な関係にある (62%)
• 友好的と答えた割合の合計 (79%)

• どちらかというと友好的な関係にない (8%)
• 全く友好的な関係ではない (1%)
• 友好的な関係にないと答えた割合の合計 (9%)

• わからない (12%)

国別(友好的と答えた割合の合計 / 友好的な関係ではないと答えた割合の合計)
• スペイン (82% / 4%)
• イギリス (80% / 5%)
• フランス (78% / 10%)
• ポーランド (78% / 5%)
• ドイツ (77% / 16%)

 


 

[Agenda 4]
Q:次に示した国(G20諸国)は信頼できますか。

▼ 信頼できると答えた割合(Top 10)

Reliability of G20 countries - Top 10

 

▼ 信頼できると答えた割合(Rank 11 to 19)

Reliability of G20 countries - Rank 11 to 19

■ 信頼できると答えた割合(Top 10)

1位 カナダ (88%)
2位 オーストラリア (81%)
3位 イギリス (80%)
4位 フランス (79%)
5位 日本 (77%)
6位 ドイツ (73%)
7位 アメリカ (70%)
8位 イタリア (66%)
9位 韓国 (45%)
10位 南アフリカ (41%)

 


 

Q:G20諸国諸国の中で最も信頼できる国はどの国か。

Most reliable G20 country - Top 10

■ 最も信頼できるとの回答が多かった国(Top 10)

1位 アメリカ (22%)
2位 カナダ (16%)
3位 フランス (12%)
4位 ドイツ (11%)
5位 日本 (9%)
6位 オーストラリア (6%)
7位 イギリス (6%)
8位 ロシア (2%)
9位 イタリア (1%)
10位 中国 (1%)

こちらの「G20諸国の中で最も信頼できる国はどの国か」の項目ではトップ10圏外の国についての表記はされていません。

 


 

Q:G20諸国の中で、あなたの国にとって、現在重要なパートナーはどの国か。

▼ 現在の重要なパートナーと答えた割合(Top 10)

Important G20 partners for own country - Top 10

 

▼ 現在の重要なパートナーと答えた割合(Rank 11 to 19)

G20 partners for own country - Rank 11 to 19

■ 現在の重要なパートナーとの回答が多かった国(Top 10)

1位 アメリカ (84%)
2位 フランス (81%)
3位 ドイツ (79%)
4位 イギリス (79%)
5位 日本 (72%)
6位 カナダ (70%)
7位 中国 (69%)
8位 イタリア (66%)
9位 オーストラリア (54%)
10位 ロシア (51%)

 


 

Q:G20諸国の中で、あなたの国にとって、今後の重要なパートナーと考えるのはどの国か。

▼ 今後の重要なパートナーと答えた割合(Top 10)

Important future G20 partners for own country - Top 10

 

▼ 今後の重要なパートナーと答えた割合(Rank 11 to 19)

Important future G20 partners for own country - Rank 11 to 19

■ 今後の重要なパートナーとの回答が多かった国(Top 10)

1位 アメリカ (83%)
2位 フランス (81%)
3位 イギリス (81%)
4位 日本 (80%)
5位 ドイツ (78%)
6位 中国 (75%)
7位 カナダ (73%)
8位 イタリア (67%)
9位 ロシア (61%)
10位 オーストラリア (59%)

 


 

[Agenda 5]
Q:日本とEUは特定の国(例えば中国や北朝鮮)の行動について懸念を表明していますが、東シナ海及び南シナ海における安全保障問題についてEUは更なる関与を行うべきか。

Total
• 更なる関与を行うべき (50%)
• 現状の関与の程度を維持するべき (32%)
• 関与の度合いを減らすべき (6%)
• わからない及び無回答 (12%)

国別(更なる関与を行うべき / 現状の関与の程度を維持するべき / 関与の度合いを減らすべき /  わからない及び無回答)
• ドイツ (51% / 39% / 4% / 6%)
• ポーランド (59% / 23% / 5% / 13%)
• スペイン (53% / 28% / 6% / 13%)
• フランス (50% / 30% / 7% / 13%)
• イギリス (40% / 35% / 8% / 17%)

 


 

Q:戦後70年の日本の平和国家としての歩みについて評価するか。

Total
• 大いに評価する (36%)
• ある程度評価する (47%)
• 評価すると答えた割合の合計 (83%)

• あまり評価しない (5%)
• 全く評価しない (3%)
• 評価しないと答えた割合の合計 (8%)

• わからない及び無回答 (9%)

国別(評価すると答えた割合の合計 / 評価しないと答えた割合の合計)
• スペイン (89% / 5%)
• ドイツ (88% / 8%)
• イギリス (81% / 10%)
• ポーランド (76% / 8%)
• フランス (75% / 12%)

 


 

Q:日本は積極的に東アジアと国際社会の平和と安定に貢献するため、安全保障政策を改定することを2015年に日本の議会によって決定しましたが、あなたはそのことについて聞いたことがありますか。

(聞いたことがある / 聞いたことがない)
• スペイン (20% / 68%)
• フランス (25% / 66%)
• ポーランド (23% / 70%)
• ドイツ (20% / 79%)
• イギリス (14% / 76%)

 

Q:上の問いに「聞いたことがある」と回答した人は、その安全保障政策の変更をどのように評価しますか。

Total
• 非常に良い (35%)
• まあまあ良い (45%)
• 良いと答えた割合の合計 (80%)

• あまり良くない (14%)
• 非常に良くない (2%)
• 良くないと答えた割合の合計 (16%)

• わからない及び無回答 (4%)

国別(良いと答えた割合の合計 / 良くないと答えた割合の合計)
• イギリス (91% / 4%)
• フランス (88% / 7%)
• ポーランド (88% / 9%)
• スペイン (83% / 12%)
• ドイツ (62% / 34%)

 

参照・引用・出典:外務省ホームページ

▼ 欧州5ヵ国における対日世論調査 - 外務省
https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/ep/page24_000648.html

▼ 欧州5ヵ国における対日世論調査結果 - 結果概要 (PDF)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000165372.pdf

▼ Image of Japan in five European countries - 調査結果 (PDF/英語)
https://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000165371.pdf

 

 

関連記事

80年後(2100年)の人口とGDPの予測~日本は?(2020年 - 米ワシントン大の研究者調査) - (2020年10月29日)

14か国を対象に行われた中国に対する好感度調査(2020年 - 米ピュー・リサーチ・センター調査) - (2020年10月12日)

アメリカで行われた国別好感度調査(2020年 - 米ギャラップ調査) - (2020年3月14日)

世界国別評判ランキング(2019年) - 世界で最も評判の良い国は? - (2019年10月19日)

欧州5か国における対日世論調査(2019年) - (2019年10月4日)

世界で最も評判の良い企業(責任ある企業活動において) - 2019年 - (2019年9月30日)

アメリカにおける対日世論調査(2019年) - (2019年9月19日)

世界国別評判ランキング(2018年) - 世界で評判の良い国は? - (2018年7月3日)

ASEAN10か国における対日世論調査(2017年) - (2017年11月15日)

世界国別評判ランキング(2017年) - 主要8か国の国民に評判の良い国は? - (2017年9月14日)

英BBC世界世論調査 2017 - 「世界に良い影響を与えている国」で日本は3位 - (2017年8月21日)

世界で最も評判が高い製造国ランキング 2017 - (2017年6月18日)

世界各国の名目GDP - 国別ランキング(2016年) - (2017年4月25日)

アメリカで行われた国別好感度調査(2017年 - 米ギャラップ調査) - (2017年2月22日)

世界国別評判ランキング(2016年) - 主要先進国の国民に評判の良い国は? - (2016年10月6日)

国別好感度調査 (2016年調査) - (2016年4月20日)

2016年度の各国の国連分担金比較 - (2016年1月28日)

英BBC世界世論調査「世界に良い影響を与えている国」 2006-2014 全調査記録一覧 - (2015年12月26日)

国連分担金の多い国トップ10(2013~2015年) - (2015年9月24日)

アメリカで行われた各国に対する好感度調査 (2015年調査) - (2015年6月4日)

日米両国で行われた戦後70年の日米関係に関する世論調査結果(2015年調査) - (2015年4月9日)

中南米地域5か国における対日世論調査(2014年 - 2015年) - (2015年3月18日)

国別ブランドランキング2014-15で日本が1位 - 米企業調査 - (2014年11月18日)

英BBC世界世論調査 2014 - 「世界に良い影響を与えている国」で日本は5位 - (2014年6月18日)

ASEAN地域7カ国における対日世論調査結果(2014年) - (2014年4月24日)

アメリカにおける対日世論調査 (2013年度調査) - (2014年1月19日)

OECD調査 - 大人の学力(成人のスキル)で、日本は3項目中2項目で世界一 - (2013年11月11日)

英BBC世界世論調査 2013 - 「世界に良い影響を与えている国」で日本は4位 - (2013年5月27日)

英BBC世界世論調査 2012 - 「世界に良い影響を与えている国」で日本が1位 - (2012年5月16日)

アメリカで行われた各国に対する好感度調査 - アメリカ人の最近の動向 - (2012年5月14日)

最もクリエイティヴな国は? - 米Adobe社による調査 - (2012年4月26日)

動画で見る日本への応援メッセージ (東日本大震災) - PRAY FOR JAPAN (Part 1) - (2012年1月4日)

各国から届けられた東日本大震災からの復興を願うメッセージソング (Part 1) - (2011年12月17日)

« 2016年1月~6月のプレイカウント・トップ 40 | トップページ | THE ELEKTRA YEARS 1978-1987 (6CD BOX SET) / THE CARS (2016) »

各種調査・統計・ランキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2016年1月~6月のプレイカウント・トップ 40 | トップページ | THE ELEKTRA YEARS 1978-1987 (6CD BOX SET) / THE CARS (2016) »

TRANSLATE THIS SITE

ブログ内を画像で検索

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ