« 世界各国の名目GDP - 国別ランキング(2016年) | トップページ | 2017年1月~4月のプレイカウント・トップ 40 »

2017年5月 1日

TWENTY-TWO HITS OF THE BEE GEES / BEE GEES (1996)

CDの帯:若葉のころ ~ ベスト・オブ・ビー・ジーズ / ビー・ジーズAlbum Cover (front): Twenty-Two Hits of the Bee Gees / Bee Gees  CD Case (back cover): Twenty-Two Hits of the Bee Gees / Bee Gees  CD: Twenty-Two Hits of the Bee Gees / Bee Gees

この「Twenty-Two Hits of the Bee Gees / 若葉のころ ~ ベスト・オブ・ビー・ジーズ」は日本で企画されたビー・ジーズのベスト・アルバム。アルバムの日本語タイトルにも記されているように「First Of May / 若葉のころ」がテレビ・ドラマの主題歌として使用されたことからリリースに至ったアルバムだと思われますが、ただ、そういったことを抜きにしても、結構そそられる選曲になっています。

と言うのも、メインの"First Of May"が1960年代後半の初期の曲ということもあってか、それに合わせるように比較的初期の日本でも馴染みの深い曲が多く収録されており、例えば、 映画「小さな恋のメロディ」の主題歌として日本でのみシングル・カットされヒット(オリコン3位)した「Melody Fair / メロディ・フェア」(1971年)や、同じく日本のみでシングル・カットされた同映画での使用曲「In The Morning / イン・ザ・モーニング」(1971年)(オリコン36位) といった海外のベスト盤では滅多に収録されないような曲が収録されているんですよね。というか、"Melody Fair"と"In The Morning"の2曲が収録されたベストというのは今のところ他には無いと思います。ちなみに、日本で大ヒットしたこの映画「小さな恋のメロディ」のサウンドトラック盤はオリコンチャートで1位を記録しています。

又、初期の曲ということでは、その他にも、"New York Mining Disaster 1941" (1967)、"To Love Somebody" (1967)、"Holiday" (1967)、"Massachusetts" (1967)、"World" (1968)、"I've Gotta Get a Message to You" (1968)、"I Started a Joke" (1968)、"Don't Forget to Remember" (1969) など、'60年代の曲だけでも"First Of May" (1969) を含めて計9曲が収録されています。

「若葉のころ」との邦題がアルバムタイトルにもなっている"First Of May"について補足しておくと、"First Of May"とは日本語で言うところの「5月1日」のことで、俗称としては、初心者、新人、駆け出しの、といった意味があるようです。

収録曲は、1967年の"Bee Gees' 1st"(UK8位 / US 8位)から、英米で共に1位を記録した1979年の大ヒットアルバム"Spirits Having Flown"の中から選曲されており、改めて数多くの名曲を生み出してきたグループなんだと実感させられるところではあります。

個人的には、初めて買ったビー・ジーズのレコードが「How Deep is Your Love / 愛はきらめきの中に」のシングル盤だったこともあり、世界中で大ヒットした1977年公開(日本では翌年の1978年に公開)の映画「サタデー・ナイト・フィーバー」のサウンドトラック以降のビートが効いたきらびやかでゴージャスなサウンドにも思い入れがあるのですが、初期のストリングスを取り入れたアコースティックでノスタルジックな雰囲気の曲も、逆に今だからこそ心に響くものがあるように思います。

ビー・ジーズのベスト・アルバムと言えば、これ以降も数多くリリースされているのですが、大半が ディスコ・ブームを巻き起こした「サタデー・ナイト・フィーバー」のサウンドトラック以降の曲を中心としたもので、このアルバムのように日本でも馴染みの深い初期の曲が充実したベスト・アルバムって中々無いんですよね。このアルバムを拡張した2枚組みのベストなんてものがリリースされたら絶対に買うんだけどなぁ・・・。

まぁ、あえて言えば、2006年にリリースされた2枚組みのベスト"Their Greatest Hits - The Record"の日本盤には、"Melody Fair"と、個人的に最も好きな曲のひとつで、1972年にシングルのみでリリースされた"My World"がボーナストラックとして収録されており(共に、この"Twenty-Two Hits of the Bee Gees"にも収録されている曲)、初期、後期共に結構充実した内容になっているのですが、残念ながらこのベストも現在は廃盤になっているようです。

一応、補足しておくと、「Bee Gees / ビー・ジーズ」は、イギリス人のバリー、ロビン、モーリスのギブ3兄弟を中心に構成されたグループ。1963年にオーストラリアでレコードデビューし、1972年からは兄弟のみのトリオ編成となり、1973年からはアメリカを中心に活動。

 

BEE GEES - MEMBERS
• Barry Gibb (バリー・ギブ) - Vocals, Guitar
• Robin Gibb (ロビン・ギブ) - Vocals, Guitar, Keyboards
• Maurice Gibb (モーリス・ギブ) - Vocals, Guitar, Bass, Keyboards

 

収録曲のチャートポジションは以下の通り。

1. First Of May (UK 6位 / US 37位)
2. New York Mining Disaster 1941 (UK 12位 / US 14位)
3. To Love Somebody (UK 41位 / US 17位)
4. Holiday (US 16位)
5. Massachusetts (UK 1位 / US 11位)
6. I've Gotta Get A Message To You (UK 1位 / US 8位)
7. World (UK 8位)
8. I Started A Joke (US 6位)
9. Don't Forget To Remember (UK 2位 / US 73位)
10. Lonely Days (UK 33位 / US 3位)
11. Melody Fair (日本だけのシングルカット曲)
12. How Can You Mend A Broken Heart (US 1位)
13. In The Morning (日本だけのシングルカット曲)
14. My World (UK 16位 / US 16位)
15. Run To Me (UK 9位 / US 16位)
16. Jive Talkin' (UK 5位 / US 1位)
17. You Should Be Dancing (UK 5位 / US 1位)
18. How Deep Is Your Love (UK 3位 / US 1位)
19. Stayin' Alive (UK 4位 / US 1位)
20. Night Fever (UK 1位 / US 1位)
21. Too Much Heaven (UK 3位 / US 1位)
22. Love You Inside Out (UK 13位 / US 1位)

 

TRACK LIST
1. First Of May /  2. New York Mining Disaster 1941 /  3. To Love Somebody /  4. Holiday /  5. Massachusetts /  6. I've Gotta Get A Message To You /  7. World /  8. I Started A Joke /  9. Don't Forget To Remember /  10. Lonely Days /  11. Melody Fair /  12. How Can You Mend A Broken Heart /  13. In The Morning /  14. My World /  15. Run To Me /  16. Jive Talkin' /  17. You Should Be Dancing /  18. How Deep Is Your Love /  19. Stayin' Alive /  20. Night Fever /  21. Too Much Heaven /  22. Love You Inside Out

1. 若葉のころ /  2. ニューヨーク炭鉱の悲劇 /  3. ラヴ・サムバディ /  4. ホリデイ /  5. マサチューセッツ /  6. 獄中の手紙 /  7. ワールド /  8. ジョーク /  9. 想い出を胸に /  10. ロンリー・デイ /  11. メロディ・フェア /  12. 傷心の日々 /  13. イン・ザ・モーニング /  14. マイ・ワールド /  15. ラン・トゥ・ミー /  16. ジャイヴ・トーキン /  17. ユー・シュッド・ビー・ダンシング /  18. 愛はきらめきの中に /  19. ステイン・アライヴ /  20. 恋のナイト・フィーヴァー /  21. 失われた愛の世界 /  22. ラヴ・ユー・インサイド・アウト

NOTES
• Japanese-only collection featuring 22 of their absolute greatest hits
• 解説・歌詞・対訳付

 

▼ Bee Gees - Melody Fair

https://www.youtube.com/watch?v=qieD1SdNaR8

 

▼ Bee Gees - In the Morning

https://www.youtube.com/watch?v=elf110T9ck0

 

▼ Bee Gees - How Deep Is Your Love

https://www.youtube.com/watch?v=XpqqjU7u5Yc

 

▼ Bee Gees - First of May
https://www.youtube.com/watch?v=_Gdbo97NlWc

▼ Bee Gees - Massachusetts
https://www.youtube.com/watch?v=BgxjcIqCpRM

▼ Bee Gees - My World
https://www.youtube.com/watch?v=w0QUoEX-gA0

▼ Bee Gees - Run to Me
https://www.youtube.com/watch?v=L1TgtfVURKs

« 世界各国の名目GDP - 国別ランキング(2016年) | トップページ | 2017年1月~4月のプレイカウント・トップ 40 »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (A) (B) (C) (D) (E)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 世界各国の名目GDP - 国別ランキング(2016年) | トップページ | 2017年1月~4月のプレイカウント・トップ 40 »

TRANSLATE THIS SITE

ブログ内を画像で検索

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

AD

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ