« ALONE IN THE UNIVERSE TOUR - LIVE AT KCOM STADIUM HULL, 01 JULY 2017 / JEFF LYNNE'S ELO | トップページ | 2017年1月~7月のプレイカウント・トップ 40 »

2017年7月25日

GET A GRIP 「ゲット・ア・グリップ」 / AEROSMITH (1993)

CDの帯(初回プレス盤):ゲット・ア・グリップ / エアロスミスAlbum Cover (front): Get a Grip / Aerosmith  Album Cover (back): Get a Grip / Aerosmith  CD Case (back cover): Get a Grip / Aerosmith

この「Get a Grip / ゲット・ア・グリップ」は、前作の「Pump / パンプ」から4年ぶりとなるエアロスミスのアルバムで、リユニオン後としては4作目のアルバム。

前々作、前作とビッグセラーを記録したことから、相当なプレッシャーと意気込みを持った中で製作されたアルバムだったと思われますが、結果的にはエアロスミス初のアルバムチャート1位(米ビルボード)を記録し、アルバムセールスでも前作と同様アメリカだけで700万枚(2017年現在)に達するなど、'70年代の活躍を凌駕するほどの勢いを見せ付けたアルバムとなりました。

又、シングルの方でも、"Livin' on the Edge"(米18位)、"Cryin'"(米12位)、"Amazing"(米24位)、"Crazy"(米17位)と、4曲のトップ40ヒットを生み出しており、正に第二期の金字塔と言えるアルバムではないかと。

ゲスト・ミュージシャンとして、"Line Up"には作曲にも関わったレニー・クラヴィッツが、そして、"Amazing"にはイーグルスのドン・ヘンリーがバッキング・ヴォーカルで参加しています。

又、その他にも、"Shut Up and Dance"と"Can't Stop Messin'"の2曲は、スティーヴン・タイラーとジョー・ペリーに加えて、当時ダム・ヤンキースで活動していたジャック・ブレイズ(元ナイト・レンジャー)とトミー・ショウ(元スティクス)がソングライターとしてクレジットされています。

その他の楽曲のソングライターを見てみると、"Fever"がスティーヴン・タイラーとジョー・ペリーのコンビによるもので、久々にジョー・ペリーがヴォーカルをとる曲となった"Walk On Down"はジョー・ペリーが単独で書いた曲。又、"Amazing"はスティーヴン・タイラーと、旧知の仲といえるリチャード・スパの共作。そして、その他は全てスティーヴン・タイラー及びジョー・ペリーが外部ライターと共作したものとなっています。

このように、外部の人物と共作した曲が多く収録されていることがアルバムの特徴としてあると思うのですが、それに加えて、バラード・タイプの曲が3曲("Cryin'"、"Crazy"、"Amazing")収録されていることも、もうひとつの特徴ではないかと。しかもその3曲が全てシングル・カットされヒットしているのが興味深いところ。

付属のライナーノーツには、完成間近のマスターテープの存在を一旦白紙にして、暫く冷却期間を経た後、新たに10数曲をレコーディングして完成に至ったといったことが書かれています。なお、当初のレコーディングから持ち越されたのは、"Eat The Rich"、"Get A Grip"、"Fever"、"Amazing"の4曲のみで、その他は全て冷却期間を経て新たに書かれた曲だとのこと。前作の"Pump"から4年ぶりとなったのは恐らくはそういった理由もあってのことだと思われます。

ただ、個人的には、楽曲の充実度も然る事ながら、それらの楽曲をより魅力的に、そして、エアロスミスならではの楽曲として存在感を示しているのは、スティーヴン・タイラーの円熟味を増したヴォーカルがあってこそのものといった印象がありますね。

なお、アメリカを除くインターナショナル版にはボーナス・トラックとして"Can't Stop Messin'"が13曲目に収録されています。アルバムの最後ではなく途中に収録されているのは曲の流れを考慮してのものなかもしれません。

 

CD Case (inside): Get a Grip / AerosmithTRACK LIST
1. Intro / 2. Eat The Rich / 3. Get A Grip / 4. Fever / 5. Livin' On The Edge / 6. Flesh / 7. Walk On Down / 8. Shut Up And Dance / 9. Cryin' / 10. Gotta Love It / 11. Crazy / 12. Line Up / 13. Can't Stop Messin' [Bonus Track] / 14. Amazing / 15. Boogie Man

1. イントロ / 2. イート・ザ・リッチ / 3. ゲット・ア・グリップ / 4. フィーヴァー / 5. リヴィング・オン・ジ・エッジ / 6. フレッシュ / 7. ウォーク・オン・ダウン / 8. シャット・アップ・アンド・ダンス / 9. クライン / 10. ゴッタ・ラヴ・イット / 11. クレイジー / 12. ライン・アップ / 13. キャント・ストップ・メッシン [ボーナス・トラック] / 14. アメイジング / 15. ブギー・マン

 

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

Additional Musicians
• Don Henley - Background Vocals on "Amazing"
• Lenny Kravitz - "Come on Joe" on "Line Up"

• Album: US 1位 - 7x Platinum (1995-RIAA) / UK 2位 - Platinum
• Singles:
"Livin' on the Edge" US 18位 / UK 19位
"Eat the Rich" UK 34位
"Cryin'" US 12位 / UK 17位
"Amazing" US 24位 / UK 57位
"Shut Up and Dance" UK 24位
"Crazy" US 17位 / UK 23位

 

AEROSMITH - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Steven Tyler (スティーヴン・タイラー) - Lead Vocals, Keyboards, Harmonica, Mandolin
• Joe Perry (ジョー・ペリー) - Guitar, Dulcimer, Vocals (Lead Vocals on "Walk on Down")
• Brad Whitford (ブラッド・ウィットフォード) - Guitar
• Tom Hamilton (トム・ハミルトン) - Erlectric Bass
• Joey Kramer (ジョーイ・クレイマー) - Drums. Percussion

 

▼ Aerosmith - Livin' on the Edge (Live)

https://www.youtube.com/watch?v=JSxZNcWheoI

 

▼ Aerosmith - Cryin' (Live in Japan 2002)

https://www.youtube.com/watch?v=dOIbpNbgNXQ

 

▼ Aerosmith - Amazing (Live in Holland '94)

https://www.youtube.com/watch?v=ol29m5SlXos

 

▼ Aerosmith - Amazing (Orchestral Version)
https://www.youtube.com/watch?v=FQc45wLt_AM

 

▼ Aerosmith - Crazy (Live at Santiago, Chile '94)

https://www.youtube.com/watch?v=Ej-6UD62jlI

 

 

関連記事

別冊ヤングフォーク 「スーパーアイドルを探せ - ビッグ5 夢の競演!」 (1977)

Draw The Line 「ドロー・ザ・ライン」 (1977) / Aerosmith

ヤングロック 「ビッグ3大特集 - QUEEN, KISS, AEROSMITH」 (1978)

Live Bootleg 「ライヴ・ブートレッグ」 (1978) / Aerosmith

Aerosmith's Greatest Hits 「エアロスミス / グレイテスト・ヒッツ」 (1980) / Aerosmith

Rock In A Hard Place 「美獣乱舞」 (1982) / Aerosmith

Done With Mirrors (1985) / Aerosmith

Classics Live! 「ライヴ・クラシックス」 (1986) / Aerosmith

Classics Live! II 「ライヴ・クラシックス II」 (1987) / Aerosmith

Permanent Vacation 「パーマネント・ヴァケイション」 (1987) / Aerosmith

Vacation Club 「ヴァケーション・クラブ - ミニアルバム -」 (1988) / Aerosmith

Pump 「パンプ」 (1989) / Aerosmith

Pandora's Box 「パンドラの箱」 [3CD Box Set] (1991) / Aerosmith

Big Ones - You Can Look At 「ビッグ・ワンズ - ユー・キャン・ルック・アット」 [LD] (1994) / Aerosmith

« ALONE IN THE UNIVERSE TOUR - LIVE AT KCOM STADIUM HULL, 01 JULY 2017 / JEFF LYNNE'S ELO | トップページ | 2017年1月~7月のプレイカウント・トップ 40 »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (AEROSMITH)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ALONE IN THE UNIVERSE TOUR - LIVE AT KCOM STADIUM HULL, 01 JULY 2017 / JEFF LYNNE'S ELO | トップページ | 2017年1月~7月のプレイカウント・トップ 40 »

TRANSLATE THIS SITE

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

AD

プライバシーポリシー

ブログ内を画像で検索

商品検索

  • amazon
無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く