« PERMANENT VACATION 「パーマネント・ヴァケイション」 / AEROSMITH (1987) | トップページ | ALONE IN THE UNIVERSE TOUR - LIVE AT WEMBLEY STADIUM, 24 JUNE 2017 / JEFF LYNNE'S ELO »

2017年7月13日

PUMP 「パンプ」 / AEROSMITH (1989)

CDの帯:パンプ / エアロスミスAlbum Cover (front): Pump / Aerosmith前作の復活第二段となるアルバム「Permanent Vacation / パーマネント・ヴァケイション」のビッグ・ヒットで完全復活したエアロスミスが更なる飛躍を果たしたのが約2年後にリリースされたこのアルバム「Pump / パンプ」。

アルバムからは3曲のトップ10ヒットも生まれ、アルバム自体もアメリカで累計500万枚のセールス(2017年現在)を記録した前作の"Permanent Vacation"を上回る700万枚のセールス(2017年現在)を記録するなど、前作での復活劇が単発の幸運ではなかったことを示したのでした。

個人的には"Janie's Got A Gun"と"What It Takes"がアルバムの中では特に好きな曲。"Janie's Got A Gun"は前作には無かったタイプの曲ながらも、古き良きエアロスミスらしさといったものが感じられる曲で、"What It Takes"はバラード・タイプの曲ではあるものの、米3位を記録した前作でのヒット曲"Angel"よりもブルージーで、よりエアロスミスらしさに溢れた曲。

リユニオン後にリリースされた前作以降のアルバムは外部ライターが関与した曲が多い印象があり、そこが頻繁に取り沙汰される部分ではあるのですが、改めてソングライターの表記を確認してみると、全10曲中(日本盤ボーナス・トラックを除く)、6曲がメンバーだけで作られた曲で、残り4曲がメンバーと外部ライターの共作といった具合に、曲作りにメンバーが関わっていない曲は一切無く、思ったほど外部ライター頼りというわけではないんですよね。

ファースト・シングルにもなった"Love in an Elevator"なんかは、いかにもデズモンド・チャイルド辺りがが関わっていそうな雰囲気もある曲なんですが、実はこの曲、スティーヴン・タイラーとジョー・ペリーのコンビによる曲で、同様に、これまた外部ライターが関わってそうなセカンド・シングルの"Janie's Got A Gun"も、実際はスティーヴン・タイラーとトム・ハミルトンのコンビによるもの。

面白いのは、"Love In Aan Elevator"、"Janie's Got A Gun"、"The Other Side"、"Voodoo Medicine Man"の4曲には、同一トラック内にイントロダクションが含まれていることで、トラックリストにはそれぞれ「3.1. Going Down / 3.2. Love In Aan Elevator」、「5.1. Water Song / 5.2. Janie's Got A Gun」、「6.1. Dulcimer Stomp / 6.2. The Other Side」、「9.1. Hoodoo / 9.2. Voodoo Medicine Man」という表記がされています。

なお、日本盤には"Pump"製作時のアウトテイク曲と思われる"Ain't Enough"がボーナス・トラックとして収録されています。

Album Cover (back): Pump / Aerosmith   CD Case (back cover): Pump / Aerosmith   CD: Pump / Aerosmith

 

Track List: Pump / AerosmithTRACK LIST
1. Young Lust / 2. F.I.N.E. / 3.1. Going Down / 3.2. Love In Aan Elevator / 4. Monkey On My Back / 5.1. Water Song / 5.2. Janie's Got A Gun / 6.1. Dulcimer Stomp / 6.2. The Other Side / 7. My Girl / 8. Don't Get Mad, Get Even / 9.1. Hoodoo / 9.2. Voodoo Medicine Man / 10. What It Takes / 11. Ain't Enough [Bonus Track for Japan]

1. ヤング・ラスト / 2. F.I.N.E. / 3. エレヴェイター・ラヴ / 4. モンキー・オン・マイ・バック / 5. ジェイニーズ・ガット・ア・ガン / 6. アザー・サイド / 7. マイ・ガール / 8. ドント・ゲット・マッド, ゲット・イーヴン / 9. ヴードゥー・メディシン・マン / 10. ホワット・イット・テイクス / 11. エイント・イナフ [日本盤ボーナス・トラック]

NOTES
• CD発売日:1991年3月21日(再発盤)
• 解説・歌詞・対訳付
• Comes in a jewel case with 12-page fold out booklet and 16-page Japanese booklet. 

• Album: US 5位 - 7x Platinum (1995-RIAA) / UK 3位 - Gold

• Singles:
1. "Love in an Elevator" US 5位 / UK 13位
2. "Janie's Got a Gun" US 4位 / UK 76位
3. "What it Takes" US 9位
4. "The Other Side" US 22位 / UK 46位

AEROSMITH - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Brad Whitford (ブラッド・ウィットフォード) - Guitars
• Tom Hamilton (トム・ハミルトン) - Erlectric Bass
• Steven Tyler (スティーヴン・タイラー) - Lead Vocals, Keyboards and Harmonica
• Joey Kramer (ジョーイ・クレイマー) - Drums
• Joe Perry (ジョー・ペリー) - Guitars

 

▼ Aerosmith - Love In An Elevator (MTV VMA September 9, 1990)

https://www.youtube.com/watch?v=yiwLpfDU2Gc

 

▼ Aerosmith - Janie's Got a Gun (Live in Japan 1999)

https://www.youtube.com/watch?v=AKkLVXdBElM

 

▼ Aerosmith - The Other Side (Live Yokohama Japan 2004)

https://www.youtube.com/watch?v=UHQ-ZAqNTxY

 

▼ Aerosmith - What It Takes (Live in Japan 2002)

https://www.youtube.com/watch?v=X_Ur7koy6d0

 

 

関連記事

別冊ヤングフォーク 「スーパーアイドルを探せ - ビッグ5 夢の競演!」 (1977)

Draw The Line 「ドロー・ザ・ライン」 (1977) / Aerosmith

ヤングロック 「ビッグ3大特集 - QUEEN, KISS, AEROSMITH」 (1978)

Live Bootleg 「ライヴ・ブートレッグ」 (1978) / Aerosmith

Aerosmith's Greatest Hits 「エアロスミス / グレイテスト・ヒッツ」 (1980) / Aerosmith

Rock In A Hard Place 「美獣乱舞」 (1982) / Aerosmith

Done With Mirrors (1985) / Aerosmith

Classics Live! 「ライヴ・クラシックス」 (1986) / Aerosmith

Classics Live! II 「ライヴ・クラシックス II」 (1987) / Aerosmith

Permanent Vacation 「パーマネント・ヴァケイション」 (1987) / Aerosmith

Vacation Club 「ヴァケーション・クラブ - ミニアルバム -」 (1988) / Aerosmith

Pandora's Box 「パンドラの箱」 [3CD Box Set] (1991) / Aerosmith

Get A Grip 「ゲット・ア・グリップ」 (1993) / Aerosmith

Big Ones - You Can Look At 「ビッグ・ワンズ - ユー・キャン・ルック・アット」 [LD] (1994) / Aerosmith

« PERMANENT VACATION 「パーマネント・ヴァケイション」 / AEROSMITH (1987) | トップページ | ALONE IN THE UNIVERSE TOUR - LIVE AT WEMBLEY STADIUM, 24 JUNE 2017 / JEFF LYNNE'S ELO »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (AEROSMITH)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« PERMANENT VACATION 「パーマネント・ヴァケイション」 / AEROSMITH (1987) | トップページ | ALONE IN THE UNIVERSE TOUR - LIVE AT WEMBLEY STADIUM, 24 JUNE 2017 / JEFF LYNNE'S ELO »

TRANSLATE THIS SITE

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

AD

プライバシーポリシー

ブログ内を画像で検索

商品検索

  • amazon
無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く