« ALL THE BEST! 「オール・ザ・ベスト」 / PAUL McCARTNEY (1987) | トップページ | 2017年度 プレイカウント・トップ 100 »

2017年12月27日

THE BEATLES 1967-1970 「青盤」 [2CD] / THE BEATLES (1973)

CDの帯:ザ・ビートルズ 1967年~1970年 / ザ・ビートルズCD Case (front): The Beatles 1967-1970 / The Beatles   CD Case (back): The Beatles 1967-1970 / The Beatles

「青盤 / The Blue Album」という愛称で知られるこの「The Beatles 1967-1970 / ザ・ビートルズ 1967年~1970年」は、自分が初めて買ったビートルズのアルバムでもありました。

前期の楽曲(1962年~1966年)からセレクトされた「赤盤 / The Red Album」に対し、こちらの青盤は後期の曲からのセレクトということになり、アルバムとしては"Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band"(1967年)からラスト・アルバムの"Let It Be"(1970年)までの楽曲で構成されています。

恐らくは、今もなおファンに最も愛されるビートルズのベスト・アルバムがこの「青盤」であり「赤盤」じゃないかと思うのですが、自分のように後追いで聴いた者にとって、この日本盤は一曲ごとに曲の解説もされているので、入門編としても最適なアルバムだったのではないかと思います。

このベスト・アルバム「青盤」並びに「赤盤」が多くのファンに愛され、オリジナル・アルバムを全て持っていたとしても買う価値があると言われる理由としては、選曲の良さ及び曲順の素晴らしさに加え、シングルのみのリリースで、オリジナル・アルバム未収録の曲が収録されている他、オリジナル・ヴァージョンでは前の曲や後の曲と繋がっていたいくつかの曲が綺麗に単体で編集された形で収録されていること(CD化以降)。そしてジャケットの写真はといえば、幻のアルバムとなった"Get Back"のために撮影された写真が使われているといったことが挙げられるのではないでしょうか。

 

Booklet (front): The Beatles 1967-1970 / The Beatles  Booklet (back): The Beatles 1967-1970 / The Beatles  CD-1: The Beatles 1967-1970 / The Beatles  CD-2: The Beatles 1967-1970 / The Beatles

 

ちなみに、ジャケットに使用されている写真は、幻のアルバムとなった"Get Back"のためのフォト・セッションで撮影されたもので、1963年のデビュー・アルバム"Please Please Me"のジャケットと同じく、ロンドンのマンチェスター・スクエア内にあったEMI本部(現在は取り壊されている)において、同じフォトグラファー(アンガス・マクビーン)により同じアングルで撮影されたものだそうです。なお、お蔵入りとなったアルバム"Get Back"は後に編集され、"Let It Be"のタイトルでビートルズ最後のオリジナル・アルバムとしてリリースされています。

オリジナル・アルバムでは前の曲や後の曲と繋がっていたものが、単体で編集されて収録されているのは、"A Day in the Life"(イントロ部分が、前の曲の"Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise)"と被さっていない)、"Back in the U.S.S.R."(フェイド・アウト部分で、次の曲の"Dear Prudence"とクロス・フェイドしている部分がカットされている)、"While My Guitar Gently Weeps"(イントロの掛け声がカットされている)といった曲。

又、シングルのみのリリースで、オリジナル・アルバムには未収録の曲としては、"Lady Madonna"(シングルA面)、"Hey Jude"(シングルA面)、"Revolution"("Hey Jude"のB面)、"Don't Let Me Down"("Get Back"のB面)、"The Ballad of John and Yoko"(シングルA面)、"Old Brown Shoe"("The Ballad of John and Yoko"のB面)の6曲が収録されています。

付属の解説書によると、アルバムの選曲はジョージ・ハリスンが担当しているそうで(当時のビートルズのマネージャーであるアラン・クレインが行ったとの説もあり)、選曲は元より、曲順の構成も素晴らしく、アメリカと日本では事実上のラスト・シングル(本国のイギリスではシングル・カットされていません)である"The Long and Winding Road"で終わるアルバム構成には泣かされますね。又、日本でのみシングル・カットされた"Don't Let Me Down"や、シングル・カットはされていないものの、ビートルズの曲の中では個人的に最も好きな曲のひとつである"While My Guitar Gently Weeps"が収録されているのも嬉しいところ。

 

The Beatles 1967-1970 / The Beatles  The Beatles 1967-1970 / The Beatles  The Beatles 1967-1970 / The Beatles

 

TRACK LIST

[Disc 1]
1. Strawberry Fields Forever / 2. Penny Lane / 3. Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band / 4. With A Little Help From My Friends / 5. 1. Lucy In The Sky With Diamonds / 6. A Day In The Life / 7. All You Need Is Love / 8. I Am The Walrus / 9. Hello, Goodbye / 10. The Fool On The Hill / 11. Magical Mystery Tour / 12. Lady Madonna / 13. Hey Jude / 14. Revolution

1. ストロベリー・フィールズ・フォーエバー / 2. ペニー・レイン / 3. サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド / 4. ウィズ・ア・リトル・ヘルプ・フロム・マイ・フレンズ / 5. ルーシー・イン・ザ・スカイ・ウィズ・ダイアモンズ / 6. ア・デイ・イン・ザ・ライフ / 7. 愛こそはすべて / 8. アイ・アム・ザ・ウォルラス / 9. ハロー・グッドバイ / 10. フール・オン・ザ・ヒル / 11. マジカル・ミステリー・ツアー / 12. レディ・マドンナ / 13. ヘイ・ジュード / 14. レボリューション

[Disc 2]
1. Back In The U.S.S.R. / 2. While My Guitar Gently Weeps / 3. Ob-La-Di, Ob-La-Da / 4. Get Back / 5. Don't Let Me Down / 6. Ballad Of John and Yoko / 7. Old Brown Shoe / 8. Here Comes The Sun / 9. Come Together / 10. Something / 11. Octopus's Garden / 12. Let It Be / 13. Across The Universe / 14. The Long And Winding Road

1. バック・イン・ザ・U.S.S.R. / 2. ホワイル・マイ・ギター・ジェントリー・ウィープス / 3. オブ・ラ・ディ、オブ・ラ・ダ / 4. ゲット・バック / 5. ドント・レット・ミー・ダウン / 6. ジョンとヨーコのバラード / 7. オールド・ブラウン・シュー / 8. ヒア・カムズ・ザ・サン / 9. カム・トゥゲザー / 10. サムシング / 11. オクトパス・ガーデン / 12. レット・イット・ビー / 13. アクロス・ザ・ユニバース / 14. ザ・ロング・アンド・ワインディング・ロード

 

NOTES

• 日本盤初回プレスCD(初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 20ページの英文ブックレット + 44ページの日本語ブックレット
• デジタル・リマスター
• 青色CDトレー
• 解説(アルバム解説・曲目解説)・歌詞・対訳付
• 品番:TOCP-8012・13
• CD発売日:1993年9月20日

• UK 2位 (2x Platinum / BPI)、US 1位 (17x Platinum [Diamond Award] / 2010-RIAA)

 

▼ The Beatles - Hello, Goodbye

https://www.youtube.com/watch?v=rblYSKz_VnI

 

▼ The Beatles - Hey Jude

https://www.youtube.com/watch?v=A_MjCqQoLLA

 

▼ The Beatles - All You Need Is Love (Remastered 2009)
https://www.youtube.com/watch?v=_7xMfIp-irg

▼ The Beatles - While My Guitar Gently Weeps (Remastered 2009)
https://www.youtube.com/watch?v=bI8P6ZSHSvE

▼ The Beatles - Something (Remastered 2009)
https://www.youtube.com/watch?v=VWO3nEuWo4k

▼ The Beatles - Let It Be (Remastered 2009)
https://www.youtube.com/watch?v=QDYfEBY9NM4

▼ The Beatles - The Long And Winding Road (Remastered 2009)
https://www.youtube.com/watch?v=fR4HjTH_fTM

 

 

関連記事

The Beatles 1962-1966 「赤盤」 [2CD] (1973) / The Beatles

All The Best! 「オール・ザ・ベスト」 (1987) / Paul McCartney

Wingspan - Hits and History 「夢の翼~ヒッツ&ヒストリー」 [2CD] (2001) / Paul McCartney

その他の BEATLES 関連記事

ビートルズの替え歌「I Gotta Wash My Hands! (手を洗わなきゃ!)」とマスクの付け方に関する裏技 - (2020年4月3日)

和楽器を取り入れてアレンジされたビートルズの"While My Guitar Gently Weeps"がテーマ曲として使われています
海外で制作された日本が舞台のストップモーション・アニメ 2作品 - (2019年11月22日)

「渡良瀬橋」のプロモーションビデオは「レット・イット・ビー」へのオマージュとなっているなど、ビートルズ・ファンであることでも知られている森高千里さんのシングル・コレクション
The Singles 「ザ・シングルス」 [3CD] (初回生産限定仕様) (2012) / Chisato Moritaka

« ALL THE BEST! 「オール・ザ・ベスト」 / PAUL McCARTNEY (1987) | トップページ | 2017年度 プレイカウント・トップ 100 »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (BEATLES / PAUL McCARTNEY)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ALL THE BEST! 「オール・ザ・ベスト」 / PAUL McCARTNEY (1987) | トップページ | 2017年度 プレイカウント・トップ 100 »

TRANSLATE THIS SITE

2021年4月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

プライバシーポリシー

ブログ内を画像で検索

商品検索

  • amazon
無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く