« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月25日

(お知らせ)当ブログの URL が「http」から「https」へ変わります

ということで、来月から、現在のブログのアドレス「https://jihirog.air-nifty.com/」を「https://jihirog.air-nifty.com/」に変更する予定です。

アドレスの変更とは言っても、これまで「http://」から始まっていたURLが「https://」に変わるだけ(「http」に「s」が付くだけ)で、多分、「http://」のままでもブラウザーの方で「https://」へと自動的にリダイレクトしてくれるとは思いますが、ブックマークやRSSフィードに登録されている場合は念のため変更、もしくは再登録をお願いします(アドレスの変更が確認されたら)。

外見上は単に「s」が付くだけとは言っても、内部リンクの変更とか大変そうだし、アドレスが変わることから、もしかしたらグーグルの検索順位なんかも一時的に落ちたりしてアクセスが大幅に減るかもしれないという危惧はあるものの、いずれは否が応にもhttps化しないといけない状況になるのも目に見えているし(既に「Google Chrome」では、URLが「http://」から始まるサイトについてはアドレスバーの最初に 「保護されていない通信」と表示されるようになっている)、このまま「http://」で始まる記事を積み重ねていっても、結局は後の作業が増えるだけなので、ならば今のうちにやっておこうということに。一応、キリ良く来年からとも考えたのですが、一時的にせよ、検索順位が落ちるばかりか、グーグル検索自体から消えるといったような事態も想定されるので、どうせ愕然とするなら新年早々よりも今の方がまだいいかなと(笑)。

 

■ HTTPS(ウィキペディアより)
https://ja.wikipedia.org/wiki/HTTPS

HTTPSを利用するメリット・デメリットは、以下のとおりである。

メリット
• 通信が暗号化されるため、改竄、盗聴などの攻撃を防ぐことができる。
• HTTP/2対応でブラウザ表示が高速化される。
• SEOに有利になる。検索エンジン最大手のGoogleがHTTPSの導入を推進するため、自社検索サービスにおいてHTTPSの使用するウェブサイトを優遇することを発表していることによる。

デメリット
• 無料発行サービスを除き、導入に費用がかかる。
• SSL証明書を定期的(90日/一年など)に更新する必要がある。
• https非対応のツールや広告、ブログパーツなどが非表示になる。
• 暗号化/復号が必要になるため、クライアントとサーバ共に負荷が上がる(但し、前述のHTTP/2を併用することで負荷を表示速度で相殺できる場合もある)。
• 古いウェブブラウザから閲覧ができなくなる。

 

■ Google の参考記事

HTTPS でサイトを保護する(Search Console ヘルプ)
https://support.google.com/webmasters/answer/6073543

HTTP から HTTPS への移行
サイトを HTTP から HTTPS に移行すると、Google はこれを URL の変更を伴うサイト移転として処理します。この処理は、トラフィック量に一時的に影響することがあります。詳しくは、サイト移転の概要ページをご覧ください。

サイトの移転とは(Search Console ヘルプ)
https://support.google.com/webmasters/answer/34437

サイト移転に関する推奨事項
• 移転作業は数回に分けて段階的に行う。
• 可能であれば、移転作業はトラフィックの少ない時間帯に行う。
• 移転中、サイトのランキングが一時的に変動することを想定する。
サイトの大幅な変更があった場合は、Google がサイトを再クロールしてインデックスに登録し直す間にランキングが変動することがあります。原則として、中規模のサイトでほとんどのページの移転がインデックスに反映されるのに数週間かかり、より大規模なサイトであればそれより長くかかります。Googlebot と Google のシステムが移転した URL を検出して処理する速度は主に URL の数とサーバーの速度によって異なります。サイトマップを送信すると検出プロセスの時間を短縮できます。サイトはセクション単位でも移転できます。

概要: URL の変更を伴うサイト移転(HTTP から HTTPS への移行に関するよくある質問)
https://support.google.com/webmasters/answer/6033049

 

 

関連記事

Google が提供するツールで自分のブログの表示速度を見てみる - (2020年3月28日)

ブログを移転する可能性がある場合は内部リンクと画像はなるべく少なく - (2019年8月28日)

もうひとつのブログへの記事移転完了 - (2019年10月13日)

ココログの全面リニューアルから2か月 - (2019年5月25日)

アクセス障害は減ってもアクセス数は更に減少 - (2019年4月9日)

いったいどこまで下がるのやら(笑) - (2019年3月26日)

ブログの障害いまだ継続中! - (2019年3月24日)

ブログの不具合発生中! - (2019年3月23日)

2019年11月22日

海外で制作された日本が舞台のストップモーション・アニメ 2作品

ちなみに、ストップモーション・アニメーション (Stop Motion Animation) とは、静止している物体を1コマ毎に少しずつ動かしながらカメラで撮影し、それを連続再生させることにより、あたかも物体が動いているかのように見せる撮影手法のことで、日本ではコマ撮りとも言われています。

実を言うと、この記事は結構前から紹介したいなと大まかな下書きをして準備はしていたのですが、想いやら感想やらを綴ったら長くなりそうなので、取り上げるのをずっと先延ばしにしていたんですよね。でも、さすがに今年中にはと重い腰を上げた結果、想いや感想の部分は全部カットして、ようやく記事として紹介できる運びとなりました(笑)。いや、自分の感想なんかより、観る人がそれぞれに感じてもらった方がいいかなと。

ということで、まずひとつめは古き日本を舞台にした2016年公開(日本での公開は2017年)のストップモーション・アニメーションを用いたファンタジー・アクション映画(監督:トラヴィス・ナイト / 脚本:マーク・ヘイムズとクリス・バトラーのアメリカ映画)で「KUBO/クボ 二本の弦の秘密(原題:Kubo and the Two Strings)」。

まだ観ていない人もいるかと思うので、内容については触れませんが、テーマ曲として使われているのは三味線を取り入れてアレンジされた「While My Guitar Gently Weeps」(ビートルズ)です。

 

▼ 『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』本予告(2017年)

https://www.youtube.com/watch?v=uASwl52r7AY

 

▼ Regina Spektor - While My Guitar Gently Weeps (Official Video)

https://www.youtube.com/watch?v=8hUOKjy-9-o

 

[オフィシャル・トレーラー]

▼ Kubo and the Two Strings - Official Trailer #1
https://www.youtube.com/watch?v=qZefKaANfe0

▼ Kubo and the Two Strings - Official Trailer #2
https://www.youtube.com/watch?v=FfApAsZKKcg

▼ Kubo and the Two Strings - Official Trailer #3
https://www.youtube.com/watch?v=AWMyKZyIFnA

 

[こちらは制作の舞台裏]

▼ Go Behind the Scenes of Kubo and the Two Strings

https://www.youtube.com/watch?v=zHyTYL1Z1aM

 


 

そしてもうひとつが、日本の寿司屋を舞台として制作された、編みぐるみ(編み物で作ったぬいぐるみ)のストップモーション・アニメのショートフィルム「Lost & Found」(ロスト&ファウンド)。

こちらは無料で公開されているので、下のリンクから全編を観ることができますが、視聴回数は今のところ13万回程度(昨年末の公開)なんで、実はまだあまり知られていないのかもしれません。

と、先の「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」以上に、こちらはまだ観ていない人が多いと思うので、これも内容については触れませんが、登場するのはキツネと恐竜の編みぐるみです。

 

▼ Lost & Found (2018) - Oscar Shortlisted Stop-Motion Animation

https://www.youtube.com/watch?v=JEQZ5Tb-6Ps

 

[こちらは制作の舞台裏]

▼ Lost & Found (2018) - Behind The Scenes

https://www.youtube.com/watch?v=henHHho1GS4

 

[ウェブサイトはこちら]

▼ Lost & Found (Website)
https://www.lostandfound.film/

2019年11月15日

キッスの大ヒット曲"I Was Made For Lovin' You"のカヴァー色々 (PART 3/3)

「PART 1」、「PART 2」に引き続き、今回は3回目。

 

まずは女性インストゥルメンタル・グループの"Symfomania"によるカヴァーから

▼ Symfomania - I Was Made For Loving You (KISS cover)

https://www.youtube.com/watch?v=3LkJSohZMpA

※ 補足
"Symfomania"は、ウクライナの女性インストゥルメンタル・グループで、グループは、弦楽四重奏団(2つのバイオリン、ビオラ、チェロ)、ならびにエレクトリックハープ、鍵盤および打楽器で構成されています。音楽のスタイルとしてはシンフォニックロックまたはネオクラシックといったジャンルでカテゴライズされることが多いようです。

 

ロシアのテレビ番組のようです

▼ I Was Made for Lovin' You (The Voice Kids Russia)

https://www.youtube.com/watch?v=1g90mTD2xDI

 

最後はモスクワで行われたロックンモブのパフォーマンス

▼ I Was Made For Lovin' You - KISS. Rocknmob Moscow #8, 270+ musicians (May 19th, 2019)

https://www.youtube.com/watch?v=DUGMUBUJh0w

 

[おまけ]

ジーンに促されてステージ上で歌うファンの女の子

▼ Gene Simmons Band - I was made for loving you - Fan is singing - Oberhausen - Turbinenhalle 2018

https://www.youtube.com/watch?v=h7UVxwbxXl4

 

 

関連記事

キッスの大ヒット曲"I Was Made For Lovin' You"のカヴァー色々 (PART 1/3)

キッスの大ヒット曲"I Was Made For Lovin' You"のカヴァー色々 (PART 2/3)

その他の KISS 関連記事

音楽 (KISS) のカテゴリー

2019年11月 8日

BEST OF 3CD / ENIGMA (2012)

Album Cover (front): Best Of 3CD / Enigma   Album Cover (back): Best Of 3CD / Enigma   Booklet (front): Best Of 3CD / Enigma

この2012年リリースのエニグマのコンピレーション・アルバム"Best Of 3CD"は、その名の通り3枚組みのベストではあるのですが、実はこれ、2009年にリリースされた"The Platinum Collection"の"3CD Edition"("The Platinum Collection"の方は、"3CD Edition"と"2CD Edition"の2種類がリリースされていた)とジャケットを含めて同一内容の改訂版です(ジャケットに記されたアルバム・タイトルだけが変えられている)。

なお、デジパック仕様のパッケージに挟み込まれた3枚のCDはそれぞれに、"Disc 1"が"The Greatest Hits"、"Disc 2"が"The Remix Collection"、"Disc 3"が"The Lost Ones"とタイトルが付けられています("Disc 3"の"The Lost Ones"は未発表曲集)。

ということで、実際は3枚組みベストと言うよりも、リミックス集と未発表曲集の2枚が加えられたグレイテスト・ヒッツのデラックス・エディションといった感じではありますね。

エニグマのグレイテスト・ヒッツと言えば、先の2001年にリリースされていた「エニグマ・グレイテスト・ヒッツ / Love Sensuality Devotion (The Greatest Hits)」が代表格ではないかと思うのですが、そちらは、アルバムの統一感を出す為か、曲間はクロスフェードで繋げられていたのに対し、こちらの"Disc 1"にあたる"The Greatest Hits"は1曲ごとに分離したシングル・ヴァージョンで構成されているため、曲順を変えて再生しても曲の前後が切れてしまうことがないのが特徴であり相違点。ということで、その2001年のグレイテスト・ヒッツを持っていたとしても、改めてコチラを購入する価値は十分あるのではないかと。

一応、エニグマについて簡単に説明しておくと、エニグマはルーマニア生まれのマイケル・クレトゥを中心とした音楽プロジェクトで、音楽性としては、民族音楽やグレゴリオ聖歌などの古典音楽とエレクトリック・サウンドを融合したサウンド・プロダクションが特徴といったところ。

と、馴染みのない人にとっては、一見、知る人ぞ知るといった感じでマニアックな印象もあるかと思うのですが、実は1990年にリリースされたファーストアルバムの「MCMXC a.D. / サッドネス・永遠の謎」は英1位(3x Platinum)、米6位(4x Platinum)を筆頭に、ヨーロッパの多くの国でトップ10に入るヒットとなり、シングルの"Sadeness (Part I)"もまた、英1位、米5位をはじめ、ドイツ、オーストリア、フランス、オランダ、ノルウェー、スウェーデン、スイスといった国で1位を記録するなどのヒットになったこともあり、欧米では一般的にもそれなりに知られる存在ではないかと。

Best Of 3CD / Enigma

 

▼ Enigma - Age Of Loneliness (Music Video)

https://www.youtube.com/watch?v=APW_QwzGg2o

 

▼ Enigma - Gravity of Love (Lyrics)

https://www.youtube.com/watch?v=l4PUoHV1PsA

 

▼ Enigma - Return To Innocence (Lyrics)

https://www.youtube.com/watch?v=q1NHXSR3R7I

 

Best Of 3CD / Enigma

TRACK LIST
Disc 1 (The Greatest Hits)
1. Sadeness (Part 1) / 2. Mea Culpa (Orthodox Version) / 3. Principles Of Lust / 4. Rivers Of Belief / 5. Return To Innocence / 6. Age Of Loneliness / 7. Out From The Deep / 8. Beyond The Invisible / 9. T.N.T. For The Brain / 10. Gravity Of Love / 11. Push The Limits / 12. Turn Around / 13. Voyageur / 14. Boum-Boum / 15. Following The Sun / 16. Seven Lives / 17. La Puerta Del Cielo

Disc 2 (The Remix Collection)
1. Sadeness (US Violent Mix) / 2. Mea Culpa (Fading Shades Mix) / 3. Principles Of Lust (Everlasting Lust Mix) / 4. Return To Innocence (Long & Alive Version) / 5. Age Of Loneliness (Enigmatic Club Mix) / 6. Out From The Deep (Trance Mix) / 7. TNT For the Brain (Midnight Man Mix) / 8. Gravity Of Love (Judgement Day Club Mix) / 9. Push The Limits (ATB Remix) / 10. Voyageur (Club Mix) / 11. Boum-Boum (Chicane Club Edit) / 12. Dreaming Of Andromeda (Jean F. Cochois Remix)

Disc 3 (The Lost Ones)
1. Lost One / 2. Lost Two / 3. Lost Three / 4. Lost Four / 5. Lost Five / 6. Lost Six / 7. Lost Seven / 8. Lost Eight / 9. Lost Nine / 10. Lost Ten / 11. Lost Eleven

 

NOTES
• Label: EMI
• Printed in the EU (Import)
• 8面デジパック仕様
• ブックレット付
• Original release in 2009 under the title "The Platinum Collection" (3CD Edition)

2019年11月 1日

2019年1月~10月のプレイカウント・トップ 40

   Top 40 - My iTunes Play Count (2019年1月~10月)
  1. In The End / The Cranberries
  2. All Over Now / The Cranberries
  3. A Place I Know / The Cranberries
  4. Hanging In There / Rin'
  5. Lost / The Cranberries
  6. Wake Me When It's Over / The Cranberries
  7. Catch Me If You Can / The Cranberries
  8. Got It / The Cranberries
  9. Illusion / The Cranberries
  10. The Pressure / The Cranberries
  11. 感傷的 / Hiromi Iwasaki
  12. ひとりぼっちの部屋 / Hiromi Iwasaki
  13. Crazy Heart / The Cranberries
  14. Summer Song / The Cranberries
  15. パピヨン / Hiromi Iwasaki
  16. 胡蝶之夢 / Rin'
  17. 紫のゆかり、ふたたび / Rin'
  18. Dreams / The Cranberries
  19. キャンパス・ガール / Hiromi Iwasaki
  20. 愛よ、おやすみ / Hiromi Iwasaki
  1. 美貌の國 / Rin'
  2. 夢花火 [Rin' Three Pieces] / Rin'
  3. Goin' Home / TOTO
  4. Mrs. Johnson / TOTO
  5. Miss Sun / TOTO
  6. The Smile Has Left Your Eyes [Symfonia - Live In Bulgaria 2013] / Asia
  7. Don't Fall In Love With A Dreamer / Kenny Rogers & Kim Carnes
  8. You Are The Flower / TOTO
  9. Girl Goodbye / TOTO
  10. Takin' It Back / TOTO
  11. Rockmaker / TOTO
  12. Hold The Line / TOTO
  13. Angela / TOTO
  14. St. George and the Dragon [Live in Tokyo 1980] / TOTO
  15. Mama [Live in Tokyo 1980] / TOTO
  16. White Sister [Live in Tokyo 1980] / TOTO
  17. Anna / TOTO
  18. Stop Loving You / TOTO
  19. Mushanga / TOTO
  20. Home Of The Brave / TOTO

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

TRANSLATE THIS SITE

商品検索

  • Amazon

ブログ内を画像で検索

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ

AD