« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月23日

HYSTERIA 「ヒステリア」 [30TH ANNIVERSARY EDITION] / DEF LEPPARD (1987 / 2017)

CDの帯:ヒステリア(30周年記念エディション) / デフ・レパード

Album Cover (front): Hysteria (30th Anniversary Edition) / Def Leppard   Album Cover (back): Hysteria (30th Anniversary Edition) / Def Leppard   CD Case (back cover): Hysteria (30th Anniversary Edition) / Def Leppard

こちらは1987年にリリースされたデフ・レパードの大ヒットアルバム「Hysteria / ヒステリア」の30周年記念エディション(2017年デジタル・リマスタリング)で、自分が購入したのは「1CD」の「スタンダード・エディション」。

※ 2017年に発売された30周年記念エディションの日本盤は「5CD+2DVD」の「スーパーデラックス・エディション(完全生産限定盤)」のみだったが、2018年の「全曲再現 HYSTERIA & MORE」の来日公演に合わせて「1CD」の「スタンダード・エディション」と「3CD」の「デラックス・エディション」も国内盤化され発売された。

で、デフ・レパードにとって4作目のアルバムとなるこの"Hysteria"は、英米のチャートで共に1位を記録し、7曲ものヒット・シングルを生み出したモンスター・アルバム。

とは言っても、ゴージャスなサウンドを聴けば察しがつくように、アルバムの制作にはかなりの資金が投入されたようで、マネージャーのピーター・メンチは当時「このアルバムを200万枚売って、やっとスタートラインに立つ」と発言していました(つまりは損益分岐点がそのラインであったと思われる)。ただし、ウィキペディアには、それどころか、アルバム500万枚を売り上げなければ元が取れないほどの金額だったという説もあるということが記されています。

まぁ、裏を返せば、それだけ売れる自信がマネージメント側にはあったのだと思われますが、とは言え、確実に売れるという保証があるわけでもなく、それを可能にしたのは、やはり前作の「Pyromania / 炎のターゲット」 (US: Diamond / 10x Platinum) の成功があったからでしょうね。

CD Case (inside): Hysteria (30th Anniversary Edition) / Def Leppard   CD: Hysteria (30th Anniversary Edition) / Def Leppard

DEF LEPPARD - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• ジョー・エリオット (Joe Elliott) - Lead Vocals
• スティーヴ・クラーク (Steve Clark) - Guitars
• フィル・コリン (Phil Collen) - Guitars
• リック・サヴェージ (Rick Savage) - Bass
• リック・アレン (Rick Allen) - Drums

• The Bankrupt Brothers - Backing Vocals
※ "The Bankrupt Brothers"は、デフ・レパードのメンバーに加えて、ロッキー・ニュートンとロバート・ジョン“マット”ランジに与えられたバッキング・ヴォーカルのグループ名

 

Japanese Booklet: Hysteria (30th Anniversary Edition) / Def Leppard

TRACK LIST
1. Women / 2. Rocket / 3. Animal / 4. Love Bites / 5. Pour Some Sugar on Me / 6. Armageddon It / 7. Gods of War / 8. Don't Shoot Shotgun / 9. Run Riot / 10. Hysteria / 11. Excitable / 12. Love and Affection

1. ウィメン / 2. ロケット / 3. アニマル / 4. ラヴ・バイツ / 5. シュガー・オン・ミー / 6. アーマゲドン / 7. ゴッズ・オブ・ウォー / 8. ショット・ガン / 9. ラン・ライオット / 10. ヒステリア / 11. エクサイタブル / 12. ラヴ・アンド・アフェクション

NOTES
■ ヒステリア(30周年記念 1CD スタンダード・エディション)
• 2017年デジタル・リマスタリング (Remastered 2017)
• 解説・歌詞・対訳付
• 発売日:2018/9/12

• Album: UK 1位 (2x Platinum) / US 1位 (12x Platinum [Diamond] / 1998-RIAA)

• Singles:
1. Women - US 80位
2. Animal - UK 6位 / US 19位
3. Pour Some Sugar on Me - UK 18位 / US 2位 (Gold / 2005-RIAA)
4. Hysteria - UK 26位 / US 10位
5. Armageddon It - UK 20位 / US 3位
6. Love Bites - UK 11位 / US 1位
7. Rocket - UK 15位 / US 12位

 


 

CDの帯(初回プレス盤):ヒステリア / デフ・レパード

Album Cover (front): Hysteria / Def Leppard   Album Cover (back): Hysteria / Def Leppard   CD Case (back cover): Hysteria / Def Leppard

そして、こちらはリリース当時に買ったオリジナルの初回プレス盤。なんか今見ると日本の販売元はそれほど力を入れてなかったようにも見える帯。

当時は一聴して力作であるアルバムであることは分かったものの、アメリカでのファーストシングルが"Women"だったことに関しては「何でこの曲を?」って感じでしたね。しかもその"Women"が80位止まりだったことから、アルバムが力作なだけに残念な気持ちであると同時に行く先を案じるようなところがありました。

結果的には、そんな憂いも他所に、その後にカットされたシングルはことごとくヒットを記録(都合7曲がシングルカットされ、米ビルボードチャートに於いてはNo.1ヒットを含む3曲がトップ3に入るヒットを記録)し、その勢いも手伝ってアルバムはロングセラーとなり、ベストセラーとなった前作を上回る大ヒットに。

CD Case (inside): Hysteria / Def Leppard

実はこの"Hysteria"は、前作"Pyromania"がリリースされた翌年の1984年にドラマーのリック・アレンが自動車事故で左腕を失うという状況下で制作されたアルバムであったわけですが、シモンズ社の協力の下、片腕と両足で演奏ができるカスタマイズのドラムを製作し、そのままの体制でレコーディングが行われたことをニュースで知って当時は驚いたことを覚えています。

ただ、やっぱり、実際にアルバムを聴くまではどうなんだろうという若干不安めいた思いはあったのですが、アルバムを聴くと、何の違和感もないドラムサウンドにこれまたビックリといった感じでしたね。

しかし、その後もバンドのアクシデントは続き、"Hysteria"に続く次作のレコーディング中の1991年1月8日、今度はギタリストのスティーヴ・クラークが、鎮痛剤、抗うつ薬、アルコールの同時摂取から呼吸困難に陥り死去。ということで、結果的にはスティーヴ・クラークが全面的に参加したという意味ではこの"Hysteria"が最後の作品となってしまいました。

 

▼ Def Leppard & Taylor Swift - Hysteria

https://www.youtube.com/watch?v=SfOp8tMq2BY

 

▼ Def Leppard & Taylor Swift - Pour Some Sugar on Me

https://www.youtube.com/watch?v=5SGGgdXxA40

 

▼ Def Leppard - Armageddon It (Official Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=urNFQw8VIvA

▼ Def Leppard - Animal (Live on Top Of The Pops)
https://www.youtube.com/watch?v=6p-KU2UWdU4

▼ Def Leppard - Rocket (Live on Top Of The Pops)
https://www.youtube.com/watch?v=RHO92EeZ4Ho

▼ Def Leppard - Love Bites (Live From Detroit)
https://www.youtube.com/watch?v=XiX1pXjwASU

▼ Def Leppard & Taylor Swift - Pour Some Sugar on Me
https://www.youtube.com/watch?v=TMktI3hu3e4

 

 

関連記事

Vault: Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 (1995) / Def Leppard

X (2002) / Def Leppard

ギタリストのフィル・コリンがデフ・レパードに加入する前に在籍していたバンド「ガール」のファースト・アルバム
Sheer Greed 「シアー・グリード」 (1980) / Girl

2020年1月17日

Windows 10 - 画像ファイルの右クリックでメニューに「プレビュー」の項目を表示させる方法

"Windows 7"時代も画像の「プレビュー」機能は頻繁に利用していたので、自分はこれがないと作業効率が落ちて様々な作業に影響するんですよね。

一応、ググってはみたものの、この「プレビュー」メニューを簡単に表示させる方法が見つからなかったので、自力で試したところ"Windows 10"でも表示させることができたので、その設定方法を記しておきます。

ちなみに、この「プレビュー」とは、右クリックのメニューから「Windows フォト ビューアー」で画像を開きプレビューできるという機能。

 

▼ 設定方法

1. ファイルの中から適当に画像を選び、画像を右クリックして表示されるメニューの中から「プログラムから開く」。

2. 「別のプログラムを選択」をクリックして「Windows フォト ビューアー」を選択。

3. 「常にこのアプリを使って JPGファイルを開く」にチェックマークを入れて最後に「OK」をクリックしたら終了。

これで右クリックメニューの最上部に「プレビュー」が表示されるようになります。

ただ、この「Windows フォト ビューアー」を「常にこのアプリを使って JPGファイルを開く」に設定していると、当然のことながら、"JPG"の画像はダブルクリックした場合でも常にこの「Windows フォト ビューアー」で画像を開くことになるので、"JPG"の画像を編集する等の作業を行う場合は、その都度画像を右クリックして「プログラムから開く」を選択し、開くアプリを選ぶ必要があります。

ということで、結局のところ、設定後はダブルクリックでプレビューできることから、右クリックメニューに「プレビュー」が表示されてもあまり意味をなさない気はするんですけどね(笑)。

2020年1月13日

「iMac」に搭載している「Windows 7」を「10」にアップグレード

自分は"Mac"に"Windows"をインストールしてデュアルブートの環境でパソコンを使っているので、その"Mac"で使用している"Windows 7"を先日"10"にアップグレードしました。ご存じの通り、"Windows 7"は14日でサポートが終了しますからね。

iMac with Windows 10   iMac with Windows 10

作業時間は概ね5~6時間といったところでしたが、作業時間の大半がインストールが終わるのをじっと待つ状態だったので、作業自体は特これといったトラブルもなく無事終了。

これまでの経験からして、何かしら想定外のトラブルが発生すること(インストールが止まったまま動かずといったようなことに遭遇することは良くあること)をある程度は覚悟していたので、ちょっと拍子抜けといった感じでもあったのですが、思わぬところで問題発生。

というのも、ついでにデュアルブートを構築する仮想化ソフトも最新版にしたことも影響してか、"Mac"にも"Windows"にもデジカメからデータが移せなくなったんですよね。とりあえずは、仮想化ソフトのヘルプを見たり、"Mac"と"Windows"の設定項目を色々と探したり、はたまた、あれこれとググったりもしたのですが解決法は見つからず。

ようやくデジカメ・メーカーのサイトでそれらしきヒントは見つかったものの、それをパソコンのどこで設定するのか探してみても全く分からなかったのですが、デジカメ本体の設定項目を見たらありました(笑)。

どうやらパソコンとの接続を「PTP (PictBridge)」にしていると正しく通信できないことがあるようで、その場合は「Mass Storage」で接続してくださいとのこと。いやぁ一言、「デジカメ本体で設定できます」と記してくれればいいのに(笑)。

ということで、万が一、デジカメが接続できなくなった場合は、参考にでもしていただければと。

ちなみに、自分はパソコンに向かって話しかけたりしないので、"Windows 10"の新機能「Cortana」(コルタナ)さんは「オフ」に設定。けっこうメモリーも食いますしね。

2020年1月 3日

Jihirog - 2019年ページビュー年間ランキング

2019年ページビュー年間ランキング(Top 20)

■ No. / 記事タイトル / PV (ページビュー)

  1. 世界国別評判ランキング(2018年) - 世界で評判の良い国は? / PV 18,132
  2. 英BBC世界世論調査 2017 - 「世界に良い影響を与えている国」で日本は3位 / PV 12,312
  3. iMac のドライブに CD や DVD のディスクが入らないときは / PV 7,627
  4. かかとサポーターと共に4年 (足底腱膜炎) / PV 4,726
  5. Outlook.com で、メールアドレスの送信者名を変更する方法 / PV 3,807
  6. Jihirog(トップページ) / PV 3,182
  7. iTunes で、アルバムがトラック番号順で表示されない場合は / PV 2,220
  8. iTunes で、全ての曲の再生回数をまとめて一括でリセットする方法 / PV 2,074
  9. フレディ・マーキュリーと共演したスペインの世界的オペラ歌手、モンセラート・カバリエさん死去 / PV 1,766
  10. Windows 7 の起動時間を超簡単に短縮 / PV 1,575
  11. iTunes - CDに収録されている複数の曲をひとつのトラックに結合して取り込む方法 / PV 1,492
  12. イギリス史上最も売れたシングルのランキング / PV 1,447
  13. アメリカで行われた国別好感度調査(2017年 - 米ギャラップ調査) / PV 1,435
  14. BARCELONA 「バルセロナ」 / FREDDIE MERCURY & MONTSERRAT CABALLE (1988) / PV 1,407
  15. LOVE KILLS 「メトロポリス」 / FREDDIE MERCURY (1984) / PV 1,127
  16. iMac で CD や DVD が取り出せなくなったときは / PV 1,337
  17. 世界国別評判ランキング(2017年) - 主要8か国の国民に評判の良い国は? / PV 1,270
  18. Windows 7 の「エラーチェック」でエラーを検出して自動的に修復 / PV 1,145
  19. WORDS 「ワーズ」 / F.R. DAVID (1982) / PV 1,138
  20. SUPER ROCK '84 IN JAPAN [SPECIAL DIGEST] - VHS (1984) / PV 1,124

 

ここ数年は、アップロードした記事の数としては音楽関連が圧倒的に多いものの、"Top 20"は各種調査関係の記事と、パソコン及びネット関係の記事が占めるといった結果になっていたのですが、昨年はこれまでに比べると音楽関連の記事が若干増えた印象。

それと、アクセスが多い上位の記事は昨年以前の記事ばかりというのも例年通りの特徴。グーグルの掲載順位が影響するのか、毎年、その年に書いた記事の多くが数年後とか時を経てアクセスが伸びたりするんですよね。まぁ、それでも、2013年とか2014年に書いた古い記事にアクセスがあり、今も上位にランクされるというのは個人的には嬉しいところではありますね。

なお、20位以下については、このブログの右側にあるサイドバー内の「人気記事ランキング履歴」(人気記事ランキングの真下)に掲載しています。

2020年1月 1日

2019年度 プレイカウント・トップ 100

   Top 100 - My iTunes Play Count (2019 Year End)
  1. All Over Now / The Cranberries
  2. A Place I Know / The Cranberries
  3. In The End / The Cranberries
  4. Lost / The Cranberries
  5. Wake Me When It's Over / The Cranberries
  6. Catch Me If You Can / The Cranberries
  7. Got It / The Cranberries
  8. Illusion / The Cranberries
  9. 感傷的 / Hiromi Iwasaki
  10. ひとりぼっちの部屋 / Hiromi Iwasaki
  11. Hanging In There / Rin'
  12. Crazy Heart / The Cranberries
  13. The Pressure / The Cranberries
  14. パピヨン / Hiromi Iwasaki
  15. Summer Song / The Cranberries
  16. キャンパス・ガール / Hiromi Iwasaki
  17. 愛よ、おやすみ / Hiromi Iwasaki
  18. 胡蝶之夢 / Rin'
  19. 紫のゆかり、ふたたび / Rin'
  20. Dreams / The Cranberries
  21. Don't Fall In Love With A Dreamer / Kenny Rogers & Kim Carnes
  22. 美貌の國 / Rin'
  23. 夢花火 [Rin' Three Pieces] / Rin'
  24. Love At First Sight / Styx
  25. Goin' Home / TOTO
  26. Mrs. Johnson / TOTO
  27. Miss Sun / TOTO
  28. If I Could Change Your Mind / The Alan Parsons Project
  29. The Smile Has Left Your Eyes [Symfonia - Live In Bulgaria 2013] / Asia
  30. I Love You / Heart
  31. おしゃれな感情 / Hiromi Iwasaki
  32. グッド・ナイト / Hiromi Iwasaki
  33. Bette Davis Eyes / Kim Carnes
  34. If Love is Real / Olivia Newton-John
  35. Rest Your Love on Me (Duet with Andy Gibb) / Olivia Newton-John
  36. Face to Face (Duet with Barry Gibb) / Olivia Newton-John
  37. Love is a Gift / Olivia Newton-John
  38. Right Here with You (with Delta Goodrem) / Olivia Newton-John
  39. Find a Little Faith (with Cliff Richard) / Olivia Newton-John
  40. Courageous (with Melinda Schneider) / Olivia Newton-John
  41. Everything Love Is (with Jimmy Barnes) / Olivia Newton-John
  42. First Time / Styx
  43. You Are The Flower / TOTO
  44. Girl Goodbye / TOTO
  45. Takin' It Back / TOTO
  46. Rockmaker / TOTO
  47. Hold The Line / TOTO
  48. Angela / TOTO
  49. St. George and the Dragon [Live in Tokyo 1980] / TOTO
  50. Mama [Live in Tokyo 1980] / TOTO
  1. White Sister [Live in Tokyo 1980] / TOTO
  2. Anna / TOTO
  3. Stop Loving You / TOTO
  4. Mushanga / TOTO
  5. Home Of The Brave / TOTO
  6. Right Part Of Me / TOTO
  7. Love Is A Man's World / TOTO
  8. Why Not? / Yamaha - SESSION III
  9. Nice Talking To You / Yamaha - SESSION III
  10. Pacific Down / Yamaha - SESSION III
  11. Heroine [Symfonia - Live In Bulgaria 2013]/ Asia
  12. Something That You Said / The Bangles
  13. Ask Me No Questions / The Bangles
  14. Sunday Girl / Blondie
  15. In The Flesh / Blondie
  16. Dreaming / Blondie
  17. Secret / Heart
  18. When I Was A Boy [Wembley Or Bust] / Jeff Lynne's ELO
  19. Shooting Star / Kaori Kobayashi
  20. Mistaken Identity / Kim Carnes
  21. EXEC_REBIRTHIA=PROTOCOL/. / KOKIA
  22. Love Kills / Little Boots
  23. Take a Chance (Duet with John Travolta) / Olivia Newton-John
  24. Never Enough / Olivia Newton-John
  25. 夢花火 / Rin'
  26. Child's Anthem / TOTO
  27. I'll Supply The Love / TOTO
  28. Georgy Porgy / TOTO
  29. Manuela Run / TOTO
  30. St. George And The Dragon / TOTO
  31. 99 / TOTO
  32. Lorraine / TOTO
  33. All Us Boys / TOTO
  34. Mama / TOTO
  35. White Sister / TOTO
  36. A Secret Love / TOTO
  37. Tale of a Man [Live in Tokyo 1980] / TOTO
  38. Runaway [Live in Tokyo 1980] / TOTO
  39. Goodbye Elenore / TOTO
  40. I Think I Could Stand You Forever / TOTO
  41. Turn Back / TOTO
  42. If It's The Last Night / TOTO
  43. It's A Feeling / TOTO
  44. Carmen / TOTO
  45. Lion / TOTO
  46. Don't Stop Me Now / TOTO
  47. Pamela / TOTO
  48. Stay Away / TOTO
  49. Gypsy Train / TOTO
  50. Don't Chain My Heart / TOTO

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

TRANSLATE THIS SITE

商品検索

  • Amazon

ブログ内を画像で検索

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ

AD