« アメリカで行われた国別好感度調査(2020年 - 米ギャラップ調査) | トップページ | Google が提供するツールで自分のブログの表示速度を見てみる »

2020年3月19日

X / DEF LEPPARD (2002)

CDの帯:X / デフ・レパード

Album Cover (front): X / Def Leppard   Album Cover (back): X / Def Leppard   CD Case (back cover): X / Def Leppard

この"X"(タイトルは「エックス」ではなくアラビア数字の「10」を意味するローマ数字)は、文字通りデフ・レパードの10作目となるアルバム(シングルB面曲と未発表曲等で構成されたコンピレーション・アルバムの"Retro Active"と、ベスト・アルバムの"Vault: Def Leppard Greatest Hits (1980-1995)"を含む)。

デフ・レパード史上、最もポップ志向なアルバムと言っても過言ではないことから、ある意味、問題作と捉える向きもあるのかもしれませんが、その辺りの好みの問題を抜きにして、楽曲のクオリティーという点で見ればこのアルバムもまたデフ・レパードの名に恥じない充実したアルバムなのではないかと個人的には思っています。

と言うのも、親しみやすい印象はありながらも、どの曲も一本調子ではなく、捻りがあり、デフ・レパード特有のソリッドでエッジが効いたゴージャスなサウンド・プロダクションも相まって、ロックファンが眉をひそめるような(笑)ポップにはなっていないんですよね。しかも、どこかダークでグランジっぽい雰囲気も感じられるし。

実際、初めて聴いたときも特に悪い印象はなく、アルバムを一度最後まで聴いて全体像を把握した後は、むしろ、更にじわじわとこのアルバムの魅力に気付いていったようなところがありました。とは言え、初めて聴いたときは、3曲目のイントロを聴いて、ようやく、あ~やっぱりデフ・レパードだと改めて感じたようなところもあったんですけどね。

又、収録曲の殆どがミディアム&スローな曲で占められているので、ロック特有の疾走感なんてものも無いのですが、取り分け、前半部は充実度が高く、メロディーへの拘りといったものが感じられる楽曲が揃っていることもあり、自分自身はそのことに対しても特に不満に思うことはないですね。と言うか、むしろ、それがこのアルバムの特色だと思っている節もあります。

まぁ、例えば、このアルバムをまだ聴いたことがないという人であっても、多少なりともデフ・レパードを知っている人ならば、アルバムがミディアム&スローな曲で占められているばかりか、ロックには必須とも言えるギターソロが殆ど無いような曲も意外と多くあり、加えて、アルバムには3分を切る曲が3曲含まれていることからも、このアルバムがこれまでのデフ・レパード・サウンドとは多少異なるスタイルで制作されているということはうかがい知れるのではないかと。

ただし、アルバムの最後を締めくくる"Scar"だけは比較的長いギターソロも入っており、曲自体も代表作の"Hysteria"に収録されていても違和感がないようなデフ・レパードらしい雰囲気がありますね。もしかしたらこの辺りは多少戸惑いを覚えるかもしれないファンのことを考えての心配り、もしくはファンサービス的色合いのようなものがあるんでしょうか?

 

CD: X / Def Leppard

TRACK LIST
1. Now / 2. Unbelievable / 3. You're So Beautiful / 4. Everyday / 5. Long Long Way To Go / 6. Four Letter Word / 7. Torn To Shreds / 8. Love Don't Lie / 9. Gravity / 10. Cry / 11. Girl Like You / 12. Let Me Be The One / 13. Scar
[Bonus Tracks For Japan]
14. Kiss The Day / 15. Long, Long Way To Go (acoustic)

1. ナウ / 2. アンビリーヴァブル / 3. ユーアー・ソー・ビューティフル / 4. エヴリディ / 5. ロング・ロング・ウェイ・トゥ・ゴー / 6. フォー・レター・ワード / 7. トーン・トゥ・シュレッズ / 8. ラヴ・ドント・ライ / 9. グラヴィティ / 10. クライ / 11. ガール・ライク・ユー / 12. レット・ミー・ビー・ザ・ワン / 13. スカー
[日本盤ボーナス・トラック]
14. キッス・ザ・デイ / 15. ロング・ロング・ウェイ・トゥ・ゴー(アコースティック)

 

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(日本先行発売) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付
• 発売日:2002/7/24
• 品番:UICR-1025

• Album: UK 14位 / US 11位
• Singles: "Now" - UK 23位 / "Long, Long Way To Go" - UK 40位

 

DEF LEPPARD - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Joe Elliott (ジョー・エリオット) - Lead Vocals
• Rick "Sav" Savage (リック・サヴェージ) - Bass Guitar, Vocals
• Rick Allen (リック・アレン) - Drums
• Vivian Campbell (ヴィヴィアン・キャンベル) - Guitar, Vocals
• Phil Collen (フィル・コリン) - Guitar, Vocals

 

▼ Def Leppard - Unbelievable

https://www.youtube.com/watch?v=Hkh94P82fmk

 

▼ Def Leppard - Torn To Shreds

https://www.youtube.com/watch?v=ZDYXiNhNHlQ

 

▼ Def Leppard - You're So Beautiful
https://www.youtube.com/watch?v=jxdhLM6Co-A

▼ Def Leppard - Everyday
https://www.youtube.com/watch?v=ARDJdC_MDwc

▼ Def Leppard - Long Long Way To Go
https://www.youtube.com/watch?v=wCGhHYEn4Mw

 

 

関連記事

Hysteria 「ヒステリア」 [30th Anniversary Edition] (1987 / 2017) / Def Leppard

Vault: Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 (1995) / Def Leppard

ギタリストのフィル・コリンがデフ・レパードに加入する前に在籍していたバンド「ガール」のファースト・アルバム
Sheer Greed 「シアー・グリード」 (1980) / Girl

« アメリカで行われた国別好感度調査(2020年 - 米ギャラップ調査) | トップページ | Google が提供するツールで自分のブログの表示速度を見てみる »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (DEF LEPPARD)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アメリカで行われた国別好感度調査(2020年 - 米ギャラップ調査) | トップページ | Google が提供するツールで自分のブログの表示速度を見てみる »

TRANSLATE THIS SITE

商品検索

  • Amazon

ブログ内を画像で検索

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ

AD