« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年7月

2020年7月21日

市販の歯ブラシを電動歯ブラシにするアタッチメントを使い始めて1か月

ソニックオール SA-4(歯ブラシ用音波振動式電動アタッチメント)

▼ ソニックオール SA-4 | 歯ブラシ用音波振動式電動アタッチメント
https://www.daisaku-shoji.co.jp/p_sonicall.html

• 価格:¥3,200 / ¥3,520(税込み)
• 色:ブルー / グレー
• 電源:単4アルカリ乾電池1本(別売)
• 重量:約44g(電池含まず)
• 外形寸法:高さ125mm / 幅(最大)40mm / 奥行24mm
• 保証:お買い上げの日から1年間
• Amazon.co.jp での取り扱い開始日:2020/3/19

ということで、購入して約1か月ほどになりますが、今のところ不具合といったものはなく普通に使用できています。使用した感想としては、思った以上に使えるなといった印象。なんといっても、市販の電動歯ブラシと違って、好きな歯ブラシを選べるというのがいいですね。

ただ、普通の手磨きで得られる手の運動というのも捨てがたいので(あの手の動きは他では中々しないので)、自分の場合は手動での歯磨きと併用して使用しているといった状況です。歯ブラシもアタッチメントに装着しなければそのまま手動で使えますしね。

利点としては、まずは歯磨きが楽だということ(歯に当ててなぞるだけなので)。そして、歯磨きの時間も短くて済むし、手動よりもキレイに磨けるといったところ。つまりは電動の方が全てに於いて良いという結果に(先に記した手の運動という点と、電池が必要という点を除いては)。

特に、四十肩や五十肩等で腕を動かすのが辛いと感じる人などにとっては良いほう助になるのではないかと思います。

ソニックオール SA-4(歯ブラシ用音波振動式電動アタッチメント)    ソニックオール SA-4(歯ブラシ用音波振動式電動アタッチメント)    ソニックオール SA-4(歯ブラシ用音波振動式電動アタッチメント)

▼ 市販の歯ブラシを「電動化」するアイテムの開発ストーリー(2018.03.04 / 女性セブン)
https://www.news-postseven.com/archives/20180304_656166.html?DETAIL

※ ショップによってはまだ「SA-1」や「SA-2」といった旧機種も販売されているようなので、購入される際は品番のご確認を。

ソニックオール SA-4(歯ブラシ用音波振動式電動アタッチメント)    ソニックオール SA-4(歯ブラシ用音波振動式電動アタッチメント)

手動と違い、電池(単4アルカリ乾電池1本)を使用するので、定期的に電池を入れ替える必要がありますが、エネループのような充電池を持っていればその都度電池を購入する必要もなく便利です。ちなみに、製品仕様には「電池寿命:約5時間(例:1日2分×2回=約75日)」と記載されています。※ 電池は付属していません。

 

2020年7月16日

(続)市販のCDアルバムと同サイズのプラケースを買う

DVD・CD Case (クリア)     DVD・CD Case (クリア)    DVD・CD Case (クリア)

輸入版CDの場合、CDをホールドする爪が壊れていたり、ホールドする爪が緩くて、ケース内で簡単にCDが外れたりするものがあったりといったことが割と多くあるのですが、予備のケースを持っていればそういった場合でも簡単に交換できるので便利です。

それに、輸入版CDに限らず、たとえ破損していなくても、古くなったものだと、ケースを交換するだけで、中のジャケットも映えて、新品になったようで気持ちがいいんですよね。

ということで、自分が交換用として購入しているのが、このプラケース(ジュエルケース)で、市販されている通常のCDと同じサイズ(厚さが10mm)の1枚収納仕様のタイプ(カラーはクリア)。ちなみに、メーカーはサンワサプライで、商品番号は「FCD-PN10C」(10枚セット / クリア)。

市販されている標準的なCDと同じサイズということで、特殊なものでなければ通常のCDケースと同様に、ブックレット、並びに背ラベルと一体になった裏側のジャケットもきちんと収まります。

以前のCDアルバムといえば、ケースの左側にあるヒンジ部分は大抵が黒か白だったものの、最近のCDアルバムはヒンジ部分も透明なものが多いので、クリア・タイプを購入することが多いのですが、同タイプの商品では「クリア」の他に「ブラック」と「ホワイト」も選べるようになっています。又、この10枚セットの他に30枚セットも用意されており、10枚セットよりも若干お得な価格設定になっています。

 

DVD・CD Case (クリア)

 

■ サンワサプライ DVD・CDケース(クリア)[FCD-PN10C]
• 収容量:ブルーレイメディア・DVD・CD 1枚
• 入数:10枚セット
• サイズ:約 W 142 × D 10 × H 124.5mm
• カラー:クリア
• 材質:PS

 

 

関連記事

市販の2枚組み音楽CDの交換用にプラケース(2種)を新たに購入 (2018年8月24日)

市販のCDアルバムと同サイズの2枚組用プラケース(ちょっぴり厚めのタイプ)を買う (2014年12月20日)

市販のCDアルバムと同サイズの2枚組用プラケースを買う (2011年10月16日)

音楽CDの入れ替え用ケース30枚セットを追加購入 (2011年9月9日)

CDケースの正しい開け方などというものがあったとは (2011年9月7日)

市販のCDアルバムと同サイズのプラケースを買う (2011年9月5日)

 

 

2020年7月12日

CMT CROSSROADS [DVD] / TAYLOR SWIFT & DEF LEPPARD (2009)

DVD Cover (front): CMT Crossroads / Taylor Swift & Def Leppard

アメリカのシンガーソングライター、テイラー・スウィフトと、イギリスのハードロックバンド、デフ・レパードによる夢の共演が収録されたこのDVDは、北米で人気の音楽テレビ番組"CMT Crossroads"で放送された映像ソースをベースに、番組では公開されなかったライヴ映像とインタビュー映像を加えてリリースされたものです。

パッケージのデザインは地味な印象ですが、肝心のライヴ・パフォーマンスの方は、デフ・レパードのメンバー5人にテイラー・スウィフト・バンドのメンバーが加わっての演奏ということで、音にも厚みがあり、華のあるテイラー・スウィフトの存在感も相まってきらびやかでゴージャスな雰囲気。

ちなみに、自分が購入したのは"Made in the EU"の輸入盤ですが、ブックレットのようなものは無く、封入物はDVDディスクのみといういたってシンプルな代物。

まぁ、これを購入する人というのは、大抵の場合、テイラー・スウィフトのファンか、デフ・レパードのファンのどちらかだと思うのですが、自分は後者の方ながらも、テイラー・スウィフトがジョー・エリオットと共に歌う"Photograph"、"Hysteria"、"When Love & Hate Collide"、"Pour Some Sugar On Me"、"Love"、"Two Steps Behind"といったデフ・レパードの曲も、どれもがオリジナルとはまた違った魅力があり、結構好きで気に入っています。

それにしても、これだけ魅力的で充実した演奏だと、ライヴ音源だけのCDがセットになったパックもリリースされていればなぁと思うところでもあります。いや、ほんと、DVDながらも、サウンドだけでも十分楽しめる作品だと思います。

なお、DVDにはボーナス映像として、本編のライヴ映像とは別にインタビューが収録されていますが、本編のライヴ映像の曲間にもボーナス映像とは別のインタビュー映像が挟み込まれています。

 

DVD Cover (back): CMT Crossroads / Taylor Swift & Def Leppard

見どころ、並びに聴きどころは、テイラー・スウィフトのファンか、デフ・レパードのファンかでも違ってくるのかもしれませんが、自分の場合は後者ということもあり、ストリングスが加わったバラード・タイプの"When Love & Hate Collide"と"Love"の2曲、それに、テイラー・スウィフトとジョー・エリオットの二人もアコースティック・ギターを持ち、アンプラグド・ライヴといった雰囲気で演奏される"Two Steps Behind"といったデフ・レパードの曲が特に印象的でしたね。

とは言え、私自身は、この共演をきっかけにテイラー・スウィフトにもなんとなく興味を持つようになったんですよね。

テイラー・スウィフト(ウィキペディア)
テイラー・スウィフト(Taylor Swift、1989年12月13日 - )は、アメリカ合衆国のカントリー、ポップシンガーソングライター。女優として映画やテレビドラマにも出演している。グラミー賞10回受賞(32回ノミネート)されている。■ 担当楽器:ボーカル、ギター、ウクレレ、ピアノ、バンジョー。

 

DVD Cover (back): CMT Crossroads / Taylor Swift & Def Leppard

 

DVD: CMT Crossroads / Taylor Swift & Def Leppard

TRACK LIST
1. Photograph / 2. Picture To Burn / 3. Love Story / 4. Hysteria / 5. Teardrops On My Guitar / 6. When Love & Hate Collide / 7. Should've Said No / 8. Pour Some Sugar On Me

[Special Features - Exclusive Bonus Footage]
• Performances: 1. Our Song / 2. Love / 3. Two Steps Behind
• Interviews: 1. Additional Interviews / 2. Press Conference

Songwriter(s)
• Joe Elliott, Pete Willis, Rick Savage, Robert John "Mutt" Lange, Steve Clark (1)
• Joe Elliott, Phil Collen, Rick Savage, Robert John "Mutt" Lange, Steve Clark (4, 8)
• Liz Rose, Taylor Swift (2, 5)
• Taylor Swift (3, 7 & Bonus Track 1)
• Joe Elliott, Rick Savage (6)
• Rick Savage (Bonus Track 2)
• Joe Elliott (Bonus Track 3)

NOTES
• Format: DVD
• Color/75 minutes / Wide Screen/16x9 / Dolby Digital / NTSC / 5.1 Surround Audio
• Region: 0 (All)
• Made in the EU (Import)
• DVDディスク以外の封入物は無し
• Recorded: October 6, 2008 (Television Premiere on November 7, 2008)

 

▼ Taylor Swift & Def Leppard - Photograph

https://www.youtube.com/watch?v=zSeX9kfSYxc

 

▼ Taylor Swift & Def Leppard - When Love & Hate Collide

https://www.youtube.com/watch?v=kj68r9pmNl0

 

▼ Taylor Swift & Def Leppard - Love

https://www.youtube.com/watch?v=pMr9EqnhLMM

 

▼ Taylor Swift & Def Leppard - Two Steps Behind

https://www.youtube.com/watch?v=l_46dWrmwbQ

 

 

関連記事

Hysteria 「ヒステリア」 [30th Anniversary Edition] (1987 / 2017) / Def Leppard

Vault: Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 (1995) / Def Leppard

X (2002) / Def Leppard

ギタリストのフィル・コリンがデフ・レパードに加入する前に在籍していたバンド「ガール」のファースト・アルバム
Sheer Greed 「シアー・グリード」 (1980) / Girl

2020年7月 5日

THE SECRET / ALAN PARSONS (2019)

Album Cover (front): The Secret / Alan Parsons    Album Cover (back): The Secret / Alan Parsons    CD Case (back cover): The Secret / Alan Parsons

この"The Secret"は、前作の"A Valid Path"以来、実に15年ぶりとなったアラン・パーソンズのスタジオ・アルバム。

アラン・パーソンズ・プロジェクト時代からの特徴である多彩なヴォーカル陣はここでも健在で、今回は元フォリナーのルー・グラムがヴォーカルをとる曲も含まれています。

又、長年のファンにとってはイアン・ベアンソンが2曲でギターを弾いているのも嬉しいところではないかと。

自分自身は、アラン・パーソンズが新作を制作していたなんて全く知らなかったので、リリースされたことに驚いたようなところもあったのですが、実際にアルバムを聴くと、これがまた素晴らしくて、更にビックリ! といった感じでした。

実際、正直言って、まさかこれほど充実度の高いアルバムだとは当初は予想だにしていませんでした。しかも、新たな名曲誕生とも言えるような魅力的な曲も含まれていますからね。

いや、ほんと、自分なりのアラン・パーソンズのベストを作っている人は、このアルバムを手に入れたならば、大幅に変更を余儀なくされること必至です(笑)。

個人的には、アラン・パーソンズがソロ名義でリリースしたアルバムの中で最も好きなアルバムはと言えば、これまでは1996年リリースの"On Air"だったのですが、今では、この"The Secret"もそれに匹敵するアルバムという認識で、甲乙つけがたしといったところ。

ちなみに、自分が購入したのは単品のCD(輸入盤)だったのですが、この"The Secret"は高音質のDVDオーディオがセットになった2枚組版もリリースされています。価格的にはCDのみのものとさほど変わらないので、自分も購入する際は若干迷ったんですけどね。

なお、若干遅れてリリースされた日本盤の方は2枚組仕様 (CD+DVD) のみでの発売になっているようです(加えて、日本盤のみのボーナス・トラックとして"As Lights Fall"のアコースティック・ヴァージョンが収録されています)。

 

▼ Alan Parsons - "As Lights Fall" (Official Music Video)

https://www.youtube.com/watch?v=qImCjQ4K988

 

▼ Alan Parsons - "Sometimes" featuring Lou Gramm (Official Audio)

https://www.youtube.com/watch?v=ijw2Zd0DrM0

 

▼ Alan Parsons - I Can't Get There from Here

https://www.youtube.com/watch?v=a7HO_nFzCNE

 

1曲目のインストゥルメンタル曲"The Sorcerer's Apprentice"について補足しておくと、この曲はフランスの作曲家ポール・デュカスが1897年に作曲した管弦楽曲「交響的スケルツォ『魔法使いの弟子』 / 「交響詩『魔法使いの弟子』」と表記されることもある」(フランス語: L'apprenti sorcier, scherzo symphonique)をベースにアレンジされた曲になるのですが、その原曲については、1940年にウォルト・ディズニーのアニメ映画「ファンタジア」(原題: Fantasia)に使用されたことにより、一般的にも広く知られるようになったそうです。

魔法使いの弟子 - ウィキペディア

ファンタジア (映画) - ウィキペディア

又、その映画「ファンタジア」のセグメントのひとつである「魔法使いの弟子」をベースに製作された映画「魔法使いの弟子」(原題: The Sorcerer's Apprentice)も2010年に公開されています。

魔法使いの弟子(映画) - ウィキペディア

 

▼ Dukas : L'apprenti sorcier, scherzo symphonique
https://www.youtube.com/watch?v=vagV1iDpfSQ

 

最後に付け加えておくと、アラン・パーソンズ曰く、この"The Secret"はマジックにインスパイアされて制作されたアルバムだそうです。なんでもアラン・パーソンズは手品が長年の趣味だそうで、そういった理由からマジックにインスパイアされたアルバムを作るのも自然な成り行きだったとのこと。

 

CD: The Secret / Alan Parsons

TRACK LIST
01. The Sorcerer's Apprentice [Instrumental]
02. Miracle [Lead Vocal - Jason Mraz]
03. As Lights Fall [Lead Vocal - Alan Parsons]
04. One Note Symphony [Lead Vocal - Todd Cooper]
05. Sometimes [Lead Vocal - Lou Gramm]
06. Soirée Fantastique [Lead Vocal - Todd Cooper, Alan Parsons]
07. Fly Tto Me [Lead Vocal - Mark Mikel]
08. Requiem [Lead Vocal - Todd Cooper]
09. Years Of Glory [Lead Vocal - P.J. Olsson / Solo Guitar - Ian Bairnson]
10. The Limelight Fades Away [Lead Vocal - Jordan Huffman]
11. I Can't Get There From Here I [Lead Vocal - Jared Mahone / Solo Guitar - Ian Bairnson]

NOTES
• Label: Frontiers Records
• Made in USA (Import)
• 歌詞付

• Album: US 36位

 

 

関連記事

The Best Of The Alan Parsons Project (1983) / The Alan Parsons Project

Ammonia Avenue (1984) / The Alan Parsons Project

Vulture Culture (1984) / The Alan Parsons Project

Stereotomy (1985) / The Alan Parsons Project

Gaudi (1987) / The Alan Parsons Project

Limelight - The Best Of Vol. 2 (1987) / The Alan Parsons Project

Try Anythig Once 「人生ゲーム」 (1993) / Alan Parsons

The Very Best Live (1995) / Alan Parsons

On Air (1996) / Alan Parsons

The Time Machine (1999) / Alan Parsons

2020年7月 1日

2020年1月~6月のプレイカウント・トップ 40

   Top 40 - My iTunes Play Count (2020年1月~6月)
  1. I Can't Get There From Here / Alan Parsons
  2. Sometimes / Alan Parsons
  3. Soirée Fantastique / Alan Parsons
  4. Miracle / Alan Parsons
  5. One Note Symphony / Alan Parsons
  6. Fly To Me / Alan Parsons
  7. Requiem / Alan Parsons
  8. Years Of Glory / Alan Parsons
  9. The Limelight Fades Away / Alan Parsons
  10. The Sorcerer's Apprentice / Alan Parsons
  11. As Lights Fall / Alan Parsons
  12. Unbelievable / Def Leppard
  13. Everyday / Def Leppard
  14. まひるの星 / Chisato Moritaka
  15. SNOW AGAIN / Chisato Moritaka
  16. Now / Def Leppard
  17. You're So Beautiful / Def Leppard
  18. 渡良瀬橋 / Chisato Moritaka
  19. Torn To Shreds / Def Leppard
  20. Let Me Be The One / Def Leppard
  1. 私がオバさんになっても / Chisato Moritaka
  2. All Over Now / The Cranberries
  3. In The End / The Cranberries
  4. Long Long Way To Go / Def Leppard
  5. Once Upon A Time / ELO Part II
  6. Thousand Eyes / ELO Part II
  7. For The Love Of A Woman / ELO Part II
  8. Blown Away / Jeff Lynne
  9. Now You're Gone / Jeff Lynne
  10. a gift / KOKIA
  11. 足音 / KOKIA
  12. KARMA / KOKIA
  13. EXEC_REBIRTHIA=PROTOCOL/. / KOKIA
  14. Ave Maria / KOKIA
  15. 調和 oto~with reflection~ / KOKIA
  16. EXEC_COSMOFLIPS/. / KOKIA
  17. 夢の途中 / KOKIA
  18. 銀色の夢 / Chisato Moritaka
  19. 道 / Chisato Moritaka
  20. Scar / Def Leppard

« 2020年6月 | トップページ | 2020年8月 »

TRANSLATE THIS SITE

ブログ内を画像で検索

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ