« 2020年1月~9月のプレイカウント・トップ 40 | トップページ | 日本でも良く知られる懐かしの海外の曲 (PART 4/10) »

2020年10月 4日

WINGSPAN - HITS AND HISTORY 「夢の翼~ヒッツ&ヒストリー」 [2CD] / PAUL McCARTNEY (2001)

CDの帯:夢の翼~ヒッツ&ヒストリー / ポール・マッカートニー

Album Cover (front): Wingspan - Hits and History / Paul McCartney   Album Cover (back): Wingspan - Hits and History / Paul McCartney   Wingspan - Hits and History / Paul McCartney

この「Wingspan - Hits and History / 夢の翼~ヒッツ&ヒストリー」は、TVドキュメンタリー「Wingspan」の放映に合わせてリリースされたポール・マッカートニー自身の選曲による2枚組ベスト・アルバムで、アルバムのタイトルにもあるように、ディスク 1の「ヒッツ」はその名の通りヒット曲が、そして、ディスク 2の「ヒストリー」にはポール自身のお気に入り曲が収録されています。

ポール・マッカートニーのベスト・アルバムと言えば、ウイングス時代にリリースされた1978年の「Wings Greatest / ウイングス・グレイテスト・ヒッツ」、そして、ソロ活動後の1987年にリリースされた「All The Best! / オール・ザ・ベスト」の2枚がこれまでにリリースされていたので、この"Wingspan - Hits and History"はそれに次ぐ3枚目のベスト・アルバムということになりますね。

ちなみに、その後の2016年には、ポール・マッカートニーのベスト・アルバムとしては最新版となる通算4作目のベスト・アルバム「Pure McCartney / ピュア・マッカートニー~オール・タイム・ベスト」(2枚組の通常盤と4枚組のデラックス・エディションの2種類)がリリースされています。

 

CDの帯(裏面側):夢の翼~ヒッツ&ヒストリー / ポール・マッカートニー   Slipcase (3D Lenticular Cover) + Jewel Case: Wingspan - Hits and History / Paul McCartney

 

実を言うと、このベストを買った理由のひとつに、1982年リリースのアルバム「Tug of War / タッグ・オブ・ウォー」 に収録されていた冒頭の2曲"Tug Of War"と"Take It Away"が共にシングル・ヴァージョンで収録されていたからといったことがあります(共に初CD化)。

というのも、個人的にも大好きなこの2曲、オリジナル・アルバムの"Tug of War"には曲間が無くメドレーのような形式で収録されているので、どちらかの曲だけを聴こうとする場合は、曲の終わり、もしくは曲の始めが切れてしまっていたのが、綺麗に分割されたシングル・ヴァージョンが収録されていることで、単体でも違和感なく聴けるんですよね。それに、この2曲のシングル・ヴァージョンが収録されているのは今現在に於いてもこのアルバムのみですからね。

しかも、現在では、先のベスト・アルバム"All The Best!"と同様に、この"Wingspan - Hits and History"も日本盤、輸入盤共に入手困難になっているようなので、多くのファンにとっても手放せない1枚になっているのではないかと思います。

なお、"Coming Up"は、イギリス及び日本盤では未発表ミックスのスタジオ・ヴァージョンが収録されていますが、アメリカ盤ではシングルとしてリリースされたライヴ・ヴァージョンが収録されています。又、日本盤にはボーナス・トラックとして、「Eat At Home / イート・アット・ホーム」(アナログ・レコード時代の邦題は「出ておいでよ、お嬢さん」)が追加収録されています。ちなみに、この"Eat At Home"は、ポール・マッカートニーのセカンド・アルバム「Ram / ラム」に収録されている曲で、ヨーロッパと日本ではシングルとしてもリリースされていた曲。

そして、初回版のパッケージもイギリス及び日本とアメリカでは違いがあるようなので、これから探して購入されるという場合はその辺りを考慮して選ばれてはいかがかと。

 

CDの帯(裏面側):夢の翼~ヒッツ&ヒストリー / ポール・マッカートニー

CDの帯(裏面側):夢の翼~ヒッツ&ヒストリー / ポール・マッカートニー

 

■ オリジナルのスタジオ・アルバムには収録されていない曲、及びヴァージョンについて挙げておくと。

[ディスク 1]
03. Another Day - オリジナル・アルバム未収録シングル
09. C Moony - オリジナル・アルバム未収録シングル
10. Hi, Hi, Hiy - オリジナル・アルバム未収録シングル
12. Goodnight Tonighty - オリジナル・アルバム未収録シングル
13. Junior's Farm - オリジナル・アルバム未収録シングル / DJエディット(初CD化)
14. Mull of Kintyre - オリジナル・アルバム未収録シングル
16. With a Little Luck - DJエディット

[ディスク 2]
03. Daytime Nighttime Suffering - オリジナル・アルバム未収録シングル("Goodnight Tonight"のB面)
05. Helen Wheels - オリジナル・アルバム未収録シングル(アルバム"Band on the Run"のアメリカ盤にのみ収録)
09. Take It Away - シングル・ヴァージョン(初CD化)
12. Venus And Mars/Rockshow - シングル・エディット(初CD化)
16. Waterfalls - DJエディット(初CD化)
20. Tug Of War - シングル・ヴァージョン(初CD化)
21. Bip Bop/Hey Diddle - 未発表音源

 

Booklet: Wingspan - Hits and History / Paul McCartney   Wingspan - Hits and History / Paul McCartney

 

TRACK LIST

Disc 1 (Hits)
01. Listen To What The Man Said / リッスン・トゥ・ホワット・ザ・マン・セッド(ウイングス)
02. Band On The Run / バンド・オン・ザ・ラン(ポール・マッカートニー&ウイングス)
03. Another Day / アナザー・デイ(ポール・マッカートニー)
04. Live And Let Die / 007/死ぬのは奴らだ(ウイングス)
05. Jet / ジェット(ポール・マッカートニー&ウイングス)
06. My Love / マイ・ラヴ(ポール・マッカートニー&ウイングス)
07. Silly Love Songs / 心のラヴ・ソング(ウイングス)
08. Pipes Of Peace / パイプス・オブ・ピース(ポール・マッカートニー)
09. C Moon / C・ムーン(ウイングス)
10. Hi Hi Hi / ハイ・ハイ・ハイ(ウイングス)
11. Let 'Em In / レット・エム・イン(ウイングス)
12. Goodnight Tonight / グッドナイト・トゥナイト(ウイングス)
13. Junior's Farm (DJ Edit) / ジュニアズ・ファーム(DJエディット)(ポール・マッカートニー&ウイングス)
14. Mull of Kintyre / 夢の旅人(ウイングス)
15. Uncle Albert/Admiral Halsey / アンクル・アルバート~ハルセイ提督(ポール&リンダ・マッカートニー)
16. With A Little Luck (DJ Edit) / ウィズ・ア・リトル・ラック(DJエディット)(ウイングス)
17. Coming Up / カミング・アップ(ポール・マッカートニー)
18. No More Lonely Nights / ノー・モア・ロンリー・ナイツ(ポール・マッカートニー)
19. Eat At Home / イート・アット・ホーム(ポール&リンダ・マッカートニー) [日本盤ボーナストラック]

Disc 2 (History)
01. Let Me Roll It / レット・ミー・ロール・イット(ポール・マッカートニー&ウイングス)
02. The Lovely Linda / ラヴリー・リンダ(ポール&リンダ・マッカートニー)
03. Daytime Nightime Suffering / デイタイム・ナイトタイム(ウイングス)
04. Maybe I'm Amazed / メイビー・アイム・アメイズド(ポール&リンダ・マッカートニー)
05. Helen Wheels / 愛しのヘレン(ポール・マッカートニー&ウイングス)
06. Bluebird / ブルーバード(ポール・マッカートニー&ウイングス)
07. Heart Of The Country / ハート・オブ・ザ・カントリー(ポール&リンダ・マッカートニー)
08. Every Night / エヴリナイト(ポール&リンダ・マッカートニー)
09. Take It Away / テイク・イット・アウェイ(ポール・マッカートニー)
10. Junk / ジャンク(ポール&リンダ・マッカートニー)
11. Man We Was Lonely / マン・ウィ・ワズ・ロンリー(ポール&リンダ・マッカートニー)
12. Venus And Mars/Rockshow (Single Edit) / ヴィーナス・アンド・マース/ロックショー(シングル・エディット)(ウイングス)
13. Back Seat Of My Car / バック・シート(ポール&リンダ・マッカートニー)
14. Rockestra Theme / ロケストラのテーマ(ウイングス)
15. Girlfriend / ガールフレンド(ウイングス)
16. Waterfalls / ウォーターフォールズ(ポール・マッカートニー)
17. Tomorrow / トゥモロウ(ウイングス)
18. Too Many People / トゥ・メニー・ピープル(ポール&リンダ・マッカートニー)
19. Call Me Back Again / コール・ミー・バック・アゲイン(ウイングス)
20. Tug Of War / タッグ・オブ・ウォー(ポール・マッカートニー)
21. Medley: Bip Bop/Hey Diddle/I Am Your Singer / メドレー:ビップ・ボップ~ヘイ・ディドル(ポール&リンダ・マッカートニー)
22. No More Lonely Nights (Playout Version) / ノー・モア・ロンリー・ナイツ(プレイアウト・ヴァージョン)(ポール・マッカートニー)

 

■ アナログ・レコード時代の邦題
[Disc 1]
01. リッスン・トゥ・ホワット・ザ・マン・セッド → あの娘におせっかい
11. レット・エム・イン → 幸せのノック
16. ウィズ・ア・リトル・ラック → しあわせの予感
18. ノー・モア・ロンリー・ナイツ → ひとりぼっちのロンリー・ナイト
19. イート・アット・ホーム → 出ておいでよ、お嬢さん
[Disc 2]
04. メイビー・アイム・アメイズド → 恋することのもどかしさ

 

NOTES

• 日本盤初回プレスCD(初回生産限定3Dジャケット) [Japanese First Pressing CD / Limited Edition]
• 初回生産限定スペシャルパッケージ
• 24ビット・デジタル・リマスタリング
• 解説・歌詞・対訳付(英文ブックレット+日本語ブックレット)
• 発売日:2001/5/9
• 品番:TOCP65746-47
• Japan Edition: Comes with slipcase featuring 3D image of the original cover + 1 Bonus Track

• Album: UK 5位 (Gold) / US 2位 (2x Platinum / 2001-RIAA)

 

▼ Paul McCartney - Tug of War

https://www.youtube.com/watch?v=s8IL9QW8keU

 

▼ Paul McCartney - Take It Away

https://www.youtube.com/watch?v=5z-iApVMr2Y

 

▼ Wings - With A Little Luck
https://www.youtube.com/watch?v=EwpNCkunqyE

▼ Paul McCartney & Wings - Goodnight Tonight
https://www.youtube.com/watch?v=DRCgueckAXE

▼ Paul McCartney & Wings - My Love
https://www.youtube.com/watch?v=ZmjN1O1ejS4

▼ Paul McCartney & Wings - Silly Love Songs
https://www.youtube.com/watch?v=wh15LOppcWQ

 

 

関連記事

All The Best! 「オール・ザ・ベスト」 (1987) / Paul McCartney

The Beatles 1962-1966 「赤盤」 [2CD] (1973) / The Beatles

The Beatles 1967-1970 「青盤」 [2CD] (1973) / The Beatles

その他の BEATLES 関連記事

和楽器を取り入れてアレンジされたビートルズの"While My Guitar Gently Weeps"がテーマ曲として使われています
海外で制作された日本が舞台のストップモーション・アニメ 2作品 - (2019年11月22日)

「渡良瀬橋」のプロモーションビデオは「レット・イット・ビー」へのオマージュとなっているなど、ビートルズ・ファンであることでも知られている森高千里さんのシングル・コレクション
The Singles 「ザ・シングルス」 [3CD] (初回生産限定仕様) (2012) / Chisato Moritaka

« 2020年1月~9月のプレイカウント・トップ 40 | トップページ | 日本でも良く知られる懐かしの海外の曲 (PART 4/10) »

音楽 (全てのカテゴリー)」カテゴリの記事

音楽 (BEATLES / PAUL McCARTNEY)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年1月~9月のプレイカウント・トップ 40 | トップページ | 日本でも良く知られる懐かしの海外の曲 (PART 4/10) »

TRANSLATE THIS SITE

ブログ内を画像で検索

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ