« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

2021年5月

2021年5月21日

ミニチュア戦車大集合~手持ちのコレクションを紹介 (PART-1)

先月は「軍用機のミニチュアモデル大集合」と題して軍用機のコレクションを紹介する記事を書いたのですが、実は、何を隠そう、というか、別に隠す必要はないのですが(笑)、戦車のミニチュアモデルもそこそこ持っています。ということで、今回はその戦車編として手持ちのコレクションをまとめて紹介(数えたら22個あったので、11個ずつを2回に分けて掲載)。

このミニチュア戦車、全長は約5センチ~7センチと、軍用機のミニチュアモデルよりも更に小さいサイズ(全長は爪楊枝とほぼ同じ)ながらも、これもまた中々精巧なフォルム。いやぁ、こういう造形が好きということもあるのですが、ずっと眺めていても全然見飽きることがないですね(笑)。

ただ、これらのミニチュア戦車は、全種が入ったセットを箱買いした一部のシリーズを除き、買って箱を開けるまでシリーズ内のどれが入っているかが分からないという代物だったため、好きな戦車をピンポイントで選んで買ったというわけではないんですよね。それでも、割と好みに沿った多種多様なフォルムの戦車を引き当てられた感じはしますけどね(取り分け欲しかった戦車は「PART-2」の方で紹介)。

それと、このシリーズは、ミニチュアモデル以外にも、モリナガ・ヨウ氏の挿絵付き解説書(実戦でのエピソードや裏話といったものが記されている)がそれぞれの戦車ごとに付属していて、これが味のあるイラストと相まって中々興味深く面白いんですよね。

 

▼ 1/144スケールモデル(約5センチ~7センチ) / プラスチック(スチロール樹脂)製

ミニチュア戦車(1/144スケール11個)

ミニチュア戦車(1/144スケール11個)

 

▼ アメリカ:M4A1中戦車シャーマン (Medium Tank M4A1 / Sherman)

アメリカ:M4A1中戦車シャーマン

▼ シャーマンVCファイアフライ(カナダ第27機甲師団) (Sherman VC Firefly)

シャーマンVCファイアフライ(カナダ第27機甲師団)

[参考資料]
M4中戦車(ウィキペディア)
シャーマン ファイアフライ(ウィキペディア)

 

▼ アメリカ:M551空挺戦車シェリダン(3色迷彩&砂漠迷彩) (M551 / Sheridan)

アメリカ:M551空挺戦車シェリダン(3色迷彩&砂漠迷彩)

[参考資料]
M551シェリダン(ウィキペディア)

■ ウィキペディアより抜粋編集
M551 シェリダンは、水陸両用の空挺戦車で、空挺戦車の名の通り輸送機からの空中投下が可能で、3個のパラシュートを開いて降下させる他、燃料と弾薬、および搭乗員を積載しない空虚重量状態であれば重量物輸送ヘリコプターによる吊り下げ輸送も可能であった。又、空挺戦車として要求された重量や浮航性を得るために車体がアルミ合金で構成されている。

 

▼ アメリカ:M48A3戦車パットン (M48 / Patton)

アメリカ:M48A3戦車パットン

[参考資料]
M48パットン(ウィキペディア)

 

▼ ソ連:JUS-152重突撃砲 (JSU-152)

ソ連:JUS-152重突撃砲(冬季迷彩)

[参考資料]
ISU-152 / JSU-152 (自走砲)(ウィキペディア)

 

▼ ソ連:KV-1A重戦車 (KV-1A)

ソ連:KV-1A重戦車

[参考資料]
KV-1(ウィキペディア)

 

▼ ソ連:JS-2mスターリン重戦車 (JS-2m)

ソ連:JS-2mスターリン重戦車

IS-2 / JS-2(ウィキペディア)

[参考資料]

 

▼ ソ連:T34/85中戦車 (T-34/85)

ソ連:T34/85中戦車

[参考資料]
T-34(ウィキペディア)

 

▼ ソ連:T-10M戦車 (T-10M)

ソ連:T-10M戦車(砂漠迷彩)

[参考資料]
T-10 (戦車)(ウィキペディア)

 


 

■ ミニチュアモデル / 商品名(シリーズ)

• アメリカ:M4A1中戦車シャーマン / ワールドタンクミュージアム(対決編)
• シャーマンVCファイアフライ(カナダ第27機甲師団) / ワールドタンクミュージアム(対決編)
• アメリカ:M551空挺戦車シェリダン(3色迷彩&砂漠迷彩) / ワールドタンクミュージアム(Series 09:戦後の戦車シリーズ)
• アメリカ:M48A3戦車パットン(単色迷彩x2) / ワールドタンクミュージアム(Series 09:戦後の戦車シリーズ)
• ソ連:JUS-152重突撃砲(冬季迷彩) / ワールドタンクミュージアム(Series 05:虎三昧)
• ソ連:KV-1A重戦車 / ワールドタンクミュージアム(対決編)
• ソ連:JS-2mスターリン重戦車 / ワールドタンクミュージアム(対決編)
• ソ連:T34/85中戦車 / ワールドタンクミュージアム(対決編)
• ソ連:T-10M戦車(砂漠迷彩) / ワールドタンクミュージアム(Series 09:戦後の戦車シリーズ)

 


 

■ 実車動画

▼ Tankfest 2018 - The Tank Museum, Bovington, UK

https://www.youtube.com/watch?v=ABLHkJ7Izt8

 

▼ Tankfest 2019 - The Tank Museum, Bovington, UK

https://www.youtube.com/watch?v=uCTrdB_dzeg

 

 

関連記事

軍用機のミニチュアモデル大集合~ファントム他、手持ちのコレクションを紹介 - (2021年4月10日)

軍用機のミニチュアモデルがおまけに付いた缶コーヒー - (2012年11月15日)

ウーパールーパーは商品名 / フランスの戦車のプラモデル「ナポレオン」もプラモデルのメーカーが勝手に付けた名称 - (2011年9月13日)

国産の新型戦車 - 10式戦車(ひとまるしきせんしゃ) - (2011年8月19日)

2021年5月 8日

COMMENT TE DIRE ADIEU 「さよならを教えて」 / FRANÇOISE HARDY (1968)

CDの帯:さよならを教えて / フランソワーズ・アルディ

Album Cover (front): Comment Te Dire Adieu / FranÇoise Hardy

アルバムのジャケットには"FranÇoise Hardy"の表記しかないものの、1曲目の「Comment Te Dire Adieu / さよならを教えて」が特に有名なこともあり、一般的には「Comment Te Dire Adieu / さよならを教えて」のアルバム名で知られるフランソワーズ・アルディの代表作が本国のフランスでは9作目となるこのアルバム。

一応、補足しておくと、彼女のアルバムは、以前からタイトル無しでリリースされることが多かったらしく、本作が"FranÇoise Hardy"というセルフタイトルのアルバムということではないようです。

自分はジャケットだけは見覚えがあったこのアルバムを当初(購入前)はベストアルバムと勘違いしていたのですが、実際、それこそ、何も知らずに聴けばベストアルバムと勘違いしそうなくらい内容的にも魅力的な曲が目白押しなアルバムではありますね。

Album Cover (back): Comment Te Dire Adieu / FranÇoise Hardy

で、その一般的にはアルバムのタイトルにもなっている曲"Comment Te Dire Adieu"はフランス語によるカヴァー曲で、オリジナルは、1940年代~1950年代にかけて人気を博したアメリカ人シンガーのマーガレット・ホワイティングが1966年に発表したアルバム"The Wheel of Hurt"に収録されていた"It Hurts to Say Goodbye"という英語詞の曲。

ちなみに、翌1967年(フランソワーズ・アルディがカヴァーする前年)には、一足先にイギリスの国民的シンガー、ヴェラ・リンが比較的オリジナルに忠実なカヴァー (It Hurts to Say Goodbye) をリリースし、米ビルボード誌のアダルト・コンテンポラリー・チャートで7位となるヒットを記録していました。

補足:ヴェラ・リン (Vera Lynn)
昨年の2020年に103歳で死去。2009年(92歳時)にリリースされたベスト・アルバム"We'll Meet Again: The Very Best of Vera Lynn"が英チャートで1位を記録し、英チャート史上最高齢のNo.1ヒットを記録したアーティストにもなっていた。又、その後の2017年に100歳の誕生日を記念してリリースしたアルバム"Vera Lynn 100"も英3位を記録するなど、イギリスに於いては絶大な人気を誇っていた国民的シンガー。

 

▼ Margaret Whiting - It Hurts to Say Goodbye (1966)
https://www.youtube.com/watch?v=_QgWHXP5Qts

▼ Vera Lynn - It Hurts to Say Goodbye (1967)
https://www.youtube.com/watch?v=EAsGnksdP-8

 

とは言っても、取り分け日本に於いては、1968年にフランソワーズ・アルディが発表したこのフランス語によるカヴァー・ヴァージョンが、オリジナル以上に有名で、広く知られるところではないかと(ちなみに、ウィキペディアには「日本では5年後の1973年にヒットした」と記されている)。

まぁ、かく言う自分も、当初はこれがカヴァー曲で、元々は英語で歌われていた曲だなんてことは全く知らなかったのですが、今聴いても、フランス語とマッチした素晴らしいアレンジのカヴァーだと思いますね(個人的には語りの部分の雰囲気が特に好き)。なお、フランソワーズ・アルディは、その後、この曲をイタリア語とドイツ語でもレコーディングしています。

 

▼ FranÇoise Hardy - Il pretesto (Italian Version)
https://www.youtube.com/watch?v=hK3fovvoVqk

▼ FranÇoise Hardy - Was mach' ich ohne dich (German Version)
https://www.youtube.com/watch?v=S4UBfiXzjOo

 

又、アルバムには"Comment Te Dire Adieu"の他にも幾つかのカヴァー曲が含まれており、例えば、4曲目に収録されている「Suzanne / スザンヌ」は、カナダの詩人でシンガーソングライターのレナード・コーエンが1967年に発表した曲のフランス語によるカヴァー。ちなみに、この曲はその後も、ニーナ・シモン(1969年)、ナンシー・ウィルソン(1970年)、ロバータ・フラック(1973年)、アレサ・フランクリン(2007年)、シルヴィ・バルタン(2007年)、ジェームス・テイラー(2008年)など数多くのミュージシャンによりカヴァーされています。

 

▼ Leonard Cohen - Suzanne
https://www.youtube.com/watch?v=svitEEpI07E

 

その他、特筆すべき曲を挙げておくと、5曲目の「Il N'y A Pass D'amour Heureux / しあわせな愛はない」は、前年にリリースされた前々作のアルバム「Ma jeunesse fout le camp... / もう森へなんか行かない」にも収録されていた曲の再録音版。直ぐにまた再録音したことについては、オーケストレーションが不満だったらしいといったことが付属のライナーノーツに記載されています。

そして、8曲目の「À Quoi ça Sert ? / 何になるの?」と、10曲目の「La Rue Des Coeurs Perdus (Lonesome Town) / 失恋通り」は、フランソワーズ・アルディ自身が作詞作曲を手掛けた曲。

それにしても、この2016年の再発盤は低価格の廉価盤にも関わらず、ライナーノーツには全曲の解説が詳しく記載されており、それぞれの曲の生い立ちが知れて良いですね。ジャケットもペラペラじゃなく自立できる程度の厚みのある紙が使われおり、CDのラベルも質感のある塗装で好感が持てます。しかも最新の2016年デジタル・リマスタリングで、更には、廉価盤だと省かれることもある歌詞と日本語訳もしっかりと付いてますからね。加えて、シリーズもの特有の品の無い帯じゃないのも良いところ(笑)で、ほんとこれは輸入盤じゃなく日本盤を買ってよかった思える再発盤のひとつ。

 

CD Case (back cover): Comment Te Dire Adieu / FranÇoise Hardy

TRACK LIST
1. Comment Te Dire Adieu (It Hurts to Say Goodbye) / さよならを教えて
2. Où Va La Chance ? (There But for Fortune) / 幸運はどこへ行くの?
3. L'anamour / 愛の欠乏
4. Suzanne / スザンヌ
5. Il N'y A Pass D'amour Heureux / しあわせな愛はない
6. La MéSange (Sabiá) / シジュウカラ
7. Parlez-Moi De Lui (The Way of Love) / 彼のこと話して
8. À Quoi ça Sert ? / 何になるの?
9. Il Vaut Mieux Une Petit Maison Dans La Main Qu'un Grand Ch Teau Dans Les Nauges / 夢物語よりささやかな愛のほうがいいわ
10. La Rue Des Coeurs Perdus (Lonesome Town) / 失恋通り
11. Étonnez-Moi, Benoît...! / 驚かせてよ、ブノワ!
12. La Mer, Les Étoiles Et Le Vent / 海と星と風

※ フランス語では「?」(疑問符 / クエスチョンマーク)の前にスペースが入る

 

NOTES
• Tracks 8, 10: Lyrics and Music by FranÇoise Hardy

• 2016年デジタル・リマスタリング
• 解説・歌詞・対訳付
• 品番:WPCR-17554
• CD発売日:2016年12月14日(再発盤 / Reissue from 1968)

 

▼ FranÇoise Hardy - Comment Te Dire Adieu

https://www.youtube.com/watch?v=SJquCcBvkXE

 

▼ FranÇoise Hardy - Où Va La Chance ?

https://www.youtube.com/watch?v=mOGPeC62kz8

 

▼ FranÇoise Hardy - L'anamour

https://www.youtube.com/watch?v=LQxPnLE4TLk

2021年5月 1日

2021年1月~4月のプレイカウント・トップ 40

   Top 40 - My iTunes Play Count (2021年1月~4月)
  1. Comment Te Dire Adieu (It Hurts to Say Goodbye) / Francoise Hardy
  2. Où Va La Chance ? (There But for Fortune) / Francoise Hardy
  3. L'Anamour / Francoise Hardy
  4. Suzanne / Francoise Hardy
  5. Il N'y A Pas D'amour Heureux / Francoise Hardy
  6. La MéSange (Sabiá) / Francoise Hardy
  7. Parlez-Moi De Lui (The Way of Love) / Francoise Hardy
  8. À Quoi ça Sert ? / Francoise Hardy
  9. Il Vaut Mieux Une Petite Maison Dans Les Nuages / Francoise Hardy
  10. La Rue Des Coeurs Perdus (Lonesome Town) / Francoise Hardy
  11. Étonnez-Moi, Benoît...! / Francoise Hardy
  12. La Mer, Les Étoiles Et Le Vent / Francoise Hardy
  13. Friday Night Fantasy / Pierre Porte Orchestra
  14. Don't Know Why / Norah Jones
  15. Seven Years / Norah Jones
  16. Cold Cold Heart / Norah Jones
  17. Feelin' The Same Way / Norah Jones
  18. Come Away With Me / Norah Jones
  19. Shoot The Moon / Norah Jones
  20. Turn Me On / Norah Jones
  1. Lonestar / Norah Jones
  2. I've Got To See You Again / Norah Jones
  3. Painter Song / Norah Jones
  4. One Flight Down / Norah Jones
  5. Nightingale / Norah Jones
  6. The Long Day Is Over / Norah Jones
  7. The Nearness Of You / Norah Jones
  8. 夜からの旅立ち (フライデーナイト・ファンタジー) / Mariko Tone
  9. STAY WITH ME (日本語バージョン) / Mariko Tone
  10. Endless Love (Instrumental) / Soundtrack
  11. Sometimes / Alan Parsons
  12. I Can't Get There From Here / Alan Parsons
  13. La Sagrada Familia [Live in Colombia] / The Alan Parsons Symphonic Project
  14. Silence And I [Live in Colombia] / The Alan Parsons Symphonic Project
  15. Old And Wise [Live in Colombia] / The Alan Parsons Symphonic Project
  16. Honey Money / New England
  17. No Place To Go / New England
  18. Hope / New England
  19. Fool Me Again / Nicolette Larson
  20. It's A Feeling / TOTO

« 2021年4月 | トップページ | 2021年6月 »

TRANSLATE THIS SITE

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

AD

プライバシーポリシー

ブログ内を画像で検索

商品検索

  • amazon
無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く