音楽 (BANGLES)

2014年10月18日

UNDER THE COVERS Vol. 2 / MATTHEW SWEET AND SUSANNA HOFFS (2009)

CDの帯:アンダー・ザ・カバーズ - グレイテスト・ポップ・パラダイス - / マシュー・スウィート & スザンナ・ホフスAlbum Cover (front): Under The Covers Vol. 2 / Matthew Sweet and Susanna Hoffs   Album Cover (back): Under The Covers Vol. 2 / Matthew Sweet and Susanna Hoffs

「Matthew Sweet / マシュー・スウィート」と「Susanna Hoffs / スザンナ・ホフス」のカヴァーアルバム第2弾となるのが、こちらの"Under The Covers Vol. 2"。

"Vol. 2"が出たということは、"Vol. 1"が好評だったんでしょうかね。ただ、前作のタイトルには既に"Vol. 1"と記されていたので、もしかしたら予め予定されていたのかも?なんてことを思ったりもしたのですが、でも、"Vol. 1"がリリースされたのは3年前の2006年ですからね・・・。まぁ、この辺りの経緯については全く分からないのですが、昨年(2013年)の11月には"Vol. 3"もリリースされているので、割と好評だったんじゃないかと思います。

ただ、そうは言っても、私自身は"Vol. 1"は持っていないんですよね。何で、こちらの"Vol. 2"は買ったのかといえば、知ってる曲が比較的多かったからで、"Vol. 3"も知っている曲が多かったら購入していたのかも知れませんが、知らない曲ばかりだったので、今のところはこちらもまだ購入していません。

このアルバムの購入層はといえば、多くはマシュー・スウィートかスザンナ・ホフスのファンということになるかと思うのですが、私は後者の方で、正直、マシュー・スウィートについては殆ど何も知らずに購入しました。

ちなみに、"Vol. 1"では'60年代の楽曲が中心のカヴァーアルバムでしたが、"Vol. 2"は'70年代の楽曲を中心にセレクトされています。

アルバムにはゲスト・ミュージシャンとして、3曲目の"Second Hand News"では、フリートウッド・マックのメンバーで、この曲の作者でもあるリンジー・バッキンガムがギターで参加。又、8曲目のイエスのカヴァー曲"I've Seen All Good People: Your Move / All Good People"では、そのイエスのメンバーだった"Steve Howe"がギターで参加。そして、16曲目のジョージ・ハリスンのカヴァー曲"Beware Of Darkness"では、ジョージ・ハリスンの息子であるダーニ・ハリスンがギターで参加しています。

Booklet: Under The Covers Vol. 2 / Matthew Sweet and Susanna Hoffs   CD: Under The Covers Vol. 2 / Matthew Sweet and Susanna Hoffs   CD Case (back cover): Under The Covers Vol. 2 / Matthew Sweet and Susanna Hoffs

私自身は、知っている曲が比較的多かったということもあり、比較的安心して楽しめるアルバムでもあったわけですが、曲順に関しては、個人的な好みで並び替えて聴いています。まぁ、並び替えといっても、概ね、前半に好きな曲を集めているだけなのですが、1曲目は、バングルスでとりあげても全く違和感が無い印象もあるブロンディーの"Dreamin'"、2曲目が、エリック・カルメンが在籍していたラズベリーズの"Go All The Way"、3曲目が、エリック・クラプトンが在籍していたデレク・アンド・ザ・ドミノスの"Bell Bottom Blues"、そして4曲目は、デヴィッド・ボウイがモット・ザ・フープルのために書いた"All The Young Dudes"といった感じです。ただし、オリジナルの曲順でも"Bell Bottom Blues"と"All The Young Dudes"は、3曲目と4曲目といった具合に続いており、このロッカ・バラードが続く流れは、このアルバムでも気に入っている部分でもありますね。

余談ではありますが、そのロッカ・バラードの"All The Young Dudes"に関していえば、私が初めてこの曲を知ったのは、1992年に行われた フレディ・マーキュリー追悼コンサート (Freddie Mercury Tribute Concert) において、この曲がモット・ザ・フープルのメンバーだったイアン・ハンターとミック・ロンソン、それにデヴィッド・ボウイが加わって披露されたライヴ・ヴァージョンでして、この時から良い曲だなとは思っていたのですが、まさか、この曲をこうした形で聴くようになるとは思ってもみませんでしたね。

アルバムには、その他にも、カーリー・サイモンや、ロッド・スチュワート、"IF"でお馴染みのブレッドに、ジョン・レノンといった日本でも知名度が高い有名どころのカヴァーも収録されています。自分の場合は、カーリー・サイモンの"You're So Vain"なんかは知らないと思っていたら聞き覚えのある曲でしたし、70年代の洋楽を聴いていた人には割と取っ付きやすいのではないかと思います。

日本盤のボーナストラックについて言えば、先にも述べたように、自分のプレイリストでは1曲目に持ってきているブロンディのヒット曲"Dreamin'"がスザンナのヴォーカルと上手くマッチしている感じで好きですね。他にも、このボーナス・トラックの中からは、ニック・ロウが在籍していたブリンズリー・シュウォーツの"(What So Funny 'Bout) Peace, Love And Understanding"(後にエルヴィス・コステロ & ジ・アトラクションズがカヴァー)や、ジェームス・テイラーの"You Can Close Your Eyes"といった曲はプレイリストの前半部分に持ってきています。

ただ、この日本盤CD、歌詞も対訳も付いてないのがちょっと残念。

なお、日本盤には5曲のボーナス・トラックが収録されていますが、"iTunes Store"などの音楽配信サイトでは、日本盤収録の5曲に、更に5曲を加えた計10曲のボーナス・トラック入りの"Deluxe Edition"も配信限定でリリースされています。

 

▼ Matthew Sweet and Susanna Hoffs - Dreaming
https://www.youtube.com/watch?v=8PIIcFcq1Yk

▼ Matthew Sweet and Susanna Hoffs - Go All The Way
https://www.youtube.com/watch?v=uhNKtrXjs4c

▼ Matthew Sweet and Susanna Hoffs - Bell Bottom Blues
https://www.youtube.com/watch?v=lZBvG65daWQ

▼ Matthew Sweet and Susanna Hoffs - All The Young Dudes
https://www.youtube.com/watch?v=EqyNcMOMjso

▼ Matthew Sweet and Susanna Hoffs - You're So Vain
https://www.youtube.com/watch?v=_gG-0FoPVRs

 

CDの帯(裏):アンダー・ザ・カバーズ - グレイテスト・ポップ・パラダイス - / マシュー・スウィート & スザンナ・ホフスTRACK LIST (Japan Edition)

1. Sugar Magnolia [Grateful Dead]
2. Go All The Way [Raspberries]
3. Second Hand News [Fleetwood Mac]
4. Bell Bottom Blues [Derek and the Dominos]
5. All The Young Dudes [Mott the Hoople]
6. You're So Vain [Carly Simon]
7. Here Comes My Girl [Tom Petty and the Heartbreakers]
8. I've Seen All Good People: Your Move / All Good People [Yes]
9. Hello It's Me [Todd Rundgren]
10. Willin' [Little Feat]
11. Back Of A Car (Big Star]
12. Couldn't I Just Tell You [Todd Rundgren]
13. Gimme Some Truth [John Lennon]
14. Maggie May [Rod Stewart]
15. Everything I Own [Bread]
16. Beware Of Darkness [George Harrison]
Bonus Tracks:
17. (What So Funny 'Bout) Peace, Love And Understanding [Brinsley Schwarz]
18. Killer Queen [Queen]
19. I Wanna Be Sedated [Ramones]
20. Dreamin' [Blondie]
21. You Can Close Your Eyes [James Taylor]

 

NOTES

• Matthew Sweet - Vocals, Guitars, Bass, Ukulele, Tabla Drums, Percussion, Piano, Organ, Mellotron, Electric Harpsichord
• Susanna Hoffs - Vocals, Guitar, Percussion

Guest Musicians:
• Lindsey Buckingham - Guitars (Guitars, Lead Guitar) on "Second Hand News"
• Steve Howe - Guitars (Portuguese 12 String Acoustic Guitar, Electric Lead Guitar) on "I've Seen All Good People: Your Move / All Good People"
• Dhani Harrison - Guitars (Acoustic and Electric Guitars) on "Beware of Darkness"

Tracks 17-21: Japan Only Bonus Tracks

 

 

関連記事

Someday (2012) / Susanna Hoffs

Some Summer Days (2012) / Susanna Hoffs

音楽 (BANGLES) のカテゴリー

ブロンディのベストアルバム(「Dreaming / ドリーミン」を収録)
Greatest Hits (2002) / Blondie

ラズベリーズのベストアルバム(「Go All the Way / ゴー・オール・ザ・ウェイ」を収録)
Raspberries' Best - Featuring Eric Carmen (1976) & The Very Best Of Raspberries (2006) / Raspberries

ロッド・スチュワートのベストアルバム(「Maggie May / マギー・メイ」を収録)
The Best of Rod Stewart 「ベスト・オブ・ロッド・スチュワート」 (1989) / Rod Stewart

2013年1月21日

MANIC MONDAY - THE BEST OF THE BANGLES (2007) & DEFINITIVE COLLECTION (2003) / BANGLES

Album Cover: Manic Monday-The Best Of The Bangles / Bangles   Manic Monday-The Best Of The Bangles / Bangles   Manic Monday-The Best Of The Bangles / Bangles

Manic Monday - The Best Of The Bangles (2007)

こちらは2枚組全36曲収録の「Manic Monday - The Best Of The Bangles」。ベストとは言っても、1stと2ndアルバムの全曲と、3rdアルバムの3曲("Glitter Years"、"Make a Play for Her Now"、"Waiting for You")を除く10曲、それに"Less Than Zero"のサウンド・トラック収録の"Hazy Shade Of Winter"に、バンド解散後の1990年にリリースされた"Greatest Hits"に収録のオリジナルアルバム未収録曲"Everything I Wanted"と"Where Were You When I Needed You"の2曲、といった具合に、もはや漏れている曲を挙げた方が早い曲構成になっています。

そんなことから、果たしてこれをベストと呼んでいいものかという気もしますが、それでも、通常のベスト盤には収録されないような曲が多数収録されているので、ベスト盤を何枚も買うようだったらコレを買った方が良いようにも思います。ただ、個人的には漏れている曲の"Make a Play for Her Now"と"Waiting for You"は好きな楽曲なので、その点はちょっと残念。

ということで、'80年代にリリースされたシングル曲も、このアルバムには全て収録されています。ちなみにシングルとなった曲とチャートでの順位は以下のとおり。

Singles
Disc 1-1. Manic Monday (US No.2, UK No.2) / Disc 1-2. Going Down To Liverpool (UK No.56) / Disc 1-3. Walk Like An Egyptian (US No.1, UK No.3) / Disc 1-4. If She Knew What She Wants (US No.29) / Disc 1-15. Walking Down Your Street (US No.11, UK No.16) / Disc 1-17. Following (UK No.55) / Disc 2-1. Hazy Shade Of Winter (US No.2, UK No.11) / Disc 2-2. In Your Room (US No.5, UK No.35) / Disc 2-3. Eternal Flame (US No.1, UK No.1) / Disc 2-4. Be With You (US No.30, UK No.23) / Disc 2-5. I'll Set You Free (UK No.74)

なお、クレジット表記はされていないものの、"Be With You"と"I'll Set You Free"は1990年にリリースされた"Greatest Hits"にも収録されているシングルヴァージョンが収録されています。

CD Case (inside): Manic Monday-The Best Of The Bangles / Bangles  CD Case (inside): Manic Monday-The Best Of The Bangles / Bangles

 

TRACK LIST
[Disc 1]: 1. Manic Monday / 2. Going Down To Liverpool / 3. Walk Like An Egyptian /  4. If She Knew What She Wants / 5. Hero Takes A Fall / 6. Live / 7. James / 8. All About You / 9. Dover Beach / 10. Tell Me / 11. Restless / 12. He's Got A Secret / 13. Silent Treatment / 14. More Than Meets The Eye / 15. Walking Down Your Street / 16. In A Different Light / 17. Following / 18. Standing In The Hallway

[Disc 2]: 1. Hazy Shade Of Winter / 2. In Your Room / 3. Eternal Flame / 4. Be With You / 5. I'll Set You Free / 6. Return Post / 7. Where Were You When I Needed You / 8. Let It Go / 9. September Gurls / 10. Angels Don't Fall In Love / 11. Not Like You / 12. Complicated Girl / 13. Bell Jar / 14. Something To Believe In / 15. Watching The Sky / 16. Some Dreams Come True / 17. Crash And Burn / 18. Everything I Wanted

 

▼ Bangles - Manic Monday

https://www.youtube.com/watch?v=POYeQI4HyNg

 

▼ Bangles - Walk Like an Egyptian (TopPop)

https://www.youtube.com/watch?v=JA0VfqtIK_A

 


 

Album Cover: Definitive Collection / Bangles   CD Case (inside): Definitive Collection / Bangles

Definitive Collection (2003)

そして、こちらは「Definitive Collection」。特徴的なのは、ジャケットに「feat. Susanna Hoffs」とクレジットされているとおり、スザンナ・ホフスのソロアルバムからも4曲が収録されている点です。その他のバングルスの曲については概ねヒット曲を中心にセレクトされています。なお、こちらも表記はされていないものの、"I'll Set You Free"はシングルヴァージョンが収録されています。

ということで、メジャーデビューしてから僅か3枚のアルバムを残して解散してしまった'80年代のバングルスですが、それにしてもリリースされているベスト盤の数の多いこと。ただ、かく言う私も、この時代のバングルスのベスト盤をオリジナルアルバムの数以上に持っているのですから、そうとやかくも言えないんですけどね。

 

TRACK LIST
1. Walk Like An Egyptian / 2. Walking Down Your Street / 3. Manic Monday / 4. Eternal Flame / 5. My Side Of The Bed [Susanna Hoffs] / 6. If She Knew What She Wants / 7. Be With You / 8. Following / 9. In A Different Light / 10. Unconditional Love [Susanna Hoffs] / 11. Hazy Shade Of Winter / 12. In Your Room / 13. I'll Set You Free / 14. No Kind Of Love [Susanna Hoffs] / 15. Everything I Wanted / 16. Going Down To Liverpool / 17. Some Dreams Come True / 18. Wishing On Telstar [Susanna Hoffs] / 19. Waiting For You / 20. Hero Takes A Fall / 21. All About You

 

▼ Bangles - In Your Room

https://www.youtube.com/watch?v=KtEXOUCCTpM

 

▼ Bangles - Eternal Flame

https://www.youtube.com/watch?v=PSoOFn3wQV4

 

 

関連記事

Eternal Flame - Perfect Best (2009) & Star Box (1993) / Bangles

その他の BANGLES 関連記事

Dolll Revolution (2003) / The Bangles

Return To Bangleonia [DVD] (2007) / The Bangles

Under The Covers Vol. 2 (2009) / Matthew Sweet and Susanna Hoffs

Sweetheart Of The Sun (2011) / The Bangles

Someday (2012) / Susanna Hoffs

Some Summer Days (2012) / Susanna Hoffs

面白動画 - Bangles (カメラディレクターはマイケル・スティールがお好き)

2013年1月16日

ETERNAL FLAME - PERFECT BEST (2009) & STAR BOX (1993) / BANGLES

CDの帯:エターナル・フレーム ~ パーフェクト・ベスト / バングルスAlbum Cover (front): Eternal Flame - Perfect Best / BanglesEternal Flame - Perfect Best [CD+DVD] (2009)

この「エターナル・フレーム~パーフェクト・ベスト」は日本だけの企画盤で、初回盤のみ、ビデオクリップ4曲を収録した"DVD"が付いています。

そして、パッケージの何処にも表記はされていませんが、聴いた限りでは全曲ともリマスター音源が使用されているようです。また、同様にクレジット表記は無いものの、"Be With You"と"I'll Set You Free"はシングルヴァージョンが収録されています。

その他の特徴としては、オリジナルアルバム未収録の"I Got Nothing"(1985年の映画、グーニーズのサントラに収録されている曲とは別のヴァージョン)と、同じくオリジナルアルバム未収録の"Everything I Wanted"と"Where Were You When I Needed You"(共にバンド解散後の1990年にリリースされた"Greatest Hits"に収録)の2曲、それにスザンナ・ホフスのソロアルバムから"Unconditional Love"が収録されているといったところです。

ちなみにスザンナ・ホフスの"Unconditional Love"はシンディ・ローパーのカヴァー曲なのですが、個人的に大好きな曲のひとつで、アメリカとイギリスで共にナンバーワンを記録したバングルスの大ヒット曲、"Eternal Flame"と通じるメロディーラインを持った名バラードです。勿論、"Eternal Flame"と通じるメロディーラインには訳があって、"Eternal Flame"の作者が"Susanna Hoffs"、"Billy Steinberg"、"Tom Kelly"の3人なのに対し、"Unconditional Love"は"Cyndi Lauper"、"Billy Steinberg"、"Tom Kelly"の3人といった具合に、スザンナ・ホフスとシンディ・ローパーが入れ替わっただけで、後の2人は同じ人物なんですよね。それでもカヴァー曲とはいえ、まるでスザンナのために生まれたかのような、スザンナのキュートでエモーショナルなヴォーカルが映える曲だと思います。

 

CD: Eternal Flame-Perfect Best / Bangles   DVD: Eternal Flame-Perfect Best / Bangles   CD Case (back): Eternal Flame - Perfect Best / Bangles

 

TRACK LIST  (DVD付き初回生産限定盤)
[CD]
1. Eternal Flame / 2. Manic Monday / 3. Walk Like An Egyptian / 4. Hazy Shade Of Winter / 5. If She Knew What She Wants / 6. In Your Room / 7. Be With You / 8. Following / 9. Going Down To Liverpool / 10. Walking Down Your Street / 11. Hero Takes A Fall / 12. I'll Set You Free / 13. Everything I Wanted / 14. Where Were You When I Needed You / 15. September Gurls / 16. James / 17. I Got Nothing / 18. Unconditional Love (Susanna Hoffs)

1. 胸いっぱいの愛 / 2. マニック・マンデー / 3. エジプシャン / 4. 冬の散歩道 / 5. ホワット・シー・ウォンツ / 6. 恋の手ほどき IN YOUR ROOM / 7. いつでも BE WITH YOU / 8. フォローイング / 9. ゴーイング・ダウン・トゥ・リヴァプール / 10. ウォーキン・ダウン・ユア・ストリート / 11. 堕ちたヒーロー / 12. セット・ユー・フリー / 13. エヴリシング / 14. アイ・ニード・ユー / 15. 9月の少女 / 16. ジェームス / 17. アイ・ガット・ナッシング / 18. あふれる想い(スザンナ・ホフス)

[DVD]
1. Eternal Flame (Video Clip) / 2. Manic Monday (Video Clip) / 3. Walk Like An Egyptian (Video Clip) / 4. In Your Room (Video Clip)

1. 胸いっぱいの愛(ビデオ・クリップ) / 2. マニック・マンデー(ビデオ・クリップ) / 3. エジプシャン(ビデオ・クリップ) / 4. 恋の手ほどき IN YOUR ROOM(ビデオ・クリップ)

NOTES
• DVD付き初回生産限定盤
• This album is released in Japan only
• 解説・歌詞・対訳付

 

▼ Bangles - I Got Nothing (Alternate Mix)

https://www.youtube.com/watch?v=P50hP45kJMs

 

▼ Susanna Hoffs - Unconditional Love

https://www.youtube.com/watch?v=RAmr0lBcefQ

 


 

CDの帯:Star Box / バングルスAlbum Cover (front): Star Box / BanglesStar Box / Bangles (1993)

そしてこちらが1993年に同じく日本だけでリリースされた限定版の"Star Box / Bangles"です。特徴としては"Manic Monday"の「Extended "California" Version」と、"If She Knew What She Wants"の「Extended Remix」が収録されているということになるかと思うのですが、個人的には、"Eternal Flame"と同じ3人("Susanna Hoffs"、"Billy Steinberg"、"Tom Kelly")で作られた"Waiting for You"と、"Vicki Peterson"と元キッスのギタリスト"Vinnie Vincent"による共作曲の"Make a Play for Her Now"が含まれているという点が嬉しいですね。

この"Star Box/Bangles"には、1stアルバムの"All Over the Place" (1984) から4曲、2ndアルバムの"Different Light" (1986) から6曲、そして、1987年公開の映画"Less Than Zero"のサウンド・トラックに収録されていたサイモン&ガーファンクルのカヴァー曲"A Hazy Shade Of Winter"(冬の散歩道)を挟んで、3rdアルバムの"Everything" (1988) から5曲と、最後には先に述べた"Manic Monday"の「Extended "California" Version」と、"If She Knew What She Wants"の「Extended Remix」の2曲が収録されており、ボーナストラックのような形で最後に収録されている別ヴァージョンの2曲を除けば、曲順も年代順に配列されています。ちなみにサイモン&ガーファンクルのオリジナルヴァージョン以上のヒットを記録した"A Hazy Shade Of Winter"(冬の散歩道)はバンド解散後の1990年にリリースされた"Greatest Hits"にも収録されています。

ということで、選曲に関しては各年代から満遍なく選曲されており、ソツなくまとめられた印象があるのですが、ただ、いかにも企画盤といったジャケットのデザインは、多少残念なところではあります。

 

CD: Star Box / Bangles   CD Case (back): Star Box / Bangles

 

TRACK LIST
1. Hero Takes A Fall / 2. Dover Beach / 3. Going Down To Liverpool / 4. More Than Meets The Eye / 5. Manic Monday / 6. In A Different Light / 7. Walking Down Your Street / 8. Walk Like An Egyptian / 9. If She Knew What She Wants / 10. Angels Don't Fall In Love / 11. A Hazy Shade Of Winter / 12. In Your Room / 13. Eternal Flame / 14. I'll Set You Free / 15. Make A Play For Her Now / 16. Waiting For You / 17. Manic Monday (Extended "California" Version) / 18. If She Knew What She Wants (Extended Remix)

1. 堕ちたヒーロー / 2. ドーバー・ビーチ / 3. ゴーイン・ダウン・トゥ・リバプール / 4. 瞳を見つめて / 5. マニック・マンデー / 6. シルヴァー・スクリーンの妖精 / 7. ウォーキン・ダウン・ユア・ストリート / 8. エジプシャン / 9. ホワット・シー・ウォンツ / 10. 恋に堕ちた天使 / 11. 冬の散歩道 / 12. 恋の手ほどき IN YOUR ROOM / 13. 胸いっぱいの愛 / 14. セット・ユー・フリー / 15. メイク・ア・プレイ / 16. ウェイティング・フォー・ユー / 17. マニック・マンデー (Extended "California" Version) / 18. ホワット・シー・ウォンツ (Extended Remix) 

NOTES
• Tracks 1-4: All Over the Place (1984) / Tracks 5-10: Different Light (1986) / Tracks 11: Less Than Zero [Soundtrack] (1987) / Tracks 12-16: Everything (1988)

• This album is released in Japan only
• Includes 36-page booklet (liner notes, lyrics and discography)
• 解説・歌詞・対訳付

 

▼ Bangles - A Hazy Shade Of Winter (Top Of The Pops, 1987)

https://www.youtube.com/watch?v=JH634us5iY8

 

▼ Bangles - Manic Monday (BBC Wogan Show)

https://www.youtube.com/watch?v=ia7PiPopGfs

 

 

関連記事

Manic Monday - The Best Of The Bangles (2007) & Definitive Collection (2003) / Bangles

その他の BANGLES 関連記事

Dolll Revolution (2003) / The Bangles

Return To Bangleonia [DVD] (2007) / The Bangles

Under The Covers Vol. 2 (2009) / Matthew Sweet and Susanna Hoffs

Sweetheart Of The Sun (2011) / The Bangles

Someday (2012) / Susanna Hoffs

Some Summer Days (2012) / Susanna Hoffs

面白動画 - Bangles (カメラディレクターはマイケル・スティールがお好き)

2012年9月27日

SOME SUMMER DAYS / SUSANNA HOFFS (2012)

Some Summer Days / Susanna Hoffs全5曲のEP盤とも言える形態で配信されているこの"Some Summer Days"は、先頃リリースされた新作"Someday"に収録されている3曲の別ヴァージョンと、"Someday"未収録の2曲で構成されており、"Susanna Hoffs"のオフィシャルサイトから無料でダウンロードできます。

それにしても、"Someday"に収録されている3曲の別ヴァージョンはもとより、このミニ・アルバムでしか聴けない2曲も"Someday"に収録されている楽曲同様に独特の空気感があって良いですね。当初は、無料でダウンロードできるということで、さほど期待していなかったのですが、全5曲共に"Someday"に収録されていないのがもったいないくらいで、中でも"Petite Chanson"で感じられる雰囲気が心地良くて気に入っています。又、"Someday"に収録されている3曲の別バージョンも、リミックスとかいったものではなく、アルバムヴァージョンとは別にレコーディングされているトラックのようで、こちらで聴けるこれらのトラックも"Someday"収録のヴァージョンと甲乙付けがたい程に魅力的。なお、配信は"192kbps"の"MP3"形式でされています。

 

TRACK LIST
1. Petite Chanson / 2. Raining (Ragtag Version) / 3. One Day (Ragtag Version) / 4. Always Enough (Ragtag Version) / 5. Summer Daze

 

▼ 「Susanna Hoffs」 オフィシャルサイト
http://www.susannahoffs.com/

ダウンロードはオフィシャルサイトの右側にある「Free Sampler」内の「email」と「postal code」の欄に自分の「Eメール」と「郵便番号」を入力して「next」をクリックすればOKで、後は入力したアドレス宛にこれらの楽曲を配信している「noisetrade.com」からダウンロードのコードとアドレスが記されたメールが届きます。なお、その後には「noreply@noisetrade.com」から楽曲配信のニュースレターが届くようになりますが、必要なければ送られてきたニュースレターの下にある「opt out using TrueRemove®.」の「opt out」をクリックすればその後の配信を解除できます。

※ 追記 (2013年)
現在はオフィシャルサイトからの無料配信は終了していますが、"iTunes"や"Amazon"等で購入(ダウンロード限定)することができます。

 

▼ Susanna Hoffs - Petite Chanson

https://www.youtube.com/watch?v=5fWJbtO9UBk

 

 

関連記事

Someday (2012) / Susanna Hoffs

その他の BANGLES 関連記事

Manic Monday - The Best Of The Bangles (2007) & Definitive Collection (2003) / Bangles

Eternal Flame - Perfect Best (2009) & Star Box (1993) / Bangles

Dolll Revolution (2003) / The Bangles

Return To Bangleonia [DVD] (2007) / The Bangles

Under The Covers Vol. 2 (2009) / Matthew Sweet and Susanna Hoffs

Sweetheart Of The Sun (2011) / The Bangles

面白動画 - Bangles (カメラディレクターはマイケル・スティールがお好き)

2012年8月12日

SOMEDAY / SUSANNA HOFFS (2012)

CDの帯:サムデイ / スザンナ・ホフスAlbum Cover: Someday / Susanna Hoffsバングルスのメインヴォーカリストであるスザンナ・ホフスのソロアルバムがリリースされたことを突然知ってちょっと驚いたものの、残念ながら国内盤はリリースされないようなので、早速輸入盤を購入。

それでも、私が購入したものは"EMI Music Japan"でもリリース告知がされていることからも分かるように、通常の並行輸入とは多少違い"EMI Music Japan"が間に絡んで販売されている輸入盤のようで、輸入盤にもかかわらず日本語の帯が付いています。ただ帯といっても保護用のビニールカヴァーに貼ってあるシールなんですけどね。とは言っても実際はそんなことなど何も知らずに買ったものだから、届いたときには日本語の帯を見てちょっとビックリもしました。ちなみにアルバムは紙ジャケット仕様です。

実際のところ、ちょっと失礼な言い方かもしれませんが、スザンナ・ホフスの声を聴けさえすればもうそれだけで十分幸せなので、アルバムにはそれほど大きな期待をすることも無く購入したのですが、今ではへヴィーローテーションで聴いているくらいに気に入っています。これぞシングル向けといった突出して目立つ曲が無い分、アルバム全体を通して聴ける印象。正直言うと、最初聴いたときはそれほど印象に残らなかったのですが、全体を通して感じられるリラックスした雰囲気がとても心地良く、何回か聴いているうちにハマってきたといった感じですね。

この"Someday"は、全10曲と、LPレコード時代と同程度のヴォリュームのアルバムですが、そこがまた良いんですよね。つまらない曲やリミックスや何やかんやと無駄に曲数を増やされるよりも、アルバムの雰囲気がより伝わってくる印象。スザンナ自身は大好きな'60年代のサウンドを意識してこのアルバムを創り上げたそうですが、もしかしたら全10曲という仕様も'60年代のレコード盤を意識した意図的な仕様なのかもしれないですね。アルバムでは木管楽器や金管楽器も使用されているのですが、オーケストレーションもどことなく一時期のビートルズを彷彿させるような雰囲気。なお今回は共作ながらも全曲にソングライターとしてスザンナの名前がクレジットされています。

それと、この"Someday"には昨年にリリースされたバングルスのアルバム"Sweetheart of the Sun"に収録されても全く違和感の無いような楽曲が数多く含まれている印象があるのですが、例えば4曲目の"One Day"では"Sweetheart of the Sun"の1曲目に収録されている"Anna Lee (Sweetheart of the Sun)"でもみられた印象的な'60年代風ハーモニーが聴けます。又、5曲目の"Holding My Breath"はバングルスの代表曲である"Eternal Flame"や、ソロ名義でリリースされたシンディー・ローパーのカヴァー曲"Unconditional Love"を思い出させるようなメロディーが顔を出すのが印象的。確信犯かな?

 

CD: Someday / Susanna Hoffs   Someday / Susanna Hoffs   Someday / Susanna Hoffs

 

Album Jacket + Obi: Someday / Susanna Hoffsとにかく刺激的でない分、繰り返し全体を通して聴けるアルバムといった印象。アルバムにブックレットや歌詞カードが含まれていないのはちょっと残念ですが、こうしてアルバムを届けてくれたことに感謝。

TRACK LIST
1. November Sun / 2. Always Enough / 3. Picture Me / 4. One Day / 5. Holding My Breath / 6. All I Need / 7. Raining / 8. Regret / 9. This Is The Place / 10. True

 

▼ Susanna Hoffs - Holding My Breath

https://www.youtube.com/watch?v=3-JLvGgwkPw

 

▼ Susanna Hoffs - November Sun
https://www.youtube.com/watch?v=TKJK4HKsB2k

▼ Susanna Hoffs - Always Enough
https://www.youtube.com/watch?v=eBOT7gR2LWU

 

 

関連記事

Some Summer Days (2012) / Susanna Hoffs

その他の BANGLES 関連記事

Manic Monday - The Best Of The Bangles (2007) & Definitive Collection (2003) / Bangles

Eternal Flame - Perfect Best (2009) & Star Box (1993) / Bangles

Dolll Revolution (2003) / The Bangles

Return To Bangleonia [DVD] (2007) / The Bangles

Under The Covers Vol. 2 (2009) / Matthew Sweet and Susanna Hoffs

Sweetheart Of The Sun (2011) / The Bangles

面白動画 - Bangles (カメラディレクターはマイケル・スティールがお好き)

2012年8月 9日

面白動画 - Bangles (カメラディレクターはマイケル・スティールがお好き)

テレビ番組に出演した時の映像のようですが、やけにマイケル・スティールのカットが多いので、きっとカメラ割りをしているディレクターはマイケル・スティールがお気に入りなんだろうと思って見ていたら、動画のコメントには既に「The camera director liked Miccky a lot XD」と同様の投稿もされてました。

当時はメインヴォーカルのスザンナ・ホフスと共に人気があったマイケル・スティールですが、何を隠そう私も当時はスザンナ・ホフス以上にマイケル・スティールが好きでした。とは言っても自分が興味を持ったときには既にバンドは解散していたんですけどね。

 

▼ The Bangles - If She Knew What She Wants ( Eurotops )
https://www.youtube.com/watch?v=shzSeE4G6MA(現在動画は削除されています)

 

※ 追記

残念ながら動画の方は削除されてしまったようで、あいにく、同じ動画も見つからず・・・。

ということで代わりにこちらを。

カメラディレクターはドラマーのデビー・ピーターソンがお好き(笑)。

 

▼ Bangles - Manic Monday (WWF-Club 1986)

https://www.youtube.com/watch?v=AFJHtfcaZS4

 

 

関連記事

音楽 (BANGLES) のカテゴリー

面白動画 - 子供達に Queen の曲を聴かせたら

フレディ・マーキュリー (Queen) に関する面白動画

面白動画 - Journey (ミュージックビデオのモノマネ動画)

世界の面白動画いろいろ

いろいろな目の錯覚と面白い視覚効果

面白動画 - KISS (ビデオクリップのパロディとライヴでのアクシデント)

面白動画 - Jake E. Lee (オジー・オズボーンの元ギタリスト)

2012年1月16日

SWEETHEART OF THE SUN / THE BANGLES (2011)

Album Cover: Sweetheart of the Sun / The Banglesこの"Sweetheart of the Sun"は、"The Bangles"の復活第二弾となるアルバムなのですが、時が経つのは早いもので、前作の復活アルバム"Doll Revolution"から実に8年振りということになるんですね。

前作と違うのは、ファンも多いマイケル・スティール(Bass & Vocals)が脱退したためにバンドが3人組となったことで、その点ではやはり残念ではあるのですが、アルバムの出来としてはとても良いと思います。

実は、昨年買ったアルバムの中ではこの"Sweetheart of the Sun"が一番のお気に入りでした。前作の"Doll Revolution"も今も良く聴いている位に気に入っているのですが、'80年代の全盛期に比べて、復活後はサウンドにバンド感が増した印象で、そこが又良いんですよね。やっぱり、彼女達自身はバンドでありたかったということが感じさせられる2枚のアルバムです。

残念ながら日本での国内盤はリリースされなかった為、輸入版を購入するしかなかったのですが、アルバムは厚紙のジャケット台紙にプラスティック製のトレーを貼り付けたデジパック仕様となっています。輸入版なので、歌詞カードが無いだろうなとは思っていたものの、せめてブックレットぐらいは付けて欲しかったのですが、それも無し。それでもこうして肝心の音楽を届けてくれたことは、やはり何物にも代え難いことですよね。'60年代っぽい色調のジャケット写真もサウンドにマッチしていてイイ感じ。

私は、折角だからと、限定盤の方を購入したのですが、ボーナストラック2曲が加えられているという以外はジャケット等にも特別違いは無いようですね。ジャケットにクレジットされている収録曲名もオリジナルのままですし。ちなみにボーナストラックはアルバム収録曲である"Through Your Eyes"と"What A Life"のアコースティック・ヴァージョンです。

 

6-Panel Digipak: Sweetheart of the Sun / The Bangles   6-Panel Digipak: Sweetheart of the Sun / The Bangles   6-Panel Digipak: Sweetheart of the Sun / The Bangles

 

ボーナストラックを除けば、全12曲と昔のLPレコードと同程度のボリュームですが、個人的にはつまらない楽曲を埋め合わせ的に収録されるよりも、このように凝縮された形でリリースされて良かったと思います。実際、レコード時代のアルバムに物足りなさを感じることはありませんし。

個人的に好きな曲は、オープニングの"Annalee (Sweetheart Of The Sun)"と"Mesmerized"。この2曲は'60年代風のコーラス・ハーモニーが特に気に入ってます。"Annalee (Sweetheart Of The Sun)"はスザンナ・ホフスのリードヴォーカル曲で、"Mesmerized"でのリードヴォーカルはヴィッキーとデビーのピーターソン姉妹です。ただ、クレジットに記載されてはいるから分かるものの、正直ヴィッキーとデビーの声の違いは姉妹ということもあってか聴き分けにくい時がありますよね。そして、スザンナのヴォーカル曲、"Under a Cloud"と、ファーストシングルの"I'll Never Be Through with You"、それに、ヴィッキーのヴォーカル曲、"Circles in the Sky"と"Lay Yourself Down"も同等に気に入ってます。いやいや、ロックバンドらしいアップテンポの"Ball 'N' Chain"や"Sweet and Tender Romance"、トッド・ラングレンのカヴァー"Open My Eyes"(渋い選曲)も中々良いし、牧歌的な"Through Your Eyes"もアルバムの構成を考えると外せない感じだし、ほんと良い曲が多く収められており、アルバムのクオリティーは高いです。

本当はこういったアルバムが売れて欲しいのですが、残念ながら現在の市場ではこれまた前作同様それほど売れることもないんでしょうかね。ただ、その分と言っては何なのですが、ライヴ活動は精力的に行っているようなので、がんばって活動を続けて欲しいところです。個人的には、'80年代よりも明らかにファン度は増しているんですけどね。

 

6-Panel Digipak: Sweetheart of the Sun / The Bangles   Promo Sticker: Sweetheart of the Sun (Barnes & Noble Exclusive) / The Bangles   6-Panel Digipak: Sweetheart of the Sun / The Bangles

 

SWEETHEART OF THE SUN - 限定盤 2ボーナストラック (Barnes & Noble Exclusive Version)
1. Anna Lee (Sweetheart Of The Sun) / 2. Under A Cloud / 3. Ball & Chain / 4. I Will Never Be Through With You / 5. Mesmerized / 6. Circles In The Sky / 7. Sweet and Tender Romance / 8. Lay Yourself Down / 9. One Of Two / 10. What A Life / 11. Through Your Eyes / 12. Open My Eyes
[Bonus Tracks]
13. Through Your Eyes (Acoustic Version) / 14. What A Life (Acoustic Version)

 

▼ The Bangles - Anna Lee (Sweetheart of the Sun) [Studio]

https://www.youtube.com/watch?v=-k6crebZw3c

 

▼ The Bangles - Anna Lee (Sweetheart of the Sun) [Acoustic Live]

https://www.youtube.com/watch?v=J8ky-uJnh84

 

 

関連記事

Manic Monday - The Best Of The Bangles (2007) & Definitive Collection (2003) / Bangles

Eternal Flame - Perfect Best (2009) & Star Box (1993) / Bangles

Dolll Revolution (2003) / The Bangles

Return To Bangleonia [DVD] (2007) / The Bangles

Under The Covers Vol. 2 (2009) / Matthew Sweet and Susanna Hoffs

Someday (2012) / Susanna Hoffs

Some Summer Days (2012) / Susanna Hoffs

面白動画 - Bangles (カメラディレクターはマイケル・スティールがお好き)

2011年3月11日

RETURN TO BANGLEONIA / THE BANGLES (2007)

DVD Cover: Return to Bangleonia / The Bangles再結成後の2000年にハリウッドで行われたライヴが収録されたこの"DVD"、意外なことに、実はバングルスにとって初のライヴ"DVD"ということになるんですね。

再結成後のスタジオ・アルバム"Dolll Revolution"がリリースされたのは、このライヴから3年後の2003年ですが、このライヴではその"Dolll Revolution"に収録されることになる5曲("Between the Two"、"The Rain Song"、"Here Right Now"、"I Will Take Care of You"、"Stealing Rosemary")も披露されています。

私自身、バングルスのライヴ映像を見たのはこれが初めてでしたが、派手な演出等も無く、シンプルなステージではあるものの、そのようなギミックが無くても演奏だけで十分楽しめるものでしたね。特に感じたのは、やはり、メンバー4人全員がヴォーカルをとれるというのは強みだということで、ライヴでもスタジオ盤同様に、あのコーラス・ハーモ二ーが聴けるのは嬉しいですね。バンドとしての一体感はもとより、何よりも彼女達自身が楽しんでいる雰囲気が伝わってくるライヴ映像で、この"DVD"を見る度に、実際のライヴに行ってみたかったなぁという思いが募ります。

サウンドについて言えば、これが本当に素晴らしくて、ヴィッキーとスザンナのギターは左右のチャンネルに分けられているので、スザンナのギターも良く聴こえますし、各楽器のバランスとアンサンブルも良くて、できればライヴアルバムとしても出して欲しかったと思うくらいです。

ただ、セットリストに関してはちょっと残念に思うところがあって、折角、"A Hazy Shade of Winter"で勢いよくスタートするのに、2曲目、4曲目、5曲目と、前半に比較的地味というか個人的にそれほど好きというほどでもない楽曲が組まれているので、多少だれてしまうようなところがあるんですよね。良い曲が多くあるのだから、3曲目位まではそれらでドドーッと押してくれたら、もっと気分が盛り上がると思うんですけどね。それでもこの"DVD"の音声部分だけを抽出してプライベート用に作った"CD"には、1曲目、"A Hazy Shade of Winter"、2曲目、"If She Knew What She Want"、3曲目、"Manic Monday"と、自分垂涎(笑) のセットリストを組んで楽しんでいます。

Return to Bangleonia / The Bangles

ライヴはファーストアルバムから最初のシングルとなった"Hero Takes a Fall"で幕を閉じ、アンコールでは全米No.1となった2曲、"Walk Like an Egyption"と"Eternal Flame"が演奏されます。それにしても、派手な盛り盛りメイクだった'80年代に比べて、ナチュラルメイクになったスザンナ・ホフスも、又、素敵ですね。キュートな声も相変わらずで、個人的には、小節の終わりやギターソロが終わる部分などで、ちょっぴりハーモニーをとる声がとっても好きです。それに、演奏曲が終わっての"Thank you"の声もこれ又キュートで、これはライヴならではの特典です(笑)。

この"Return to Bangleonia"は、ライヴ映像の他に、その映像を見ながらメンバーが語るコメンタリー映像が含まれます。そして、ボーナス映像として、"Manic Monday"と"Riide the Ride"のアコースティック・パフォーマンスと、"The Story of Bangleonia"と題されたインタビュー映像、それにフォトギャラリーが加えられた構成になっています。残念ながら国内盤は今のところ発売されておらず、輸入盤でしか手に入れることができないため、インタビュー映像などには当然日本語訳の字幕もありませんが、彼女達が楽しそうに語る姿を見ているだけでも案外楽しめます。ちなみに私が購入したもの(販売元: Shout Factory)はリージョンフリーなので、日本国内でも問題なく再生できました。

 

TRACK LIST
1. Hazy Shade Of Winter / 2. Live / 3. If She Knew What She Wants / 4. Between The Two / 5. The Rain Song / 6. Manic Monday / 7. Here Right Now / 8. September Gurls / 9. Going Down To Liverpool / 10. I Will Take Care Of You / 11. Get The Girl / 12. In Your Room / 13. Stealing Rosemary / 14. Angels Don't Fall In Love / 15. Hero Takes A Fall / 16. Walk Like An Egyptian / 17. Pushin' Too Hard / 18. Eternal Flame

[Extras]
• Bonus Acoustic Performance - Manic Monday / Ride The Ride
• The Story Of Bangleonia - Interview With The band
• Band Commentary
• Photo Gallery

THE BANGLES - BAND MEMBERS (Listed on Back Cover)
• Susanna Hoffs (スザンナ・ホフス) - Vocals/Guitar
• Debbi Peterson (デビー・ピーターソン) - Vocals/Drums
• Vicki Peterson (ヴィッキー・ピーターソン) - Vocals/Lead Guitar
• Michael Steele (マイケル・スティール) - Vocals/Bass

 

▼ The Bangles - Hazy Shade Of Winter (Return To Bangleonia)

https://www.youtube.com/watch?v=19d2aolIx0E

 

▼ The Bangles - Manic Monday (Return To Bangleonia)

https://www.youtube.com/watch?v=f2uR4U2hVAM

 

▼ The Bangles - Walk Like An Egyptian (Return To Bangleonia)

https://www.youtube.com/watch?v=COuIdJF-Pdo

 

 

関連記事

Manic Monday - The Best Of The Bangles (2007) & Definitive Collection (2003) / Bangles

Eternal Flame - Perfect Best (2009) & Star Box (1993) / Bangles

Dolll Revolution (2003) / The Bangles

Under The Covers Vol. 2 (2009) / Matthew Sweet and Susanna Hoffs

Sweetheart Of The Sun (2011) / The Bangles

Someday (2012) / Susanna Hoffs

Some Summer Days (2012) / Susanna Hoffs

面白動画 - Bangles (カメラディレクターはマイケル・スティールがお好き)

2010年12月11日

DOLL REVOLUTION / THE BANGLES (2003)

Album Cover (front): Dolll Revolution / The Bangles'80年代には数々のヒット曲と共に人気を博し、ビルボードチャートでナンバーワン・ソングを生み出した史上初の自ら演奏もする女性だけのグループとしてもその名を歴史に残すバングルス。しかしながら活動期間は短く、メジャーデビューしてから解散までに残したアルバムは僅かに3枚。それでも、一気に時代を駆け抜けた割には忘れ得ぬ存在となっているのは、人気絶頂の中でバンド活動に終止符を打ったが故、良いイメージがそのまま残っているからかもしれません。

しかし、バングルスは帰ってきたのです。あの当時のキュートな女の子達もこのアルバムのリリース時は皆40代。正直、あまりにも変わった姿を見せられる位なら、良いイメージのまま想い出の中に閉まっておきたいという思いもあって、暫くはこのアルバムを買うのをためらっていました。ただ、ジャケットのアートワークが凄く良いのでずっと気になってはいましたが・・・。

それから数年、過去の楽曲を聴いて思い出に浸る日々を過ごしていましたが、ある日、彼女達のインタビュー記事を目にしたことで、一気に聴いてみたい衝動に駆られて購入したのが、リリースから7年経った今年でした。実際にアルバムを買って聴いてみる気になったそのインタビュー記事には、メジャーレーベルからのオファーもあったが、レコーディング費用は自分達で用立ててアルバムを制作したことなどが語られていました。

又、そういった決断の背景には、メジャーレーベルと契約したが為に失うような状況は避けたかったということや、自分達でコントロールするという部分を大切にしたかったという思いがあったらしく、それらの言葉は、何よりも自分達がやりたい音楽を納得する形で作りたかったということが伝わってくるものでもありました。実は'80年代に人気絶頂の中でバンド活動に終止符を打った理由がこの言葉の中にも隠されているのではないかという気もしますが、それはさて置き、こんな話を聞かされたら、そのサウンドを受け止めてみようと思うと同時に、少しでも売り上げに協力したくなるじゃありませんか。ということで再結成後のライヴDVDもこのアルバム"Dolll Revolution"と一緒に購入。

 

Dolll Revolution / The Bangles   Dolll Revolution / The Bangles

 

Booklet (back): Dolll Revolution / The Banglesさて、この"Dolll Revolution"、何はともあれ、パッケージを開けてブックレットにある4人の写真を最初に見て、ちょっと安心(笑)。実際にアルバムを聴いた感想としては、キュートで愛くるしいスザンナ・ホフスの声が全く変わってなかったことには正直驚くと共に、嬉しかったですね。

ただ、残念なのは、そのスザンナ・ホフスが単独でリードヴォーカルをとる曲が全15曲中、4曲、ヴィッキーと二人でヴォーカルをとる"Riide the Ride"の1曲を足しても5曲と、いかんせん少なすぎるという点。ビートルズやキッスなどと同様、バングルスはメンバー全員がリードヴォーカルをとるバンドというのは分かるけど、もっとスザンナを全面に出しても良かったのではないかという気もします。この辺りはレコーディング費用を自分達で出してアルバムを制作したことからも分かるように、自分達で多くを決めたことで、必然的に平等という意識が強く出てしまった結果ではないかと推測するのですが、どうなんでしょうね。

最後に、冒頭でもちょっと触れたジャケットについて話すと、アルバムタイトルともシンクロしたアートワークがバングルスの音楽性を見事に象徴しているようで、とても良いです。バングルスサウンドの魅力と言えば、水と油とも言えるようなカラフルポップとガレージロックが渾然と同居するところにもあるのですが、その辺りの雰囲気がピンクとモノクロームを使ったカラーで上手く表現されている感じで、久しぶりに良いジャケットに出会えた気がしますね。又、CDラベル等を含め、パッケージ全体も統一したイメージできちんとデザインされており、ファンとしては嬉しいですね。

 

CD: Dolll Revolution / The Bangles   DVD: Dolll Revolution / The Bangles   CD Case (back cover): Dolll Revolution / The Bangles

 

THE BANGLES - BAND MEMBERS
• Susanna Hoffs - Acoustic & Electric Guitar, Vocals
• Debbi Peterson - Drums, Acoustic Guitar, Percussion, Vocals
• Vicki Peterson - Lead Guitar, Acoustic & Electric Guitar, Mandolin, Vocals
• Michael Steele - Bass, Acoustic & Electric Guitar, Vocals

 

TRACK LIST
1. Tear Off Your Own Head (it's a doll revolution) / 2. Stealing Rosemary / 3. Something That You Said / 4. Ask Me No Questions / 5. The Rain Song / 6. Nickel Romeo / 7. Ride the Ride / 8. I Will Take Care Of You / 9. Here Right Now / 10. Single By Choice / 11. Lost At Sea / 12. Song for A Good Son / 13. Mixed Messages / 14. Between The Two / 15. Grateful

Bonus DVD featuring:
• A Day In The Life Of The Bangles
• Music Video - Something That You Said
• Audio Tracks - Getting Out Of Hand / Call On Me / Something That You Said (Brad Wood Mix)
• Photo Gallery
• Album Lyrics

 

▼ The Bangles-  Something That You Said (tv France)

http://www.youtube.com/watch?v=rgEKLYDsGNE

 

▼ The Bangles - Tear Off Your Own Head (It's a Doll Revolution)

https://www.youtube.com/watch?v=yhnrvkptDtM

 

▼ The Bangles - Ask Me No Questions
https://www.youtube.com/watch?v=ey2FMOZzX1k

▼ The Bangles - Lost At Sea
https://www.youtube.com/watch?v=p3r5N-Rmcwk

▼ The Bangles - I Will Take Care Of You
https://www.youtube.com/watch?v=G9RVnFrnuHg

 

 

関連記事

Manic Monday - The Best Of The Bangles (2007) & Definitive Collection (2003) / Bangles

Eternal Flame - Perfect Best (2009) & Star Box (1993) / Bangles

Return To Bangleonia [DVD] (2007) / The Bangles

Under The Covers Vol. 2 (2009) / Matthew Sweet and Susanna Hoffs

Sweetheart Of The Sun (2011) / The Bangles

Someday (2012) / Susanna Hoffs

Some Summer Days (2012) / Susanna Hoffs

面白動画 - Bangles (カメラディレクターはマイケル・スティールがお好き)

その他のカテゴリー

アート・デザイン パソコン・インターネット 健康 (予防・対策・グッズ・他) 各種調査・統計・ランキング 復興支援・応援メッセージ 日記・コラム・つぶやき 購入商品アレコレ(取り上げられる機会があまりないような商品をピックアップ) 音楽 (A) (B) (C) (D) (E) 音楽 (ABBA) 音楽 (AEROSMITH) 音楽 (AIR SUPPLY) 音楽 (ALAN PARSONS / THE ALAN PARSONS PROJECT) 音楽 (ASIA) 音楽 (BANGLES) 音楽 (BAY CITY ROLLERS) 音楽 (BEATLES / PAUL McCARTNEY) 音楽 (BOSTON) 音楽 (CARS) 音楽 (CHICAGO) 音楽 (CHRISTINA AGUILERA) 音楽 (DEF LEPPARD) 音楽 (E.L.O.) 音楽 (EAGLES) 音楽 (ENYA) 音楽 (ERIC CARMEN / RASPBERRIES) 音楽 (F) (G) (H) (I) (J) 音楽 (HEART) 音楽 (JAPAN) 音楽 (JIGSAW) 音楽 (JOURNEY) 音楽 (JUDAS PRIEST) 音楽 (K) (L) (M) (N) (O) 音楽 (KISS) 音楽 (KOKIA) 音楽 (MEAT LOAF) 音楽 (MSG - THE MICHAEL SCHENKER GROUP) 音楽 (NEW ENGLAND) 音楽 (OLIVIA NEWTON-JOHN) 音楽 (OZZY OSBOURNE) 音楽 (P) (Q) (R) (S) (T) 音楽 (QUEEN) 音楽 (REO SPEEDWAGON) 音楽 (RIN') 音楽 (STYX) 音楽 (TOTO) 音楽 (U) (V) (W) (X) (Y) (Z) 音楽 (XTC) 音楽 (Y&T) 音楽 (Y.M.O.) 音楽 (その他) 音楽 (アナログ・レコード:LP) 音楽 (アナログ・レコード:シングル) 音楽 (クリスマス・ソング / Xmas Songs) 音楽 (ジャズ・フュージョン / Jazz & Fusion) 音楽 (プレイカウント / My iTunes Play Count) 音楽 (全てのカテゴリー) 音楽 (日本でも良く知られる懐かしの海外の曲) 音楽 (邦楽 / Japanese Musicians)

TRANSLATE THIS SITE

ブログ内を画像で検索

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

AD

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ