音楽 (BOSTON)

2017年3月 9日

あれから10年 ~ R.I.P. BRAD DELP - BOSTON OFFICIAL WEBSITE (2007 / 2017)

R.I.P. Brad Delp / Boston Official Website (2007)

 

R.I.P. Brad Delp / Boston Official Website (2007)これはボストンのヴォーカリストであるブラッド・デルプが宇宙の彼方へ旅立たれた時のボストンのオフィシャル・サイト(トップ・ページ)をキャプチャーした画像です。思い出にとコピーして保存しておいたのですが、今日はあれから丁度10年目ということで取り上げることにしました。

ご覧のように、この時はトップ・ページからのリンクが全て外され、ブラッド・デルプの写真と追悼するメッセージだけといったものになっていたんですよね。

そして、その後は、この後に控えていた全米ツアーは全てキャンセルするとの発表が公式に伝えられるれることに・・・。一方では、代役を立ててツアーを行うという選択肢もあったと思われますが、恐らくはトム・ショルツの判断だったんでしょうね。

トム・ショルツがひとりで制作したデモテープをベースにボストンのファースト・アルバムがレコーディングされる際は、それに合わせて各パートのメンバーが集められた経緯があったものの、このブラッド・デルプだけはレコーディング前からトム・ショルツの知り合いであり、そのトム・ショルツがブラッド・デルプに「アルバムをレコーディングする計画があるんだけど、興味ある?」といった内容の手紙を送ったことからヴォーカリストとして参加することが決まったといったことをアルバムのライナーノーツか、もしくは何かの記事で読んだ記憶があります。多分、そういった意味でもトム・ショルツにとってブラッド・デルプは特別な存在だったのかもしれません。

10年目の節目ということで、改めて哀悼の意を表したいところですが、ブラッド兄さんはきっと遥か彼方の宇宙で安らかに旅をされていることでしょうから、今日は過去を振り返らず、遥かなる想いを馳せながら、この惑星に残してくれた歌声と共にアルバムを聴いていたいと思います・・・。

 

▼ Boston - A Man I'll Never Be - 6/17/1979 - Giants Stadium (Official)

https://www.youtube.com/watch?v=Xpb-Zb79dcg

 

BOSTON OFFICIAL WEBSITE (2007)
• Brad Delp - June 12, 1951 to March 9, 2007
• The nicest, kindest, most caring, down to earth rock star the world has ever known. 
• May you rest in Peace

 

▼ BOSTON OFFICIAL WEBSITE
https://bandboston.com/

 

 

関連記事

Boston (1st Album) (1976) / Boston

Don't Look Back 「ドント・ルック・バック(新惑星着陸)」 (1978) / Boston

Third Stage 「サード・ステージ」 (1986) / Boston

Walk On 「ウォーク・オン」 (1994) / Boston

Greatest Hits 「グレイテスト・ヒッツ」 (1997) / Boston

Corporate America 「コーポレイト・アメリカ」 (2002) / Boston

Life, Love & Hope 「ライフ、ラヴ & ホープ」 (2013) / Boston

Heaven On Earth Tour 2014 in Japan - Sticker Sheet (2014) / Boston

2014年10月25日

HEAVEN ON EARTH TOUR 2014 IN JAPAN - STICKER SHEET / BOSTON (2014)

Sticker Sheet: Heaven On Earth Tour 2014 in Japan / Bostonこちらは、35年ぶりの来日公演を行ったボストンのステッカー・シート(A4サイズ)です。 とはいっても、自分がライヴに行ったわけではなく、このツアーの武道館公演を観に行かれた「洋楽和訳 (lyrics) めったPOPS」のめったさんからお土産として頂いたものです(めったさん、ありがとうございます)。

ボストンのロゴと歴代のアルバムに登場する宇宙船ボストン号が描かれた眺めるているだけで楽しいこのステッカー・シートは9枚のステッカーがセットになっており、1枚は"JAPAN TOUR"の文字が入っています。

中高生の頃だったら早速剥がしてカバンに貼ったりしてたんでしょうけどね・・・(笑)。

BOSTON - HEAVEN ON EARTH TOUR 2014 IN JAPAN
2014年10月2日(木)日本武道館【東京】
2014年10月4日(土)愛知県体育館【名古屋】
2014年10月6日(月)大阪市中央体育館【大阪】
2014年10月9日(木)日本武道館【東京】

MEMBERS
Tom Scholz(トム・ショルツ) - Guitar, Keyboards, Vocals
Gary Pihl(ゲイリー・ピール) - Guitar, Keyboards, Vocals
Tommy DeCarlo(トミー・デカーロ)- Lead Vocals, Keyboards
Tracy Ferrie(トレイシー・フェリー) - Bass, Vocals
Kimberley Dahme(キンバリー・ダーム) - Guitar, Vocals
Jeff Neal(ジェフ・ニール) - Drums, Vocals
Special Guest:
Siobhan Magnus(シボーン・マグナス) - Vocals

SET LIST
1. Rock & Roll Band /  2. Smokin' /  3. Feelin' Satisfied /  4. Last Day of School /  5. Life, Love & Hope /  6. Peace of Mind /  7. It's Been Such a Long Time Interlude /  8. Cool the Engines /  9. Surrender to Me /  10. Don't Look Back /  11. Something About You /  12. Amanda /  13. The Launch /  14. More Than a Feeling /  15. Instrumental /  16. A New World /  17. To Be a Man /  18. Walk On /  19. Get Organ-ized /  20. Walk On (Some More) /  21. Foreplay/Long Time /  Encore:  22. I Think I Like It /  23. Party

 

 

関連記事

Boston (1st Album) (1976) / Boston

Don't Look Back 「ドント・ルック・バック(新惑星着陸)」 (1978) / Boston

Third Stage 「サード・ステージ」 (1986) / Boston

Walk On 「ウォーク・オン」 (1994) / Boston

Greatest Hits 「グレイテスト・ヒッツ」 (1997) / Boston

Corporate America 「コーポレイト・アメリカ」 (2002) / Boston

Life, Love & Hope 「ライフ、ラヴ & ホープ」 (2013) / Boston

あれから10年 ~ R.I.P. Brad Delp / Boston Official Website (2007 / 2017)

2014年1月24日

LIFE, LOVE & HOPE 「ライフ、ラヴ & ホープ」 / BOSTON (2013)

CDの帯(初回プレス限定盤):ライフ、ラヴ & ホープ / ボストンAlbum Cover (front): Life, Love & Hope / Boston

実を言うと、前作の"Corporate America"に収録されていた曲が3曲も含まれていることから、リリース前の時点で期待感を多少削がれたようなところもありました。更には、"Someone (2.0)"とか、"You Gave up on Love (2.0)"などの曲名を見たときは、クリスティーナ・アギレラかよと思ったりもしましたが、アルバム全体としては前作よりは良い感じ。ただ、やはり全曲を新曲でリリースして欲しかったなというのが正直なところ。

それと、全体的に低音部に迫力が無く、何となく音がスカスカしている印象。特に1曲目の"Heaven on Earth"でその印象が強く、例えば、これを前作1曲目の"I Had A Good Time"と比較して聴いてみると、その差を歴然と感じます。"Heaven on Earth"と"I Had A Good Time"では音圧が全然違うんですよね。アルバムとしては今ひとつのめり込むことができなかった前作ですが、"I Had A Good Time"では、これぞボストンといった迫力の有るサウンドが聴けたことから、この1曲のためにだけでもアルバムを買って良かったと思えたほどだったんですけどね・・・。

それに付け加えて、これまでの作品と比べると、コーラス・ハーモニーが美しくないんですよね。ややザラついた印象のあるコーラス・ハーモニーが以前のように透明感のあるものであったならもっと印象も良くなったのでは?と、多少残念に思うところでもあります。

と、出だしから多少愚痴っぽくなりましたが、あともうひつだけ言わせていただければ、曲のエンディング部分が多少淡白な印象。例えばアルバムの中では最もゾクゾクとした"Sail Away"は、「えっこれで終わり?」といった感じでしたし、ピアノの残音がプッツリとカットされた感じで終わってしまうラストの"The Way You Look Tonight"についても、もうちょっと余韻部分を残すとかして欲しかったなと思うところもありました。

それでも、ブラッド・デルプの遺作ともいえる"Sail Away"では、"Walk On"を彷彿するようなギターサウンドとブラッドの声には興奮させられましたし、今回のキンバリー・ダームのヴォーカル曲も、前作よりは良い印象で、前作では女性ヴォーカル曲なんてボストンには要らないと思っていたのが、今回はこれはこれで有りかなと思える出来。 

それに、冒頭でも述べたようにアルバム全体の印象も前作と比べると良い感じで、実際、アルバムを購入してからは、けっこう頻繁に繰り返し聴いています。ただ、個人的な位置付けでは、初期の3枚は別格として、前作よりは上ながらも、前々作の"Walk On"よりは下かなといった印象。 ヴォーカリストのブラッド・デルプが抜けていた時期のアルバムとはいえ、"Walk On"もけっこう良い曲が揃っていましたからね。

 

   Album Cover (inside): Life, Love & Hope / Boston   CD: Life, Love & Hope / Boston   Booklet: Life, Love & Hope / Boston

 

購入したのは紙ジャケット仕様の初回限定盤で、封入特典として2014年のポスターカレンダーが付いています。又、販売店の特典なのか、パッケージとは別途に、ジャケットと同じデザインでブックレットサイズのステッカーが入れてありました。

 

▼ ステッカーとポスターカレンダー

Sticker: Life, Love & Hope / Boston   Sticker: Life, Love & Hope / Boston   Poster Calendar: Life, Love & Hope / Boston

 

▼ こちらがパッケージに含まれる封入物一式

Life, Love & Hope / Boston   Life, Love & Hope / Boston

 

▼ 左から、ステッカー、紙ジャケット、ブックレット

Life, Love & Hope / Boston

 

アルバムはビルボードチャートで初登場37位と、前作"Corporate America"の42位よりは若干良かったものの、翌週には急激に順位を落として、3週間後にはチャートから姿を消しています。

なお、アメリカのアマゾンにも既に200を超えるレビューが寄せられていますが、一番多いのが星ひとつの評価と、やや厳しい評価ながらも、次いで多いのが五つ星の評価と、意見は多少分かれているようです。

 

Booklet (front & back): Life, Love & Hope / Boston   CDの帯:Life, Love & Hope / Boston

 

紙ジャケット仕様の初回限定盤は、通常のCDに比べると一回り大きなサイズになっていますが、横幅は通常のCDケースと同じサイズなのでラックに収納しても、このCDだけが前面に飛び出るということはありません。ただ、私の場合だと、手持ちのCDラックでは縦幅が足りずに収納できなかった為、このアルバムだけ仲間はずれのようなかたちで別個にDVDラックの方に収納するはめに・・・。

 

All Albums / Boston

 

TRACK LIST (Japanese Limited Edition)
1. Heaven on Earth /  2. Didn't Mean to Fall in Love /  3. Last Day of School /   4. Sail Away /  5. Life Love and Hope /  6. If You Were in Love /  7. Someday /  8. Love Got Away /  9. Someone (2.0) /  10. You Gave Up on Love (2.0) /  11. The Way You Look Tonight 12. Someday (Tom Scholz vocal version) [Bonus Track]

1. ヘヴン・オン・アース / 2. ディドゥント・ミーン・トゥ・フォール・イン・ラヴ(2013 リマスター・ヴァージョン) / 3. ラスト・デイ・オヴ・スクール / 4. セイル・アウェイ / 5. ライフ、ラヴ&ホープ / 6. イフ・ユー・ワー・イン・ラヴ / 7. サムデイ / 8. ラヴ・ゴット・アウェイ / 9. サムワン(リ・レコーディング・ヴァージョン) / 10. ユー・ゲイヴ・アップ・オン・ラヴ(リ・レコーディング・ヴァージョン) / 11. ザ・ウェイ・ユー・ルック・トゥナイト / 12. サムデイ(トム・ショルツ・ヴォーカル・ヴァージョン)[ボーナス・トラック]

 

NOTES
• Tracks 2: Remastered Version from "Corporate America"
• Tracks 9, 10: Re-arrangement and Re-recorded Version from "Corporate America"
• Tracks 12: Japan Bonus Track

• 日本盤初回プレスCD(見開き紙ジャケット仕様 / 初回限定盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• US 37位

 

▼ Boston - Sail Away

https://www.youtube.com/watch?v=2Lk482uszCc

 

▼ Boston - If You Were In Love

https://www.youtube.com/watch?v=sA4Q3y-FnqU

 

▼ Boston - Love Got Away

https://www.youtube.com/watch?v=boxtrwZzRrA

 

 

関連記事

Boston (1st Album) (1976) / Boston

Don't Look Back 「ドント・ルック・バック(新惑星着陸)」 (1978) / Boston

Third Stage 「サード・ステージ」 (1986) / Boston

Walk On 「ウォーク・オン」 (1994) / Boston

Greatest Hits 「グレイテスト・ヒッツ」 (1997) / Boston

Corporate America 「コーポレイト・アメリカ」 (2002) / Boston

Heaven On Earth Tour 2014 in Japan - Sticker Sheet (2014) / Boston

あれから10年 ~ R.I.P. Brad Delp / Boston Official Website (2007 / 2017)

2013年11月 3日

CORPORATE AMERICA 「コーポレイト・アメリカ」 / BOSTON (2002)

CDの帯(初回プレス盤):コーポレイト・アメリカ / ボストン Album Cover (front): Corporate America / Boston   CD Case (back over): Corporate America / Boston

1997年に"Greatest Hits"がリリースされたとはいえ、ニューアルバムとしては、前作の"Walk On"から実に8年ぶりとなったのが、2002年にリリースされた、この「Corporate America / コーポレイト・アメリカ」です。

当時は、前作でグループを離れたオリジナル・ヴォーカリストのブラッド・デルプが復帰したということもあり、けっこう楽しみにしていたアルバムで、実際、アルバム1曲目の"I Had a Good Time"を聴いた時は、ブラッドの復帰と共に、これぞボストンといったサウンドに喜んだのですが、アルバムを聴き進めていくうちにテンションは徐々に下降していき、結局は次に盛り上がったのは最後の曲で、前作に収録されていた"Livin' for You"のライヴ・ヴァージョンだったという、多少寂しいアルバムでもありました。

それに、ブラッド・デルプが復帰したとは言っても、ブラッドが全曲でヴォーカルをとっているという訳ではなく、フラン・コスモと、新たに加わった女性メンバーのキンバリー・ダームの3人でリード・ヴォーカルを担当している形になっているんですよね。

別に2人のヴォーカルも悪くはないと思うのですが、ただ前作とは違い、ブラッドのヴォーカル曲があるだけに、他の2人がヴォーカルをとる曲では、多少異質な印象が無きにしも非ずといったところ。特にリードヴォーカルは勿論のこと、コーラスやハーモニーから女性の声が聴こえてくるというのがどうも違和感があります。

勿論、ボストンに不変性を望んでいるということではなく、自分としては様々なチャレンジも歓迎しているのですが、ただそうであれば、例えばキンバリーのリードヴォーカル曲を例に挙げると、女性の声を生かしたもっと魅力的な楽曲とアレンジで披露して欲しかったという思いはあります。

正直、トム・ショルツが8年間の大半をこのアルバムの制作に費やしていたとは到底思えず、過去の楽曲が見え隠れするような使い回しの感があるメロディーが所々で顔を出すのもどうかなぁといった印象。かつてのロック少年を夢中にさせた"Don't Look Back"や"A Man I'll Never Be"に匹敵するような曲をついつい期待してしまうのがいけないんでしょうかね・・・。

CD Case (inside): Corporate America / Boston このアルバムでコンポーザーとしてトム・ショルツの名前が単独で表記されている曲は5曲で、共作で表記されている曲が1曲、そして他のメンバーがコンポーザーとして表記されている曲が4曲と、以前に比べたら、他のメンバーの貢献度も上がり、よりバンドらしくはなってはいるのですが、ただ、肝心の楽曲がつまらないのであれば意味が無いような。やはりこのアルバムは全体的に楽曲そのものの魅力が乏しいことが不評だった第一の要因であったようにも思います。

ちなみに、現在では本国のアメリカでもこの"Corporate America"は廃盤扱いされているようで、ボストンのアルバムで唯一廃盤にになっているのが最新アルバムというシャレにならないような結果にもなっています。しかも、そのことにより、このアルバムの中古市場での価格が上昇しているという皮肉な結果に。

と、まぁ、なんだか愚痴ばかりになってしまいましたが、それもこれも全ては、時が流れてもボストンが自分にとっては特別な存在であり、それだけ期待していたからなのであります。

残念ながら、アルバムを通して聴くということは殆んど無く、大抵は"I Had a Good Time"と"Livin' for You (Live)"の2曲だけ聴くというシングル盤のような聴き方をしているのですが、それでも、この2曲のために買ったと思えば、そう残念がることもないかと今は思っています。実際、ブラッド亡き今となっては"I Had a Good Time"という名曲を残してくれたことに感謝していますし、この1曲のためだけにでも買った価値はあったと思っています。

 

▼ Boston - I Had a Good Time

https://www.youtube.com/watch?v=wkKTfqKRh_A

 

CDの帯:Corporate America / Boston

 

BOSTON - BAND MEMBERS
• Tom Scholz - Guitar, Bass, Keyboards, Drums, Vocals
• Brad Delp - Vocals
• Fran Cosmo - Vocals
• Gary Pihl - Guitar, Keyboards
• Anthony Cosmo - Guitar, Vocals
• Kimberley Dahme - Guitar, Vocals

 

TRACK LIST
1. I Had A Good Time / 2. Stare Out Your Window / 3. Corporate America / 4. With You / 5. Someone / 6. Turn It Off / 7. Cryin' / 8. Didn't Mean To Fall In Love / 9. You Gave Up On Love / 10. Livin' For You (Live)

1. アイ・ハド・ア・グッド・タイム / 2. ステア・アウト・ユア・ウインドウ / 3. コーポレイト・アメリカ / 4. ウィズ・ユー / 5. サムワン / 6. ターン・イット・オフ / 7. クライン / 8. ディドゥント・ミーン・トゥ・フォール・イン・ラヴ / 9. ユー・ゲイヴ・アップ・オン・ラヴ / 10. リヴィン・フォー・ユー(ライヴ)

 

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• US 42位

 


 

Life, Love & Hope / Bostonそして、ついに11年振りのニューアルバムが今年12月にリリース予定!

アルバムタイトルは、「Life Love & Hope (ライフ、ラヴ & ホープ)」

■ Life Love & Hope 「ライフ、ラヴ & ホープ」 日本盤
参考価格 ¥2,800 (アマゾン価格 ¥2,571) 発売予定日は2013年12月18日
■ Life Love & Hope 「ライフ、ラヴ & ホープ」 [Limited Edition, SHM-CD] 日本盤(初回限定盤)
参考価格 ¥3,000 (アマゾン価格 ¥2,857) 発売予定日は2013年12月18日
■ Life Love & Hope [Import]
¥1,362 発売予定日は2013年12月2日(アマゾン)

日本盤の価格は輸入盤の約2倍なんですね。どうしようかなぁ。

インフォメーションによれば、今は亡きオリジナル・シンガー、「ブラッド・デルプ」がヴォーカルをとる楽曲も含まれているようで、日本盤にはボーナス・トラック1曲が収録されるとのこと。

ワクワク!

トラックリストも公開されています。

■ LIFE, LOVE & HOPE
1. Heaven on Earth
2. Didn't Mean to Fall in Love (remastered version from Corporate America)
3. Last Day of School (Instrumental)
4. Sail Away
5. Life Love and Hope
6. If You Were in Love
7. Someday
8. Love Got Away
9. Someone (2.0) (rerecorded/rearrangement)
10. You Gave Up on Love (2.0) (rerecorded/rearrangement)
11. The Way You Look Tonight

むむっ、"Corporate America"に収録されていた楽曲が3曲も含まれている。なんかテンションが下がるなぁ。コンピレーションアルバムならまだしも、ニューアルバムでこういうことは止めていただきたいものです。しかも2曲目は単なるリマスターヴァージョンのよう。11年振りのアルバムだというのに、前作を引きずる意味があるのだろうか?

なお、各曲のクレジットと、トム・ショルツによる曲毎のコメントが以下のサイトに記してあります。

▼ ボストン 11年ぶりの新作『Life, Love & Hope』、各曲のクレジットが明らかに
http://amass.jp/30191

Life, Love & Hope / Boston

 

 

関連記事

Boston (1st Album) (1976) / Boston

Don't Look Back 「ドント・ルック・バック(新惑星着陸)」 (1978) / Boston

Third Stage 「サード・ステージ」 (1986) / Boston

Walk On 「ウォーク・オン」 (1994) / Boston

Greatest Hits 「グレイテスト・ヒッツ」 (1997) / Boston

Life, Love & Hope 「ライフ、ラヴ & ホープ」 (2013) / Boston

Heaven On Earth Tour 2014 in Japan - Sticker Sheet (2014) / Boston

あれから10年 ~ R.I.P. Brad Delp / Boston Official Website (2007 / 2017)

2012年8月21日

BOSTON (1ST ALBUM) / BOSTON (1976)

Album Cover (front): Boston (1st Album) / Boston   CD Case (back cover): Boston (1st Album) / Boston   CD: Boston (1st Album) / Boston

私が初めて買った"Boston"のアルバムは1978年にリリースされたセカンドアルバムの"Don't Look Back"だったのですが、このファーストアルバムからのシングルカット曲"More Than a Feeling"(邦題は「宇宙の彼方へ」)は日本のラジオでも頻繁にかかっていたことから"Boston"というバンドの存在自体は一応知っていました。ただ、当時は"More Than a Feeling"にそれほど惹かれることはなかったので個人的にはスルーしていたんですよね。ということで、このアルバムを手にしたのは"Don't Look Back"で"Boston"のファンになってから暫く経ってのことでした。

そんな経緯もあり、後追いで購入したこのファーストアルバム(邦題は「幻想飛行」)ですが、正直言うと当時はそれほど好きになれませんでした。というのも"Don't Look Back"でファンになった自分の耳には、このファーストアルバムでのカントリーフレヴァーなサウンドは嫌いとは言わないまでも、多少苦手な印象があったんですよね。ただ、"Smokin'"と"Rock & Roll Band"の2曲はけっこう好きだったので、当時は"Don't Look Back"のアルバム+"Smokin'"と"Rock & Roll Band"といった感じで良く聴いていたことを覚えています。

そういったことから、時代がレコード盤からCDに代わった後も、このファーストアルバムは長いことCDで再購入することもありませんでした。それに当時のお気に入りだった"Smokin'"と"Rock & Roll Band"、そしてその後は個人的に最も好きな曲である"Don't Look Back"、"A Man I'll Never Be"と肩を並べる位に好きになったシングルカット曲の"More Than a Feeling"は1997年にリリースされた"Greatest Hits"にも収録されていましたから尚更このアルバムを購入しようという思いは無かったんですよね。

Promotional Sticker: Boston (1st Album) / Bostonということで、このファーストアルバムを購入したのはつい最近のことです。どうせもう日本盤は無いだろうとの勝手な思い込みから、ろくに調べもせず、トム・ショルツ自身がリマスタリングしたこの輸入盤(2006年リリース)を購入したのですが、実は今も日本盤はあったんですね。

で、久しぶりにこのアルバムを聴いたところ、いいじゃないですかコレ(笑)。特に当時スルーしていた後半の3曲"Hitch a Ride "、"Something About You"、"Let Me Take You Home Tonight"はあまり聴いていなかったこともあり、数十年前の曲とはいえ、新鮮な感じで聴いています。

ちなみに、このボストンのファーストアルバムは、米3位を記録。又、2003年には"RIAA"より1,700万枚のセールスが認定されており、2012年8月現在、このアルバムはアメリカの歴代セールスでも12位にランクしています。なお、アルバムからは"More Than A Feeling"(米6位)、"Foreplay/Long Time"(米22位)、"Peace Of A Mind"(米38位)の3曲がシングルカットされています。

 

TRACK LIST
1. More Than A Feeling / 2. Peace Of Mind / 3. Foreplay/Long Time / 4. Rock & Roll Band / 5. Smokin' / 6. Hitch A Ride / 7. Something About You / 8. Let Me Take You Home Tonight

 

▼ Boston - More Than a Feeling

https://www.youtube.com/watch?v=t4QK8RxCAwo

 

▼ Boston - More Than A Feeling - 6/17/1979 - Giants Stadium (Official)

https://www.youtube.com/watch?v=4N7qdcBJzJs

 

▼ Smokin (Boston); drum cover by Sina

https://www.youtube.com/watch?v=AcgEo_LVpus

 

 

関連記事

Don't Look Back 「ドント・ルック・バック(新惑星着陸)」 (1978) / Boston

Third Stage 「サード・ステージ」 (1986) / Boston

Walk On 「ウォーク・オン」 (1994) / Boston

Greatest Hits 「グレイテスト・ヒッツ」 (1997) / Boston

Corporate America 「コーポレイト・アメリカ」 (2002) / Boston

Life, Love & Hope 「ライフ、ラヴ & ホープ」 (2013) / Boston

Heaven On Earth Tour 2014 in Japan - Sticker Sheet (2014) / Boston

あれから10年 ~ R.I.P. Brad Delp / Boston Official Website (2007 / 2017)

2011年4月 3日

GREATEST HITS 「グレイテスト・ヒッツ」 / BOSTON (1997)

CDの帯(初回プレス盤):グレイテスト・ヒッツ / ボストンAlbum Cover (front): Greatest Hits / Boston "Boston"にとって初のベストアルバムになるのが1997年にリリースされたこの「Greatest Hits / グレイテスト・ヒッツ」です。ただし、2009年にアメリカで再発されたものは収録曲が多少変更されているようですね。1997年のオリジナル盤には"Tell Me"、"Higher Power"、"The Star Spangled Banner/4th Of July Reprise"、そして、"Higher Power (Kalodner Edit)"と、4曲の新曲が収録されていましたが、その再発盤は、"Tell Me"、"Higher Power (Kalodner Edit)"の新曲2曲と"Walk On"収録の"Livin' for You"が外され、代わりに、次作の"Corporate America"収録の"I Had A Good Time"と、前作"Walk On"に収録されていた"I Need Your Love"が加えられているようです。

2009年の再発盤は、オリジナル盤がリリースされた年には発表されていない次作の収録曲が加えられているということで、多少、時系列が狂ってしまう結果になっているのですが、それでも、スローな"Tell Me"でスタートするオリジナル盤よりも、"I Had A Good Time"で威勢よくスタートし、"Walk On"からのシングルカット曲である"I Need Your Love"も加えられた再発盤の方が、アルバムの構成としてはもとより、"Boston"のアルバムを初めて手にするという人にとっては良いのではないかと思います(名曲のひとつである"Livin' for You"が外されている点は残念ですが)。しかしながら、既に"Boston"のアルバムを持っているというファンにとっては、その他のアルバムでは聴けない"Tell Me"と"Higher Power (Kalodner Edit)"が新曲として収録されているという点で、オリジナル盤の方に価値が持てるのではないかと。

 

CD Case (back cover): Greatest Hits / Boston   Album Cover (front & back): Greatest Hits / Boston

 

ただ、折角の新曲も、残念ながら個人的にはそれほど興味をそそるものではありませんでした。とは言っても、1976年のファーストアルバムから2011年現在までの35年間にリリースされたアルバムの数はこの"Greatest Hits"を除いて5枚、曲数にして50曲程度と、キャリアに反して発表曲の絶対数が極端に少ないバンドですから、何だかんだ言っても貴重ですよね。実際、これらの新曲が含まれているということで飛びついた訳ですからね。

ちなみに、アルバム"Don't Look Back"に収録されていたタイトルトラックの"Don't Look Back"は次の曲の"The Journey"と切れ目が無く繋げられていましたが、この"Greatest Hits"では次の曲の"Cool The Engines"と繋げるかたちで収録されています。

 

1997年のオリジナル盤曲目リスト
01. Tell Me [新曲]
02. Higher Power [新曲]
03. More Than A Feeling
04. Peace Of Mind
05. Don't Look Back
06. Cool The Engines
07. Livin' For You
08. Feelin' Satisfied
09. Party
10. Foreplay/Long Time
11. Amanda
12. Rock & Roll Band
13. Smokin'
14. A Man I'll Never Be
15. The Star Spangled Banner/4th Of July Reprise [新曲]
16. Higher Power (Kalodner Edit) [新曲]
2009年の再発盤曲目リスト
01. I Had A Good Time
02. Higher Power [新曲]
03. More Than A Feeling
04. Peace Of Mind
05. Don't Look Back
06. I Need Your Love
07. Cool The Engines
08. Party
09. Feelin' Satisfied
10. Foreplay/Long Time
11. Amanda
12. Rock & Roll Band
13. Smokin'
14. A Man I'll Never Be
15. The Star Spangled Banner/4th of July Reprise [新曲]

 

CD Case (inside): Greatest Hits / Boston   CD: Greatest Hits / Boston

 

残念ながら、2007年にオリジナル・ヴォーカリストのブラッド・デルプが亡くなり、8年後のお約束とも言える昨年は、期待していたものの、ニューアルバムがリリースされることも無かったですね。本音としては、新曲よりも、ブラッドの声が聴ける形での"Boston"初のライヴ・アルバムを望むところですが・・・。

 

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

 

 

関連記事

Boston (1st Album) (1976) / Boston

Don't Look Back 「ドント・ルック・バック(新惑星着陸)」 (1978) / Boston

Third Stage 「サード・ステージ」 (1986) / Boston

Walk On 「ウォーク・オン」 (1994) / Boston

Corporate America 「コーポレイト・アメリカ」 (2002) / Boston

Life, Love & Hope 「ライフ、ラヴ & ホープ」 (2013) / Boston

Heaven On Earth Tour 2014 in Japan - Sticker Sheet (2014) / Boston

あれから10年 ~ R.I.P. Brad Delp / Boston Official Website (2007 / 2017)

2010年12月 2日

WALK ON 「ウォーク・オン」 / BOSTON (1994)

CDの帯(初回プレス盤):ウォーク・オン / ボストン

Album Cover (front): Walk On / Boston   Album Cover (back): Walk On / Boston   CD: Walk On / Boston

前作に引き続き、8年ぶりとなったこのアルバム「Walk On / ウォーク・オン」の最大のポイントは何といってもヴォーカリストが変わったという点でしょう。個人的な感覚では「変わってしまった」という表現の方が当てはまる感じですが・・・。前作から8年もの歳月がかかったことについては、そういった経緯から新たなヴォーカリストを探さなければならなかったということも理由のひとつだったらしいですが、ファンの一人としては、何はともあれアルバムがリリースされたことで、バンドが存続していることを確認できてよかったという思いがあった一方、ブラッド・デルプが脱退したことを知ることにもなり、複雑な心境でしたね。

セールス面で見ると、これまであった、「出せば大ヒット」といったボストン神話も残念ながらこのアルバムには通用しなかったようで、ビルボードチャートでの最高位は7位、それまでアルバム毎にあったヒット曲もこのアルバム"Walk On"からは生まれず、唯一のシングル"I Need Your Love"は51位止まりという結果でした。とは言っても、ビルボードチャートで7位(100万枚以上のセールスを示すプラチナムも獲得)ですから、普通に見れば十分ヒットしたということになるのですが、これまでの数字があまりにも驚異的でしたから、どうしても低調に見えてしまうんですよね。

収められた楽曲について言えば、"Walk On Medley"と題された4曲がこのアルバムのハイライトになると思うのですが、個人的にはむしろそれ以外の曲を聴く機会の方が多い感じです。曲名を挙げれば"I Need Your Love"、"Livin' for You"、"What's Your Name"、"Magdalene"、"We Can Make It"といった曲になるのですが、中でもトム・ショルツがレコード会社に対してシングルカットを強く要望したものの、残念ながら実現しなかった"Livin' for You"は良く聴く曲で、過去の名曲に匹敵する素晴らしい曲だと思いますし、私自身もこの曲がシングルカットされなかったことについてはほんと残念だと思っています。

レコード会社がシングルカットに二の足を踏んだことについては、ファーストシングルの"I Need Your Love"が最高51位と振るわなかったことが背景にあったと思うのですが、しかしながら、トム・ショルツ自身はそのことが相当心残りだったのか、8年後にリリースされた次作の"Corporate America"にはライヴ・ヴァージョンの"Livin' for You"が収録されています。それもボーナストラックという扱いではなく、れっきとしたアルバム収録曲として(笑)。

結果的に、ブラッドが抜けた穴は3人のヴォーカリストで埋める形で制作されたこの"Walk On"ですが、サウンドへの拘りは何ら変わりないようで、ブックレットには例のごとく、このアルバムはアナログテープでレコーディングしたとか、ハンドクラップスは実際に人の手を使った、ドラムマシーンやシンセサイザー、サンプラーは使ってない、ストリングスも本物、などといった言葉が並んでいます。なお、初回盤にはラメ入りロゴステッカーが封入されていました。

ラメ入りロゴステッカー:Walk On / Boston   ラメ入りロゴステッカー:Walk On / Boston

前3作が突出したセールスを記録していることもあってか、この"Walk On"は、ボストンのアルバムの中では比較的影が薄いアルバムのように捉えられている節があるようですが、個人的にはブラッド・デルプが抜けたことを差し引いても結構好きなアルバム。実際、良く聴く曲として先にも5曲を挙げているように、魅力的な楽曲が多く収録された充実度の高いアルバムだと思います。特に、次作の"Corporate America"が出た後だと尚更この"Walk On"の充実ぶりを再認識させられるところではあります。

 

▼ Boston - I Need Your Love
https://www.youtube.com/watch?v=VJ1MaASa9ew

▼ Boston - Livin' for You
https://www.youtube.com/watch?v=WaU0n3MLtlw

▼ Boston - We Can Make It
https://www.youtube.com/watch?v=celKmILnrnM

 

TRACK LIST
1. I Need Your Love / 2. Surrender To Me / 3. Livin' For You / Walk On medley (4-7): 4. Walkin' At Night / 5. Walk On / 6. Get Organ-ized / 7. Walk On (Some More) / 8. What's Your Name / 9. Magdalene / 10. We Can Make It

1. アイ・ニード・ユア・ラヴ / 2. サレンダー・トゥ・ミー / 3. リヴィン・フォー・ユー / ウォーク・オン・メドレー (4-7): 4. ウォーキン・アット・ナイト / 5. ウォーク・オン / 6. ゲット・オーガナイズド / 7. ウォ-ク・オン(サム・モア) / 8. ホワッツ・ユア・ネーム / 9. マグダリン / 10. ウィ・キャン・メイク・イット

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 7位 - Platinum (1994-RIAA) / UK 56位
• Single: "I Need Your Love" US 51位

 

 

関連記事

Boston (1st Album) (1976) / Boston

Don't Look Back 「ドント・ルック・バック(新惑星着陸)」 (1978) / Boston

Third Stage 「サード・ステージ」 (1986) / Boston

Greatest Hits 「グレイテスト・ヒッツ」 (1997) / Boston

Corporate America 「コーポレイト・アメリカ」 (2002) / Boston

Life, Love & Hope 「ライフ、ラヴ & ホープ」 (2013) / Boston

Heaven On Earth Tour 2014 in Japan - Sticker Sheet (2014) / Boston

あれから10年 ~ R.I.P. Brad Delp / Boston Official Website (2007 / 2017)

2010年9月25日

THIRD STAGE 「サード・ステージ」 / BOSTON (1986)

CDの帯:サード・ステージ / ボストンAlbum Cover (front): Third Stage / Boston前作のセカンドアルバム"Don't Look Back"から数えて実に8年ぶりとなったこのボストンのサードアルバム「Third Stage / サード・ステージ」は、制作に1万時間以上を費やしたと言われています。又、ブックレット内のクレジットには、1曲ごとの制作年が記載されており、収められた楽曲がどのような順番で完成していったかを知ることができるのも中々興味深いところ。そして、バックカヴァーには例のごとく、シンセサイザーは一切使ってないなどといった明記も。

しかしながら、そういった職人的拘りが商業性を重視するレコード会社との対立を生む結果にもなったようで、結局、このアルバム"Third Stage"は、所属する"Epic/CBS"から契約不履行で訴えられている最中に、新たなレコード会社"MCA"と契約してリリースされました(それに伴い、新たな契約を無効とする訴えも"Epic/CBS"側から起こされるが、こちらは棄却されている)。

Album Cover (back): Third Stage / Boston そもそもは、5年間で10枚のアルバムを製作するという契約が守られなかったというのが、訴えられた理由のようですが(実際に製作されたアルバムは2枚)、'86年当時でも、ファーストアルバムの"Bosotn"が900万枚、セカンドアルバムの"Don't Look Back"が400万枚という桁外れの売り上げを記録していることから、賠償請求額も半端じゃなかったようです。

と、このアルバムがリリースに至るまでにはそんなゴタゴタがあったものの、結果的に8年という空白の歳月はボストンには何の影響も無かったかのように、この"Third Stage"は初回出荷の段階で早々とプラチナムに輝き、前作に引き続きビルボード・チャートのNo.1を獲得し、ファーストシングル"Amanda"もボストン初のNo.1ソングとなりました。そして、ファンは再び次作まで8年間待たされるのでした。16年で2枚・・・。

なお、バックカヴァーの曲目表記は、3曲目が"The Launch"、そして、9曲目が"Can'tcha Say"となっていますが、ブックレット内側の表記では、3曲目が"The Launch: a) Countdown, b) Ignition, c) Third Stage Separation"と組曲のような表記になっており、9曲目は"Can'tcha Say (You Believe in Me)"とサブタイトルが付いた表記になっています。

ちなみに、この"Third Stage"、個人的にはレコードで言うところのB面の方が当時から好きでしたね。多分、主流からは外れてるんでしょうけど(笑)。

 

▼ Boston - Amanda

https://www.youtube.com/watch?v=F96lemYryXo

 

▼ Boston - I Think I Like It
https://www.youtube.com/watch?v=3tD2Id2T4jU

▼ Boston - Can'tcha Say / Still in Love
https://www.youtube.com/watch?v=IoDh_2t653g

▼ Boston - To Be A Man
https://www.youtube.com/watch?v=BJZ4NDeajIo

 

BOSTON - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Brad Delp (ブラッド・デルプ) - Lead vocals and harmony vocals
• Tom Scholz (トム・ショルツ) - Lead guitar, rhythm guitar, acoustic guitar, grand piano, electric pianos, bass guitar, hammond organ, theatre organ, some drums, guitar "violins", rocket ignition, thunderstorms, and unidentified flying objects
• Jim Masdea (ジム・マスデア) - Drums or percussion on numerous tracks
• Gary Pihl (ギャリー・ピール) - Trades guitar leads with Tom in "I Think I Like It"

 

TRACK LIST
1. Amanda / 2. We're Ready / 3. The Launch / 4. Cool The Engines / 5. My Destination / 6. A New World / 7. To Be A Man / 8. I Think I Like It / 9. Can'tcha Say / 10. Still In Love / 11. Hollyann

1. アマンダ / 2. ウィ・アー・レディ / 3. ザ・ローンチ / 4. クール・ジ・エンジンズ / 5. マイ・デスティネイション / 6. ニュー・ワールド / 7. トゥ・ビー・ア・マン / 8. アイ・シンク・アイ・ライク・イット / 9. キャンチャ・セイ / 10. スティル・イン・ラヴ / 11. ホリーアン

 

NOTES
• CD発売日:1991年11月07日
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 1位 - 4x Platinum (1987-RIAA) / UK 37位
• Singles from Third Stage
1. Amanda - US 1位
2. We're Ready - US 9位
3. Can'tcha Say (You Believe in Me) - US 20位

 

 

関連記事

Boston (1st Album) (1976) / Boston

Don't Look Back 「ドント・ルック・バック(新惑星着陸)」 (1978) / Boston

Walk On 「ウォーク・オン」 (1994) / Boston

Greatest Hits 「グレイテスト・ヒッツ」 (1997) / Boston

Corporate America 「コーポレイト・アメリカ」 (2002) / Boston

Life, Love & Hope 「ライフ、ラヴ & ホープ」 (2013) / Boston

Heaven On Earth Tour 2014 in Japan - Sticker Sheet (2014) / Boston

あれから10年 ~ R.I.P. Brad Delp / Boston Official Website (2007 / 2017)

2010年8月31日

DON'T LOOK BACK 「ドント・ルック・バック(新惑星着陸)」 / BOSTON (1978)

CDの帯:ドント・ルック・バック(新惑星着陸) / ボストンAlbum Cover (front): Don't Look Back / Boston自宅の地下室にレコーディング・スタジオを作り、そこでこのアルバム「Don't Look Back / ドント・ルック・バック(新惑星着陸)」の大半がレコーディングされたことからも分かるように、スタジオワークが趣味と言えるくらいにサウンド作りにのめり込み、多くの時間を費やしていることが伝えられるトム・ショルツ (Tom Scholz) ですが、実態はレコーディング自体よりも、その後のミックスダウンに相当の時間を費やしているとも言われています。

そんなトム・ショルツのことですから、このアルバム"Don't Look Back"は、半分程完成した時点でレコード会社が痺れを切らし、半ば強引に発売してしまったという驚くべき逸話もあるくらいで、後にトム・ショルツ自身が「A面は納得しているが、B面はもっと手を加えたかった」と発言していることから、あながち嘘とも言えないようなところもあります。 

実際、文句なしに素晴らしいA面(CDでは4曲目まで)に比べてB面は、やはりちょっと見劣りがするかな? といった感じがしますが、それでも個人的には唯一コンポーザーにトム・ショルツの名が無いブラッド・デルプ作曲の"Used To Bad News"を含めてB面の4曲もみんな好きですし、かなり手の込んだ音作りだという事はヘッドフォンで聴くとよく分かります。例えば"Party"では左右のギターが中央で交差し、反転して別れていくとか、"Don't Be Afraid"ではひとつの声だと思っていたヴォーカルが実は左右に分けられていたり、"Feelin' Satified"ではハンドクラップの音も微妙に定位が移動したりするので聴いていてけっこう面白いです。アルバムの中ではタイトルトラックの"Don't Look Back"も然る事ながら、"A Man I'll Never Be"が大のお気に入り曲でしたが、アルバムがリリースされてから30数年の年月が流れても、この曲の美しさは今も私の心の中でその輝きを失うことはありません。

Album Cover (front & back): Don't Look Back / Bostonセールス面では2005年現在で1,700万枚を売り上げ、アメリカの歴代セールス記録でも10位に入る程のベストセラーとなったファーストアルバムには及ばないものの、それでもセカンドアルバムであるこの"Don't Look Back"も毎年確実に売れ続けているようで、2005年現在までに700万枚のセールスを記録しています。なお、ビルボードチャートにおいては見事1位(ファーストアルバムは最高3位)に輝き、ファーストシングルのタイトルトラック"Don't Look Back"も、ファーストアルバムの"More Than a Feeling"の5位を上回る4位を記録。個人的にはファーストよりこっちかな。

 

BOSTON - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Tom Scholz (トム・ショルツ) - Acoustic and Electric Rhythm Guitar, 12 Strings Guitar,  Bass, Piano, Organs, Special Effects Guitar
• Brad Delp (ブラッド・デルプ) - Vocals
• Barry Goudreau (バリー・グドロー) - Lead and Slide Guitar, Percussion
• Fran Sheehan (フラン・シーハン) - Bass, Percussion
• Sib Hashian (シブ・ハッシャン) - Drums, Percussion

 

TRACK LIST
1. Don't Look Back / 2. The Journey / 3. It's Easy / 4. A Man I'll Never Be / 5. Feelin' Satified / 6. Party / 7. Used To Bad News / 8. Don't Be Afraid

1. ドント・ルック・バック / 2. ザ・ジャーニー / 3. イッツ・イージー / 4. ア・マン・アイル・ネバー・ビー / 5. フィーリン・サティスファイド / 6. パーティ / 7. ユースト・トゥ・バッド・ニュース / 8. ドント・ビー・アフレイド

 

NOTES
• No Synthesizers Used
• No Computers Used

• CD発売日:1990年12月21日(再発盤)
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 1位 - 7x Platinum (1996-RIAA) / UK 9位
• Singles from Don't Look Back
1. Don't Look Back -  US 4位 / UK 43位
2. A Man I'll Never Be - US 31位
3. Feelin' Satisfied - US 46位

 

▼ Boston - Don't Look Back

https://www.youtube.com/watch?v=2HuiH-0R6a0

 

▼ Boston - A Man I'll Never Be

https://www.youtube.com/watch?v=gZxP3bMn0as

 

 

関連記事

Boston (1st Album) (1976) / Boston

Third Stage 「サード・ステージ」 (1986) / Boston

Walk On 「ウォーク・オン」 (1994) / Boston

Boston (1st Album) (1976) / Boston

Third Stage 「サード・ステージ」 (1986) / Boston

Walk On 「ウォーク・オン」 (1994) / Boston

Greatest Hits 「グレイテスト・ヒッツ」 (1997) / Boston

Corporate America 「コーポレイト・アメリカ」 (2002) / Boston

Life, Love & Hope 「ライフ、ラヴ & ホープ」 (2013) / Boston

Heaven On Earth Tour 2014 in Japan - Sticker Sheet (2014) / Boston

あれから10年 ~ R.I.P. Brad Delp / Boston Official Website (2007 / 2017)

その他のカテゴリー

アート・デザイン パソコン・インターネット 健康 (予防・対策・グッズ・他) 各種調査・統計・ランキング 復興支援・応援メッセージ 日記・コラム・つぶやき 購入商品アレコレ(取り上げられる機会があまりないような商品をピックアップ) 音楽 (A) (B) (C) (D) (E) 音楽 (ABBA) 音楽 (AEROSMITH) 音楽 (AIR SUPPLY) 音楽 (ALAN PARSONS / THE ALAN PARSONS PROJECT) 音楽 (ASIA) 音楽 (BANGLES) 音楽 (BAY CITY ROLLERS) 音楽 (BEATLES / PAUL McCARTNEY) 音楽 (BOSTON) 音楽 (CARS) 音楽 (CHICAGO) 音楽 (CHRISTINA AGUILERA) 音楽 (DEF LEPPARD) 音楽 (E.L.O.) 音楽 (EAGLES) 音楽 (ENYA) 音楽 (ERIC CARMEN / RASPBERRIES) 音楽 (F) (G) (H) (I) (J) 音楽 (HEART) 音楽 (JAPAN) 音楽 (JIGSAW) 音楽 (JOURNEY) 音楽 (JUDAS PRIEST) 音楽 (K) (L) (M) (N) (O) 音楽 (KISS) 音楽 (KOKIA) 音楽 (MEAT LOAF) 音楽 (MSG - THE MICHAEL SCHENKER GROUP) 音楽 (NEW ENGLAND) 音楽 (OLIVIA NEWTON-JOHN) 音楽 (OZZY OSBOURNE) 音楽 (P) (Q) (R) (S) (T) 音楽 (QUEEN) 音楽 (REO SPEEDWAGON) 音楽 (RIN') 音楽 (STYX) 音楽 (TOTO) 音楽 (U) (V) (W) (X) (Y) (Z) 音楽 (XTC) 音楽 (Y&T) 音楽 (Y.M.O.) 音楽 (その他) 音楽 (アナログ・レコード:LP) 音楽 (アナログ・レコード:シングル) 音楽 (クリスマス・ソング / Xmas Songs) 音楽 (ジャズ・フュージョン / Jazz & Fusion) 音楽 (プレイカウント / My iTunes Play Count) 音楽 (全てのカテゴリー) 音楽 (日本でも良く知られる懐かしの海外の曲) 音楽 (邦楽 / Japanese Musicians)

TRANSLATE THIS SITE

ブログ内を画像で検索

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

AD

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ