パソコン・インターネット

2020年3月28日

Google が提供するツールで自分のブログの表示速度を見てみる

一応、今のところはまだ「試験運用版」ということですが、このブログがどう測定されているかをチェック。ちなみに、表示速度はスマホ等の「モバイル」と「PC」に分けて測定されています。

 

▼ Google が測定したこのブログの表示速度(数値はページ数)

[モバイル]
• 低速 URL: 513 件
• 中速 URL: 0 件
• 高速 URL: 0 件

[PC]
• 低速 URL: 0 件
• 中速 URL: 513 件
• 高速 URL: 0 件

 

▼ レポート

Google Search Console - 速度(試験運用版)

 

なんだこれは(笑)

つまりは「モバイル」は全てのページで表示が遅い。「PC」は全てのページで表示は普通だけれど、早くはないという状況。

モバイルの方は中速と低速が全ページで入れ替わる挙動を示しているので、これはもう、自分の作成方法に原因があるのではなく、プロパイダーの問題としか考えられないですね。

まぁ、試験運用中ということで"Google"の測定がまだ定まっていないということも考えられるのですが、自分が使っているこのブログ「ココログ」は、昨年3月のリニューアル直後からトラブル多発で、1年が過ぎた今もなお挙動がおかしかったりするので、なんかやっぱりプロパイダー側の問題なんじゃないかと思ってしまうんですよね。

と言うのも、このブログについては今でもレスポンスが悪くて、設定やデザインを変更しても、直ぐには反映されず、変更の確認をし辛い状態が続いているから。あれこれ変更を確認しながら設定やらデザインやらをいじるということができないのでほんと使い勝手が悪いんですよね(変更の反映に数時間かかったりする状況)。記事のフッターに表示設定しているツイッターのシェアボタン(テキストリンク)もリニューアル以降ずっと消えたままだし。

 

▼ Google Search Console ヘルプ - 速度レポート
https://support.google.com/webmasters/answer/9205520?hl=ja

速度が重要な理由(Google Search Console ヘルプより)
• ページの読み込みに時間がかかると、直帰率に深刻な影響を及ぼします。具体的には:
  • ページの読み込み時間が 1 秒から 3 秒に増加すると、直帰率は 32% 増加します。
  • ページの読み込み時間が 1 秒から 6 秒に増加すると、直帰率は 106% 増加する。
• 遅いと判断されたページは、Google 検索での順位が下がる可能性がある。

 

 

関連記事

(お知らせ)当ブログの URL が「http」から「https」へ変わります - (2019年11月25日)

ブログを移転する可能性がある場合は内部リンクと画像はなるべく少なく - (2019年8月28日)

もうひとつのブログへの記事移転完了 - (2019年10月13日)

ココログの全面リニューアルから2か月 - (2019年5月25日)

アクセス障害は減ってもアクセス数は更に減少 - (2019年4月9日)

いったいどこまで下がるのやら(笑) - (2019年3月26日)

ブログの障害いまだ継続中! - (2019年3月24日)

ブログの不具合発生中! - (2019年3月23日)

2020年2月13日

Windows 10 - 初期設定で非表示に設定されているスクロールバーを常時表示させる方法

"Windows 10"の設定画面でスクロールバーが表示されていないと、画面に隠れた下側部分にも設定項目があるのかをいちいち画面の端へマウスポインタを持っていって、オンマウスでスクロールバーの有る無しを確認しないと分からなかったりするので、スクロールバーを常時表示させるように設定を変更。

特にOSをに入れ替えた直後などは設定を変更してカスタマイズすることが多いので、スクロールバーが表示されていないと画面に隠れた下側部分の設定項目を見逃したりすることがあるんですよね(特に2分割された画面左側のメニュー)。

 

▼ 設定方法

1. まずは「スタート」をクリック。

2. 「設定」(左側の列にある歯車のアイコン)をクリック。

3. 「Windowsの設定」のウィンドウが開いたら「簡単操作」を選択(「簡単操作」の項目が見つからない場合は、ウィンドウの右端にマウスポインタを持っていくとスクロールバーが表示されるので、スクロールバーで画面を下にスクロールしてください) 。

4. 2分割された画面の右側にディスプレイの項目が表示されるので「Windows のシンプル化と個人用設定」の項目にある「Windows のスクロールバーを自動的に非表示にする」を「オフ」(これも項目が見つからない場合は、ウィンドウの右端にカーソルを持っていき、スクロールバーで画面を下にスクロールしてください) 。

5. これですべて終了。「保存」とか「OK」のボタンは無いので、そのままウィンドウを閉じてかまいません。

2020年1月17日

Windows 10 - 画像ファイルの右クリックでメニューに「プレビュー」の項目を表示させる方法

"Windows 7"時代も画像の「プレビュー」機能は頻繁に利用していたので、自分はこれがないと作業効率が落ちて様々な作業に影響するんですよね。

一応、ググってはみたものの、この「プレビュー」メニューを簡単に表示させる方法が見つからなかったので、自力で試したところ"Windows 10"でも表示させることができたので、その設定方法を記しておきます。

ちなみに、この「プレビュー」とは、右クリックのメニューから「Windows フォト ビューアー」で画像を開きプレビューできるという機能。

 

▼ 設定方法

1. ファイルの中から適当に画像を選び、画像を右クリックして表示されるメニューの中から「プログラムから開く」。

2. 「別のプログラムを選択」をクリックして「Windows フォト ビューアー」を選択。

3. 「常にこのアプリを使って JPGファイルを開く」にチェックマークを入れて最後に「OK」をクリックしたら終了。

これで右クリックメニューの最上部に「プレビュー」が表示されるようになります。

ただ、この「Windows フォト ビューアー」を「常にこのアプリを使って JPGファイルを開く」に設定していると、当然のことながら、"JPG"の画像はダブルクリックした場合でも常にこの「Windows フォト ビューアー」で画像を開くことになるので、"JPG"の画像を編集する等の作業を行う場合は、その都度画像を右クリックして「プログラムから開く」を選択し、開くアプリを選ぶ必要があります。

ということで、結局のところ、設定後はダブルクリックでプレビューできることから、右クリックメニューに「プレビュー」が表示されてもあまり意味をなさない気はするんですけどね(笑)。

2020年1月13日

「iMac」に搭載している「Windows 7」を「10」にアップグレード

自分は"Mac"に"Windows"をインストールしてデュアルブートの環境でパソコンを使っているので、その"Mac"で使用している"Windows 7"を先日"10"にアップグレードしました。ご存じの通り、"Windows 7"は14日でサポートが終了しますからね。

iMac with Windows 10   iMac with Windows 10

作業時間は概ね5~6時間といったところでしたが、作業時間の大半がインストールが終わるのをじっと待つ状態だったので、作業自体は特これといったトラブルもなく無事終了。

これまでの経験からして、何かしら想定外のトラブルが発生すること(インストールが止まったまま動かずといったようなことに遭遇することは良くあること)をある程度は覚悟していたので、ちょっと拍子抜けといった感じでもあったのですが、思わぬところで問題発生。

というのも、ついでにデュアルブートを構築する仮想化ソフトも最新版にしたことも影響してか、"Mac"にも"Windows"にもデジカメからデータが移せなくなったんですよね。とりあえずは、仮想化ソフトのヘルプを見たり、"Mac"と"Windows"の設定項目を色々と探したり、はたまた、あれこれとググったりもしたのですが解決法は見つからず。

ようやくデジカメ・メーカーのサイトでそれらしきヒントは見つかったものの、それをパソコンのどこで設定するのか探してみても全く分からなかったのですが、デジカメ本体の設定項目を見たらありました(笑)。

どうやらパソコンとの接続を「PTP (PictBridge)」にしていると正しく通信できないことがあるようで、その場合は「Mass Storage」で接続してくださいとのこと。いやぁ一言、「デジカメ本体で設定できます」と記してくれればいいのに(笑)。

ということで、万が一、デジカメが接続できなくなった場合は、参考にでもしていただければと。

ちなみに、自分はパソコンに向かって話しかけたりしないので、"Windows 10"の新機能「Cortana」(コルタナ)さんは「オフ」に設定。けっこうメモリーも食いますしね。

2019年11月25日

(お知らせ)当ブログの URL が「http」から「https」へ変わります

ということで、来月から、現在のブログのアドレス「https://jihirog.air-nifty.com/」を「https://jihirog.air-nifty.com/」に変更する予定です。

アドレスの変更とは言っても、これまで「http://」から始まっていたURLが「https://」に変わるだけ(「http」に「s」が付くだけ)で、多分、「http://」のままでもブラウザーの方で「https://」へと自動的にリダイレクトしてくれるとは思いますが、ブックマークやRSSフィードに登録されている場合は念のため変更、もしくは再登録をお願いします(アドレスの変更が確認されたら)。

外見上は単に「s」が付くだけとは言っても、内部リンクの変更とか大変そうだし、アドレスが変わることから、もしかしたらグーグルの検索順位なんかも一時的に落ちたりしてアクセスが大幅に減るかもしれないという危惧はあるものの、いずれは否が応にもhttps化しないといけない状況になるのも目に見えているし(既に「Google Chrome」では、URLが「http://」から始まるサイトについてはアドレスバーの最初に 「保護されていない通信」と表示されるようになっている)、このまま「http://」で始まる記事を積み重ねていっても、結局は後の作業が増えるだけなので、ならば今のうちにやっておこうということに。一応、キリ良く来年からとも考えたのですが、一時的にせよ、検索順位が落ちるばかりか、グーグル検索自体から消えるといったような事態も想定されるので、どうせ愕然とするなら新年早々よりも今の方がまだいいかなと(笑)。

 

■ HTTPS(ウィキペディアより)
https://ja.wikipedia.org/wiki/HTTPS

HTTPSを利用するメリット・デメリットは、以下のとおりである。

メリット
• 通信が暗号化されるため、改竄、盗聴などの攻撃を防ぐことができる。
• HTTP/2対応でブラウザ表示が高速化される。
• SEOに有利になる。検索エンジン最大手のGoogleがHTTPSの導入を推進するため、自社検索サービスにおいてHTTPSの使用するウェブサイトを優遇することを発表していることによる。

デメリット
• 無料発行サービスを除き、導入に費用がかかる。
• SSL証明書を定期的(90日/一年など)に更新する必要がある。
• https非対応のツールや広告、ブログパーツなどが非表示になる。
• 暗号化/復号が必要になるため、クライアントとサーバ共に負荷が上がる(但し、前述のHTTP/2を併用することで負荷を表示速度で相殺できる場合もある)。
• 古いウェブブラウザから閲覧ができなくなる。

 

■ Google の参考記事

HTTPS でサイトを保護する(Search Console ヘルプ)
https://support.google.com/webmasters/answer/6073543

HTTP から HTTPS への移行
サイトを HTTP から HTTPS に移行すると、Google はこれを URL の変更を伴うサイト移転として処理します。この処理は、トラフィック量に一時的に影響することがあります。詳しくは、サイト移転の概要ページをご覧ください。

サイトの移転とは(Search Console ヘルプ)
https://support.google.com/webmasters/answer/34437

サイト移転に関する推奨事項
• 移転作業は数回に分けて段階的に行う。
• 可能であれば、移転作業はトラフィックの少ない時間帯に行う。
• 移転中、サイトのランキングが一時的に変動することを想定する。
サイトの大幅な変更があった場合は、Google がサイトを再クロールしてインデックスに登録し直す間にランキングが変動することがあります。原則として、中規模のサイトでほとんどのページの移転がインデックスに反映されるのに数週間かかり、より大規模なサイトであればそれより長くかかります。Googlebot と Google のシステムが移転した URL を検出して処理する速度は主に URL の数とサーバーの速度によって異なります。サイトマップを送信すると検出プロセスの時間を短縮できます。サイトはセクション単位でも移転できます。

概要: URL の変更を伴うサイト移転(HTTP から HTTPS への移行に関するよくある質問)
https://support.google.com/webmasters/answer/6033049

 

 

関連記事

Google が提供するツールで自分のブログの表示速度を見てみる - (2020年3月28日)

ブログを移転する可能性がある場合は内部リンクと画像はなるべく少なく - (2019年8月28日)

もうひとつのブログへの記事移転完了 - (2019年10月13日)

ココログの全面リニューアルから2か月 - (2019年5月25日)

アクセス障害は減ってもアクセス数は更に減少 - (2019年4月9日)

いったいどこまで下がるのやら(笑) - (2019年3月26日)

ブログの障害いまだ継続中! - (2019年3月24日)

ブログの不具合発生中! - (2019年3月23日)

2019年10月16日

DMOZ (ODP) が名前を変えて引き継がれていた(日本語階層も)

てっきり「Yahoo! カテゴリ」と同様に廃止で無くなっていたと思っていたら、なんと"Curlie"という名前に変えて存続していたんですね。たまたま見つけてビックリ!

実は、自分のウェブサイトもその昔(DMOZ 時代)に登録されていたので、確認したら、ちゃんと掲載されていました。

▼ Curlie
https://curlie.org/ja

※ 補足:
DMOZ (ウィキペディアより)
Open Directory Project(オープン・ディレクトリー・プロジェクト)は、ボランティア方式で運営される世界最大のウェブディレクトリである。ODP のドメイン名には、Directory Mozilla を略した DMoz が用いられ、ミラーサイトにはその初期の名称の NewHoo もある。Netscape に売却され、現在では AOL Time Warner の傘下にある。 また、DMOZ は、2017年3月17日(UTC)に運用を終了し、その機能は DMOZ のエディターによって作られたミラーサイト dmoztools.net に引き継がれている。 その後、全てのコンテンツは curlie.org へ引き継がれ、2019年現在も活動している。

ちなみに、登録には審査が必要でした(勿論、今も)。

自分が登録した当時は"DMOZ"のディレクトリが"Google"にも掲載されていたので、世間でも"DMOZ"への登録はSEO対策のひとつとして重要視されていたんですよね。

しかし、現在はクローラーと言われるロボットが自動的にネット上を巡回し、ウェブサイトの情報を収集して検索サイトを構築する"Google"や"Bing"、"Yahoo!"("Yahoo! JAPAN"は"Google"の検索技術を利用している)などの検索エンジンが主流です。

人間が審査してディレクトリを構築するということで、変なサイトが検索されないという利点はあるものの、構築に要する手間隙は勿論のこと、そういったディレクトリ型検索を利用する人が果たしてどの程度いるのかという部分で考えると、名前が変わったこの"Curlie"も、今後は更に厳しい状況が続くのではないかと個人的には思っています。いや、自分自身は頑張って欲しいと思うところではあるのですが、ネットの現状と、この先の見通しを考えるとね・・・。

2019年8月28日

ブログを移転する可能性がある場合は内部リンクと画像はなるべく少なく

3月中旬~下旬に行われたブログの全面リニューアルにより不具合が多発したことにより、それ以降、坂道を転がるようにクセス数も急激にダウン。と、そういった事情もあり、ブログが使い辛くなったことも併せて、コレはもうダメかもしれないと思い、もうひとつのブログを立ち上げて、そちらに記事を移転し始めたのですが、現在もまだその移転作業の最中といった状況。

一応、一括で別のブログへ記事をエクスポートする機能はあるのですが、それを使っても内部リンクは後からひとつひとつ手動で書き換えなければならないし、画像も新たにアップロードし直さなければならず、結局は漏れなく作業を進めることを考えて、今はひとつずつ記事を確認しながら移転作業を行っています。それに、どうせ"HTML"も若干いじらなければならないし、ついでに言えば、僅かながらもゴールに向かっているという実感も得られます。

ということで、ブログを移転する可能性がある場合は、内部リンクと画像はなるべくまとめて少なくしておいた方がいいということを実感。実際、画像満載の記事に出くわすとウエッ!となりますからね(笑)。一方、テキストだけの記事だと、暑い日差しの中で木陰に入った感じでホッとします。

でもね、それはそうと、ここ最近はこのブログのアクセス数がなんだか復活してきた感じで、日によっては、3月22日から始めたもうひとつのブログの総アクセス数を1日で超えるような状況。いやぁ、こっちは閉鎖してもうひとつのブログに完全移行するつもりだったのですが、今はもう少し様子を見てからどうするかを決めようかなと。

 

▼ 2019年8月のアクセス数推移

2019年8月のアクセス数推移

 

 

関連記事

Google が提供するツールで自分のブログの表示速度を見てみる - (2020年3月28日)

(お知らせ)当ブログの URL が「http」から「https」へ変わります - (2019年11月25日)

もうひとつのブログへの記事移転完了 - (2019年10月13日)

ココログの全面リニューアルから2か月 - (2019年5月25日)

アクセス障害は減ってもアクセス数は更に減少 - (2019年4月9日)

いったいどこまで下がるのやら(笑) - (2019年3月26日)

ブログの障害いまだ継続中! - (2019年3月24日)

ブログの不具合発生中! - (2019年3月23日)

2019年4月13日

Yahoo! からの広告メールをまとめて一括で配信停止する方法

Yahoo! から「【重要】Yahoo! JAPAN ID用登録メールアドレスの仕様変更に伴う通知設定見直しのお願い」というメールが届いたので、深く考えずにメーラーにヤフーメールのアカウントを追加したら次々と広告メールが届くようになりました(笑)。どうやらメーラーへの登録と同時に勝手に配信が登録されるようになっているようです。

送られてくるメールの下には配信停止のリンクが付いているので、その度に配信停止にしていたのですが、次から次へとメールが送られてくる始末。調べてみたら、広告が多岐にわたってジャンル分けされているようで、配信停止しても、そのジャンルのメールだけしか配信停止にならないようです。

ということで、まとめて一括で配信停止する方法を探してみたのですが、いや~これは分かり辛いですね。本気で探さないと絶対見つけられませんよこれは。というか、自分の場合、どんな広告が配信設定になっているのかすら分からない状況ですからね。

で、結果的には、どんな内容のメールが配信設定になっているのかを確認できるページを探し出して、そこでまとめて一括で配信停止できたので、その手順を記しておきます。でも、結構険しい道程なんですよこれが(笑)。

 

■ Yahoo! からの広告メールを一括で配信停止する手順

1. まずは、「Yahoo! JAPAN ID」でログインするか、もしくは「Yahoo! JAPAN」のトップページ () にアクセスして、右上の「メール」をクリックします(すでにログインしている場合は右側の広告の下辺りにある「登録情報」をクリックして「4」の手順に進んでも構いません)。

2. 次に、右側にある「ID/携帯電話番号/メールアドレス」▶「パスワード」と入力し、「ログイン」をクリックします。

3. 一番上に「ようこそ、○○さん」と表示されるので、その真下にある [ログイン履歴 - 登録情報 - ログアウト] の中から「登録情報」をクリック。

4. 「登録情報」が表示されたら、右側の欄の一番下にある「プライバシー・メール配信」から「詳細」をクリック。

5. 「プライバシー・メール配信」のページが開いたら、右側の欄の一番上にある「メール設定」から「設定する」をクリック。

6. 「メール設定」のページが開いたら、「メール配信設定」の左側の欄の一番上にある「Yahoo! JAPANからのおすすめメール」から「設定する」をクリック。

7. ここでもう一度パスワードの入力を求められるので、「パスワード」を入力し、「ログイン」をクリックします。

8. 「Yahoo! JAPAN からのおすすめ情報メール」のページが開いたらゴールは目前です(笑)。

9. 「配信の登録・配信解除」に、おすすめ情報メールの一覧が表示されるので、そこで配信が登録されている情報メールのチェックマークを外せば配信が解除されます。

全てをまとめて一括で解除する場合は「すべての選択を解除」をクリックでOKですが、ポイントを利用している人はポイントのお知らせといった情報メールも含まれているので、特定の情報メールだけを受け取りたい場合は、お好みで不要なものだけチェックマークを外します(一旦すべての選択を解除した後に必要なものだけチェックマークを入れた方が早くて分かりやすいと思いますが)。

10. 最後に、下にある「設定を変更」をクリックで完了。

なお、そのページぼ下にも記してあるとおり、配信の解除をしても、設定が反映されるまで数日かかることがあるとのこと。

それにしても、まぁ、凄い数の情報(広告)メールの配信が登録されていたこと(笑)。

2019年3月26日

いったいどこまで下がるのやら(笑)

それにしても 酷い。ココログの一連の不具合で、このままだと半数どころか3分の1にアクセス数が落ちそうな感じですよ(笑)。

ココログの全面リニューアルは19日でしたが、土日でアクセスがガクンと落ちるというのは考えられないので、多分、16日(土)辺りから何かしら始めたのだと思うんですよね。

▼ このブログの3月のアクセス数推移

アクセス数推移

しかもタグなんかも色々と変なところがあって、今のままだと記事をアップしてもどうせ直った後から手直しする羽目になりそうで記事を書く気にもならないし・・・。

一番痛いのは格納されている過去記事のタグまで勝手に変えられていること。しかも戻せない部分もあるので、例えば、追記とか誤字脱字を見つけたとかで記事を手直しする場合は、全体のタグが変わった状態での更新になるんですよね。

しかし、改めて思うのは、前にも書いたように、ビジネスとかでやってなくてよかったということ。

どういった状況なのかは、「ココログ リニューアル 不具合」で検索すると、大体のことは分かると思います。

でも、そう悲観ばかりもしていられないので、実はこれを機に別のブログを始めたんですよね。

で、しばらくはそちらで記事を上げていこうかと思っています。

▼ Jihirog 2
https://jihirog.blogspot.com/

 

 

関連記事

Google が提供するツールで自分のブログの表示速度を見てみる - (2020年3月28日)

(お知らせ)当ブログの URL が「http」から「https」へ変わります - (2019年11月25日)

もうひとつのブログへの記事移転完了 - (2019年10月13日)

ブログを移転する可能性がある場合は内部リンクと画像はなるべく少なく - (2019年8月28日)

ココログの全面リニューアルから2か月 - (2019年5月25日)

アクセス障害は減ってもアクセス数は更に減少 - (2019年4月9日)

ブログの障害いまだ継続中! - (2019年3月24日)

ブログの不具合発生中! - (2019年3月23日)

2019年1月16日

iTunes で、自分の再生回数トップ100を見る方法

左側の「ライブラリ」から「曲」を選択し、右側に表示される曲名の上の欄に表示される「再生回数」をクリックすれば、曲が再生回数順に並び替えて表示されるので、再生回数の多い曲を簡単に見ることができるのですが、再生回数順に表示させる「ミュージックプレイリスト」を作成しておけば順位も表示されるので見やすくなります。勿論、トップ100に限らず、トップ200でも、トップ300でも好きなように設定できます。

 

■ 再生回数順に曲を表示させる「ミュージックプレイリスト」の作成方法

1. 上部のメニューバーにある「ファイル」から「新規→スマートプレイリスト」を選択

2. 「スマートプレイリスト」のウインドウが開いたら、「アーティスト」が、となっているところの「アーティスト」の部分をクリックして「メディアの種類」に変更(列の表記が「メディアの種類がミュージックである」になったらOK)。

3. その列の右側にある「+」をクリックすると、新たにルールを設定する項目が出てくるので、同じように「アーティスト」をクリックして、今度は「再生」に変更。列の表記が「再生が0回である」になったら「である」の部分をクリックして「より多い」に変更(列の表記が「再生が0回より多い」になったらOK)。※ 再生回数が0回の曲は表示されない設定になります。

4. 次に、その下にある「上限」で、表示させる曲数(デフォルトでは「25」になっています)を設定します。※ 記事のタイトルにあるようにトップ100の曲を表示させたいなら「100」と入力します。

5. そして、その右にある「選択方法」(デフォルトでは「ランダム」になっています)をクリックして「再生頻度の最も高い項目」に変更。※ この場合は、上から再生回数の多い順で表示されるようになります。勿論、逆の「再生頻度の最も低い項目」に設定すると、再生回数の低い順で表示されます。

6. 全て完了したら「OK」をクリックして、上部に表示される「プレイリスト」の部分で自分用に分かりやすい名前を設定したらこれで完了です。※ 名前の変更は後からでもできます(左側に表示される作成したプレイリスト名をクリックした後にもう一度クリックすると新たな名前を入力できるようになります)。

 

 

関連記事

iTunes で、アルバムがトラック番号順で表示されない場合は - (2017年5月22日)

iTunes で、全ての曲の再生回数をまとめて一括でリセットする方法 - (2017年1月15日)

iTunes - CDに収録されている複数の曲をひとつのトラックに結合して取り込む方法 - (2015年10月29日)

iTunes だけで簡単に WAV から MP3 へとファイル形式を変換 - (2015年1月14日)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

TRANSLATE THIS SITE

商品検索

  • Amazon

ブログ内を画像で検索

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ

AD