音楽 (DEF LEPPARD)

2020年3月19日

X / DEF LEPPARD (2002)

CDの帯:X / デフ・レパード

Album Cover (front): X / Def Leppard   Album Cover (back): X / Def Leppard   CD Case (back cover): X / Def Leppard

この"X"(タイトルは「エックス」ではなくアラビア数字の「10」を意味するローマ数字)は、文字通りデフ・レパードの10作目となるアルバム(シングルB面曲と未発表曲等で構成されたコンピレーション・アルバムの"Retro Active"と、ベスト・アルバムの"Vault: Def Leppard Greatest Hits (1980-1995)"を含む)。

デフ・レパード史上、最もポップ志向なアルバムと言っても過言ではないことから、ある意味、問題作と捉える向きもあるのかもしれませんが、その辺りの好みの問題を抜きにして、楽曲のクオリティーという点で見ればこのアルバムもまたデフ・レパードの名に恥じない充実したアルバムなのではないかと個人的には思っています。

と言うのも、親しみやすい印象はありながらも、どの曲も一本調子ではなく、捻りがあり、デフ・レパード特有のソリッドでエッジが効いたゴージャスなサウンド・プロダクションも相まって、ロックファンが眉をひそめるような(笑)ポップにはなっていないんですよね。しかも、どこかダークでグランジっぽい雰囲気も感じられるし。

実際、初めて聴いたときも特に悪い印象はなく、アルバムを一度最後まで聴いて全体像を把握した後は、むしろ、更にじわじわとこのアルバムの魅力に気付いていったようなところがありました。とは言え、初めて聴いたときは、3曲目のイントロを聴いて、ようやく、あ~やっぱりデフ・レパードだと改めて感じたようなところもあったんですけどね。

又、収録曲の殆どがミディアム&スローな曲で占められているので、ロック特有の疾走感なんてものも無いのですが、取り分け、前半部は充実度が高く、メロディーへの拘りといったものが感じられる楽曲が揃っていることもあり、自分自身はそのことに対しても特に不満に思うことはないですね。と言うか、むしろ、それがこのアルバムの特色だと思っている節もあります。

まぁ、例えば、このアルバムをまだ聴いたことがないという人であっても、多少なりともデフ・レパードを知っている人ならば、アルバムがミディアム&スローな曲で占められているばかりか、ロックには必須とも言えるギターソロが殆ど無いような曲も意外と多くあり、加えて、アルバムには3分を切る曲が3曲含まれていることからも、このアルバムがこれまでのデフ・レパード・サウンドとは多少異なるスタイルで制作されているということはうかがい知れるのではないかと。

ただし、アルバムの最後を締めくくる"Scar"だけは比較的長いギターソロも入っており、曲自体も代表作の"Hysteria"に収録されていても違和感がないようなデフ・レパードらしい雰囲気がありますね。もしかしたらこの辺りは多少戸惑いを覚えるかもしれないファンのことを考えての心配り、もしくはファンサービス的色合いのようなものがあるんでしょうか?

 

CD: X / Def Leppard

TRACK LIST
1. Now / 2. Unbelievable / 3. You're So Beautiful / 4. Everyday / 5. Long Long Way To Go / 6. Four Letter Word / 7. Torn To Shreds / 8. Love Don't Lie / 9. Gravity / 10. Cry / 11. Girl Like You / 12. Let Me Be The One / 13. Scar
[Bonus Tracks For Japan]
14. Kiss The Day / 15. Long, Long Way To Go (acoustic)

1. ナウ / 2. アンビリーヴァブル / 3. ユーアー・ソー・ビューティフル / 4. エヴリディ / 5. ロング・ロング・ウェイ・トゥ・ゴー / 6. フォー・レター・ワード / 7. トーン・トゥ・シュレッズ / 8. ラヴ・ドント・ライ / 9. グラヴィティ / 10. クライ / 11. ガール・ライク・ユー / 12. レット・ミー・ビー・ザ・ワン / 13. スカー
[日本盤ボーナス・トラック]
14. キッス・ザ・デイ / 15. ロング・ロング・ウェイ・トゥ・ゴー(アコースティック)

 

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(日本先行発売) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付
• 発売日:2002/7/24
• 品番:UICR-1025

• Album: UK 14位 / US 11位
• Singles: "Now" - UK 23位 / "Long, Long Way To Go" - UK 40位

 

DEF LEPPARD - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Joe Elliott (ジョー・エリオット) - Lead Vocals
• Rick "Sav" Savage (リック・サヴェージ) - Bass Guitar, Vocals
• Rick Allen (リック・アレン) - Drums
• Vivian Campbell (ヴィヴィアン・キャンベル) - Guitar, Vocals
• Phil Collen (フィル・コリン) - Guitar, Vocals

 

▼ Def Leppard - Unbelievable

https://www.youtube.com/watch?v=Hkh94P82fmk

 

▼ Def Leppard - Torn To Shreds

https://www.youtube.com/watch?v=ZDYXiNhNHlQ

 

▼ Def Leppard - You're So Beautiful
https://www.youtube.com/watch?v=jxdhLM6Co-A

▼ Def Leppard - Everyday
https://www.youtube.com/watch?v=ARDJdC_MDwc

▼ Def Leppard - Long Long Way To Go
https://www.youtube.com/watch?v=wCGhHYEn4Mw

 

 

関連記事

Hysteria 「ヒステリア」 [30th Anniversary Edition] (1987 / 2017) / Def Leppard

Vault: Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 (1995) / Def Leppard

ギタリストのフィル・コリンがデフ・レパードに加入する前に在籍していたバンド「ガール」のファースト・アルバム
Sheer Greed 「シアー・グリード」 (1980) / Girl

2020年1月23日

HYSTERIA 「ヒステリア」 [30TH ANNIVERSARY EDITION] / DEF LEPPARD (1987 / 2017)

CDの帯:ヒステリア(30周年記念エディション) / デフ・レパード

Album Cover (front): Hysteria (30th Anniversary Edition) / Def Leppard   Album Cover (back): Hysteria (30th Anniversary Edition) / Def Leppard   CD Case (back cover): Hysteria (30th Anniversary Edition) / Def Leppard

こちらは1987年にリリースされたデフ・レパードの大ヒットアルバム「Hysteria / ヒステリア」の30周年記念エディション(2017年デジタル・リマスタリング)で、自分が購入したのは「1CD」の「スタンダード・エディション」。

※ 2017年に発売された30周年記念エディションの日本盤は「5CD+2DVD」の「スーパーデラックス・エディション(完全生産限定盤)」のみだったが、2018年の「全曲再現 HYSTERIA & MORE」の来日公演に合わせて「1CD」の「スタンダード・エディション」と「3CD」の「デラックス・エディション」も国内盤化され発売された。

で、デフ・レパードにとって4作目のアルバムとなるこの"Hysteria"は、英米のチャートで共に1位を記録し、7曲ものヒット・シングルを生み出したモンスター・アルバム。

とは言っても、ゴージャスなサウンドを聴けば察しがつくように、アルバムの制作にはかなりの資金が投入されたようで、マネージャーのピーター・メンチは当時「このアルバムを200万枚売って、やっとスタートラインに立つ」と発言していました(つまりは損益分岐点がそのラインであったと思われる)。ただし、ウィキペディアには、それどころか、アルバム500万枚を売り上げなければ元が取れないほどの金額だったという説もあるということが記されています。

まぁ、裏を返せば、それだけ売れる自信がマネージメント側にはあったのだと思われますが、とは言え、確実に売れるという保証があるわけでもなく、それを可能にしたのは、やはり前作の「Pyromania / 炎のターゲット」 (US: Diamond / 10x Platinum) の成功があったからでしょうね。

CD Case (inside): Hysteria (30th Anniversary Edition) / Def Leppard   CD: Hysteria (30th Anniversary Edition) / Def Leppard

DEF LEPPARD - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• ジョー・エリオット (Joe Elliott) - Lead Vocals
• スティーヴ・クラーク (Steve Clark) - Guitars
• フィル・コリン (Phil Collen) - Guitars
• リック・サヴェージ (Rick Savage) - Bass
• リック・アレン (Rick Allen) - Drums

• The Bankrupt Brothers - Backing Vocals
※ "The Bankrupt Brothers"は、デフ・レパードのメンバーに加えて、ロッキー・ニュートンとロバート・ジョン“マット”ランジに与えられたバッキング・ヴォーカルのグループ名

 

Japanese Booklet: Hysteria (30th Anniversary Edition) / Def Leppard

TRACK LIST
1. Women / 2. Rocket / 3. Animal / 4. Love Bites / 5. Pour Some Sugar on Me / 6. Armageddon It / 7. Gods of War / 8. Don't Shoot Shotgun / 9. Run Riot / 10. Hysteria / 11. Excitable / 12. Love and Affection

1. ウィメン / 2. ロケット / 3. アニマル / 4. ラヴ・バイツ / 5. シュガー・オン・ミー / 6. アーマゲドン / 7. ゴッズ・オブ・ウォー / 8. ショット・ガン / 9. ラン・ライオット / 10. ヒステリア / 11. エクサイタブル / 12. ラヴ・アンド・アフェクション

NOTES
■ ヒステリア(30周年記念 1CD スタンダード・エディション)
• 2017年デジタル・リマスタリング (Remastered 2017)
• 解説・歌詞・対訳付
• 発売日:2018/9/12

• Album: UK 1位 (2x Platinum) / US 1位 (12x Platinum [Diamond] / 1998-RIAA)

• Singles:
1. Women - US 80位
2. Animal - UK 6位 / US 19位
3. Pour Some Sugar on Me - UK 18位 / US 2位 (Gold / 2005-RIAA)
4. Hysteria - UK 26位 / US 10位
5. Armageddon It - UK 20位 / US 3位
6. Love Bites - UK 11位 / US 1位
7. Rocket - UK 15位 / US 12位

 


 

CDの帯(初回プレス盤):ヒステリア / デフ・レパード

Album Cover (front): Hysteria / Def Leppard   Album Cover (back): Hysteria / Def Leppard   CD Case (back cover): Hysteria / Def Leppard

そして、こちらはリリース当時に買ったオリジナルの初回プレス盤。なんか今見ると日本の販売元はそれほど力を入れてなかったようにも見える帯。

当時は一聴して力作であるアルバムであることは分かったものの、アメリカでのファーストシングルが"Women"だったことに関しては「何でこの曲を?」って感じでしたね。しかもその"Women"が80位止まりだったことから、アルバムが力作なだけに残念な気持ちであると同時に行く先を案じるようなところがありました。

結果的には、そんな憂いも他所に、その後にカットされたシングルはことごとくヒットを記録(都合7曲がシングルカットされ、米ビルボードチャートに於いてはNo.1ヒットを含む3曲がトップ3に入るヒットを記録)し、その勢いも手伝ってアルバムはロングセラーとなり、ベストセラーとなった前作を上回る大ヒットに。

CD Case (inside): Hysteria / Def Leppard

実はこの"Hysteria"は、前作"Pyromania"がリリースされた翌年の1984年にドラマーのリック・アレンが自動車事故で左腕を失うという状況下で制作されたアルバムであったわけですが、シモンズ社の協力の下、片腕と両足で演奏ができるカスタマイズのドラムを製作し、そのままの体制でレコーディングが行われたことをニュースで知って当時は驚いたことを覚えています。

ただ、やっぱり、実際にアルバムを聴くまではどうなんだろうという若干不安めいた思いはあったのですが、アルバムを聴くと、何の違和感もないドラムサウンドにこれまたビックリといった感じでしたね。

しかし、その後もバンドのアクシデントは続き、"Hysteria"に続く次作のレコーディング中の1991年1月8日、今度はギタリストのスティーヴ・クラークが、鎮痛剤、抗うつ薬、アルコールの同時摂取から呼吸困難に陥り死去。ということで、結果的にはスティーヴ・クラークが全面的に参加したという意味ではこの"Hysteria"が最後の作品となってしまいました。

 

▼ Def Leppard & Taylor Swift - Hysteria

https://www.youtube.com/watch?v=SfOp8tMq2BY

 

▼ Def Leppard & Taylor Swift - Pour Some Sugar on Me

https://www.youtube.com/watch?v=5SGGgdXxA40

 

▼ Def Leppard - Armageddon It (Official Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=urNFQw8VIvA

▼ Def Leppard - Animal (Live on Top Of The Pops)
https://www.youtube.com/watch?v=6p-KU2UWdU4

▼ Def Leppard - Rocket (Live on Top Of The Pops)
https://www.youtube.com/watch?v=RHO92EeZ4Ho

▼ Def Leppard - Love Bites (Live From Detroit)
https://www.youtube.com/watch?v=XiX1pXjwASU

▼ Def Leppard & Taylor Swift - Pour Some Sugar on Me
https://www.youtube.com/watch?v=TMktI3hu3e4

 

 

関連記事

Vault: Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 (1995) / Def Leppard

X (2002) / Def Leppard

ギタリストのフィル・コリンがデフ・レパードに加入する前に在籍していたバンド「ガール」のファースト・アルバム
Sheer Greed 「シアー・グリード」 (1980) / Girl

2018年5月17日

VAULT: DEF LEPPARD GREATEST HITS 1980-1995 / DEF LEPPARD (1995)

CDの帯:デフ・レパード・グレイテスト・ヒッツ / デフ・レパードSlip Case (front): Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard   Slip Case (back): Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard

デフ・レパード初のベスト・アルバムとして1995年にリリースされたこの「Vault: Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / デフ・レパード・グレイテスト・ヒッツ」は通常盤とは別に、2枚組の限定盤が発売されており、自分が購入したのはここで紹介する2枚組限定盤の方。

2枚組限定盤には通常盤と同じグレイテスト・ヒッツ (Disc 1) に加え、1993年に行われたドン・バレー・スタジアムでのライヴ音源 (Disc 2) が収録されています。又、ブックレットの方も通常ブックレットに加え、64ページのフルカラー・ブックレットが別途付属しており、そちらの方にはアルバムのディスコグラフィーの他、国内外のシングル盤のジャケット写真と共にB面曲やカップリング曲のデータ等が掲載されています。

なお、通常盤、2枚組限定盤共に、未発表曲のパワーバラード「When Love & Hate Collide / ラヴ・アンド・ヘイト」が収録されており、この曲はアルバムのリリースと共にシングルとしてもリリースされ、本国のイギリスでは2位のヒットを記録しています。

 

Album Cover (front): Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard   Album Cover (back): Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard   CD Case (back cover): Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard

 

ちなみに、この"When Love & Hate Collide"は、1992年にリリースされたアルバム「Adrenalize / アドレナライズ」の制作時にレコーディングされていた曲らしく、このベスト・アルバムに収録するに当たり、新たにミックス・ダウンを行って収録したそうです。

又、日本盤のみ、通常盤、2枚組限定盤共に、エクストラ・トラックとして、未発表曲の「Can't Keep Away From The Flame / ザ・フレイム」が収録されています。なお、その他の収録曲に関しては、日本盤、UK盤、US盤、それぞれに若干の違いがあるので、購入される際はご確認を。

 

▼ 64p フルカラー・ブックレットの表と裏+メンバー5人のサイン入りメッセージ・カード

Japanese Booklet (front): Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard   Japanese Booklet (back): Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard   Message Card: Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard

 

自分自身は、初めて買ったデフ・レパードのアルバム(LPレコード)が1983年リリースのサード・アルバム「Pyromania / 炎のターゲット」だったこともあり、収録曲の中でも取り分け好きだった"Photograph"、"Rock Of Ages"、"Foolin'"の3曲が収録されているのみならず、その3曲全てが"Disc 2"のライヴの方にも収録されていることが嬉しくてこのベスト・アルバムを購入したことを覚えているのですが、実際にアルバムを聴いてみると、1987年リリースのの大ヒット・アルバム「Hysteria / ヒステリア」に収録されている"Pour Some Sugar On Me"と"Rocket"がアルバムとは違うヴァージョンで収録されていた(パッケージには何も表記されていません)ことも"Hysteria"を持っている身としては嬉しかったですね。勿論、その"Hysteria"に収録されている"Armageddon It"、"Rocket"、"Pour Some Sugar On Me"、"Love Bites"といったヒット曲のライヴ・ヴァージョンが聴けるというのも楽しみの一つだったことは言うまでもありません。

一応、それ以外の曲で補足しておくと、シングルのB面曲、並びに、未発表曲やアルバム未収録曲などレア・トラックが収録されたアルバム「Retro Active / レトロ・アクティヴ」に収録されていた"Two Steps Behind"は、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画「Last Action Hero / ラスト・アクション・ヒーロー」のサウンドトラックにも収録されており、シングルとしてもリリースされた曲です(米12位)。

又、同じく"Retro Active"に収録されている"Action"(スウィートのカヴァー曲)は、先にシングルのみでリリースされていた曲(英14位)。

 

CD Case (inside): Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard   Vault - Def Leppard Greatest Hits 1980-1995 / Def Leppard

 

CDの帯:デフ・レパード・グレイテスト・ヒッツ / デフ・レパードTRACK LIST (2CD Japanese Limited Edition)

[Disc 1]: Greatest Hits
1. Pour Some Sugar On Me / 2. Photograph / 3. Love Bites / 4. Let's Get Rocked / 5. Two Steps Behind / 6. Animal / 7. Action / 8. Rocket / 9. When Love & Hate Collide / 10. Rock! Rock! Till You Drop / 11. Armageddon It / 12. Foolin' / 13. Have You Ever Needed Someone So Bad / 14. Rock Of Ages / 15. Hysteria / 16. Bringin' On The Heartbreak / 17. Can't Keep Away From The Flame (Japanese Extra Track)

1. シュガー・オン・ミー / 2. フォトグラフ / 3. ラヴ・バイツ / 4. レッツ・ゲット・ロック / 5. トゥー・ステップス・ビハインド / 6. アニマル / 7. アクション / 8. ロケット / 9. ラヴ・アンド・ヘイト / 10. ロック! ロック! / 11. アーマゲドン / 12. フーリン / 13. ハヴ・ユー・エヴァー / 14. ロック・オブ・エイジズ / 15. ヒステリア / 16. ブリンギング・オン・ザ・ハートブレイク / 17. ザ・フレイム(日本盤エクストラ・トラック)

[Disc 2]: Limited Edition Live CD (Recorded at Don Valley, Sheffield)
1. Let's Get Rocked / 2. Armageddon It / 3. Foolin' / 4. Rocket / 5. Two Steps Behind / 6. Pour Some Sugar On Me / 7. Rock Of Ages / 8. Love Bites / 9. Photograph

1. レッツ・ゲット・ロック / 2. アーマゲドン / 3. フーリン / 4. ロケット / 5. トゥー・ステップス・ビハインド / 6. シュガー・オン・ミー / 7. ロック・オブ・エイジズ / 8. ラヴ・バイツ / 9. フォトグラフ

 

NOTES

• スリップケース入り2枚組初回限定盤 [2CD Limited Edition / Japanese First Pressing CD]
• 通常ブックレット+64P フルカラー・ブックレット
• メンバー5人のサイン入りメッセージ・カード付き(裏側に日本語訳付き)
• 解説・歌詞・対訳付

• 2CD Japanese Limited Edition: Includes outer card slipcase and extra booklet (Biography, Discograpy and Lyrics)
• Bonus Live CD: Recorded at Don Valley, Sheffield, 6 June 1993

• Pour Some Sugar on Me - Video Edit Version
• Two Steps Behind - Acoustic Version
• Rocket - Video Edit taken from "Visualize"
• When Love & Hate Collide - Previously Unreleased
• Can't Keep Away From the Flame - Previously Unreleased

• Album: UK 3位 (Platinum) / US 15位 (4x Platinum / 2005-RIAA)
• Single: When Love & Hate Collide - UK 2位 / US 58位

 

▼ Def Leppard - When Love & Hate Collide

https://www.youtube.com/watch?v=NE_i5W1_7oA

 

▼ Def Leppard & Taylor Swift - Two Steps Behind (Live)

https://www.youtube.com/watch?v=l_46dWrmwbQ

 

▼ Def Leppard & Taylor Swift - When Love & Hate Collide (Live)

https://www.youtube.com/watch?v=kj68r9pmNl0

 

 

関連記事

Hysteria 「ヒステリア」 [30th Anniversary Edition] (1987 / 2017) / Def Leppard

X (2002) / Def Leppard

ギタリストのフィル・コリンがデフ・レパードに加入する前に在籍していたバンド「ガール」のファースト・アルバム
Sheer Greed 「シアー・グリード」 (1980) / Girl

その他のカテゴリー

TRANSLATE THIS SITE

商品検索

  • Amazon

ブログ内を画像で検索

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ

AD