音楽 (HEART)

2016年9月22日

THE ESSENTIAL HEART 「エッセンシャル・ハート」 / HEART (2002)

CDの帯(初回プレス盤):エッセンシャル・ハート / ハートAlbum Cover (front): The Essential Heart / Heartこの「The Essential Heart / エッセンシャル・ハート」は、シングル曲を中心に選曲されたハートの2枚組みベスト・アルバムです。

ハートのベスト・アルバムといえば、バンドの分岐点ともなった1985年発表のセルフタイトル・アルバムである「Heart / ハート」以降の楽曲を中心とした選曲になっているものが多い中、この"The Essential Heart"は、デビューから1983年までの第1期と言われる時代の楽曲と、1985年以降の第2期の楽曲を2枚に分けた構成になっているのが特徴。

ということで、"Disc 1"にはデビュー・アルバムの"Dreamboat Annie [1975]"から"Passionworks [1983]"までの第1期、そして"Disc 2"が"Heart [1985]"から"The Road Home (Live) [1995]"までの第2期の楽曲が収録されています。又、収録されている楽曲も2枚を通して年代順に配列されているので、バンドの軌跡や変遷が分かりやすいのがこの"The Essential Heart"の良いところ

※ 補足
デビュー・アルバムの"Dreamboat Annie"は、カナダでは1975年にリリースされていますが、ウィルソン姉妹の本国であるアメリカでは一足遅れた翌年の1976年にリリースされています。

ハートのベスト・アルバムでは、アメリカでプラチナムに認定されたこの"The Essential Heart"と、その2年前の2,000年にリリースされ、ゴールドの認定を受けている「Greatest Hits 1985-1995 / グレイテスト・ヒッツ」が有名なところだと思いますが、実際、このアルバムを購入するときは私自身もどちらにしようか迷ったんですよね。自分は1985年以前の第1期の楽曲は知らない曲も多かったので、折角ならその時代の楽曲も聴いてみたかったということもあり、結果的には第2期以降の楽曲で構成された"Greatest Hits 1985-1995"ではなく、こちらのThe Essential Heart"を選んだのですが、ただ、その第2期についても"The Essential Heart"と"Greatest Hits 1985-1995"では収録曲に若干の違いがあるので、この点についても多少悩ましいところではありましたね。

例えば、第2期のアルバム「Bad Animals / バッド・アニマルズ」からシングル・カットされた"I Want You So Bad"と、「Brigade / ブリゲイド」からのシングル・カット曲である"Secret"は、この"The Essential Heart"には収録されているものの、"Greatest Hits 1985-1995"には収録されていません。実は、この2曲はどちらも個人的にも好きな曲のひとつなので、この点も"The Essential Heart"の方を選んだ理由のひとつでもありました。

ただし、"Greatest Hits 1985-1995"の方には、1988年公開の映画「テキーラ・サンライズ」の主題歌で、ハートのアン・ウィルソンとチープ・トリックのロビン・ザンダーが共演した曲 「Surrender To Me / サレンダー・トゥ・ミー(「テキーラ・サンライズ」愛のテーマ)」や、"Brigade"の収録曲である「Tall, Dark Handsome Stranger / いつわりのストレンジャー」、"Desire Walks On"の収録曲「Back To Avalon / バック・トゥ・アヴァロン」、それに、ボーナス・トラックとして日本盤だけに収録されている「Barracuda" / バラクーダ」 (ライヴ・イン・ジャパン) といった"The Essential Heart"には未収録の曲が収録されているので、これから購入しようとする人はこれらを考慮して判断されてはいかがかと。 ちなみに、今現在だと"Greatest Hits 1985-1995"の再発盤は日本盤でもかなりリーズナブルな価格になっており、"The Essential Heart"の半額以下で購入できるようです。

なお、"You're the Voice"は、どちらのアルバムにも収録されてはいるものの、この"The Essential Heart"には "Rock the House Live!"からシングル・カットされたライヴ・ヴァージョンが収録されていますが、"Greatest Hits 1985-1995"の方にはオリジナル・アルバムには未収録のスタジオ・ヴァージョンが収録されています。

余談ではありますが、自分はこの"The Essential Heart"以外にも日本独自で企画されたハートのコンピレーション・アルバムを持っており、そちらに収録されているナンシー・ウィルソンがリードヴォーカルをとる"Strangers of the Heart"がこの"The Essential Heart"には収録されていないことをふと気付いて、何でだろう?と思ったら、実はこの曲、シングルにはなってなかったんですね。このアルバムを買うまではてっきりこの曲もシングル・カットされてヒットしたのだろうと思い込んでたので意外な発見でした。

 

▼ 各楽曲の収録アルバムとチャート・ポジションは以下の通り。 

Disc 1: 1. Crazy On You (US 35位)、2. Magic Man (US 9位)、3. Dreamboat Annie (US 42位)
• From the Album "Dreamboat Annie" [1976] (US 7位 / UK 36位)

Disc 1: 4. "Barracuda" (US 11位)、5. "Little Queen" (US 62位)、6. "Kick It Out" (US 79位)、7. "Love Alive"
• From the Album "Little Queen" [1977] (US 9位 - 3x Platinum / UK 34位)

Disc 1: 8. "Heartless" (US 24位)
• From the Album "Magazine" [1977] (US 17位 - Platinum) 

Disc 1: 9. "Straight On" (US 15位)、10. "Dog & Butterfly" (US 34位)
• From the Album "Dog & Butterfly" [1978] (US 17位 - 2x Platinum)

Disc 1: 11. "Silver Wheels"、12. "Even It Up" (US 33位)
• From the Album "Bébé le Strange" [1980] (US 5位 - Gold)

Disc 1: 13. "Rock And Roll" (Live)、14. "Tell It Like It Is" (US 8位)、15. "Unchained Melody" (Live) (US 83位)
• From the Album "Greatest Hits/Live" [1980] (US 13位 - 2x Platinum)

Disc 1: 16. "This Man Is Mine" (US 33位)
• From the Album "Private Audition" [1982] (US 25位 / UK 77位)

Disc 1: 17. "How Can I Refuse" (US 44位)、18. "Allies" (US 83位)
• From the Album "Passionworks" [1983] (US 39位)

Disc 2: 1. "What About Love" (US 10位 / UK 16位)、2. "Never" (US 4位 / UK 8位)、3. "These Dreams" (US 1位 / UK 62位)、4. "Nothin' At All" (US 10位 / UK 38位)、5. "If Looks Could Kill" (US 54位)
• From the Album "Heart" [1985] (US 1位 - 5x Platinum / UK 19位 - Silver)

Disc 2: 6. "Alone" (US 1位 / UK 3位)、7. "Who Will You Run To" (US 7位 / UK 30位)、8. "There's The Girl" (US 12位 / UK 34位)、9. "I Want You So Bad" (US 49位)
• From the Album "Bad Animals" [1987] (US 2位 - 3x Platinum / UK 7位 Platinum)

Disc 2: 10. "All I Wanna Do Is Make Love To You" (US 2位 / UK 8位)、11. "Wild Child"、12. "I Didn't Want To Need You" (US 23位 / UK 47位)、13. "Stranded" (US 13位 / UK 60位)、14. "Secret" (US 64位)
• From the Album "Brigade" [1990] (US 3位 - 2x Platinum / UK 3位 - Gold)

Disc 2: 15. "You're The Voice" (Live) (UK 56位)
• From the Album "Rock the House Live!" [1991] (US 107位 / UK 45位)

Disc 2: 16. "Will You Be There (In the Morning)" (US 39位 / UK 19位)、17. "Black On Black II"、18. "Ring Them Bells"
• From the Album "Desire Walks On" [1993] (US 48位 - Gold / UK 32位)

Disc 2: 19. "The Road Home" (Live) (edit) 
• From the Album "The Road Home" (Live) [1995] (US 87位 - Gold)

 

CD Case (inside): The Essential Heart / Heart   CD Case (inside): The Essential Heart / Heart

 

CD Case (back cover): The Essential Heart / HeartTRACK LIST

[DISC ONE]
1. Crazy On You / 2. Magic Man / 3. Dreamboat Annie (Reprise) / 4. Barracuda / 5. Little Queen / 6. Kick It Out / 7. Love Alive / 8. Heartless / 9. Straight On / 10. Dog & Butterfly / 11. Silver Wheels / 12. Even It Up / 13. Rock & Roll [Live] / 14. Tell It Like It Is / 15. Unchained Melody [Live] / 16. This Man Is Mine / 17. How Can I Refuse / 18. Allies

1. クレイジー・オン・ユー / 2. マジック・マン / 3. ドリームボート・アニー / 4. バラクーダ / 5. リトル・クイーン / 6. キック・イット・アウト / 7. 愛を大切に / 8. ハートレス / 9. ストレイト・オン / 10. ドッグ&バタフライ / 11. シルバー・ウィールズ / 12. イヴン・イット・アップ / 13. ロックン・ロール(ライヴ) / 14. テル・イット・ライク・イット・イズ / 15. アンチェインド・メロディ(ライヴ) / 16. ディス・マン・イズ・マイン / 17. 誓いのハート・ビート / 18. アライズ

[DISC TWO]
1. What About Love? / 2. Never / 3. These Dreams / 4. Nothin' At All / 5. If Looks Could Kill / 6. Alone / 7. Who Will You Run To / 8. There's The Girl / 9. I Want You So Bad / 10. All I Wanna Do Is Make Love To You / 11. Wild Child / 12. I Didn't Want to Need You / 13. Stranded / 14. Secret / 15. You're The Voice [Live] / 16. Will You Be There (In The Morning) / 17. Black On Black ll / 18. Ring Them Bells / 19. The Road Home [Edit]

1. ホワット・アバウト・ラヴ / 2. ネヴァー / 3. ジーズ・ドリームス / 4. ナッシン・アット・オール / 5. イフ・ルックス・クツド・キル / 6. アローン / 7. フー・ウィル・ユー・ラン・トゥ / 8. ゼアズ・ザ・ガール / 9. アイ・ウォント・ユー・ソー・バッド / 10. 愛していたい / 11. ワイルド・チャイルド / 12. 恋におちる / 13. ストランデッド / 14. シークレット / 15. ユー・アー・ザ・ヴォイス(ライヴ) / 16. ウィル・ユー・ビー・ゼア(イン・ザ・モーニング) / 17. ブラック・オン・ブラック・II / 18. リング・ゼム・ベルズ / 19. ザ・ロード・ホーム

 

NOTES

• Lead Vocals (Nancy Wilson): Disc 2-3. These Dreams, Disc 2-8. There's The Girl, Disc 2-13. Stranded, Disc 2-16. Will You Be There (In The Morning)

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• デジタル・リマスター
• 日本盤発売日:2003年3月5日
• 解説・英文ライナー対訳・歌詞・対訳付

ケースのバックカヴァーにはアンとナンシーの音楽に対する思いが簡単に綴られたコメントが記載されています。又、ブックレットの方には、このアルバムのリリースに際して書かれたアンとナンシーの連名による"Special Thanks for the Fiest 25 years - Dear you" (デビュー以来25年間、本当にありがとう - 親愛なる皆さんへ)と題されたメッセージが掲載されており、日本盤にはどちらも対訳が別途に記載されています。 

• Album: US (Platinum / 2011-RIAA)

 

 

▼ Heart - Never

https://www.youtube.com/watch?v=zWzy5q_M5Ho

 

▼ Heart - These Dreams

https://www.youtube.com/watch?v=41P8UxneDJE

 

▼ Heart - Alone

https://www.youtube.com/watch?v=1Cw1ng75KP0

 

▼ Heart - Black on Black II

https://www.youtube.com/watch?v=Wv39Ew6tIA4

 

▼ Heart - Barracuda (Live 2013)

https://www.youtube.com/watch?v=EbQbmrWKx4k

 

▼ Heart - Crazy On You (Live 2013)

https://www.youtube.com/watch?v=RBq_THTWNM4

 

 

関連記事

日本だけの豪華な初回限定盤
Brigade 「ブリゲイド」 (1990) / Heart

バラード曲を中心に構成された日本だけのコンピレーション・アルバム
Ballads - The Greatest Hits (1996) / Heart

2013年11月16日

BALLADS - THE GREATEST HITS / HEART (1996)

CDの帯(初回プレス盤):バラッズ - ザ・グレイテスト・ヒッツ / ハートAlbum Cover (front): Ballads - The Greatest Hits / Heart   Album Cover (back): Ballads - The Greatest Hits / Heart

こちらはハートのバラード曲を集めた日本だけのコンピレーション・アルバム「Ballads - The Greatest Hits / バラッズ - ザ・グレイテスト・ヒッツ」です。ただし、そこはハート、バラードとは言ってもパワフルでダイナミックな曲が多いのが特徴でもあります。

収録されているのは第二期黄金時代とも言える、エピックからキャピトルへ移籍した1985年以降の楽曲が中心で、それ以前の曲はニルソンでお馴染みのカヴァー曲である"Without You"の1曲だけです。

バラッズとは言いつつも、"Never"(米4位)や、"All I Wanna Do Is Make Love To You"(米2位)といったアップテンポの曲が収録されていたりもするのですが、この辺りはヒット曲だからということなんでしょうかね。

その他では、"Brigade"の日本盤スペシャルエディションだけに別途付いていた8センチCDに収録されている隠れた名曲"Never Stop Loving You"が収録されているのが特徴。

こういったコンピレーションアルバムに於いては収録曲に個人的な好みを言ったらキリが無いのですが、"Bad Animals"からの4thシングル"I Want You So Bad"(米49位)や、"Brigade"からの4thシングル"Secret"(米64位)といったココに収録されている楽曲に引けを取らないクオリティーを持ったバラード曲が抜けているのがちょっぴり残念なところかも。

それにしても、改めて聴いて思うのは、やはりアン・ウィルソンはロック界屈指の女性ヴォーカリストだということ。彼女の後に続く女性ヴォーカリストが今のところロック界に見当たらないのは寂しいところですが、裏を返せば、それだけ彼女が類まれな卓越したヴォーカリストだという証なのかもしれません。

なお、2003年に再発されたものは"CCCD"仕様なので、中古等で購入される場合はご確認を。

 

CD: Ballads - The Greatest Hits / HeartTRACK LIST
1. Alone / 2. What About Love / 3. All I Wanna Do Is Make Love To You / 4. Without You / 5. Never / 6. Never Stop Loving You / 7. I Didn't Want To Need You / 8. These Dreams / 9. The Woman In Me / 10. Stranded / 11. Strangers Of The Heart / 12. All I Wanna Do Is Make Love To You (Live)

1. アローン / 2. ホワット・アバウト・ラヴ / 3. 愛していたい / 4. ウィズアウト・ユー / 5. ネヴァー / 6. ネヴァー・ストップ・ラヴィング・ユー / 7. 恋におちる / 8. ジーズ・ドリームス / 9. ザ・ウーマン・イン・ミー / 10. ストランデッド / 11. ストレンジャーズ・オブ・ザ・ハート / 12. 愛していたい(ライヴ)

 

NOTES
• 収録アルバム
Magazine (1978) - Track 4
Heart (1985) - Tracks 2, 5, 8
Bad Animals (1987) - Tracks 1, 11
Brigade (1990) - Tracks 3, 7, 10
Brigade [Japan Special Edition] (1990) - Track 6
Desire Walks On (1993) - Track 9
The Road Home (1995) - Track 12

• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

• Released in Japan Only

 

▼ Heart - All I Wanna Do Is Make Love to You (Live)

https://www.youtube.com/watch?v=iuPwc8xgBDI

 

 

関連記事

日本だけの豪華な初回限定盤
Brigade 「ブリゲイド」 (1990) / Heart

シングル曲を中心に選曲されたハートの2枚組みベスト・アルバム
The Essential Heart 「エッセンシャル・ハート」 (2002) / Heart

2010年9月20日

BRIGADE 「ブリゲイド」 / HEART (1990)

Album Cover (front): Brigade / Heart"Heart"は、アン・ウィルソンとナンシー・ウィルソンの姉妹からなるロックバンドで、'75年にファーストアルバムを発表して以来、息の長い活動をしています。

このバンド最大の特徴といえば、何と言ってもアン・ウィルソンの卓越した歌唱力にあります。女性ヴォーカリストは数多くいれど、彼女ほどパワー溢れる声量を持った人にはそうお目にはかかれません。

又、ギタリストでバッキングヴォーカルを務めるナンシー・ウィルソンもアン・ウィルソンとは違った魅力のあるヴォーカルを時折披露しており、ハート初の全米ナンバーワン・ソングになった"These Dreams"でヴォーカルをとっていたのは、卓越した歌唱力を持つ姉のアンではなく、卓越した美貌の持ち主でもある彼女の方でした。

 

Bonus Mini CD: Brigade / Heartこの「Brigade / ブリゲイド」は、前作、前々作と大成功を収めた勢いをもって制作された事もあってか、レコード会社やプロダクションもそれなりの予算を充てた事が伺えるようなゴージャスな内容で、収められた楽曲のクオリティーは前作、前々作を凌ぐかのようです。

なお、初回版には厚手のスエード風CDボックスに、通常のブックレット + 20ページのオールカラー・ブックレット、それに未発表曲が3曲入った8センチCDシングル(アルバムとは別個の歌詞カード + 日本語訳付き)といったものが含まれており、これまた豪華でした。しかもこの3曲がアルバム収録曲に負けず劣らず良いんですよね。

アルバムは米3位、英3位を記録。又、シングルは、"All I Wanna Do Is Make Love to You"(米2位)、"I Didn't Want to Need You"(米23位)、"Stranded"(米13位)、"Secret"(米64位)をそれぞれ記録していますが、個人的に最も好きな曲のひとつである4thシングルの"Secret"が他のシングルほどヒットしなかったのが不思議なところではあります。前作からのシングルでナンバーワンヒットとなった"Alone"にも引けをとらないパワーバラードだと思うんですけどねぇ。

 

▼ 来日時の映像で構成されたミュージックビデオも印象的。

Heart - Secret

https://www.youtube.com/watch?v=k-JpBjLXVkI

 

個人的にはアルバムの最後に収録されている比較的シンプルなバラード曲の"I Love You"や、ボーナスディスクに収録されているパワーバラード曲の"Never Stop Loving You"も"Secret"と並んで好きな曲。というか、充実度の高いアルバムなんで、正直言うと結構どの曲も甲乙付け難いんですけどね。しかも先にも述べたように、ボーナスディスクの3曲もどれもが魅力的でアルバム収録曲と遜色無い出来ですし。

 

Heart - I Love You
https://www.youtube.com/watch?v=HmMgCFxZ3Xw

Heart - Never Stop Loving You
https://www.youtube.com/watch?v=NwZunGpd510

 

▼ 追記:こちらのヘイルストームによるカヴァーもなかなかのもの

Halestorm - All I Wanna Do Is Make Love To You
https://www.youtube.com/watch?v=WK2siEQsADk

 

CDの帯(初回限定盤):ブリゲイド / ハート

 

前作、前々作に引き続き、アートワークはノーマン・ムーアが手がけています。

CD Case (inside): Brigade / Heart   Brigade / Heart

 

Brigade / HeartTRACK LIST (Japanese Limited Edition)

1. Wild Child / 2. All I Wanna Do Is Make Love To You / 3. Secret / 4. Tall, Dark Handsome Stranger / 5. I Didn't Want To Need You / 6. The Night / 7. Fallen From Grace / 8. Under The Sky / 9. Cruel Nights / 10. Stranded / 11. Call Of The Wild / 12. I Want Your World To Turn / 13. I Love You

1. ワイルド・チャイルド / 2. 愛していたい / 3. シークレット / 4. いつわりのストレンジャー / 5. 恋に落ちる / 6. ザ・ナイト / 7. おもかげせつなく / 8. アンダー・ザ・スカイ / 9. クルーエル・ナイツ / 10. ストランデッド / 11. コール・オブ・ザ・ワイルド / 12. 愛をそそいで / 13. アイ・ラブ・ユー

[Bonus Mini CD]
1. Cruel Tears / 2. Never Stop Loving You / 3. The Will To Love

1. クルーエル・ティアーズ / 2. ネヴァー・ストップ・ラヴィング・ユー / 3. ザ・ウィル・トゥ・ラヴ

 

NOTES

• 日本盤初回プレスCD(限定盤) [Japanese First Pressing CD / Limited Edition]
• スエード地ボックス、通常ブックレット + 20ページ・オールカラー・ブックレット、未発表曲が3曲入った8センチCDシングル付き
• 解説・歌詞・対訳付

 

 

関連記事

バラード曲を中心に構成された日本だけのコンピレーション・アルバム
Ballads - The Greatest Hits (1996) / Heart

シングル曲を中心に選曲されたハートの2枚組みベスト・アルバム
The Essential Heart 「エッセンシャル・ハート」 (2002) / Heart

その他のカテゴリー

アート・デザイン パソコン・インターネット 健康 (予防・対策・グッズ・他) 各種調査・統計・ランキング 復興支援・応援メッセージ 日記・コラム・つぶやき 購入商品アレコレ(取り上げられる機会があまりないような商品をピックアップ) 音楽 (A) (B) (C) (D) (E) 音楽 (ABBA) 音楽 (AEROSMITH) 音楽 (AIR SUPPLY) 音楽 (ALAN PARSONS / THE ALAN PARSONS PROJECT) 音楽 (ASIA) 音楽 (BANGLES) 音楽 (BAY CITY ROLLERS) 音楽 (BEATLES / PAUL McCARTNEY) 音楽 (BOSTON) 音楽 (CARS) 音楽 (CHICAGO) 音楽 (CHRISTINA AGUILERA) 音楽 (DEF LEPPARD) 音楽 (E.L.O.) 音楽 (EAGLES) 音楽 (ENYA) 音楽 (ERIC CARMEN / RASPBERRIES) 音楽 (F) (G) (H) (I) (J) 音楽 (HEART) 音楽 (JAPAN) 音楽 (JIGSAW) 音楽 (JOURNEY) 音楽 (JUDAS PRIEST) 音楽 (K) (L) (M) (N) (O) 音楽 (KISS) 音楽 (KOKIA) 音楽 (MEAT LOAF) 音楽 (MSG - THE MICHAEL SCHENKER GROUP) 音楽 (NEW ENGLAND) 音楽 (OLIVIA NEWTON-JOHN) 音楽 (OZZY OSBOURNE) 音楽 (P) (Q) (R) (S) (T) 音楽 (QUEEN) 音楽 (REO SPEEDWAGON) 音楽 (RIN') 音楽 (STYX) 音楽 (TOTO) 音楽 (U) (V) (W) (X) (Y) (Z) 音楽 (XTC) 音楽 (Y&T) 音楽 (Y.M.O.) 音楽 (その他) 音楽 (アナログ・レコード:LP) 音楽 (アナログ・レコード:シングル) 音楽 (クリスマス・ソング / Xmas Songs) 音楽 (ジャズ・フュージョン / Jazz & Fusion) 音楽 (プレイカウント / My iTunes Play Count) 音楽 (全てのカテゴリー) 音楽 (日本でも良く知られる懐かしの海外の曲) 音楽 (邦楽 / Japanese Musicians)

TRANSLATE THIS SITE

ブログ内を画像で検索

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

AD

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ