音楽 (JUDAS PRIEST)

2017年9月 3日

TURBO 30 「ターボ」 (30TH ANNIVERSARY EDITION) / JUDAS PRIEST (1986 / 2017)

CDの帯:ターボ -30thアニバーサリー・エディション- / ジューダス・プリーストAlbum Cover (front): Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priestこの「Turbo 30」は、ジューダス・プリーストのアルバムの中で最も物議を醸したと言える10作目のスタジオ・アルバム「Turbo / ターボ」の「30th アニバーサリー・エディション」。

賛否が分かれる問題作となった理由としては、ギター・シンセサイザーを導入したメタル・モダニズムとも言えるサウンドの構築にあったと思うのですが、アメリカではアルバムのリリースに伴うツアーの相乗効果もあってか、前作に引き続きプラチナムを記録するなど、概ね好評だったようです。

ただ、本国のイギリスではアルバムチャートで33位止まりだったことから、どちらかと言うと否定的に捉える向きも多かったのではないかと思われます。

自分自身は、ギター・シンセサイザー導入とかポップ化うんぬんということよりも、現状に甘んじることなく、へヴィーメタルというジャンルの枠を打ち破ろうとするそのチャレンジ精神にエールを送っていたようなところがありましたね。ギター・シンセサイザーの音にしても、浮いている感じはなく、曲のイメージに上手く調和しているといった印象。

Album Cover (back): Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priest実際、アルバムの中では最も異色と言える"Out In The Cold"や、これまでになくキャッチーな"Reckless"は取り分け好きで良く聴いてました。でも、当時は"Out In The Cold"なんかはライヴでは演らないんだろうなと思っていたら、翌年の1987年にリリースされたライヴ・アルバム「Priest...Live! / プリースト…ライヴ!」に収録されていたことから、ライヴで演奏されていたことを知って驚いたことを覚えています。しかもオープニング曲でしたからね。一方では、なんで"Reckless"が無いのかと思ったりもしてましたけど。

その"Reckless"については、映画トップガンのサウンドトラック収録曲としてオファーが来ていたのをマネージャーが断ったといったことがライナーノーツに記述してあるのですが、仮に、この曲ががトップガンのサウンドトラックに入っていたら、ジューダス・プリーストのその後にどういう影響を及ぼしたんでしょうね。

 

Turbo 30 / ターボ - 30th Anniversary Edition (2017)

そして、オリジナルのアートワークとは色調が大胆に変更されたこの30周年記念盤は、最新リマスターの本編に加え、アルバムのリリース後に行われた"Fuel For Life Tour"よりカンザス・シティでのライヴを収録したCDが2枚加えられた3枚組の仕様となっています。

なお、その2枚のライヴCDには、アルバム"Turbo"から"Out In the Cold"、"Locked In"、"Private Property"、"Rock You All Around The World"、"Turbo Lover"の5曲が収録。

 

▼ リマスターされたスタジオ・アルバム"Turbo"と、"Fuel For Life Tour Live (1986)" のディスクが2枚

CD-1: Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priest  CD-2 (Fuel For Life Tour Live 1986): Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priest  CD-3 (Fuel For Life Tour Live 1986): Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priest

 

▼ 左から英文ブックレットの表、裏、日本語ブックレット

Booklet (front): Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priest  Booklet (back): Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priest  Japanese Booklet (front): Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priest

 

▼ CD3枚は内側に差し込んであります。(輸入盤だと恐らくは保護袋に入ってないと思われるので、取り出し辛いかも)

Album Cover (inside): Turbo 30 (30th Anniversary Edition) / Judas Priest

 

JUDAS PRIEST - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Rob Halford (ロブ・ハルフォード) - Lead Vocals
• Glenn Tipton (グレン・ティプトン) - Lead Guitars
• K. K. Downing (K. K. ダウニング) - Lead Guitars
• Ian Hill (イアン・ヒル) - Bass Guitar
• Dave Holland (デイヴ・ホーランド) - Drums

 

TRACK LIST (Turbo 30 / 30th Anniversary Edition)

CD 1 (Studio Album - Turbo)
1. Turbo Lover /  2. Locked In /  3. Private Property /  4. Parental Guidance /  5. Rock You All Around The World /  6. Out In The Cold /  7. Wild Nights, Hot & Crazy Days /  8. Hot For Love /  9. Reckless

1. ターボ・ラヴァー /  2. ロックド・イン /  3. プライヴェイト・プロパティ /  4. ペアレンタル・ガイダンス /  5. 野獣のロックンロール /  6. 孤独の叫び /  7. 狂乱の夜 /  8. 愛に飢えて /  9. レックレス

CD 2 (Recorded Live On The Fuel For Life Tour Kansas City - 22nd May 1986)
1. Out In the Cold /  2. Locked In /  3. Heading Out To The Highway /  4. Metal Gods /  5. Breaking The Law /  6. Love Bites /  7. Some Heads Are Gonna Roll /  8. The Sentinel /  9. Private Property /  10. Desert Plains /  11. Rock You All Around The World

1. 孤独の叫び /  2. ロックド・イン /  3. 嵐のハイウェイ /  4. メタル・ゴッズ /  5. ブレイキング・ザ・ロウ /  6. 誘惑の牙 /  7. 叛旗の下に /  8. 死の番人 /  9. プライヴェイト・プロパティ /  10. 雷鳴 /  11. 野獣のロックンロール

CD 3 (Recorded Live On The Fuel For Life Tour Kansas City - 22nd May 1986)
1. The Hellion /  2. Electric Eye /  3. Turbo Lover /  4. Freewheel Burning /  5. Victim Of Changes /  6. The Green Manalishi (With The Two-Pronged Crown) /  7. Living After Midnight /  8. You've Got Another Thing Coming /  9. Hell Bent For Leather

1. ヘリオン /  2. エレクトリック・アイ /  3. ターボ・ラヴァー /  4. フリーホイール・バーニング /  5. 生け贄 /  6. グリーン・マナリシ /  7. リヴィング・アフター・ミッドナイト /  8. ユーヴ・ガット・アナザー・シング・カミング /  9. 殺戮の聖典

 

NOTES

■ ターボ - 30th アニバーサリー・エディション
• CD3枚組
• 30周年記念アートワーク&ブックレット
• 8面パネル紙ジャケット仕様
• 解説・歌詞・対訳付
• 発売日:2017年2月1日(日本先行発売 / 完全生産限定盤)

• Original Album (Released in 1986): UK 33位、US 17位 (Platinum / 1989-RIAA)

 

▼ Judas Priest - Out in the Cold (Live from the 'Fuel for Life' Tour)

https://www.youtube.com/watch?v=9oaC0SW1i8M

 

▼ Judas Priest - Turbo Lover (Live from the 'Fuel for Life' Tour)

https://www.youtube.com/watch?v=RVoE3d3OYsM

 

▼ Judas Priest - Reckless

https://www.youtube.com/watch?v=2mDs6hIZzAc

 

 

関連記事

Screaming For Vengeance 「復讐の叫び」 (Special 30th Anniversary Edition) (1982 / 2012) / Judas Priest

Defenders Of The Faith 「背徳の掟」 (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) (1984 / 2015) / Judas Priest

2016年4月15日

DEFENDERS OF THE FAITH 「背徳の掟」 (30TH ANNIVERSARY EDITION) / JUDAS PRIEST (1984 / 2015)

CDの帯:背徳の掟(30th アニバーサリー・エディション) / ジューダス・プリーストSlipcase (front): Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest   Slipcase (back): Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest

先に購入した「Screaming For Vengeance / 復讐の叫び」の「30th アニバーサリー・エディション」で久しぶりにジューダス・プリーストのサウンドに触れて、改めてその魅力を再確認できたことから、引き続き、次作であるこちらの「Defenders Of The Faith / 背徳の掟」の「30th アニバーサリー・エディション」も購入。

フォーマットがLPレコードの時代は、名作の誉れ高い前作の"Screaming For Vengeance"に匹敵する出来に、興奮して聴きまくっていたアルバムだったこともあり、この"Defenders Of The Faith"も当時の高揚感が記憶として残っている感じが今でもあります。

全盛期にリリースされたひとつの頂点とも言えるこのアルバム"Defenders Of The Faith"は、どの曲も甲乙付け難い出来ながらも、当時は取り分け、オープニングに相応しい疾走感溢れる"Freewheel Burning"と、メロディックな"Rock Hard Ride Free"、そして、次作への布石とも言えそうなモダンな"Love Bites"といった曲が好きで良く聴いていましたね。

個人的には、前作"Screaming For Vengeance"に収録されていたミディアムテンポの"Fever"が結構好きだったのですが、このアルバムでもまた"Rock Hard Ride Free"という幾分ゆったりとしたテンポの素晴らしい曲が収録されているのが気に入っているポイント。

 

Defenders Of The Faith / 背徳の掟 - Special 30th Deluxe Anniversary Edition (2014)

そして、この「30th アニバーサリー・エディション」には本編の"Defenders Of The Faith"に加えて、1984年にカリフォルニアのロングビーチ・アリーナで行われた"Defenders Of The Faith Tour"のライヴが2枚のディスクに分けて収録されていて、これがまた素晴らしいんですよね。

"Defenders Of The Faith Tour"のライヴということもあって、この"Defenders Of The Faith"からは、全10曲中、"Eat Me Alive"を除く9曲が演奏されているというのもファンにとっては嬉しいところかと。

ちなみに、本編の"Defenders Of The Faith"は、当時のプロデューサー兼エンジニアのトム・アロムが改めて手掛けた最新リマスター盤となっており、デジパック仕様の4面ジャケットは機械獣メタリアンの顔部分がくり抜かれた外箱のスリップケース付きとなっています。

 

▼ スリップケース付きデジパック仕様ジャケット

Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest  Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest  Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest

 

▼ スリップケース内のデジパック仕様ジャケット

Album Cover (front): Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest  Album Cover (back): Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest  Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest

Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest  Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest

 

▼ 左から英文ブックレットの表、裏、日本語ブックレット

Booklet (front): Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest   Booklet (back): Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest   Japanese Booklet (front): Defenders Of The Faith (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) / Judas Priest

 

JUDAS PRIEST - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Rob Halford (ロブ・ハルフォード) - Lead Vocals
• Glenn Tipton (グレン・ティプトン) - Lead Guitars
• K. K. Downing (K. K. ダウニング) - Lead Guitars
• Ian Hill (イアン・ヒル) - Bass Guitar
• Dave Holland (デイヴ・ホーランド) - Drums

 

CDの帯(裏側):背徳の掟(30th アニバーサリー・エディション) / ジューダス・プリーストTRACK LIST (Special 30th Anniversary Deluxe Edition - 3CD)

Disc 1 (Defenders of the Faith)
1. Freewheel Burning / 2. Jawbreaker / 3. Rock Hard Ride Free / 4. The Sentinel / 5. Love Bites / 6. Eat Me Alive / 7. Some Heads Are Gonna Roll / 8. Night Comes Down / 9. Heavy Duty / 10. Defenders Of The Faith

1. フリーホイール・バーニング / 2. ジョウブレイカー / 3. 鋼鉄の魂 / 4. 死の番人 / 5. 誘惑の牙 / 6. イート・ミー・アライヴ / 7. 叛旗の下に / 8. 夜が来たりて / 9. ヘヴィ・デューティ / 10. 神への誓い

Disc 2 (Live at the Long Beach Arena, California on 5th May 1984)
1. Love Bites / 2. Jawbreaker / 3. Grinder / 4. Metal Gods / 5. Breaking The Law / 6. Sinner / 7. Desert Plains / 8. Some Heads Are Gonna Roll / 9. The Sentinel / 10. Rock Hard Ride Free

1. 誘惑の牙 / 2. ジョウブレイカー / 3. グラインダー / 4. メタル・ゴッズ / 5. ブレイキング・ザ・ロウ / 6. 罪業人 / 7. 雷鳴 / 8. 叛旗の下に / 9. 死の番人 / 10. 鋼鉄の魂

Disc 3 (Live at the Long Beach Arena, California on 5th May 1984)
1. Night Comes Down / 2. The Hellion / 3. Electric Eye / 4. Heavy Duty / 5. Defenders Of The Faith / 6. Freewheel Burning / 7. Victim Of Changes / 8. The Green Manalishi / 9. Living After Midnight / 10. Hell Bent For Leather / 11. You’ve Got Another Thing Coming

1. 夜が来たりて / 2. ヘリオン / 3. エレクトリック・アイ / 4. ヘヴィ・デューティ / 5. 神への誓い / 6. フリーホイール・バーニング / 7. 生贄 / 8. グリーン・マナリシ / 9. リヴィング・アフター・ミッドナイト / 10. 殺戮の聖典 / 11. ユーヴ・ガット・アナザー・シング・カミング

 

NOTES

• Live CD (Disc 2 & 3)
Recorded Live At The Long Beach Arena, California On 5th May 1984 During The Defenders Of The Faith Tour.

■ 背徳の掟 - 30thアニバーサリー・エディション(3枚組みCD)
• くり抜き加工のスリップケース付き8面デジパック
• オリジナル盤のプロデューサー/エンジニアであるトム・アロムがリマスターを手掛ける30周年記念盤。
• 解説・歌詞・対訳付
• 発売日:2015年3月4日(日本)日本先行発売

• Original Album (Released in 1984): UK 19位、US 18位 (Platinum / 1988-RIAA)
• Singles: "Freewheel Burning" (Released: 1983) UK 42位 / "Some Heads Are Gonna Roll" (Released: 1984) UK 97位 / "Love Bites" (Released: 1984)

 

▼ Judas Priest - Freewheel Burning

https://www.youtube.com/watch?v=vx5rJvRpAfE

 

▼ Judas Priest - Rock Hard Ride Free

https://www.youtube.com/watch?v=mae5Ght8iBA

 

▼ Judas Priest - Love Bites

https://www.youtube.com/watch?v=PWFkhLUcvo0

 

▼ FREEWHEEL BURNING - 中3 ギター

https://www.youtube.com/watch?v=6H-38RINVaw

 

 

関連記事

Screaming For Vengeance 「復讐の叫び」 (Special 30th Anniversary Edition) (1982 / 2012) / Judas Priest

Turbo 30 「ターボ」 (30th Anniversary Edition) (1986 / 2017) / Judas Priest

2016年4月 8日

SCREAMING FOR VENGEANCE 「復讐の叫び」 (30TH ANNIVERSARY EDITION) / JUDAS PRIEST (1982 / 2012)

CDの帯:復讐の叫び(30th アニバーサリー・エディション) / ジューダス・プリーストAlbum Cover (back): Screaming For Vengeance (Special 30th Anniversary Edition) / Judas Priest   Album Cover (front): Screaming For Vengeance (Special 30th Anniversary Edition) / Judas Priest

「Screaming For Vengeance / 復讐の叫び」は、ジューダス・プリースト9作目(スタジオ・アルバムとしては8作目)にして過去最大のセールスを記録した代表作とも言えるアルバムで、こちらはその「30th アニバーサリー・エディション」。

今更アレコレ言わなくとも、このアルバムの素晴らしさは多くのファンが知るところではあると思いますが、私自身にとっては初めて買ったジューダス・プリーストのアルバムがこの"Screaming For Vengeance"(LPレコード)だったということもあり、一際思い出深いアルバムでもあります。

当時は、オープニングの"The Hellion"を聴いただけで、このアルバムの凄さを予見したのですが、ノンストップで続く"Electric Eye"で、それが確信に変わったことは今でも覚えていますね。

しかも、"The Hellion"~"Electric Eye"の高揚感が失われることなく、その後の曲にも引き継がれていく感じがまた素晴らしいんですよね。LPレコードで言えばB面1曲目に当たるタイトルトラックの"Screaming For Vengeance"から、シングルにもなった"Got Another Thing Coming"、そして"Fever"という流れも、これまた圧巻で、いや~ほんと素晴らしいアルバムです。実は、個人的には、アルバム後半に収録されているこの"Fever"が結構好きで、こういうミディアムテンポの素晴らしい曲が収録されているのもまたこのアルバムの凄いところ。

 

Screaming For Vengeance / 復讐の叫び - Special 30th Anniversary Edition (2012)

で、この「30th アニバーサリー・エディション」は、アルバムのアートワークにも手が加えられており、オリジナルよりも深みが増したデザインになっている他、6曲のボーナストラックに加えて、'83年にカリフォルニアで開催された伝説の野外フェス「US(アス)フェスティヴァル」出演時のライヴ映像を完全収録したDVDが別途に付いています。しかも、このDVDがまたオマケとは思えないレベルの代物で、30年以上前の映像にしてはかなりの高画質。ちなみに、日本盤のDVDは曲間のMCに日本語の字幕を表示させることも可能。

CD: Screaming For Vengeance (Special 30th Anniversary Edition) / Judas Priest   Album Cover (inside): Screaming For Vengeance (Special 30th Anniversary Edition) / Judas Priest

実を言うと、LPレコードを買って聴いていた以降は、この「30th アニバーサリー・エディション」がリリースされていることを偶然知るまで、このアルバムのCDを持っていなくて、果たして今でもこの重厚でゴリゴリなサウンドに興味が持てるのだろうかと思っていたところもあったのですが、聴いてみると、これがまた血沸き肉踊るといった感じでやっぱりいいんですね。例えブランクがあっても、多感な時期に心奪われる音楽に出会えた感動って残っているもんなんですね。改めて熱中できる音楽に出会えたということは幸せなことなんだと実感。いやほんとアドレナリンが湧き出るようなアルバムです。

DVD: Screaming For Vengeance (Special 30th Anniversary Edition) / Judas Priest   Album Cover (inside): Screaming For Vengeance (Special 30th Anniversary Edition) / Judas Priest

 

TRACK LIST (Special 30th Anniversary Edition)

Disc 1 [CD] (Screaming For Vengeance)
1. The Hellion / 2. Electric Eye / 3. Riding On The Wind / 4. Bloodstone / 5. (Take These) Chains / 6. Pain And Pleasure / 7. Screaming For Vengeance / 8. You've Got Another Thing Coming / 9. Fever / 10. Devil's Child
[Bonus Tracks]
11. Electric Eye (Live) / 12. Riding On The Wind (Live) / 13. You've Got Another Thing Coming (Live) / 14. Screaming For Vengeance (Live) / 15. Devil's Child (Live) / 16. Prisoner Of Your Eyes

1. ヘリオン / 2. エレクトリック・アイ / 3. 嵐の出撃 / 4. ブラッドストーン / 5. 運命の鎖 / 6. ペイン・アンド・プレジャー / 7. 復讐の叫び / 8. ユーヴ・ガット・アナザー・シング・カミング / 9. フィーヴァー / 10. デヴィルズ・チャイルド
[ボーナス・トラック]
11. エレクトリック・アイ(未発表ライヴ音源 - 1982/9/10 サンアントニオ・シヴィック・センター) / 12. 嵐の出撃(未発表ライヴ音源 - 1982/9/10 サンアントニオ・シヴィック・センター) / 13. ユーヴ・ガット・アナザー・シング・カミング(未発表ライヴ音源 - 1982/9/10 サンアントニオ・シヴィック・センター) / 14. 復讐の叫び(未発表ライヴ音源 - 1982/9/10 サンアントニオ・シヴィック・センター) / 15. デヴィルズ・チャイルド (ライヴ) / 16. プリズナー・オブ・ユア・アイズ 

Disc 2 [DVD] (US Festival 1983/5/29)
1. Electric Eye / 2. Riding On The Wind / 3. Heading Out To The Highway / 4. Metal Gods / 5. Breaking The Law / 6. Diamonds And Rust / 7. Victim Of Changes / 8. Living After Midnight / 9. The Green Manalishi / 10. Screaming For Vengeance / 11. You've Got Another Thing Coming / 12. Hell Bent For Leather

1. エレクトリック・アイ / 2. 嵐の出撃 / 3. 嵐のハイウェイ / 4. メタル・ゴッズ / 5. ブレイキング・ザ・ロウ / 6. ダイヤモンズ・アンド・ラスト / 7. 生け贄 / 8. リビング・アフター・ミッドナイト / 9. グリーン・マナリシ / 10. 復讐の叫び / 11. ユーヴ・ガット・アナザー・シング・カミング / 12. 殺戮の聖典

 

NOTES

Disc 1 [CD] Bonus Tracks:
• Tracks 11-14: Live at San Antonio Civic Center, San Antonio, TX, 10 September 1982.
• Ttrack 15: Live at Mid-South Coliseum, Memphis, Tennessee, 12 December 1982.
• Ttrack 16: Recorded during the 1985 Turbo sessions.

Disc 2 [DVD]:
• Live at US Festival (Heavy Metal Day), Devore, San Bernardino, California, 29 May 1983. 

■ 復讐の叫び - 30thアニバーサリー・エディション(ボーナストラック+DVD)
• 解説・歌詞・対訳付
• 発売日 : 2012年09月26日(日本)

• Original Album (Released in 1982): UK 11位、US 17位 (2x Platinum / 2001-RIAA)
• Singles: "You've Got Another Thing Comin'" (Released: August 1982) UK 66位、US 67位 / "(Take These) Chains" (Released: October 1982)

 

JUDAS PRIEST - BAND MEMBERS (Listed in Booklet)
• Rob Halford (ロブ・ハルフォード) - Lead Vocals
• Glenn Tipton (グレン・ティプトン) - Lead Guitars
• K. K. Downing (K. K. ダウニング) - Lead Guitars
• Ian Hill (イアン・ヒル) - Bass Guitar
• Dave Holland (デイヴ・ホーランド) - Drums

 

▼ Judas Priest - The Hellion / Electric Eye (Live Vengeance '82)

https://www.youtube.com/watch?v=UMJF37BVGTA

 

▼ Judas Priest - You've Got Another Thing Coming

https://www.youtube.com/watch?v=U__m4N7Ml30

 

▼ Judas Priest Cover (Take These Chains)

https://www.youtube.com/watch?v=KWWDcd-OwCw

 

メンバーチェンジがあったものの、今も健在。

▼ Judas Priest - The Hellion / Electric Eye (Live from Battle Cry)
https://www.youtube.com/watch?v=BEfOGyvyfFY

 

 

関連記事

Defenders Of The Faith 「背徳の掟」 (Special 30th Deluxe Anniversary Edition) (1984 / 2015) / Judas Priest

Turbo 30 「ターボ」 (30th Anniversary Edition) (1986 / 2017) / Judas Priest

その他のカテゴリー

TRANSLATE THIS SITE

商品検索

  • Amazon

ブログ内を画像で検索

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ

AD