音楽 (KISS)

2021年1月23日

KILLERS 「キッス・キラーズ」 / KISS (1982)

CDの帯:キッス・キラーズ / KISS

Album Cover (front): Killers / KISS   Album Cover (back): Killers / KISS   Album Cover with Obi Strip (front): Killers / KISS

「Killers / キッス・キラーズ」は4曲の新曲を含むキッスのベストアルバムで、日本版LPには「Escape From The Island / 激烈! 大脱走」と「Shandi / シャンディ」の2曲が追加で収録されていました。

ただし、この「キッス・キラーズ」は、1978年にキッス初のベストアルバムとしてリリースされた2枚組の「Double Platinum / ダブル・プラチナム」に次ぐベストアルバムではあるものの、ベストアルバムをリリースするにはインターバルが短い(「ダブル・プラチナム」がまだ売れる。又は、直近にリリースしたアルバムの売上に影響する)と判断されたのか、本国のアメリカではリリースされず、アメリカ以外の国でのみリリースされたという経緯があります。

そして、ここで紹介するのは、2020年に、初回LPの日本盤を復刻して、以下のような仕様で再発されたCD。う~ん、やっぱり「キッス・キラーズ」はこの帯がいいなぁ(笑)。

■ ハイレゾCD (MQA-CD+UHQCD) 仕様。
■ 国内オリジナル・アナログ・テープを基にした2020年DSDマスターを352.8kHz/24bitに変換して収録。
■ グリーン・カラー・レーベルコート。
■ 日本盤初回LPをミニチュア再現した紙ジャケット(初紙ジャケット化)+日本盤初回LPの意匠を再現した帯。
■ 当時の日本盤LP「3大予約特典」の中から、オール・カラー・ポートレート+シルバー・ステッカーを復刻。

※ ハイレゾCDは、全てのCDプレーヤーで再生可能 (44.1kHz/16bit) な高音質CD (UHQCD) です。
※ MQA対応機器を使用すれば、元となっているマスター通りのハイレゾ・クオリティで再生することができます。
※ マスタリングにおいて、基本的にイコライジングやコンプレッションなどの処理はしておりません。かつてLPで聴いたような、柔らかでダイナミック・レンジ豊かなサウンドをお楽しみください。

 

CDの帯(裏面側):キッス・キラーズ / KISS

 

なお、新曲の4曲以外でも、いくつかの曲に於いてはアルバムとは違うヴァージョンが収録されています。

■ Shout It Out Loud / 狂気の叫び
アルバム・ヴァージョンでは左右に分かれていたギターが中央のチャンネルに寄せられている冒頭のイントロ部分を聴いても直ぐに分かるように、ここに収録されているヴァージョンは、その冒頭のギターのみならず、定位が分かれていたポールとジーンのヴォーカル・パートも全て中央に寄せられ、曲の最後もフェードアウトで終わるシングル・ミックスが収録されています。

■ Detroit Rock City / デトロイト・ロック・シティ
アルバム・ヴァージョンのイントロ部分と、次の曲とクロスフェードしているエンディングの部分をカットしたこのアルバムだけのエディット・ヴァージョンが収録されています。

■ God Of Thunder / 雷神
イントロの子供の声がカットされており、直ぐに演奏が始まるこのアルバムだけのリミックス・ヴァージョンが収録されています。

■ I Was Made For Loving You / ラヴィン・ユー・ベイビー
恐らくはシングル・ミックスと同一のヴァージョンではないかと思うのですが、曲の所々が短くカットされているエディット・ヴァージョン収録されています。

■ Rock And Roll All Nite (Live Version) / ロックン・ロール・オール・ナイト(ライヴ)
シングルとしてもリリースされた「KISS Alive / 地獄の狂獣/キッス・ライヴ 」の音源が収録されています。

ちなみに、日本盤の"Killers"にだけ収録されているインストゥルメンタル曲の「Escape From The Island / 激烈! 大脱走」については、日本盤LPの「Music from The Elder / 魔界大決戦」では収録曲から外されていた(日本ではその後に"Music from The Elder"からのセカンド・シングル「The Oath / 炎の誓い」のB面に収録された)ことから、日本に於いてのみ追加収録されたのだと思われます。

 

▼ 6P オール・カラー・ポートレート

オール・カラー・ポートレート:Killers / KISS   オール・カラー・ポートレート:Killers / KISS   オール・カラー・ポートレート:Killers / KISS

オール・カラー・ポートレート:Killers / KISS   オール・カラー・ポートレート:Killers / KISS   オール・カラー・ポートレート:Killers / KISS

 

▼ シングル・レコード(日本盤)のジャケット「I'm A Legend Tonight / 伝説の魔人」 (Discogs)
https://www.discogs.com/ja/Kiss-Im-A-Legend-Tonight/release/6111294#images/14557802

 

▼ KISS - I'm A Legend Tonight

https://www.youtube.com/watch?v=yuinLqnvP1w

 

▼ KISS - Nowhere To Run

https://www.youtube.com/watch?v=tvpL5CQOWWQ

 

TRACKLIST (Japan Edition)
1. I'm A Legend Tonight / 伝説の魔人(新曲)
2. Down On Your Knees / 闇への祈り(新曲)
3. Cold Gin / コールド・ジン
4. Love Gun / ラヴ・ガン
5. Shout It Out Loud / 狂気の叫び(7インチ・ミックス)
6. Escape From The Island / 激烈! 大脱走
7. Sure Know Something / シュア・ノウ・サムシング
8. Nowhere To Run / 絶体絶命(新曲)
9. Partners In Crime / 悪魔のパートナー(新曲)
10. Detroit Rock City / デトロイト・ロック・シティ(エディット・ヴァージョン)
11. God Of Thunder / 雷神(1982リミックス)
12. I Was Made For Loving You / ラヴィン・ユー・ベイビー(エディット・ヴァージョン)
13. Shandi / シャンディ
14. Rock And Roll All Nite (Live Version) / ロックン・ロール・オール・ナイト(ライヴ)

※ 6曲目の"Escape From The Island"と13曲目の"Shandi"は日本独自の選曲。

 

Metallic Logo Sticker: Killers / KISS

NOTES
• ハイレゾCD (MQA-CD+UHQCD) 仕様
• 国内オリジナル・アナログ・テープを基にした2020年DSDマスターを352.8kHz/24bitに変換して収録(ハイレゾ未配信音源)
• グリーン・カラー・レーベルコート
• 日本初回盤LPをミニチュア再現した紙ジャケット仕様(初紙ジャケット化)
• 日本初回盤LPの意匠を再現した帯
• 6Pポートレート+ステッカー付
• 解説・歌詞・対訳付
• 品番:UICY-40317
• CD発売日:2020年8月26日(限定再発盤)

 

 

関連記事

Double Platinum 「ダブル・プラチナム」 (1978) / KISS

Smashes, Thrashes & Hits 「グレイテスト・キッス」 (1988) / KISS

Greatest KISS 「グレイテスト KISS リマスター」 (1996-JAPAN / 1997-USA) / KISS

その他の KISS 関連記事

音楽 (KISS) のカテゴリー

2021年1月 4日

年末から年始にかけて行われた KISS のド派手なニュー・イヤーズ・イヴ・ライヴ!

この一夜限り(2020/12/31~2021/1/1)のライヴが行われた場所は中東の都市ドバイで、有料配信により世界中にライヴ中継されました。

それにしても使用されている火器と火薬の量が半端ないですね。さすが世界有数の稼げるバンドならではのなせる業といったところ。

 

▼ KISS 2020 GOODBYE - Rock And Roll All Nite - LIVE DUBAI

https://www.youtube.com/watch?v=zcXNX_jf96Y

 

こちらは別角度からの投稿動画。(演奏は3:25辺りから)

▼ KISS 2020 GOODBYE - 2020 Goodbye New Years Eve Finale Fireworks Rock And Roll All Nite

https://www.youtube.com/watch?v=HmhmdaWJr5E

 

なお、このライヴでは「音楽コンサートで最も高く上がった炎」と「音楽コンサートで同時に上がった炎の数」の2つがギネスの世界記録に認定されたそうです。

▼ KISS 2020 GOODBYE was an amazing and RECORD BREAKING experience!

https://www.youtube.com/watch?v=o_HiEph21Sk

 

 

関連記事

音楽 (KISS) のカテゴリー

2020年10月18日

THE SECOND COMING 「セカンド・カミング」 [VHS] / KISS (1998)

VHS Cover (front): The Second Coming / KISS    VHS Cover (back): The Second Coming / KISS    Booklet: The Second Coming / KISS

この「The Second Coming / セカンド・カミング」は、リユニオン後の1996~1997年に行われたワールド・ツアーの模様を中心に、メンバーや関係者の証言、貴重な映像を元にオリジナル・メンバーによる復活劇を描いたキッスのドキュメンタリー・ビデオ。

ライヴ・ビデオではないので、収録曲の大半は部分的なもの、もしくはバックグラウンドで使用されているものになるのですが、ファンならばきっと興味をもって観れるドキュメンタリー・ビデオだと思います。

残念ながら、今はもうオリジナル・メンバー4人のうちの2人はもうグループにはいないという状態でキッスとしてのバンド活動に終止符を打とうとしている状況ではありますが、ニューヨークで行われるという最後のステージにはエースとピーターの姿もあってほしいなと思うところではありますね。

いや、多分、オリジナル・メンバーでの再結成には乗り気ではなかったジーンが最終的にはファンが望むのではあればと再結成に踏み切った経緯からして、恐らくは最後のステージにはたとえ最後の数曲だけだとしてもきっとエースとピーター(もしかしたらヴィニーやブルースも?)を迎えることも考えているのではないかと個人的には思っています。

で、このビデオ、自分が持っているのはここで紹介しているVHSテープなんですが、その後にはDVDでも発売されています。ただ、今は新品での入手は困難になっているようなので、もしも、これから中古等で購入されるというような場合は、ドキュメンタリー・ビデオという性質上、やはり日本語の字幕が付いた日本版の方を探して購入されるのが良いのではないかと思います。

 

▼ KISS - THE SECOND COMING - Opening

https://www.youtube.com/watch?v=O6yXDv0qm7w

 

▼ KISS - DETROIT ROCK CITY - LIVE (THE SECOND COMING)

https://www.youtube.com/watch?v=wSCKeHiCGbE

 

TRACKLIST
1. Introduction / 2. In The Beginning / 3. The Hottest Live Band In The Land / 4. Breaking Down / 5. Up From The Ashes / 6. Putting On The Makeup / 7. The Grammys / 8. First Rehearsal / 9. Fanning The Flames / 10. Laying Out A Plan / 11. Bigger Than Life / 12. The Practice Gigs / 13. Opening Night: Tiger Stadium, Detroit / 14. Madison Square Garden, Ny / 15. The Kiss Buzz / 16. The Castle Donington Festival: England / 17. The Forum: Los Angeles, Ca / 18. Music, Make Up, Mayhem / 19. MTV Video Music Awards / 20. Passing Judgement / 21. Bass Licks / 22. Spanning The Globe / 23. New Year's Eve: 1996 / 24. Big In Japan / 25. Down Under, Down South / 26. The Lost Cities Tour / 27. The Final Siege / 28. Stockholm, Sweden / 29. The Last Show: Finsbury Park, London / 30. End Credits

Supplement (Includes Bonus Footage: The Complete Live Performance)
1. Shout It Out Loud (Tiger Stadium 1996)
2. Shandi (Melbourne, Australia 1997)
3. Detroit Rock City (Movie Premiere)

 

VHS: The Second Coming / KISS

NOTES
• Format: VHS
• 133分 / COLOR / STEREO Hi-Fi / 日本語字幕スーパー
• フルカラー日本語ブックレット付き
• 発売日:2000年9月21日
• 品番:COVY-90117
• 発売時の価格:\4,700(税抜)
• Award: US - Platinum (1999-RIAA)

 

 

関連記事

Exposed 「エクスポーズド - キッス・ベスト」 [LD] (1987) / KISS

X-Treme Close-Up 「エクストリーム・クローズ・アップ - キッス・ヒストリー」 [LD] (1992) / KISS

Konfidential 「コンフィデンシャル ~ KISS アライヴ III」 [LD] (1993) / KISS

その他の KISS 関連記事

音楽 (KISS) のカテゴリー

2020年6月 6日

[2016年復刻版] ミュージック・ライフ増刊号 - KISS 大百科事典 (1977 / 2016)

[2016年復刻版] ミュージック・ライフ増刊号 - KISS 大百科事典(表)   [2016年復刻版] ミュージック・ライフ増刊号 - KISS 大百科事典(裏)   [2016年復刻版] ミュージック・ライフ増刊号 - KISS 大百科事典(保護ビニール+復刻版ステッカー)

この「ミュージック・ライフ増刊号 - KISS 大百科事典」は、自分がキッスに興味を持つちょっと前に発刊されていた雑誌だったこともあり、当時、こういう特集号が発売されていたことを知ってからはずっと気になっていたのですが、あれから数十年の時を経てまさかの復刻。

それにしても、こうして手に入れる時が来ようとは正直思ってもみなかったですね。大人になってから手に入れた三葉虫の化石と同じく、当時の叶わなかった夢がひとつ叶ったような感じ。

実は、中古やオークションで販売されているのを時折見かけたりはしていたのですが、あまりにも価格が高くて躊躇していたんですよね。

ということで、驚くような中古価格を見慣れていたこともあり、この¥2,500+税という復刻版の価格を見てもすごくリーズナブルな感じがありました(笑)。しかも、まさかの新品ですからね。

で、日本中にキッス旋風を巻き起こした伝説の初来日の様子を一冊に収めたこの「ミュージック・ライフ増刊号 - KISS 大百科事典」は、"KISS EXPO"の開催を記念して、当時のままの体裁で現定復刻されたものだそうで、雑誌にはライヴの写真やレポートは勿論のこと、インタビュー、日本滞在中のオフステージの様子やフォトセッション、自筆アンケートといったものがキッス・サイドの協力を得て掲載されています。ちなみに、付録で付いている復刻版の方の「ビッグ・サイズ・カラー・ポスター」は、雑誌自体が保護用のビニールカヴァーで包まれていることもあってか、とじ込みではなく、雑誌中央部に折り込みで挟み込まれています。

 

[2016年復刻版] ミュージック・ライフ増刊号 - KISS 大百科事典(表紙下部)

 

[CONTENTS]

■ ミュージック・ライフ完全独占特写
キッス・イン・ジャパン カラー・スペシャル
• キッス、日本到着の瞬間をキャッチ
• これが地獄の狂獣たちの日本公演だ
• 日本の旅情を楽しむニューヨークからの使者

■ 特写カラー・ピンナップ
• 超アップでせまるジーン、ポール、エース、ピーター

■ ミュージックライフ独占企画
• 君の知りたいキッスの秘密にメンバーが直筆で答えたQ&A
• キッス日本滞在記全行程を徹底調査
• エースのギターを特別公開! ついでに自宅もみせちゃうヨ

■ キッスがロンドンとニューヨークをガイドする
• キッスとロンドンの街を散歩しよう
• これが僕らの故郷ニューヨーク

■ キッス・マニア必見!
• ジーン、ポール、エース、ピーターの身体のサイズが一目でわかる一覧表
• ここがキッスのロック・ステディ・オフィス
• キッスのファン・クラブ、キッス・アーミーに潜入

■ POSTER

■ キッス特別資料室
• キッスとMLの3年間の交流をここに集結 75年10号から76年12月号までのキッスの記事オール・ダイジェスト
• 目で見るキッスの歴史
• マネージャーだけが知っていたキッスの日本公演のスケジュール表は…?
• 外人記者の目がとらえたキッス・イン・ジャパン
• ニューヨークに帰ったキッスが日本の思い出を語る

■ MLだけの特別企画
• キッスのやさしいアニキたちがあなたの悩みに答えてくれた

■ 特別読みもの
• キッス大成功の秘密は?
• 親友、ショーン・ディレイニーが明かしたキッスの素顔
• コンサート誌上中継

※本書は1977年に発行されたミュージック・ライフ5月号臨時増刊を一部再編集して2016年に復刻したものです。記事の内容は全て1977年当時のものです。一部写真の劣化、現在の表記や解釈と異なる箇所もございますが、ご容赦下さい。

 

▼ こちらは同社発行の他の雑誌に掲載されていたこの増刊号の当時の広告。

雑誌広告:ミュージック・ライフ増刊号 - KISS 大百科事典&キッス!キッス!キッス!

 

▼ KISS 武道館 1977
https://www.youtube.com/watch?v=CvtoSoL7dKg

▼ 【超レア無編集版リマスター】ヤングミュージックショー KISS 1977年日本武道館
https://www.youtube.com/watch?v=99u9yQyNl14&t=340s

 

復刻版ステッカー:[2016年復刻版] ミュージック・ライフ増刊号 - KISS 大百科事典

NOTES
ミュージック・ライフ増刊号 - KISS大百科事典(2016年復刻版)
• ビッグ・サイズ・カラー・ポスター付き
• 出版社:シンコーミュージック
• 発売日:2016年11月1日
• サイズ:A4判
• ページ数:152ページ
• 価格:¥2,500+税
• オリジナルは1977年発行

 

 

関連記事

別冊ヤングフォーク 「スーパーアイドルを探せ - ビッグ5 夢の競演!」 (1977)

ヤングロック 「ビッグ3大特集 - QUEEN, KISS, AEROSMITH」 (1978)

ミュージック・ライフ 5月臨時増刊号 キッス!キッス!キッス! (1978)

地獄の全貌 キッス・ストーリー [単行本] (1978) / KISS

ヤングロック増刊 KISS (1978) / ミュージック・ライフ 4月臨時増刊号 キッス・コミックス (1979)

レコード・コレクターズ 2月号 VOL. 16 / KISS 特集号 (1997)

その他の KISS 関連記事

音楽 (KISS) のカテゴリー

2020年4月16日

キッスとクイーンの代表曲がレゲエ・ミュージックに

ということで、キッスの「Detroit Rock City / デトロイト・ロック・シティ」と、クイーンの「Bohemian Rhapsody / ボヘミアン・ラプソディー)」がまさかのレゲエ・ミュージックに変貌(注:勿論、オフィシャルではございません)。

 

▼ Kiss - Detroit Rock City (Reggae Version)

https://www.youtube.com/watch?v=N2F5Mi1eCE4

 

▼ Queen - Bohemian Rhapsody (Reggae Version)

https://www.youtube.com/watch?v=oknBarpGA9k

 

 

関連記事

なんと!キッスの曲がレゲエに ~ REGGAE KISS (2018)

その他の関連記事

音楽 (KISS) のカテゴリー

音楽 (QUEEN) のカテゴリー

2020年4月14日

なんと!キッスの曲がレゲエに ~ REGGAE KISS (2018)

侮るなかれ、これが意外と違和感なくレゲエになっており、中々いい感じ。

 

▼ Reggae Kiss - Creatures of the Night

https://www.youtube.com/watch?v=Kh4p112gUp4

 

▼ Reggae Kiss - God of Thunder

https://www.youtube.com/watch?v=DmW1xg_EHcQ

 

▼ Reggae Kiss - Naked City

https://www.youtube.com/watch?v=XWAZ1GPVHxc

 

▼ Reggae Kiss - Unholy
https://www.youtube.com/watch?v=kIoODtmUpjs

▼ Reggae Kiss - New York Groove
https://www.youtube.com/watch?v=_cg5fSSekUY

▼ Reggae Kiss - Love Gun
https://www.youtube.com/watch?v=HsMjl5rF8-c

 

これらの曲は"Reggae Kiss"というタイトルで2018年にアルバムがリリースされているのですが、残念ながらCDではリリースされていないようです。

 

▼ Reggae Kiss - Album Release

https://www.youtube.com/watch?v=S2Lu04Fu7EA

 

 

関連記事

キッスとクイーンの代表曲がレゲエ・ミュージックに

その他の KISS 関連記事

音楽 (KISS) のカテゴリー

2019年12月15日

KISSの面白新聞記事 ~ ベースのジーン・シモンズはヒヨコを食べたり、火を噴くパフォーマンスで・・・ (1998)

KISSの面白新聞記事

KISSの面白新聞記事

■ 西日本スポーツ(1998年5月10日)の記事

KISSの面白新聞記事

「ベースのジーン・シモンズはヒヨコを食べたり」(笑)。

いやぁ、デビュー当時とか初来日前ならまだしも、これ、デビューから20年以上が過ぎ、オリジナル・メンバーによるリユニオンを果たした後の記事ですからねぇ(笑)。

というか、しかし、いったいどこからこんな間違った情報を入手していたんでしょうね? ちなみに、今でも時折言われる「歌舞伎にヒントを得たメーク」という話についても、ジーン自身が明確に否定しています。

ということで、来日中のキッスのライヴに"X JAPAN"の"YOSHIKI"がサプライズゲストとして出演というネットのニュースを見て引っ張り出してきたのが、無造作に折り畳んで保管しておいたこの約20年前のスポーツ新聞。いやぁ、ほんとは来年辺りに機を見てアップしようかなと思っていたのですが、これじゃ今公開するしかないですよね。虎の子のストックが(笑)。

 

▼ KISS, Yoshiki, Beth, Tokyo Dome, December 11 2019

https://www.barks.jp/news/?id=1000130911

 

▼ YOSHIKI、KISSの東京ドーム公演にサプライズ出演  自身の「人生を変えたバンド」と夢の共演 (2019/12/12)
http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/82993/2

▼ #KISS saved my life.. Tonight, my dream will come true! (2019/12/11)
https://twitter.com/YoshikiOfficial/status/1204682018400768000

 

KISSの面白新聞記事

KISSの面白新聞記事

 

以下は2016年の記事。

▼ YOSHIKI×ジーン・シモンズ、感動の対談 (2016.9.17)
https://www.barks.jp/news/?id=1000130911

▼ YOSHIKI「僕のロックの原点はKISSだった」 (2016.11.29)
https://dot.asahi.com/wa/2016112500215.html?page=1

 

NOTES
• 西日本スポーツ - 1998年(平成10年)5月10日(日曜日)の記事「hideさん追悼ライブ KISS 呼ぶ」

 

 

関連記事

音楽 (KISS) のカテゴリー

2019年12月13日

KISS - GENE SIMMONS (SOLO ALBUM) / GENE SIMMONS (1978)

CDの帯:KISS - ジーン・シモンズ / ジーン・シモンズ

Album Cover (front): KISS - Gene Simmons (Solo Album) / Gene Simmons

キッスのメンバー4人が揃ってリリースした1978のソロ・アルバムの中では最後に取り上げることになったのがこのジーン・シモンズのソロ・アルバム。最初に取り上げたポール・スタンレーのソロ・アルバムの記事が2010年だったので、それから数えて実に9年目ということになります。

一応、2016年にリリースされたこの再発盤を買ったときに取り上げる準備はしていたのですが、何となく延び延びになってしまって。とは言え、ようやく4人のソロ・アルバム全てを取り上げることができて、なんだかホッとしたと言うか、どこか心に引っかかっていたものが取れたような安堵感みたいなものがありますね。なんたって、9年と言えば、それこそ小学校に入学した子供が中学校を卒業するくらいの年月ですからね・・・。しかも、気が付けば、今はバンドの歴史に幕を下ろす最後のツアー (End of the Road World Tour) でキッスも来日中ということもあり、丁度良いタイミング(実際は、今年最後の記事として掲載する予定を急遽前倒ししてアップしたんですけどね)。

で、このジーンのソロ・アルバム、ビルボード・チャートでは4人の中で最上位の22位を記録し、他のメンバーのソロ・アルバムと同様に100万枚のセールスを示すプラチナムを獲得したアルバムではあったものの、私自身は期待が大きかったこともあってか、当時はいまひとつ微妙な感じで捉えていました。ただ、今にして思えば、それはクオリティーの問題ではなく、方向性の問題だったように思います。当時は女性コーラスが多く含まれているのもイメージ的にあまり好きではなかったですしね。

ただ、そうは言っても、曲単位では好きな曲もあったりして、それなりに楽しんでいた記憶はあります。実際、当時はLPとしてリリースされたアルバムも、こうしてCDとして買い直しているのだから、なんだかんだ言ってもやっぱり思い出に残っているアルバムなんですよね。

当時は1976年リリースのキッス5枚目のスタジオ・アルバム「Rock and Roll Over / 地獄のロックファイアー」に収録されていた「See You In Your Dreams / 悪夢の出来事」が再録音されて収録されていることに最も興味を持っていたのですが("Rock and Roll Over"に収録されていたこの曲の出来にジーン自身は満足していなかったというのが再録音の理由と伝えられていた)、なんだかハリウッド的というか、パーティーソングのような雰囲気の曲になっていて、正直イマイチ微妙な印象で、これならキッスのヴァージョンの方が良かったと思ったことを覚えています。

特徴としては、豪華な顔ぶれのミュージシャンがスペシャルゲストとして名を連ねているところが他の3人のソロアルバムとの大きな相違点でもあるのですが、男性陣はそれなりに分かる人選ではあるものの、女性陣に関しては音楽性とは無関係にジーンが好きなタイプの女性を選んだといった感じも無きにしも非ずで、良く言えば多彩な人選。だってヘレン・レディとかジャニス・イアンって絶対、音楽的な類似点や共通点なんて希薄なのは誰が見ても一目瞭然だし(笑)。

 

主なゲスト・ミュージシャン
• ボブ・シーガー(アメリカのロックミュージシャン、シンガーソングライター)
• ジョー・ペリー(エアロスミスのギタリスト)
• リック・ニールセン(チープ・トリックのギタリスト)
• ジェフ・バクスター(1978年当時はドゥービー・ブラザーズのギタリスト)
• ヘレン・レディ(ビルボードチャートのトップ40に15曲を送り込み、6曲がトップ10入り、3曲のナンバー1ヒット曲を持つシンガー)
• ドナ・サマー(ディスコの女王 (Queen of Disco) の異名を持つ人気シンガー。グラミー賞を5回受賞)
• シェール(1965年から2013年まで48年以上の歳月にわたってビルボードチャートでトップ5に入るアルバムをリリースした人物としての記録を持つ。又、女優としても1984年の「マスク」でカンヌ国際映画祭の女優賞を、1987年の「月の輝く夜に」でアカデミー賞の主演女優賞を受賞)
• ジャニス・イアン(シングル「At Seventeen / 17才の頃」がビルボードチャートで3位となるヒットを記録。又、その"At Seventeen"を含むアルバム「Between the Lines / 愛の回想録」はビルボードチャートで1位となり、その年のグラミー賞も受賞)

参加曲
• Bob Seger - Radioactive & Living In Sin
• Joe Perry (Aerosmith) - Radioactive & Tunnel Of Love
• Rick Neilsen (Cheap Trick) - See You in Your Dreams
• Jeff "Skunk" Baxter (Member of "The Doobie Brothers" in 1978) - Burning Up With Fever, See You Tonite, Tunnel Of Love, Mr. Make Believe
• Helen Reddy - True Confessions
• Donna Summer - Burning Up With Fever
• Cher - Living In Sin
• Janis Ian - Prelude

 

Album Cover (front): KISS - Gene Simmons (Solo Album) / Gene Simmons

 

CD Case (back cover): KISS - Gene Simmons (Solo Album) / Gene Simmons

TRACKLIST
1. Radioactive / 2. Burning Up With Fever / 3. See You Tonight / 4. Tunnel Of Love / 5. True Confessions / 6. Living In Sin / 7. Always Near You / Nowhere To Hide / 8. Man Of 1000 Faces / 9. Mr. Make Believe / 10. See You In Your Dreams / 11. When You Wish Upon A Star

1. レイディオアクティヴ / 2. 熱狂 / 3. 今宵のお前 / 4. 愛のトンネル / 5. 告白 / 6. 罪 / 7. お前のそばに / もう逃げられない / 8. 千の顔を持つ男 / 9. ミスター・メイク / 10. 悪夢の出来事 / 11. 星に願いを

NOTES
• CD発売日:2016/5/18
• SHM-CD
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 22位 (Platinum / 1978-RIAA)
• Single: "Radioactive" US 47位

 

シングルに選ばれたのはオープニング曲の"Radioactive"

▼ Gene Simmons - Radioactive

https://www.youtube.com/watch?v=l2hk-neUOv0

 

ちなみに、シングル盤の"Radioactive"はイントロ部分がカットされています

▼ Gene Simmons - Radioactive
https://www.youtube.com/watch?v=nWyU15DOucg

 

実は、アルバムの中で最も好きだった曲がこの"Mr. Make Believe"

▼ Gene Simmons - Mr. Make Believe

https://www.youtube.com/watch?v=8yla6TTWvCo

 

当初はこの"Man Of 1000 Faces"がアルバムタイトルになるとジーンは語っていました

▼ Gene Simmons - Man Of 1000 Faces
https://www.youtube.com/watch?v=dHJykbxH8jo

 

ソロアルバムならではとも思えるこの曲もアルバムの中では意外と好きでした

▼ Gene Simmons - Always Near You / Nowhere To Hide
https://www.youtube.com/watch?v=4qzayrUO5W4

 

18年後に行われたキッスのアンプラグド・ライヴではこの"See You Tonight"が演奏されていて驚きましたね

▼ KISS - See You Tonight (MTV Unplugged)

https://www.youtube.com/watch?v=j5kZ6iuGZaY

 

 

関連記事

KISS - Ace Frehley (Solo Album) (1978) / Ace Frehley

KISS - Peter Criss (Solo Album) (1978) / Peter Criss

KISS - Paul Stanley (Solo Album) (1978) / Paul Stanley

ソロアルバム - 雑誌広告 (1978) / KISS

その他の KISS 関連記事

音楽 (KISS) のカテゴリー

2019年11月15日

キッスの大ヒット曲"I Was Made For Lovin' You"のカヴァー色々 (PART 3/3)

「PART 1」、「PART 2」に引き続き、今回は3回目。

 

まずは女性インストゥルメンタル・グループの"Symfomania"によるカヴァーから

▼ Symfomania - I Was Made For Loving You (KISS cover)

https://www.youtube.com/watch?v=3LkJSohZMpA

※ 補足
"Symfomania"は、ウクライナの女性インストゥルメンタル・グループで、グループは、弦楽四重奏団(2つのバイオリン、ビオラ、チェロ)、ならびにエレクトリックハープ、鍵盤および打楽器で構成されています。音楽のスタイルとしてはシンフォニックロックまたはネオクラシックといったジャンルでカテゴライズされることが多いようです。

 

ロシアのテレビ番組のようです

▼ I Was Made for Lovin' You (The Voice Kids Russia)

https://www.youtube.com/watch?v=1g90mTD2xDI

 

最後はモスクワで行われたロックンモブのパフォーマンス

▼ I Was Made For Lovin' You - KISS. Rocknmob Moscow #8, 270+ musicians (May 19th, 2019)

https://www.youtube.com/watch?v=DUGMUBUJh0w

 

[おまけ]

ジーンに促されてステージ上で歌うファンの女の子

▼ Gene Simmons Band - I was made for loving you - Fan is singing - Oberhausen - Turbinenhalle 2018

https://www.youtube.com/watch?v=h7UVxwbxXl4

 

 

関連記事

キッスの大ヒット曲"I Was Made For Lovin' You"のカヴァー色々 (PART 1/3)

キッスの大ヒット曲"I Was Made For Lovin' You"のカヴァー色々 (PART 2/3)

その他の KISS 関連記事

音楽 (KISS) のカテゴリー

2019年10月18日

キッスの大ヒット曲"I Was Made For Lovin' You"のカヴァー色々 (PART 2/3)

前回の「PART 1」に引き続き、今回は「PART 2」。

 

「PART 2」の最初は牧歌的な雰囲気のアコースティック・カヴァーから

▼ i was made for loving you, acoustic cover

https://www.youtube.com/watch?v=K66Fu06bSDc

 

こちらは打って変わってエレクトリックなシンセポップデュオ"MYZICA"によるカヴァー

▼ I was made for loving you (Myzica Cover)

https://www.youtube.com/watch?v=WsrEEgoY56M

 

こちらはボサノヴァ・ヴァージョン

▼ BOSSA CLUB - i was made for loving you

https://www.youtube.com/watch?v=KE6waHNBW20

 

そして最後はジャズ・ヴァージョン

▼ I was made for loving you - KISS - Jazz Cover - The Porridges

https://www.youtube.com/watch?v=b_GdLuDSJRM

 

 

関連記事

キッスの大ヒット曲"I Was Made For Lovin' You"のカヴァー色々 (PART 1/3)

キッスの大ヒット曲"I Was Made For Lovin' You"のカヴァー色々 (PART 3/3)

その他の KISS 関連記事

音楽 (KISS) のカテゴリー

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

このブログについて アート・デザイン パソコン・インターネット 健康 (予防・対策・グッズ・他) 各種調査・統計・ランキング 復興支援・応援メッセージ 日記・コラム・つぶやき 購入商品アレコレ(取り上げられる機会があまりないような商品をピックアップ) 音楽 (A) (B) (C) (D) (E) 音楽 (ABBA) 音楽 (AEROSMITH) 音楽 (AIR SUPPLY) 音楽 (ALAN PARSONS / THE ALAN PARSONS PROJECT) 音楽 (ASIA) 音楽 (BANGLES) 音楽 (BAY CITY ROLLERS) 音楽 (BEATLES / PAUL McCARTNEY) 音楽 (BOSTON) 音楽 (CARS) 音楽 (CHICAGO) 音楽 (CHRISTINA AGUILERA) 音楽 (DEF LEPPARD) 音楽 (E.L.O.) 音楽 (EAGLES) 音楽 (ENYA) 音楽 (ERIC CARMEN / RASPBERRIES) 音楽 (F) (G) (H) (I) (J) 音楽 (HEART) 音楽 (JAPAN) 音楽 (JIGSAW) 音楽 (JOURNEY) 音楽 (JUDAS PRIEST) 音楽 (K) (L) (M) (N) (O) 音楽 (KISS) 音楽 (KOKIA) 音楽 (MEAT LOAF) 音楽 (MSG - THE MICHAEL SCHENKER GROUP) 音楽 (NEW ENGLAND) 音楽 (OLIVIA NEWTON-JOHN) 音楽 (OZZY OSBOURNE) 音楽 (P) (Q) (R) (S) (T) 音楽 (QUEEN) 音楽 (REO SPEEDWAGON) 音楽 (RIN') 音楽 (STYX) 音楽 (TOTO) 音楽 (U) (V) (W) (X) (Y) (Z) 音楽 (XTC) 音楽 (Y&T) 音楽 (Y.M.O.) 音楽 (その他) 音楽 (アナログ・レコード:LP) 音楽 (アナログ・レコード:シングル) 音楽 (クリスマス・ソング / Xmas Songs) 音楽 (ジャズ・フュージョン / Jazz & Fusion) 音楽 (プレイカウント / My iTunes Play Count) 音楽 (全てのカテゴリー) 音楽 (日本でも良く知られる懐かしの海外の曲) 音楽 (邦楽 / Japanese Musicians)

TRANSLATE THIS SITE

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

その他のブログとウェブサイト

AD

ブログ内を画像で検索

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ

FLAG COUNTER

  • from March 18, 2021
    Free counters!
    モバイルページのアクセスは除く