音楽 (NEW ENGLAND)

2011年9月 2日

GREATEST HITS LIVE / NEW ENGLAND (2003)

CDの帯:グレイテスト・ヒッツ・ライヴ / ニュー・イングランドAlbum Cover: Greatest Hits Live / New England解散から20年を経てリリースされた"New England"初のライヴアルバムがこの「Greatest Hits Live / グレイテスト・ヒッツ・ライヴ」です。ただ、"New
England"唯一のライヴアルバムということで、貴重であることは確かなのですが、正直言うとやや期待ハズレといった感じでしたね。とは言っても、これはあくまでもリリースする側の問題なのですが。

とり上げておいて、のっけから愚痴を言うのも何なのですが、これまで"New England"のライヴ音源は聴いたことがなかったので、結構期待していたものの、いかんせん音質がよろしくないんですよね。

ほとんど編集がされていない生のサウンドと言えば聞こえはいいのですが、裏を返せば、編集にお金と手間をかけていないということで、例えば"Shall I Run Away"のようなバラードだと静かな部分ではノイズがけっこう目立ちますし、他の曲でも所々で定位が乱れたり、音が波打つところがあったりします。特に5曲目の"Encore"以降は音のうねりが酷く、オフィシャルでリリースするにはクオリティーに難有りといった印象。マスターテープ自体の状態があまり良くないにしても、手間をかけてマスタリングすれば、ある程度は改善できるはずだと思うのですが、結局はどちらかといえばマニア向け商品である所為か、コストカットで手っ取り早くリリースされてしまったというのが実情のように感じます。

ということで、音質という点では有名どころのバンドがリリースするライヴアルバムに比べるとクオリティーの差は否めない感じですね。ファンとしては、やはり商品としてリリースするからにはできる限り最良の状態でリリースして欲しいところです。

ただ、そうは言っても、演奏自体は決して悪くはなく、一応はラインで録音されているし、マスターテープの劣化という部分を除けばそこそこの音質なので、ブートレッグと思って聴けば、それなりに楽しめなくもないです。

結局はオフィシャルでリリースされるということで、相応のクオリティーを期待したが為に、落胆する部分があったのですが、考えようによっては、これ以上の音質のブートレッグも滅多に無いだろうし、"New England"のライヴサウンドを体感できたというだけでも買って良かったのかなとも思います。ただ、このライヴ音源に限って言えば、スタジオ盤の曲の方が楽しめるというのが正直な感想ですね。

 

下の動画はリユニオン時のライヴ(このアルバムとは別の音源)。このクオリティーでのライヴアルバムだったら印象も大分違ったかも。

▼ New England - Alone Tonight (Live)

https://www.youtube.com/watch?v=X9it3OMtkG0

 

なお、アルバムでは10曲目からラストの13曲目までは音の雰囲気がガラリと変わるので、恐らくは本編とは別の会場で録音されたものではないかと思います。

 

CD Case (back): Greatest Hits Live / New EnglandTRACK LIST
1. Alone Tonight / 2. Shoot / 3. Hello Hello Hello / 4. The Last Show / 5. Encore / 6. Hey You're On the Run / 7. Shall I Run Away / 8. Nothing To Fear / 9. Don't Ever Wanna Lose Ya / 10. Explorer Suite / 11. P.U.N.K. / 12. You'll Be Born Again

1. アローン・トゥナイト / 2. シュート / 3. ハロー・ハロー・ハロー / 4. ザ・ラスト・ショウ / 5. アンコール / 6. ヘイ・ユアー・オン・ザ・ラン / 7. シャル・アイ・ラン・アウェイ / 8. ナッシング・トゥ・フィアー / 9. ドント・エヴァー・ウォナ・ルーズ・ヤ / 10. エクスプローラー・スイート / 11. P.U.N.K. / 12. ユール・ビー・ボーン・アゲイン

 

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

 

NEW ENGLAND - BAND MEMBERS
• John Fannon (ジョン・ファノン) - Vocals, Guitar
• Hirsh Gardner (ハーシュ・ガードナー) - Drums, Vocals
• Gary Shea (ゲイリー・シェア) - Bass
• Jimmy Waldo (ジミー・ウォルドー) - Keyboards, Vocals

 

 

関連記事

New England 「失われし魂」 (1979) / New England

Explorer Suite 「果てしなき冒険」 (1980) / New England

Walking Wild (1981) / New England

New England の LPレコード盤3枚(失われし魂 / 果てしなき冒険 / Walking Wild)

1978 (1998) / New England

2011年5月17日

1978 / NEW ENGLAND (1998)

CDの帯(世界初CD化盤):1978 / ニュー・イングランドAlbum Cover (front): 1978 / New Englandまさか、こんなアルバムがリリースされようとは思ってもみなかったのですが、念のために言っておくと、これは"New England"のオリジナルアルバムではなく、未発表のデモ音源を集めた企画盤で、そういった意味では、どちらかといえばマニア向けのアルバムといった印象ですね。ただ、デモ音源集とは言っても侮れないんですよねコレが。

収録されているのは、ファーストアルバム収録曲のデモ・ヴァージョン6曲と、セカンドアルバム収録曲のデモ・ヴァージョンが1曲、そして、未発表曲が3曲の全10曲で、全てがデビュー前に録音されていた音源とのことです。ただし、デビュー前のデモとは言っても、きちんとしたスタジオで収録されているようで、録音状態は良好ですし、未発表曲の3曲に於いては、どうしてその後のアルバムに収録されなかったのかと不思議に思うほど曲としての完成度も高いものです。

ただ、私が最も好きなファーストアルバム収録曲のデモは、さすがにファーストアルバムで披露されたヴァージョンに比べると、まだ野暮ったく、泥臭い印象があります。しかしながら、裏を返せば、ファーストアルバムでのサウンドが如何に素晴らしいものであったかが再確認できるということにもなりますし、又、これらの楽曲がどのように進化を遂げ、昇華されていったのかを知ることができるという点では貴重だと思います。特にスケール感のある"Nothing to Fear"は、元々はこんな曲だったのかと驚かされましたしね。

 

Album Cover (back): 1978 / New England それにしても、こんな音源が存在していたとは驚きですね。しかも、デモ音源とは言っても、デモとしては完成形のようですし、未発表曲の3曲もクオリティーが高く、ほんとファンにとっては価値のあるアルバムだと思います。

NEW ENGLAND - BAND MEMBERS
• John Fannon (ジョン・ファノン) - Vocals, Guitar
• Hirsh Gardner (ハーシュ・ガードナー) - Drums, Vocals
• Gary Shea (ゲイリー・シェア) - Bass
• Jimmy Waldo (ジミー・ウォルドー) - Keyboards, Vocals

 

TRACK LIST
1. Alone Tonight / 2. Nothing To Fear / 3. Candy / 4. I Will Be There / 5. Shoot / 6. Don't Ever Wanna Lose Ya / 7. Hello Hello Hello / 8. Even When I'm Away / 9. Searchin' / 10. Turn Out The Light

1. アローン・トゥナイト / 2. ナッシング・トゥ・フィアー / 3. キャンディ / 4. アイル・ビー・ゼア / 5. シュート / 6. ドント・エヴァー・ウォナ・ルーズ・ヤ / 7. ハロー・ハロー・ハロー / 8. イーヴン・ウェン・アイム・アウェイ / 9. サーチン / 10. ターン・アウト・ザ・ライト

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(世界初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

 

 

関連記事

New England 「失われし魂」 (1979) / New England

Explorer Suite 「果てしなき冒険」 (1980) / New England

Walking Wild (1981) / New England

New England の LPレコード盤3枚(失われし魂 / 果てしなき冒険 / Walking Wild)

Greatest Hits Live (2003) / New England

2010年11月 9日

NEW ENGLAND の LPレコード盤3枚 (失われし魂 / 果てしなき冒険 / WALKING WILD)

レコードの帯:New England (失われし魂) / ニュー・イングランド レコードの帯:Explorer Suite (果てしなき冒険) / ニュー・イングランド 「New England / ニュー・イングランド」というバンドの知名度から考えても、日本人でこれら3枚のレコードをリアルタイムで買ったという人は中々いないのではないでしょうか。特に3rdアルバムにしてラストアルバムとなった"Walking Wild"は日本では発売されるこもなかったですからね。

特別難解な音楽をやっているという訳でもなく、と言うよりも、ラズベリーズをよりダイナミックでメロディックにしたような、どちらかと言えば親しみやすい音楽にもかかわらず、僅か3枚のアルバムを残して消滅したバンドだった所為か、どこかマニアックなイメージがありますが、ファーストアルバムで初めてそのサウンドを体感した当時は、近い将来必ずやボストン、ジャーニー、スティックス、といったバンドと肩を並べる存在になるだろうと確信していましたし、そういった意味ではほんと惜しいバンドだったと思いますね。今でも再結成に微かな期待をっもっているのですが・・・。

なお、ファーストアルバムの「New England / 失われし魂」と、セカンドアルバムの「Explorer Suite / 果てしなき冒険」は、クイーンの"News of the World"や、後にはエイジアのデビューアルバム"Asia"、それにジャーニーの"Escape"といったビッグヒットとなる作品を手がけることになるマイク・ストーンをプロデューサーに迎えての作品でした(ファーストはポール・スタンレー / KISS、セカンドはジョン・ファノン / New Englandとの共同プロデュース)。ちなみに"Walking Wild"はトッド・ラングレンによるプロデュース作品。

 

NEW ENGLAND - BAND MEMBERS
• John Fannon (ジョン・ファノン) - Vocals, Guitar
• Hirsh Gardner (ハーシュ・ガードナー) - Drums, Vocals
• Gary Shea (ゲイリー・シェア) - Bass
• Jimmy Waldo (ジミー・ウォルドー) - Keyboards, Vocals

 

NEW ENGLAND 「失われし魂」 (1979)

LP Record (front): New England 「失われし魂」 / New England   LP Record (back): New England 「失われし魂」 / New England   LP Record (Inner Sleeve): New England 「失われし魂」 / New England

LP Record (Label): New England 「失われし魂」 / New England   LP Record (Label): New England 「失われし魂」 / New England

 

EXPLORER SUITE 「果てしなき冒険」 (1980)

LP Record (front): Explorer Suite 「果てしなき冒険」 / New England   LP Record (back): Explorer Suite 「果てしなき冒険」 / New England   LP Record (Inner Sleeve): Explorer Suite 「果てしなき冒険」 / New England

LP Record (Label): Explorer Suite 「果てしなき冒険」 / New England   LP Record (Label): Explorer Suite 「果てしなき冒険」 / New England

 

WALKING WILD (1981)

LP Record (front): Walking Wild / New England   LP Record (back): Walking Wild / New England   LP Record (レコード袋):Walking Wild / New England

LP Record (Label): Walking Wild / New England   LP Record (Label): Walking Wild / New England

 

 

関連記事

New England 「失われし魂」 (1979) / New England

Explorer Suite 「果てしなき冒険」 (1980) / New England

Walking Wild (1981) / New England

1978 (1998) / New England

Greatest Hits Live (2003) / New England

2010年9月14日

WALKING WILD / NEW ENGLAND (1981)

CDの帯(世界初CD化盤):ウォーキング・ワイルド / ニュー・イングランドAlbum Cover (front): Walking Wild / New Englandニュー・イングランドの事実上のラスト・アルバムとなったのが、この「Walking Wild / ウォーキング・ワイルド」です。前作"Explorer Suite"が売れなかったことが、このアルバムの方向性に少なからず影響を及ぼしたと思われます。

結局、このアルバム"Walking Wild"は日本では発売すらされませんでしたが、私はといえば、当時は幸運にも輸入盤(レコード)で手に入れることができたんですよね。ただ、"Love's Up in the Air"、"Get it Up"、"L5"、"You're There"といった"New England"ならではのメロディックな楽曲は好きで良く聴いていたものの、全体的にストレートでコンパクトにまとめられた印象があり、更には軽いドラムの音とピコピコ・キラキラなシンセ音にも少なからず違和感がありましたね。買った当時は期待が大きかった事もあってか、多少がっかりしたことを覚えています(ジャケットデザインもブートレッグじゃないかと思う位のチャチさで、いかにも予算をつけませんでしたといった感じ)。

恐らくは、いくら自分たちが納得したアルバムを制作しようとも、それがセールスに繋がらなければ、レコード会社のサポートも受けられず、バンドの存続さえ危うい状況になってしまうということをメンバー自身も身にしみて感じていたのではないかと推測するのですが、この"Walking Wild"は、そんなメンバーの葛藤が渦巻く中で、ある種の決断を伴って生まれたものではなかったのかと私自身は考えています。まぁ、肉を切らせて骨を断つじゃないですが、アルバムがリリースされないことには自分たちらしさもへったくれも無いですからね。

しかしながら、そんな路線変更を決断したメンバーの思いとは裏腹に、前作が売れなかったこともあってか、大したプロモーションもされずにリリースされたアルバムだったようで、結果的には売れなかった前作以上に売れなかったようです。

Album Cover (back): Walking Wild / New England収録曲については、楽曲単体で見ればそれほど悪くもないと思うのですが、前作のような大作が無いというのが、やはり痛いですね。要所を締める尺長の曲が無い所為で、アルバムとしてはやや小じんまりとした印象になってしまいます。それにどうも好きになれなかった前作での"Livin' In The Eighties"に見られるポップ感覚が、残念ながらこのアルバムに於いても継承されている印象で、その点が個人的にアルバムの評価を落としている要因のひとつでもあります。ちなみに、そのどうも好きになれないポップ感覚が継承されている曲というのは"DDT"と"Elevator"の2曲なのですが、この2曲は買った当時から毎回飛ばして聴いてた程に苦手でしたね。

ただ、色々と不満は述べても、こうしてCDも買っており、このアルバムに含まれる数曲は今でも時折聴いているので、このアルバムが嫌いという訳ではありません。というか、多少不満はあっても、今となってはこのアルバムがリリースされて良かったと思います。当初は気付かなかった"New England"の息吹を今だからこそ感じられたりもしますしね。

そして、"New England"はといえば、この"Walking Wild"をリリース後は、新たにアルバムを発表することもなく、'83年にバンドは解散。キーボードのジミー・ウォルドーとベースのゲイリー・シェアは、グラハム・ボネット率いるアルカトラスにイングヴェイ・マルムスティーンらと共に加入しました。そういえば、そのアルカトラスのファーストシングルで、ファーストアルバム1曲目に収録されている"Island in the Sun"が、とっても"New England"ぽくて、当時はそのことが何となく嬉しかったですね。

 

Album Cover (back): Walking Wild / New England

 

TRACK LIST
1. Walking Wild / 2. Holdin' Out On Me / 3. Don't Ever Let Me Go / 4. Love's Up In The Air / 5. DDT / 6. Get It Up / 7. L-5 / 8. She's Gonna Tear You Apart / 9. Elevator / 10. You're There

1. ウォーキング・ワイルド / 2. ホールディン・アウト・オン・ミー / 3. ドント・エヴァー・レット・ミー・ゴー / 4. ラヴズ・アップ・イン・ジ・エアー / 5. DDT / 6. ゲット・イット・アップ / 7. L-5 / 8. シーズ・ゴナ・ティアー・ユー・アパート / 9. エレヴェイター / 10. ユアー・ゼアー

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(世界初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

 

NEW ENGLAND - BAND MEMBERS
• John Fannon (ジョン・ファノン) - Vocals, Guitar
• Hirsh Gardner (ハーシュ・ガードナー) - Drums, Vocals
• Gary Shea (ゲイリー・シェア) - Bass
• Jimmy Waldo (ジミー・ウォルドー) - Keyboards, Vocals

 

▼ New England - Love's Up In The Air
https://www.youtube.com/watch?v=WZzU61qbUdE

▼ New England - L-5
https://www.youtube.com/watch?v=aLcSrYZtioM

▼ New England - You're There
https://www.youtube.com/watch?v=o8tccEY8QmQ

 

 

関連記事

New England 「失われし魂」 (1979) / New England

Explorer Suite 「果てしなき冒険」 (1980) / New England

New England の LPレコード盤3枚(失われし魂 / 果てしなき冒険 / Walking Wild)

1978 (1998) / New England

Greatest Hits Live (2003) / New England

2010年8月30日

EXPLORER SUITE 「果てしなき冒険」 / NEW ENGLAND (1980)

CDの帯(世界初CD化盤):果てしなき冒険 / ニュー・イングランドAlbum Cover (front): Explorer Suite / New England彼らのファーストアルバム1枚で完全に心奪われた当時の私は、このセカンドアルバムを何よりも心待ちにしていました。しかしながら、ファーストアルバムをリリースした後は、所属レコード会社の倒産というアクシデントに見舞われた所為か、その後は音楽雑誌等でも彼らに関するニュースは全く入ってきませんでした。

ただ、そういった出来事も後に知ったことで、当時はそんなことがあったなどとは知らず、暇さえあればレコード店で「ナ行」の棚をチェックしていました。そして、そんなことを繰り返していた甲斐もあってか、ついに、このアルバム「Explorer Suite / 果てしなき冒険」を見つける日が訪れたんですよね。あまりの驚きに、初めは、もしかしたら"Explorer Suite"という名のバンドの"New England"というタイトルのアルバムなんじゃないだろうかと疑心暗鬼でいたのですが、裏ジャケットにプリントされた彼ら4人の写真と名前を確認して、ようやく安心して喜べたことを覚えています。

ファーストアルバムはビルボードチャートでも50位を記録し、新人としてはまずまずのセールスを記録した所為か、新たなレコード会社との契約にもそれほど時間を要することもなかったようで、結果的にはファーストアルバムがリリースされた翌年には、このセカンドアルバムとなる「Explorer Suite / 果てしなき冒険」がリリースされたんですよね。

曲によっては多少ポップ過ぎる感があり、その点ではファーストアルバムのように嫌いな曲が無いとまでは言えなかったものの、よりプログレッシヴ色が強まった幻想的で魅力のある曲が含まれていたこともあって、当時の私はますます彼らに夢中になっていました。ただ、アルバムを通して聴くとなれば、やはり、2曲目の"Livin' In The Eighties"でガクンとなるのは否めないですね。別にポップだから悪いとかいう意味ではなく、あくまでも個人的な好みの問題なのですが、ポップ感覚にも受け入れられるものと、受け入れにくいものとがあるということです。まぁ、その点ではファーストアルバムに於けるポップ感覚は自分の好みに合っていたということですね。

と、曲による好みのバラつきはあるものの、充実した意欲作であることに変わりは無く、"Honey Money"、"Explorer Suite"、"Seal It With A Kiss"、"No Place To Go"、"Searchin'"、"Hope"と、これまたファーストアルバム同様に夢中にさせられた楽曲も多く含まれています。

Album Cover (back): Explorer Suite / New Englandしかし、更なる進化を見せた意欲作であったものの、このアルバムではファーストアルバムからのようなヒット曲が生まれることもなく、セールス的にはパッとしなかったようで、その事がレコード会社との確執を生む結果にもなったようです。その後、いつしか彼らのアルバムは廃盤となり、流通量がそれほど多くなかった事もあってか、熱心なロックファンの間で中古レコードが幻の名盤として高価なプレミア価格で取り引きされるようになりました。ファーストアルバムがそこそこヒットしたにも関わらず、何故にこのアルバムがチャートインすら果たせなかったのか、今でも不思議でなりません。何が足りなかったのかを敢えて探すとすれば、それは「運」としか言いようがないのでないかと思います。彼らにもうちょっとその運があったなら・・・。

 

TRACK LIST
1. Honey Money / 2. Livin' In The Eighties / 3. Conversation / 4. It's Never Too Late / 5. Explorer Suite / 6. Seal It With A Kiss / 7. Hey You're On The Run / 8. No Place To Go / 9. Searchin' / 10. Hope / 11. You'll Be Born Again

1. ハニー・マネー / 2. リヴィン・イン・ジ・エイティーズ / 3. カンヴァセーション / 4. イッツ・ネヴァー・トゥー・レイト / 5. エクスプローラー・スイート / 6. シール・イット・ウィズ・ア・キッス / 7. ヘイ・ユーアー・オン・ザ・ラン / 8. ノー・プレイス・トゥ・ゴー / 9. サーチン / 10. ホープ / 11. ユール・ビー・ボーン・アゲイン

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(世界初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

 

NEW ENGLAND - BAND MEMBERS
• John Fannon (ジョン・ファノン) - Vocals, Guitar
• Hirsh Gardner (ハーシュ・ガードナー) - Drums, Vocals
• Gary Shea (ゲイリー・シェア) - Bass
• Jimmy Waldo (ジミー・ウォルドー) - Keyboards, Vocals

 

▼ New England - Honey Money
https://www.youtube.com/watch?v=YyNkBm05usk

▼ New England - Explorer Suite
https://www.youtube.com/watch?v=YfXQqrnWEn4

▼ New England - It's Never Too Late
https://www.youtube.com/watch?v=q6tismzETUc

▼ New England - No Place To Go
https://www.youtube.com/watch?v=fRMAiaz2Ywc

▼ New England - Searchin'
https://www.youtube.com/watch?v=1jqUIqm-J0s

▼ New England - Hope
https://www.youtube.com/watch?v=KKhd6hOjnwU

 

 

関連記事

New England 「失われし魂」 (1979) / New England

Walking Wild (1981) / New England

New England の LPレコード盤3枚(失われし魂 / 果てしなき冒険 / Walking Wild)

1978 (1998) / New England

Greatest Hits Live (2003) / New England

2010年8月29日

NEW ENGLAND 「失われし魂」 / NEW ENGLAND (1979)

CDの帯(世界初CD化盤):失われし魂 / ニュー・イングランドAlbum Cover (front): New England (1st Album) / New England 当時は、キッスのポール・スタンレーと、クイーンのレコーディングエンジニアをしていたマイク・ストーンの共同プロデュースという、米英を代表する2大バンドとの関わりに釣られて購入したようなところもあったのですが、実際にはそんな触込みなど全く必要無い程の圧倒的な素晴らしさに驚かされると同時に、又ひとつ大好きなバンドができたことをとても喜んでいました。

キーボードとコーラス・ハーモニーを前面に打ち出したダイナミックでスケール感溢れるサウンドは、これが新人バンドなのかと思わせられる程の完成度を誇っており、"John Fannon"の卓越したソングライティング力によって生み出される楽曲の数々は、1曲1曲がそれぞれに独自の輝きを放っているかのようでもあります。とにかく当時は、大好きな曲が目白押しであると同時に、嫌いな曲が1曲も見当たらなかったこともあって、アルバムを通して聴きまくっていましたね。特に1曲目から6曲目までブリリアントな楽曲が続く様は圧巻で、ここまで粒揃いなアルバムにはそうそうお目にかかれるものではありません。ちなみにこのアルバムからは、"Don't Ever Wanna Lose Ya"(米40位)、"Hello, Hello, Hello"(米69位)と、2曲のヒット曲も生まれています。

Album Cover (back): New England (1st Album) / New England サウンドの方向性としては「Kiss+Queen」と言うよりも、むしろ「Boston+Journey」といった感じですね。個人的には、マイク・ストーンが後にプロデューしたジャーニーの"Escape"や、エイジアの"Alpha"に匹敵するクオリティーを持つアルバムだと思っています。そういえば、当時はことあるごとに「凄いバンドが現れた」と、友人などに話していましたね。

セカンドアルバムの"Explorer Suite"が高く評価されている為に見落とされぎみなこのファーストアルバムですが、個人的には"New England"と言えば、やはりこのアルバムになります。セカンドでは比較的タイトな処理がなされているドラムスやキーボードの音も悪くは無いのですが、それでも、より透明感と広がりのあるこちらのサウンドがどちらかと言えば好みですね。このアルバムと出会ってなければ、セカンドアルバムに手を出していたかどうか・・・。

 

NEW ENGLAND - BAND MEMBERS
• John Fannon (ジョン・ファノン) - Vocals, Guitar
• Hirsh Gardner (ハーシュ・ガードナー) - Drums, Vocals
• Gary Shea (ゲイリー・シェア) - Bass
• Jimmy Waldo (ジミー・ウォルドー) - Keyboards, Vocals

 

TRACK LIST
1. Hello, Hello, Hello / 2. Don't Ever Wanna Lose Ya / 3. P.U.N.K. (Puny Undernouriished Kid) / 4. Shall I Run Away / 5. Alone Tonight / 6. Nothing To Fear / 7. Shoot / 8. Turn Out the Light / 9. The Last Show / 10. Encore

1. ハロー・ハロー・ハロー / 2. 失われし魂 / 3. P.U.N.K. / 4. シャル・アイ・ラン・アウェイ / 5. アローン・トゥナイト / 6. ナッシング・トゥ・フィアー / 7. シュート / 8. 灯を消せ / 9. ザ・ラスト・ショウ / 10. アンコール

NOTES
• 日本盤初回プレスCD(世界初CD化盤) [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞付 / 対訳無し

 

▼ New England - Hello, Hello, Hello
https://www.youtube.com/watch?v=9ibnNp8YyyY

▼ New England - Don't Ever Wanna Lose Ya
https://www.youtube.com/watch?v=oCwzRV0UMhA

▼ New England - P.U.N.K.
https://www.youtube.com/watch?v=RF0I5DRFobE

▼ New England - Alone Tonight
https://www.youtube.com/watch?v=y7wCHahZadg

▼ New England - Nothing To Fear
https://www.youtube.com/watch?v=opayVeb89Fk

 

 

関連記事

Explorer Suite 「果てしなき冒険」 (1980) / New England

Walking Wild (1981) / New England

New England の LPレコード盤3枚(失われし魂 / 果てしなき冒険 / Walking Wild)

1978 (1998) / New England

Greatest Hits Live (2003) / New England

その他のカテゴリー

アート・デザイン パソコン・インターネット 健康 (予防・対策・グッズ・他) 各種調査・統計・ランキング 復興支援・応援メッセージ 日記・コラム・つぶやき 購入商品アレコレ(取り上げられる機会があまりないような商品をピックアップ) 音楽 (A) (B) (C) (D) (E) 音楽 (ABBA) 音楽 (AEROSMITH) 音楽 (AIR SUPPLY) 音楽 (ALAN PARSONS / THE ALAN PARSONS PROJECT) 音楽 (ASIA) 音楽 (BANGLES) 音楽 (BAY CITY ROLLERS) 音楽 (BEATLES / PAUL McCARTNEY) 音楽 (BOSTON) 音楽 (CARS) 音楽 (CHICAGO) 音楽 (CHRISTINA AGUILERA) 音楽 (DEF LEPPARD) 音楽 (E.L.O.) 音楽 (EAGLES) 音楽 (ENYA) 音楽 (ERIC CARMEN / RASPBERRIES) 音楽 (F) (G) (H) (I) (J) 音楽 (HEART) 音楽 (JAPAN) 音楽 (JIGSAW) 音楽 (JOURNEY) 音楽 (JUDAS PRIEST) 音楽 (K) (L) (M) (N) (O) 音楽 (KISS) 音楽 (KOKIA) 音楽 (MEAT LOAF) 音楽 (MSG - THE MICHAEL SCHENKER GROUP) 音楽 (NEW ENGLAND) 音楽 (OLIVIA NEWTON-JOHN) 音楽 (OZZY OSBOURNE) 音楽 (P) (Q) (R) (S) (T) 音楽 (QUEEN) 音楽 (REO SPEEDWAGON) 音楽 (RIN') 音楽 (STYX) 音楽 (TOTO) 音楽 (U) (V) (W) (X) (Y) (Z) 音楽 (XTC) 音楽 (Y&T) 音楽 (Y.M.O.) 音楽 (その他) 音楽 (アナログ・レコード:LP) 音楽 (アナログ・レコード:シングル) 音楽 (クリスマス・ソング / Xmas Songs) 音楽 (ジャズ・フュージョン / Jazz & Fusion) 音楽 (プレイカウント / My iTunes Play Count) 音楽 (全てのカテゴリー) 音楽 (日本でも良く知られる懐かしの海外の曲) 音楽 (邦楽 / Japanese Musicians)

TRANSLATE THIS SITE

ブログ内を画像で検索

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

AD

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ