音楽 (STYX)

2017年4月20日

EDGE OF THE CENTURY 「エッジ・オブ・ザ・センチュリー」 / STYX (1990)

CDの帯:エッジ・オブ・ザ・センチュリー / スティクスAlbum Cover (front): Edge of the Century / Styx   Album Cover (back): Edge of the Century / Styx   Promotional sticker: Edge of the Century / Styx

1983年リリースのスタジオ・アルバム「Kilroy Was Here / ミスター・ロボット」発表後の翌年(1984年)にリリースされたライヴ・アルバム「Caught in the Act / スティクス・ライヴ」を最後に、解散状態にあったスティクスの復活アルバムがこの「Edge of the Century / エッジ・オブ・ザ・センチュリー」。

ただし、6年のブランクを経ての再始動ではあったものの、中心人物の一人であるトミー・ショウ(ギター & ヴォーカル)は参加しておらず、アルバムでは、そのトミー・ショウに代わり、グレン・バートニック(ギター & ヴォーカル)が新メンバーとして起用されています。

実を言うと、この"Edge of the Century"は、日本盤はおろか、海外盤も長いこと廃盤状態になっていたので、再発されることをずっと心待ちにしてたんですよね。昨年の2016年にようやく再発されたことから、最近でも良く聴いているアルバムのひとつでもあります。

Album Cover (front) with Obi & Promo Sticker: Edge of the Century / Styxただ、復活アルバムとは言っても、新メンバーのグレン・バートニックがリード・ヴォーカルをとる曲が4曲含まれており、そのグレン・バートニックがリード・ヴォーカルをとる曲がアルバムの1曲目であり、又、その曲がファースト・シングルにも選ばれたことからも分かるように、懐古的なものではなく、むしろ新生面が打ち出されたアルバムといった印象があります。

ということで、これまでのスティクスのイメージでアルバムを聴くと、出だしから面食らうアルバムではありますが、米3位のヒットを記録した"Show Me The Way"や、米25位の"Love At First Sight"といったデニス・デ・ヤングがヴォーカルをとる曲を聴くと、あーやっぱりスティクスだといった感じがしまし、ミュージカルを連想するようなラストの"Back To Chicago"なんかを聴くと、実はこういった曲が最もデニス・デ・ヤングらしいのではないかといういう気がします。奇数曲がグレン・バートニック及び、ジェイムス・ヤングがヴォーカルをとる曲、そして、偶数曲は全てデニス・デ・ヤングがヴォーカルをとる曲といった具合に、交互に配置された曲構成になっているのも面白いところ。

 

Members: Edge of the Century / Styx

 

その後の1996年には、トミー・ショウが加わった全盛期のメンバーでのツアーが発表されるも、ツアー開始直前にドラマーのジョン・パノッツォがアルコール依存に起因する肝硬変により47歳という若さで急逝。そのため"Return to Paradise"と題されたリユニオン・ツアーは、一方でジョン・パノッツォを追悼するツアーともなりました。

そういった経緯もあり、結果的にジョン・パノッツォにとってはこの"Edge of the Century"が最後のアルバムとなってしまったのは残念でもありますし、又、そうした意味に於いても、この"Edge of the Century"もまたスティクスの歴史を語る上でも外すことのできないアルバムのひとつであると思います。

 

▼ Styx - Show Me The Way (Return to Paradise Tour 1996)

https://www.youtube.com/watch?v=KOgGJK9r_1M

 

▼ Styx - Love At First Sight
https://www.youtube.com/watch?v=xmmymL5zsFU

▼ Styx - Carrie Ann
https://www.youtube.com/watch?v=nFd5GDp8U3c

▼ Styx - Back To Chicago
https://www.youtube.com/watch?v=nHMXiuLzDtk

 

TRACK LIST
1. Love Is The Ritual / 2. Show Me The Way / 3. Edge Of The Century / 4. Love At First Sight / 5. All In A Day's Work / 6. Not Dead Yet / 7. World Tonite / 8. Carrie Ann / 9. Homewrecker / 10. Back To Chicago

1. ラヴ・イズ・ザ・リチュアル / 2. ショウ・ミー・ザ・ウェイ / 3. エッジ・オブ・ザ・センチュリー / 4. ラヴ・アット・ファースト・サイト / 5. オール・イン・ア・デイズ・ワーク / 6. ノット・デッド・イェット / 7. ワールド・トゥナイト / 8. キャリー・アン / 9. ホームレッカー / 10. バック・トゥ・シカゴ

 

CDの帯(裏面側):Edge of the Century / StyxNOTES
• Lead Vocals: Dennis DeYoung (2. 4. 6. 8. 10) /  James Young (9) /  Glen Burtnik (1. 3. 5. 7)

• CD発売日:2016年11月2日(再発盤)
• 完全生産限定盤
• US初回盤LPを復刻した紙ジャケット仕様
• アメリカ盤ジャケットの表に貼付されていたプロモ・ステッカー(ミニタイプ)付き
• SHM-CD
• 2016年最新リマスター 
• 解説・歌詞・対訳付

• Album: US 63位 - Gold (1998-RIAA)
• Singles: "Love Is the Ritual" US 80位 / "Show Me the Way" US 3位 / "Love at First Sight" US 25位

 

STYX - BAND MEMBERS (Listed on Back Cover)
• Dennis DeYoung (デニス・デ・ヤング) - Keyboards & Vocals
• James Young (ジェイムス・ヤング) - Guitars & Vocals
• Glen Burtnik (グレン・バートニック) - Guitars & Vocals
• John Panozzo (ジョン・パノッツォ) - Drums & Percussion
• Chuck Panozzo (チャック・パノッツォ) - Bass Guitar

 

 

関連記事

Cornerstone 「コーナーストーン」 (1979) / Styx

Paradise Theatre 「パラダイス・シアター」 (1981) / Styx

A&M New Gold Series (1990) / Styx

2017年3月17日

A&M NEW GOLD SERIES / STYX (1990)

CDの帯:A&M ニュー・ゴールド・シリーズ / スティクスAlbum Cover (front): A&M New Gold Series / Styxこちらは、世の中の主流がレコード盤からCDへと移り変わって間もない時期にリリースされた日本独自の企画盤「A&M ニュー・ゴールド・シリーズ」のスティクス編。

LPレコードの時代は、「烈風」というタイトルが付けられた日本独自の企画盤が"Paradise Theatre"の後に来日記念盤としてリリースされたことがあったものの、この当時はオフィシャルでスティクスのベスト・アルバムはリリースされておらず、自分自身はLPレコードで持っていたスティクスのアルバムを含めて、スティクスのCDはまだ何も持っていないという状況だったこともあり、こんなものが出ていたのかと、見つけて直ぐに買ったアルバムでした。ということで、自分が初めて買ったスティクスのCDが、実はコレなんですよね。

ただし、現在は廃盤になっており、ベスト・アルバムが乱発されている現在では需要があるとも思えず、今後再発されることも無いアルバムなのではないかと。ただ、そうは言っても、リユニオン以前の主な代表曲は概ね押さえられており、選曲自体は現在出回っているベスト・アルバム等と比較しても遜色無いんですけどね。

まぁ、過去の代表曲を集めたベスト・アルバムということもあり、このアルバムならではの特徴といったものはこれといって特には無いのですが、強いて言えば、最近のベストには収録されることが殆ど無い"Music Time"(スティクス初の2枚組みライヴ・アルバム"Caught in the Act"に収録されていたスタジオ録音の新曲で、シングルとしてもリリースされた曲)が収録されているといったところでしょうか。

それでも、このアルバムを買った当時はスティクスのCDといえばこれしか持っていなかったこともあり、結構頻繁に聴いていた記憶があるアルバムではあります。ただ、この当時はCD-Rは勿論のこと、ウィンドウズ95さえ出てない時代でしたので、このアルバムを好きな曲順でカセットテープに録音して聴いていたんですけどね。

なお、CDケース裏面の曲目リストには表記されていませんが、13曲目の"Miss America"はライヴ・ヴァージョンが収録されています。

 

Album Cover (back): A&M New Gold Series / StyxTRACK LIST
1. Babe / 2. Mr. Roboto / 3. Come Sail Away / 4. Why Me / 5. Don't Let It End / 6. Boat On The River / 7. Renegade / 8. The Best Of Times / 9. Fooling Yourself (The Angry Young Man) / 10. Too Much Time On My Hands / 11. Blue Collar Man (Long Nights) / 12. Mademoiselle / 13. Miss America / 14. Lorelei / 15. A.D. 1928 / 16. Rockin' The Paradise / 17. Music Time

1. ベイブ / 2. ミスター・ロボット / 3. カム・セイル・アウェイ / 4. ホワイ・ミー / 5. 愛の火を燃やせ / 6. ボート・オン・ザ・リヴァー / 7. レネゲイド / 8. ザ・ベスト・オブ・タイムズ / 9. 怒れ!若者 / 10. 時は流れて / 11. ブルー・カラー・マン / 12. マドモアゼル / 13. ミス・アメリカ / 14. ローレライ / 15. 1928年(パラダイス・シアター・オープン) / 16. ロッキン・ザ・パラダイス / 17. ミュージック・タイム

NOTES
• 1990 Japanese Compilation CD (Released in Japan Only)
• 解説・歌詞付(対訳無し)

 

 

▼ Styx - Blue Collar Man (Return to Paradise 1996)

https://www.youtube.com/watch?v=kopMEpSG_Zg

 

▼ Styx - Come Sail Away (Return to Paradise 1996)

https://www.youtube.com/watch?v=VMFVkGA1Qfw

 

▼ Styx - The Best of Times / A.D. 1958 (Return to Paradise 1996)

https://www.youtube.com/watch?v=KAGBTBwsduw

 

 

関連記事

Cornerstone 「コーナーストーン」 (1979) / Styx

Paradise Theatre 「パラダイス・シアター」 (1981) / Styx

Edge Of The Century 「エッジ・オブ・ザ・センチュリー」 / Styx (1990)

2016年7月22日

CORNERSTONE 「コーナーストーン」 / STYX (1979)

CDの帯:コーナーストーン / スティクスAlbum Cover (front): Cornerstone / Styx"Paradise Theatre"に続き、やる気の無い帯の第二段(笑)。まぁ、前回の"Paradise Theatre"の記事でも書きましたが、いやーほんと、せめてフォントくらいは気を使って欲しいところ。

LP時代は「Paradise Theatre / パラダイス・シアター」に続いて購入したスティクスのアルバムが、その"Paradise Theatre"の前作にあたるこの「Cornerstone / コーナーストーン」でした。

アルバムの収録曲ではシングルにもなった「Babe / ベイブ」と「Boat On The River / ボート・オン・ザ・リヴァー」は購入する前から知っていた曲ではありましたが、当時はこの2曲以上に惹かれた曲でもあった「First Time / 愛の始まり」のような「The Best Of Times / ザ・ベスト・オブ・タイムズ」にも通じるようなドラマティックなバラード曲が収録されているなんてことは想像だにしていませんでしたから、この曲を知ることができただけでも買って良かったと思えたアルバムでしたね。

他にも、比較的ポップで親しみ易い"Lights"や"Why Me"、それに、プログレ時代の面影が垣間見れるような"Love In The Midnight"なども好きで良く聴いていましたし、又、"Lights"や、先に述べた"First Time"なんかは、きちんとプロモーションさえされればシングルでヒットしてもおかしくない曲だったと今でも思っています。なお、アルバムのオープニング曲でもあるその"Lights"は、一部の国ではシングルとしてリリースされたようですが、次作の"Paradise Theatre"からのファーストシングル曲"The Best Of Times"のB面にも収録された曲でもありました。

でも、実際のところは、"Babe"や"Boat On The River"のような曲が収録されてはいるものの、物語性を感じさせられるような謎めいた雰囲気のジャケットからして、"Paradise Theatre"よりもプログレ色が強いアルバムなのではないかと想像していたこともあり、思いのほかポップな展開に多少肩透かしを食らったようなところも当時はありました。それでも、繰り返し聴いていくうちに、比較的ポップな"Lights"や、"Why Me"にしても、間奏部分はプログレっぽい雰囲気が垣間見れたりと、単にポップなだけじゃない部分に気付いたりして、徐々に印象も変わっていったところもありましたね。

Album Cover (back): Cornerstone / Styx   Booklet (inside): Cornerstone / Styx   Booklet (inside): Cornerstone / Styx

ちなみに「Cornerstone / コーナーストーン」とは、建造物の柱などを支える礎石(そせき)のことで、比喩的には物事の土台や基礎、第一歩といった意味があります。又、その他にも、重要な拠点や地域を指すときなどにも使われるようで、特にアメリカの政治家の発言の中には時折この"Cornerstone"という単語が含まれることがあります。

※ 補足
礎石とは、建造物の柱などを支える土台(礎)となる石のこと。

CD: Cornerstone / Styx   CD Case (inside): Cornerstone / Styx

 

こちらはアメリカでNo.1ヒットを記録した"Babe"

▼ Styx - Babe

https://www.youtube.com/watch?v=flYFKBogxIA

 

しかし、日本とヨーロッパの一部の国では"Babe"ではなく、こちらの"Boat On The River"がヒット

▼ Styx - Boat On The River

https://www.youtube.com/watch?v=K9Qs8-BkiLw

 

それでも私自身は先にも述べたように"Babe"や"Boat On The River"以上に好きな曲がこちらの"First Time"

▼ Styx - First Time

https://www.youtube.com/watch?v=URr-OyIEo3c

 

又、こちらの"Lights"も先にも述べたようにシングルでヒットしてもおかしくないような曲

▼ Styx - Lights

https://www.youtube.com/watch?v=XdlDuMU7sMY

 

STYX - BAND MEMBERS (As Listed in CD Booklet)
• Dennis DeYoung (デニス・デ・ヤング) - Keyboards, Vocals
• Chuck Panozzo (チャック・パノッツォ) - Bass, Vocals
• John Panozzo (ジョン・パノッツォ) - Drums, Percussion, Vocals
• Tommy Shaw (トミー・ショウ) - Guitars, Vocals
• James Young (ジェイムス・ヤング) - Guitars, Vocals

 

TRACK LIST
1. Lights / 2. Why Me / 3. Babe / 4. Never Say Never / 5. Boat On The River / 6. Borrowed Time / 7. First Time / 8. Eddie / 9. Love In The Midnight

1. ライツ / 2. ホワイ・ミー / 3. ベイブ / 4. ネヴァー・セイ・ネヴァー / 5. ボート・オン・ザ・リヴァー / 6. 虚飾の時 / 7. 愛の始まり / 8. エディー / 9. ラヴ・イン・ザ・ミッドナイト

NOTES
• Lead vocals: Dennis DeYoung (2, 3, 6, 7) / Tommy Shaw (1, 4, 5, 9) / James Young (8)

• Album: US 2位 (2x Platinum / 1984-RIAA) 、UK 36位
• Singles: "Babe" US 1位、UK 6位 / "Why Me" US 26位 / "Borrowed Time" US 63位

• CD発売日:2011年10月12日(再発盤)
• SHM-CD
• 解説・歌詞・対訳付

 

 

関連記事

Paradise Theatre 「パラダイス・シアター」 (1981) / Styx

A&M New Gold Series (1990) / Styx

Edge Of The Century 「エッジ・オブ・ザ・センチュリー」 / Styx (1990)

2016年7月17日

PARADISE THEATRE 「パラダイス・シアター」 / STYX (1981)

CDの帯:パラダイス・シアター / スティクスAlbum Cover (front): Paradise Theatre / Styx   Album Cover (back): Paradise Theatre / Styx   Booklet (inside): Paradise Theatre / Styx

私が初めて買ったスティクスのアルバムが、この「Paradise Theatre / パラダイス・シアター」で、購入動機はこのアルバムからのファーストシングルになった"The Best Of Times"に惹かれてのことでした。

当然のことながら、リリースされた当時に購入したのはLPレコードだったわけですが、LPのB面は描かれた絵柄が光に反射して虹色に光る加工がされたレーザー・エッチング (Laser Etched) 仕様になっていたことは今でも覚えています。

そして、このアルバムでスティクスに興味を持ってしばらく経った頃、不定期で放送されていたNHKのヤング・ミュージック・ショーで、このスティクスの来日公演が放送されたことから、益々興味を持つようになったんですよね。当時録画したビデオテープは今でも持っています。そういえばスティクスがヴォーカリスト3人体制のバンドだということもこのテレビ番組を観て知ったことでしたね。

番組で放送されたのは武道館で行われたパラダイス・シアター・ツアーの最終公演で、アンコールの場面ではデニス・デ・ヤングがツアーの最後を記念してステージ上でご自慢のヒゲを剃ったことも印象的でした。

CD: Paradise Theatre / Styx   CD Case (inside): Paradise Theatre / Styx

この"Paradise Theatre"は、デビュー10周年を目前に控えたスティクスの通算10作目のアルバムということで、相当な意気込みを持って制作されたアルバムであろうことは想像に難くないのですが、その意気込みが空回りすることなく、実際にこれだけの素晴らしいコンセプトアルバムを完成させたのですから、この時期がいかにバンドとして充実していたのかが窺い知れます。

アルバムのコンセプトとしては、彼らの出身地であるシカゴに実在した劇場(1928年~1956年閉鎖 / 1958年解体)をモデルにした栄枯盛衰がテーマになっているわけですが、それでも10曲目の「A.D. 1958 / 1958年(パラダイス・シアター・クローズド)」の歌詞を見ても分かるように、ここでの楽しい思い出は僕らが忘れない限りは心の中でずっと続くと締め括られています。

▼ A.D. 1958 / 1958年(パラダイス・シアター・クローズド)

And so my friends we'll say goodnight
For time has claimed its prize
But tonight can always last
As long as we keep alive the memories of Paradise 

だから友よ、おやすみを言わなくてはならないんだ
時間が来てしまったからね
だけど今夜は永遠に続くはずさ
僕たちがパラダイスの想い出を忘れないでいる限りはね

Artwork (front): Paradise Theatre / Styx   Artwork (back): Paradise Theatre / Styx

なお、上にあるジャケットのタイトル部分を拡大した写真を見てもらえれば分かるように、ジャケットの表と裏ではアルバムタイトルのスペルに違いがあり、表では"Theatre"となっているところが、裏側では"Theater"となっています。これは"Theatre"が英国式のつづりで、"Theater"が米国式のつづりという違いになるのですが、アメリカではかつて、単語を発音した通りのつづりにしてアメリカ独自のスペルを作ろうとする試みがあったらしいので、恐らくはパラダイス・シアターのオープンからクローズするまでの時の流れというものをこのスペルの違いで示しているのではないかと思います。

又、サウンドの面では、1曲目の「A.D. 1928 / 1928年(パラダイス・シアター・オープン)」と、10曲目 「A.D. 1958 / 1958年(パラダイス・シアター・クローズド)」は、シングルでもヒットした5曲目に収録されている「The Best Of Times / ザ・ベスト・オブ・タイムズ」の出だしの部分と同じメロディーが使われているのですが、1曲目の"A.D. 1928"だけは他の曲より若干古風なピアノの音になっていたりと、こういった細かい部分での演出もあって中々面白いです。ちなみに、ラストに収録されているインストゥルメンタルの小曲"State Street Sadie"もオープニングの"A.D. 1928"と同様に古風なピアノの音になっており、もしかしたら10曲目の"A.D. 1958"の歌詞にある「だけど今夜は永遠に続くはずさ、僕たちがパラダイスの想い出を忘れないでいる限りはね」という部分と連動した懐古的な意味合いが込められているのかもしれません。

アルバムはビルボードチャートで1位を記録。又、アルバムからは"The Best of Times" (同3位)、"Too Much Time on My Hands"(同9位)と、2曲のトップ10シングルが生まれるなどスティクスにとってはこれまでで最も成功を収めたアルバムとなりました。

個人的には8曲目の"Snowblind"からラストのインストゥルメンタル曲"State Street Sadie"までの流れが好きで、特に9曲目の"Half-Penny, Two-Penny"から10曲目の"A.D. 1958"、そして11曲目の"State Street"Sadie"と組曲のような展開を見せる流れは感動的であり圧巻。 

そして、私自身はこの後、しばらくしてから後追いで前作の「Cornerstone / コーナーストーン」を購入。そして、他のアルバムも追々辿って買っていこうとしていた矢先にリリースされたニューアルバムが次作のドモアリガート、ミスターロボット(笑)。いやーこれでなんか冷めてしまって、それ以降はCD化された際に買ったコンピレーションアルバムまでスティクスから離れてしまってました。

その後は2011年に再発されたこの"Paradise Theatre"のCDで購入するまで、スティクスのアルバムといえば、長らくはそのコンピレーションアルバムだけしか持っていなかったのですが、次作の「Kilroy Was Here / ミスター・ロボット」でスティクスから離れてしまったとはいえ、やっぱりこのアルバムの思い出はずっと心の奥底に残っていたんですよね。いや、ほんと今聴いても素晴らしいアルバムです。

でも、このやる気の無いCDの帯ときたら(笑)。ベースとなる規定のフォーマットにただ文字を落とし込んでいるだけですからね。せめてフォントくらいは気を使えばいいのに・・・。それと、ディスク及び背ラベルの表記が"Theatre"ではなく"Theater"となっているのもマイナスポイント。

 

▼ Styx - A.D. 1928 / Rockin' The Paradise (Live at Budokan '82)

https://www.youtube.com/watch?v=ODqxUgDP4Q0

 

▼ Styx - The Best of Times (Live at Budokan '82)

https://www.youtube.com/watch?v=Sv81dK_PtNE

 

▼ Styx - Half-Penny, Two-Penny / A.D. 1958 (Live at Budokan '82)

https://www.youtube.com/watch?v=7DQBMzlXpdA

 

Booklet (inside): Paradise Theatre / Styx

 

STYX - BAND MEMBERS (As Listed in CD Booklet)
• Dennis DeYoung (デニス・デ・ヤング) - Keyboards & Vocals
• Chuck Panozzo (チャック・パノッツォ) - Bass Guitar & Bass Pedals
• John Panozzo (ジョン・パノッツォ) - Drums & Percussion
• Tommy Shaw (トミー・ショウ) - Guitars & Vocals
• James Young (ジェイムス・ヤング) - Guitars & Vocals

 

TRACK LIST
1. A.D. 1928 / 2. Rockin' The Paradise / 3. Too Much Time On My Hands / 4. Nothing Ever Goes As Planned / 5. The Best Of Times / 6. Lonely People / 7. She Cares / 8. Snowblind / 9. Half-Penny, Two-Penny / 10. A.D. 1958 / 11. State Street Sadie

1. 1928年(パラダイス・シアター・オープン) / 2. ロッキン・ザ・パラダイス / 3. 時は流れて / 4. 砂上のパラダイス / 5. ザ・ベスト・オブ・タイムズ / 6. ロンリー・ピープル / 7. 愛こそすべて / 8. 白い悪魔 / 9. ハーフ・ペニー, トゥー・ペニー / 10. 1958年(パラダイス・シアター・クローズド) / 11. ステイト・ストリート・セイディ

NOTES
• Tracks 1, 2, 4, 5, 6, 10 (Lead vocals - Dennis DeYoung)
• Tracks 3, 7 (Lead vocals - Tommy Shaw)
• Track 9 (Lead vocals - James Young)
• Track 8 (Lead vocals - James Young & Tommy Shaw)
• Track 11 (Instrumental)

• Album: US 1位 (3x Platinum / 1984-RIAA)、UK 8位
• Singles: "The Best of Times" US 3位、UK 42位 / "Too Much Time on My Hands" US 9位  / "Nothing Ever Goes As Planned" US 54位

• CD発売日:2011年10月12日(再発盤)
• SHM-CD
• 解説・歌詞・対訳付

 

 

関連記事

Cornerstone 「コーナーストーン」 (1979) / Styx

A&M New Gold Series (1990) / Styx

Edge Of The Century 「エッジ・オブ・ザ・センチュリー」 / Styx (1990)

その他のカテゴリー

TRANSLATE THIS SITE

商品検索

  • Amazon

ブログ内を画像で検索

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ

AD