音楽 (XTC)

2016年10月25日

ORANGES & LEMONS / XTC (1989)

Album Cover (front): Oranges & Lemons / XTCビートルズのアルバム「イエロー・サブマリン」を連想するようなジャケットが印象的なこの「Oranges & Lemons / オレンジズ・アンド・レモンズ」は、個人的に最も好きな"XTC"のアルバムのひとつである1992年リリースの「Nonsuch / ノンサッチ」の前作にあたる作品になるのですが、私自身は、その"Nonsuch"のずっと後に後追いで買ったアルバムだったということもあり、当初は、やっぱり"Nonsuch"の方が完成度が高いかなといった印象があって、実は買った後もそれほど聴いていなかったんですよね。

それでも、せっかく買ったアルバムなんだし、これまで気付かなかった新たな魅力を何かしら発見できるかもと、ある時からちょくちょくと聴きだしたことが功を奏したのか、今では、自分の"iTunes"に作った"XTC"のベストにはこのアルバムから8曲も選曲しています(笑)。

正直言うと、実際のところは、今でもこの"Oranges & Lemonsと比べると、やっぱり"Nonsuch"の方が好きなことに変わりはないのすが、ただそうは言っても、その"Nonsuch"も、この"Oranges & Lemons"で確立されたサウンドの発展系であるということを考えれば、間違いなく、この"Oranges & Lemons"があってこそ生まれた作品でもあるわけですから、そういった意味では、何となくこの2枚のアルバムが兄弟関係にあるような感じもして自然と愛着も湧いてきます。まぁ、"Across This Antheap"なんかは、その後の"Wasp Star - Apple Venus Volume 2"に入っていても全く違和感が無いような曲であることも見逃せないポイントなんですけどね。

 

CD Case (inside): Oranges & Lemons / XTC自分が、この"Oranges & Lemons"を買おうとしたときは、残念ながらその当時の日本盤は既に廃盤になっていたので、こちらのアメリカ盤(1989リリースの初盤)を買っていたのですが、2001年にリリースされたリマスター盤では、"Garden of Earthly Delights"、"King for a Day"、"One of the Millions"の3曲は新たにミックスされたヴァージョンに差し替えられているので、今となっては、これはこれで買っておいて良かったかなと思います。

アルバムのタイトルは、マザーグースの「オレンジとレモン(原題は"Oranges and Lemons")」から引用されたものですが、アルバムのタイトルに引用された経緯について調べてはみたものの、生憎これといった答えを見つけることはできませんでした。

※ 補足
マザーグースのオレンジとレモンは、イギリスを中心とした英語圏の童謡であるマザー・グースの一篇で、「ロンドン橋落ちた」や、日本の「通りゃんせ」のように、向かい合った2人が頭上の前方で手を組んでアーチを作り、その下を子供がくぐり抜けて行き、歌の終わりで腕を上げていた2人が腕を下ろし、通っていた人を捕まえるという遊び唄。

 

Album Cover (back): Oranges & Lemons / XTC   CD Case (back cover): Oranges & Lemons / XTC   Booklet: Oranges & Lemons / XTC

 

XTC - BAND MEMBERS
• Andy Partridge (アンディ・パートリッジ) - Vocals, Guitar
• Colin Moulding (コリン・モールディング) - Vocals, Bass
• Dave Gregory (デイヴ・グレゴリー) - Guitars, Backing Vocals, Keyboards

 

TRACK LIST
1. Garden Of Earthly Delights /  2. The Mayor Of Simpleton /  3. King for A Day /  4. Here Comes President Kill Again /  5. The Loving /  6. Poor Skeleton Steps Out /  7. One Of The Millions /  8. Scarecrow People /  9. Merely A Man /  10. Cynical Days /  11. Across This Antheap /  12. Hold Me My Daddy /  13. Pink Thing /  14. Miniature Sun /  15. Chalkhills And Children

Song Writer
• Andy Partridge (1, 2, 4, 5, 6, 8, 9, 11, 12, 13, 14, 15)
• Colin Moulding (3, 7, 10)

NOTES
• Label: Geffen Records
• Released: 1989
• Printed in U.S.A. (Import)
• 歌詞付

• UK 28位 / US 44位

 

▼ XTC - Mayor Of Simpleton

https://www.youtube.com/watch?v=5Da9sc6YDBo

 

▼ XTC - King For A Day

https://www.youtube.com/watch?v=depsFULhqV8

 

▼ XTC - The Loving

https://www.youtube.com/watch?v=FveVGRUFhmU

 

 

関連記事

Nonsuch 「ノンサッチ」 (1992) / XTC

Apple Venus Volume 1 (1999) / XTC

Wasp Star - Apple Venus Volume 2 (2000) / XTC

2010年9月26日

WASP STAR - APPLE VENUS VOLUME 2 / XTC (2000)

CDの帯(初回プレス盤):ワスプ・スター (アップル・ヴィーナス Volume 2) / XTCAlbum Cover: Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC 「Wasp Star / ワスプ・スター」というアルバムタイトルは、アステカ文明の時期のアズテカ語で「ビーナス」を意味する言葉だそうで、米国での"White Anglo-Saxson Protestant"の略称である"WASP"という言葉とは全く関係がないとのこと。

前作の"Volume 1"がアコースティックな"XTC"だったのに対し、こちらの"Volume 2"はエレクトリックな"XTC"となるのですが、"Volume 1"があまりにも美しかったため、当初は今一つピンとこなかったこの"Volume 2"も、時が経つにつれ、徐々にその魅力(魔力?)に引き込まれていったような気がします。"Volume 1"が青リンゴだとしたら、"Volume 2"は毒リンゴといった感じですかね。

前作同様、ブックレットやCDラベルは勿論のこと、曲名や歌詞のフォントといったものもアルバムカヴァーに合わせてきちんとデザインされていて、トータルアートワークがとても素晴らしいですね。ブックレットの紙質も良いし、当初はそんなにお金をかけて大丈夫?と、ちょっと心配になりました。たぶんビッグセールスにはならないだろうから・・・。でも、アンディ・パートリッジのことですから、自らレーベルを設立したからには、そういった部分も含めてきちんと納得できる形でリリースしたかったのかもしれませんね。そして、もう一つ付け加えておかなければならないのは、アンディとコリンによる全曲の解説文が自筆を写し取った形で記載されているということで、これはファンとしては嬉しいところです。

 

CD Case (front): Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC   CD Case (back): Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC   CD: Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC

 

なお、初回限定版には"THE ART AND SOUL OF XTC"と題されたピクチャー・ブックなるものが付いており、ここには魅力的なアンディの絵などが収められています。

Picture Book (front): Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC   Picture Book: Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC   Picture Book (back): Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC

 

▼ XTC - I'm The Man Who Murdered Love
https://www.youtube.com/watch?v=jdqk6AD69tg

▼ XTC - The Wheel And The Maypole
https://www.youtube.com/watch?v=vRIP77kLhxI

 

Booklet: Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC   CD Case (inside): Wasp Star - Apple Venus Volume 2 / XTC

 

TRACK LIST
1. Playground / 2. Stupidly Happy / 3. In Another Life / 4. My Brown Guitar / 5. Boarded Up / 6. I'm The Man Who Murdered Love / 7. We're All Light / 8. Standing In For Joe / 9. Wounded Horse / 10. You And The Clouds Will Still Be Beautiful / 11. Church Of Women / 12. The Wheel And The Maypole

1. プレイグラウンド / 2. ステューピッドリー・ハッピー / 3. イン・アナザー・ライフ / 4. マイ・ブラウン・ギター / 5. ボーデッド・アップ / 6. アイム・ザ・マン・フー・マーダード・ラヴ / 7. ウィア・オール・ライト / 8. スタンディング・イン・フォー・ジョー / 9. ウーンデッド・ホース / 10. ユー・アンド・ザ・クラウズ・ウィル・スティル・ビー・ビューティフル / 11. チャーチ・オブ・ウィメン / 12. ザ・ホィール・アンド・ザ・メイポール

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

 

 

関連記事

Apple Venus Volume 1 (1999) / XTC

その他の XTC 関連記事

Oranges & Lemons (1989) / XTC

Nonsuch 「ノンサッチ」 (1992) / XTC

2010年9月 7日

APPLE VENUS VOLUME 1 / XTC (1999)

CDの帯(初回プレス盤):アップル・ヴィーナス Volume 1 / XTCAlbum Cover: Apple Venus Volume 1 / XTC長年所属していた大手のヴァージン・レコードと決別して、自分達でレーベルを設立したアンディとコリン。"Nonsuch"から数えて実に7年振りとなるこのアルバム「Apple Venus Volume 1 / アップル・ヴィーナス Volume 1」は、そのレーベル「アイディア・レコーズ」から発信されたものです。それにしても、何ともアコースティックで、牧歌的で、とても美しいアルバムですね。

多くのミュージシャン達に愛されながらも、一般的には何故か受け入れられない印象がある"XTC"。それなのにマイナーレーベルから発売して売り上げは大丈夫なのだろうか? と、いらぬ心配をしていました(アルバム解説にも堂々と売り上げが心配と誰かが書いておられたし)。同じ曲を何回も演奏するのは創造性に欠けると言って殆んどライヴもやらないし・・・、1曲目に普通もってこないような曲をもってくるし・・・、マイナーレーベルだから広告宣伝も大手並とはいかないだろうし・・・。でもそういう所が好きだったりして。

のっけからいきなり、「タンポポがピカデリーサーカスでわめいているのが聞こえた」と、英語の歌詞は元より、訳された歌詞カードを見ても何のことだかサッパリ分からない言葉が飛び出してくるのですが、そこがまた"XTC"らしいところでもあります。前作"Nonsuch"も「かぼちゃ頭のピーター・・・」からでしたからね。それにしても、前作とは趣きも違って、森の中から湧き出る透き通った水のような雰囲気。もちろん、歌詞は別として。

ブックレットとは別に差し込まれているこのクジャクの羽をあしらったジャケット、実は、光沢のあるインクで印刷されているので、実物は光に反射して本物のクジャクの羽のように光って見えます。CDケースも通常のものよりやや厚めのものが使われており、パッケージもちょっぴり豪華な雰囲気。

 

▼ XTC - Easter Theatre
https://www.youtube.com/watch?v=PO8nT3tuJVY

▼ XTC - Green Man
https://www.youtube.com/watch?v=qjMoWxwW8tQ

▼ XTC - Your Dictionary
https://www.youtube.com/watch?v=EVRny0HtjaQ

 

Booklet (front): Apple Venus Volume 1 / XTC   Booklet (back): Apple Venus Volume 1 / XTC   CD: Apple Venus Volume 1 / XTC

 

TRACK LIST
1. River Of Orchids / 2. I'd Like That / 3. Easter Theatre / 4. Knights In Shining Karma / 5. Frivolous Tonight / 6. Greenman / 7. Your Dictionary / 8. Fruit Nut / 9. I Can't Own Her / 10. Harvest Festival / 11. The Last Balloon

1. リヴァー・オブ・オーキッズ / 2. アイド・ライク・ザット / 3. イースター・シアター / 4. ナイツ・イン・シャイニング・カルマ / 5. フリヴォラス・トゥナイト / 6. グリーンマン / 7. ユア・ディクショナリー / 8. フルーツ・ナッツ / 9. アイ・キャント・オウン・ハー / 10. ハーヴェスト・フェスティヴァル / 11. ザ・ラスト・バルーン

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

 

 

関連記事

Wasp Star - Apple Venus Volume 2 (2000) / XTC

その他の XTC 関連記事

Oranges & Lemons (1989) / XTC

Nonsuch 「ノンサッチ」 (1992) / XTC

2010年9月 6日

NONSUCH 「ノンサッチ」 / XTC (1992)

CDの帯(初回プレス盤):ノンサッチ / XTCAlbum Cover (front): Nonsuch / XTCこの「Nonsuch / ノンサッチ」、個人的にはとても好きなアルバムなのですが、残念ながらこのアルバムが好きと言う人は"XTC"ファンの中でも少数派になるようです。

"XTC"のサウンドには自分の琴線と同調する部分が所々にあって、そこに惹かれるようなところもあるのですが、ただ、それらはほんのワンフレーズといった場合が殆んどです。でも、そんなくすぐるような感じが逆に良いのかもしれませんね。

もちろん、ヒネクレ感漂う歌詞も大好きで、歌詞を読むだけでも楽しめるというミュージシャンは私の中では貴重な存在です。とは言っても、実際は比喩的表現や抽象的表現が多くて何を言っているのか分からない部分も多々あるのですが、何となく抽象画を見ている感じで面白いです。

さて、この"Nonsuch"、全17曲とボリューム満点ながらも散漫なイメージは全く感じられず、バラエティー豊かで、ポップでありながらも適度に毒気もある素晴らしいアルバムだと思うのですが、何故前作より売れなかったんだろう?

この後、XTCはレコード会社との対立から長期のストライキに入り、結局次作まで実に7年もの歳月を費やす事になるのでした。一口に7年と言っても小学校に入学した子供が卒業してしまっている位の年月ですからね・・・。

 

▼ XTC - The Ballad Of Peter Pumpkinhead (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=pYupSHWEJxA

▼ XTC - The Disappointed (Music Video)
https://www.youtube.com/watch?v=ZG3YTqOlIkI

▼ XTC - My Bird Performs
https://www.youtube.com/watch?v=HA6lEPueyTY

▼ XTC - Then She Appeared
https://www.youtube.com/watch?v=rkCeN4PLR10

▼ XTC - The Ugly Underneath
https://www.youtube.com/watch?v=lRStCQhEaUE

▼ XTC - Books Are Burning
https://www.youtube.com/watch?v=2Rx55LfTRLs

 

Album Cover (back): Nonsuch / XTC   CD Case (back cover): Nonsuch / XTC   CD: Nonsuch / XTC

 

TRACK LIST
1. Ballad Of Peter Pumpkinhead / 2. My Bird Performs / 3. Dear Madam Barnum / 4. Humble Daisy / 5. The Smartest Monkeys / 6. The Disappointed / 7. Holly Up On Poppy / 8. Crocodile / 9. Rook / 10. Omnibus / 11. That Wave / 12. Then She Appeared / 13. War Dance / 14. Wrapped In Grey / 15. The Ugly Underneath / 16. Bungalow / 17. Books Are Burning

1. ザ・バラッド・オブ・ピーター・パンプキンヘッド / 2. マイ・バード・パフォームズ / 3. ディア・マダム・バーナム / 4. ハンブル・デイジー / 5. ザ・スマーテスト・モンキーズ / 6. ザ・ディスアポインテッド / 7. ホリー・アップ・オン・ポピー / 8. クロコダイル / 9. ルック / 10. オムニバス / 11. ザット・ウェイヴ / 12. ゼン・シー・アピアード / 13. ウォー・ダンス / 14. ラップト・イン・グレイ / 15. ジ・アグリー・アンダーニース / 16. バンガロウ / 17. ブックス・アー・バーニング

NOTES
• 日本盤初回プレスCD [Japanese First Pressing CD]
• 解説・歌詞・対訳付

 

 

関連記事

Oranges & Lemons (1989) / XTC

Apple Venus Volume 1 (1999) / XTC

Wasp Star - Apple Venus Volume 2 (2000) / XTC

その他のカテゴリー

TRANSLATE THIS SITE

商品検索

  • Amazon

ブログ内を画像で検索

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カテゴリー

人気記事ランキング履歴

プライバシーポリシー

無料ブログはココログ

AD